MENU
カテゴリー

YouTubeの投稿時間って決めたほうがいいの?

さて、本日は集まる集客®メンバーより
相談があった
YouTubeの投稿時間って決めたほうがいいの??
という疑問について解説しますね!

目次
最新電子書籍を無料ダウンロード
集まる集客ChatGPTプロンプト集

結論:決めたほうがいい

まず、結論からお伝えすると
決めて貰った方が良いです。

あえてバラバラに投稿する
理由がない場合や
「どうしようかな??」と悩む場合は

投稿時間は一定にしましょう。

投稿時時間を一定にするメリット、デメリット

ところが
投稿時間を一定にすることには
メリット、デメリットもあるんです。

両方を天秤にかけて
どうしていくか今後の運営の参考にしてくださいね。

投稿日時を決めるメリット

ユーザーが見やすくなる

時間を決めておくことで
毎日X時は●●さんの動画!というように
見ることを習慣化してもらう事ができます。

例えば月曜日の9時からはドラマ、とか
朝の連続テレビ小説みたいな感じですね。

(局長は探偵ナイトスクープが楽しみです。)

定着させるまで
時間は必要ですが、
覚えてもらえると
固定のファンたちによって
再生回数を上げることができるので
底上げにもつながるのです!

告知しやすくなる!

メールマガジンも一般には
送信日時は固定がいいとされていますよね。

そのメールマガジンでの
告知を利用することで
動画の初動を良くすることができるんです。

初動でコメントや
高評価、共有
アクションを起こして貰えると
YouTubeによって動画がオススメされやすくなります。

投稿日時を決めるデメリット

逆にデメリットはあるのでしょうか?

実は…
これがとても大きな落とし穴なんです…。

このデメリットは局長自身が
長年苦しめられてきたこと柄でもあります…。

これから投稿日時を
決めようと思っている方は
是非参考にしてください。

投稿することが目的になってしまう

日時を固定することで
投稿することが目的になってしまって
クオリティが下がることがあります。

ただクオリティが下がるだけではなくて
クオリティの低下は
影響をとても与えてしまうんです…。

1,ユーザーへの裏切り

クオリティの低下は
動画を楽しみにしてくださっている方の
期待を裏切ることになります。

やっつけ仕事というのは
どうしても相手に伝わるものなのです…。

2,クオリティ低下による視聴者維持率の低下

低クオリティな動画を投稿すると
当然視聴者の維持率等
動画のステータスは悪くなってきます。

YouTubeなどのプラットフォームの
考え方的には
よりそこに滞在してほしいと思っていますが
低クオリティな動画による離脱が続くと
評価されにくくなってしまうのです…。

まとめ

まとめると…

ある一定のクオリティを維持したまま
固定できるペースで設定することが大事!

たとえ1週間に1回でも
高品質な動画を上げることの方が大事なんです。

ここ最近のネット状況は
本当にコンテンツが多いです。

その中でも勝ち残っていくためには
絶対に量よりも質の時代が来ると思います。

無理ない範囲で
しっかりと継続できるペースを掴んでいってくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

わたしの信念はこれ。

「シゴトとはビジネスとはかくあるべき。
大人が寝食を忘れて没頭する遊びである」


わたしが起業に挑戦したのは
2011年。
当時38歳。

普通の2人の子育て中の主婦であり
ただのOLでした。


わたしはシゴトが大好きなのに、
2人の子育て中だったため
OL時代は会社から認められませんでした。
チャンスをもらうことがありませんでした。


悔しかったので
起業を選択しました。


自分で稼げるようになって
息子と一緒にパラオに行って遊んできました!
夫が専業主夫をしてくれています。

月商7桁8桁に到達する
個人起業家を
150名以上輩出しています。


あなたの才能の活かし方や、
あなたが絶対王者になれるポジション、
世の中に重宝されるビジネスと
その「伝承者制度」を
一緒に企画創造してみませんか?


わたしはAIを使いこなして
ゲームチェンジし
世の中で活躍できる人を増やしていきたいです。


動物占いは、黒ひょう。
細かいことにこだわらないB型。

目次