【SEO初心者さん必見】競合調査とは?競合分析のポイントを解説

この動画はダイジェスト版です。
5月18日まで限定公開です!

この続きの本編動画は集まる集客カレッジの有料会員になると視聴できます。

今なら以下フォームに登録すると期間限定で無料で全編動画を視聴することができます!

女性起業家のみなさん
SEO対策をする前に競合調査できてますか?

SEO対策するとき
なぜ競合調査をするのか?競合調査ってどうやってするのか?

この動画では
集まる集客総研編集長のわたし菅原百合が
半年間で28万PVまでブログアクセスを
SEO対策で伸ばした経験を元に
解説します。

目次
最新電子書籍をChatGPTの使い方を無料ダウンロード
個人起業家専用集まる集客®︎ChatGPTプロンプト
女性起業家のためのWEBマーケティング
集まる集客新メソッド2024

こんなSEO対策のお悩みありませんか?

・なかなかブログのアクセスが伸びない
・SNSのように競合分析したほうがいいよね?けれどもどうやるの?
・競合サイトの調べ方がわからない

この動画では
これからSEO対策をはじめる
女性起業家のみなさん、
講座・教室先生業のかたへ

競合サイトの選び方と
競合のデータからの
チャンスの見つけ方を解説します

みなさんはお客様とであう集客の入り口は
いくつもっていますか?

集客の入口に使うものといえばインスタ・TikTok・X・facebookなどSNSであったり
アメブロや広告もありますね。

実はここにSEO対策が入ると一つ大きな入りぐちをつくることができます。
なぜならば検索でお客様と出会えるので
他のライバルがまだ持っていない強力な入り口を持つことができるからです。

集まる集客総研では、
月に28万回も、Google検索から
お客様が訪れてくれる入口を持っています。

お客様が悩んだり困った時答えをさがしにいくのは
今もGoogle検索が強いです。

そのGoogleの検索画面で1番をとることができたら、
お客様から1番にクリックしてもらえます。

この動画では
検索画面で上位に表示されて

お客様にとって
あなたが1番の講師だ、コンサルタントだ、先生だ!と認知してもたうための
競合調査のしかたを解説していきます。

なぜ競合サイトの分析が必要なの?

SEO対策を行うブログはアメブロのように
いきなり好きなことを書き始めるのではなくて

自分がどんなブログを作っていくのか、と同時に
競合サイトとなるサイトがどんな記事をかいているのか、
どんなサイト構成になっているのか
誰を対象としたコンテンツを作っているのか
まず調べることが大切です。

なぜならば
Google検索で上位をとり、理想のお客様=ペルソナと出会うためには
キーワード選定が一番重要。

お客様のお悩み解決となるキーワードを選ぶことが必要だからです。

サイト全体がそのお客様、ペルソナにとって
お悩み解決大辞典になっていたいからです。

集まる集客でめざしているのは
専門家やプロフェッショナルが
自ら研究したことを教えている研究レポート公開サイト、

お客様のお悩みを解決できる
お悩み解決大辞典のようなブログです。

たとえばあなたがカフェを開く!と考えてみましょう

あなたが人気のカフェを開業するために繁華街にある場所を選んだとします。その周辺にはすでに10軒のカフェがあり、それぞれが特色あるコーヒーやスイーツでリピーターを獲得しようと努力しています。

この時、行うべき最初のステップは、競合する他のカフェを一軒一軒訪れてみることです。

どんなコーヒー豆を使っているか、どのカフェがどんなデザートを提供しているか、また、どのカフェが最も混雑している時間帯かを記録します。

さらに、お客さまがどのような装飾や雰囲気に引かれているのかも観察します。これって研究ですよね。

この研究した情報をもとに、あなたのカフェでは眠りが浅いけれどコーヒーが好きなお客様のためにの一番おいしいノンカフェインコーヒーを用意したり、からだにやさしい特製のデザートメニューを用意することにしました。

また、インテリアデザインにもこだわり、落ち着いた音楽と穏やかな照明でリラックスできる空間を提供することにします。

このカフェのように、SEO対策での競合調査では他のウェブサイトがどのキーワードで成功しているか、どのようなコンテンツが読者に喜ばれているのかを調べ、自分のサイトに反映させます。

メルマガ読者数が増えないときは

そしてもし今、アクセスが増えない、
リストが増えない、メルマガ読者数が
伸びていかないということは、

検索結果上で上位になれていない

つまりほかのサイトの方が
読者にとって必要な情報・読者が欲しい答えをかいているってことなんです。

その差をみつけて対策していきましょう

どうやってやるの?

まずは自分のテーマとして1番狙うキーワードで検索をしてみます!
どんなサイトがでてくるか確認します

さらに無料のSEO対策ツールを使います。

SEOコンサル会社さん、アフィリエイトさんは
有料のツールをおすすめしていることもあります。
もちろん有料ツールもあれば便利ですね
だけど私がおすすめするのはまず無料ツールです。

・ウーバーサジェストと
・ラッコキーワードを使います

安心してください、無料ツールだけでも半年で28万PVになりました

具体的にどんなことを確認すればいいの?

どんなキーワードで
どんなサイト構成で
どんな記事をかいていて
どんな動線をつくっているのか?

またドメインパワーは?被リンクは?

デザインは?読者がよみやすくわかりやすくしている工夫はあるか?

競合サイトをみつける上でひとつポイントがあります。

サービス上の競合とSEO上の競合がある、ということです。

たとえば同じキーワードでも
SEO上では競合であっても
事業内容・サービスに関しては競合ではないWEBサイトもあります。

どういうことかというと
例えば起業に関する情報を教えるブログをつくりたいと思った時
競合サイトを調べると

たとえばキーワードを
「起業・なにからはじめる」
で調べてみると

上位がクラウド会計ソフト、開業情報誌、バーチャルオフィス
なんですね。

自分が起業コンサルとしてブログを構築する場合は
これらは違う業種なのでサイトとしては競合といえませんが、
キーワードにおいては競合となるので
記事を書く際は参考にしていきましょう。

競合サイトをみつけてこれらのことを確認してみましょう!

・アクセス数と流入キーワード
 どのくらいアクセスされているか?
 どんなキーワードで検索されているのか
 どんなキーワードでページへ訪れているのか?

・コンテンツ
 どんな記事・LP・動線があるのか

・被リンクの状況
 被リンクがどのくらいあるのか、どんなサイトから被リンクあるのか

・ユーザーが使いやすいサイトになるように工夫されていることは?
 サイトの表示スピードやサイト構成・デザインも確認してみましょう
 読者、ユーザーにとってわかりやすい・やさしいサイトになっているかどうか

 これもGoogleからの評価基準のひとつです。
 ユーザーエクスペリエンス(ユーザー体験)といいます。

これらを分析することで
ライバルのいいところをみつけて
自分のサイトだったらどうするか置き換えてみる

そして検索上位になれるサイト・ブログを構築していきましょう。

まとめ

今回は競合調査がなぜ必要か、競合調査で確認するべきポイントを解説しました。

競合調査でヒントをみつける土台をかためていき、ここからさらにライバルを分解し、自分との違いを発見して、いいなと思うところ真似したいところを置き換えて自分のサイトを構築していきましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私には夢があります

「集まる集客®︎総研」を
個人起業家さんが
集客で困ったり悩んだ時に

「一番頼りになる!」
「ここに来れば安心!」
「ここの記事が一番わかりやすい!」

そんな場所にすることです。

私はこれまで、管理栄養士として
病院や短期大学で
フルタイムで働いてきました。

その傍ら、長年の
「摂食障害克服サポートの仕事をしたい!」
という夢を叶えるため
起業も視野に6年動きつづけるも思うようにいかず。

うまくいかないのは
「あれも足りないから、これも足りないから…」

とセミナー、起業塾
あらゆる講座を受け続け答えを探していました。

もう限界かも…と諦めかけていた時
集まる集客®︎プロデューサー 
長瀬葉弓さんに出会いました。

初めて受け取った
「ラブレター」に感動!

こんなお客様へのラブレターがかければ
私のように
「集客できない自分を責めてしまう」なんてことが
なくなり、多くの人が想いを届けられるようになる!
と気づいたのです。

そこから人生180°転換!

現在は集まる集客に集ったみんなの夢を叶えるため
日々研究に没頭しています。


プライベートは
小3と5歳のお母さん
趣味は推し活
動物占いはコアラ
岩手県在住です。

目次