MENU

インタビュー記事の書き方|初心者向け|インタビュー記事を効果的に書く3ステップ

集客を時短したい女性起業家さんのためのChatGPTの使い方

集客をする上で、オススメなのが、「インタビュー記事。」それは、インタビューで第三者の声やお客様の声を得て記事化することが信憑性、信頼性のUPにつながり、自分のウェブサイトやSNSで紹介することで、お客様が自分や商品に興味を持ってくれる可能性が高くなるの。

ただ、記事を書くではなくて、しっかりとした目的に合わせて作ることが大事。この記事では、インタビュー記事の書き方やインタビューの準備から流れまでを詳しく紹介するよ。

目次
無料でプロンプト集をダウンロード
個人起業家専用集まる集客®︎ChatGPTプロンプト

インタビュー記事とは

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

まるおくん、インタビュー記事って知ってる?

🔰リサーチャーまるお

あんまり、よく分かっていないかも。

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

インタビュー記事というのは、人物や会社について書く記事のことなんだよ。たくさんの人が、このインタビュー記事を書いてみたいと思うの。

🔰リサーチャーまるお

そうなんだね!

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

ただね、文字を書くだけではなくて、どんな質問をすれば良いか、少し難しいところもあるから、不安になる人もいるの。

🔰リサーチャーまるお

うん。少し、難しそう。

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

そうなの。まるおくんが想うように、初めての人にとっては、難しいと感じる人が多いから、この記事では、インタビュー記事の書き方や、どんな質問をすればいいかなど、初めてでもわかりやすいようにお伝えするよ。

インタビュー記事の3つのメリット

信憑性、信頼性がUPする
注目度が高まる
汎用性が高い

信憑性、信頼性がUPする

リサーチャー🔰まるお

記事には、どんなメリットがあるのかな?

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

インタビューで第三者の声やお客様の声を得て、それを記事にすることは信憑性、信頼性のUPにつながるんだよ!

🔰リサーチャーまるお

それはとっても大事なことだね!

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

顔が見えないネット上の記事だからこそ、リアルな声が書かれている信頼がある記事は、とっても大事なんだよ。

注目度が高まる

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

インタビュー記事ってすごいんだよ。なぜかというと、自分で直接お話を聞いて書くから、他の記事とは違って特別な情報が得られるの。

🔰リサーチャーまるお

それは、すごい!

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

インターネットにはいろんな情報があるけど、インタビュー記事は、自分だけの特別な記事になるから、みんなに注目されやすいんだよ。

🔰リサーチャーまるお

うん!みんなが書きたくなる気持ちが分かるね。

汎用性が高い

リサーチャー🔰まるお

他にもメリットはあるの?

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

インタビュー記事は使えるいろんな方法があるんだよ。たとえば、商品を売るためにどうすればいいか、そのコツを教えてくれる人に話を聞いて記事にすることもできるし、商品を使ってくれたお客さまに話を聞いて、それを記事にすることもできるの。

🔰リサーチャーまるお

本当に便利なんだね!

記事のパターン事例

①Q&A形式(質問と答え)
②モノローグ形式(一人で話す)
③ルポルタージュ形式(誰かが見て書く)

インタビュー記事のパターンは、大きく次の3つに分類できるの。インタビュー記事の活用シーンやテーマなどによって最適な形式を検討してみてね。

Q&A形式(質問と答え)

Q&A形式のメリット

大事なポイントだけが分かる!どんな話でも楽しく読める

Q&A形式というのは、質問と答えで話が進む形式のインタビュー記事だよ。

取材する人(インタビュアー)が質問して、答えてくれる人(インタビュイー)が答えるんだ。この形式がいいのは、まるでその場にいるかのような感じが出るから。答えてくれる人の性格や考えもよくわかるし、たくさんの文字があっても読みやすいんだよ。

もし、大事なポイントだけを知りたいなら、一問一答っていうやり方もあるの。これは質問と答えが1セットで、すごくシンプルな形になるんだ。たとえば、同じ質問をいろんな人に聞きたい時に使えるよ。

だから、Q&A形式はとっても便利で、どんな話でも楽しく読めるようになるの。是非、いろんなインタビュー記事を読んでみてね!

モノローグ形式(一人で話す)

モノローグ形式のメリット

答えてくれる人の考えや気持ちがすごくよくわかる

モノローグ形式というのは、答えてくれる人(インタビュイー)が自分の言葉で一人で話す形式だよ。少しエッセイやコラム(短い文章)に似ているの。この形式がいいのは、答えてくれる人の考えや気持ちがすごくよくわかるところ。有名な人や専門家の人が話す時に、よく使われるよ。

この形式で書くと、答えてくれる人が何を考えているのか、何が大切なのかがダイレクトに伝わるんだ。だから、その人がどんな人なのか、もっと知りたいと思ったら、モノローグ形式のインタビュー記事はすごくおすすめ!

ルポルタージュ形式(誰かが見て書く)

ルポルタージュ形式のメリット

いろんな角度から人や物事を知ることができる

ルポルタージュ形式というのは、取材する人が答えてくれる人をじっくり観察して、その人が何を話し、どんな顔をしているかを全部書く形式なの。

だから、ただ話を聞くだけではなく、その人がどういう動きをしているか、どんな表情をしているか、という部分もわかるんだよ。

この形式がいいのは、たくさんの情報が詰まっていて、読んでいて楽しいところ。

例えば、新しいバッグや洋服を購入して、それを着た人がどう感じたかとか、新しいお店でどんなサービスがあるのかとか、そういう事を知りたいときにすごく役立つよ。

だから、いろんな角度から人や物事を知りたいなら、ルポルタージュ形式のインタビュー記事はすごくおすすめ!

インタビューの種類

①対面形式
②オンライン形式
③メール形式

これからインタビュー記事を書いていきたい人のために、インタビューのやり方について、解説するね!

対面形式

対面形式のインタビューというのは、質問する人と答える人が同じ場所にいてインタビューをする方法だよ。

たとえば、カフェやオフィスでお互いが座って話すイメージ。この方法の良いところは、顔を見ながら話せるから、感情や反応もよく分かるの。笑ったり、驚いたりする瞬間も見逃さないで済むよ。

この方法は、しっかりとした話が出来るから、深い内容に触れやすいんだ。だから、大切な話や詳しい話をしたいときは、対面形式がオススメ!

オンライン形式

オンラインのインタビューは、パソコンやスマホを使って、ZoomやGoogle Meetなどを利用してインターネットで話す方法だよ。

質問する人と答える人は遠方でも大丈夫!この方法のいい点は、場所を選ばないこと。家でも、カフェでも、どこでもインタビューできるんだよ。

ただ、ネットがつながらないと話せないから、その点は注意が必要。あと、画面越しだと、相手の表情が少し見づらいかもしれないね。

この方法は、遠くにいる人とも簡単にいつでも話ができるから、便利だよ。時間も自由に決められるし、準備も楽。だから、忙しい人や遠くに住んでいる人と話したいときには、Zoomがおすすめ!

メール形式

メール形式でのインタビューは、質問と答えをメールでやり取りする方法だよ。この良いところは、時間を気にしなくていいこと。質問をもらったら、じっくり考えてから答えられるから、緊張しなくて済むんだよ。

でも、気をつけないといけないのは、メールだと感情が伝わりにくいこと。だから、質問や答えをしっかりと書いて、誤解がないようにすることが大事。

この方法は、忙しい人や、遠くにいる人とも簡単にインタビューできるから便利!でも、すぐに返事が来ないこともあるから、それも考慮して、スケジュールにゆとりを持ってインタビューしようね。

ステップ1〜インタビュー記事を制作するための事前準備

インタビュー記事を作るのに大事なことは、前もってどれだけちゃんと準備できたか、ということ。

そして、当日どれだけしっかり取材が出来たか、ということがとっても大事なの。だから、急いで適当にやるのではなくて、しっかりと準備して、当日に備えようね!

インタビューのテーマ・コンセプトを決める

まず最初にやるべき重要ポイント

「何を伝えたいか」というテーマやコンセプトを考える

インタビュー記事を作るとき、最初に考えるべきは「何を伝えたいか」ってことだよ。これをテーマやコンセプトって言うの。

例えば、「環境を守る大切さ」について話を聞くなら、そのテーマに合った人を選んでお話を聞くんだよ。

話を聞く人が先に決まって、それからテーマを考えることもあるけど、会社が商品を売るためや、自分の会社のPRの目的でインタビューをするなら、最初にテーマを決めた方がいい結果が出ることが多いよ。

だから、最初にしっかりと「何を伝えたいか」を考えて、それに合った人に話を聞くようにしよう。

インタビュー記事の制作体制を編成する

制作体制を編成するポイント

必要に応じて、必要な人と場所を確保すること

インタビュー記事を作るときには、最低でも質問する人(インタビュアー)と記事を書く人(ライター)が必要だよ。

でも、質問する人と記事を書く人が同じでも大丈夫。ただ、その人がインタビューのテーマや考えについて理解してもらえていると、もっといい記事ができるの。

写真も撮るなら、カメラマンも呼ぼうね。

特定の場所で撮影したい、という特別な写真を撮るなら、その場所も確保しておこう。チームをしっかり作って、みんなで協力すれば、すごくいい記事ができるよ!

インタビュイーのアポイントを取る

「取材企画書」を持って、会いに行こう

インタビューをする人に会う約束をするときには、きちんとした計画を作っておくことが大事だよ。その計画を「取材企画書」と呼ぶんだよ。この取材企画書には、何について話を聞きたいのか、どうしてその話が大事なのかを書いて、その人に見せておこう。

この取材企画書を作るときのコツは、他の記事で調べてみるのがおすすめ。そうすれば、しっかりとした計画で、話を聞く人に会いに行けるから、その人も喜んで話をしてくれるの。だから、計画をしっかり作って、いいインタビューをするように準備しておこう。

質問項目(インタビューシート)を作成する

事前に質問をリスト化しておこう

インタビューをする前に、どんな質問をするかリストを作っておこう。それを「質問項目」または「インタビューシート」と呼ぶよ。このリストは、取材する日までに話を聞く人にも見せておくと、その人も準備ができるから、スムーズに話が進むの。

質問を作るときのコツは、「はい」や「いいえ」だけで答えられる質問よりも、「~についてどう思いますか?」というような質問がおすすめ。そうすると、もっといろんな話が聞けるから、記事も面白くなるの。だから、色んな角度から質問を考えて、楽しいインタビューをしてみよう。

当日のスケジュールを設定する

段取りよく進めるために、当日のスケジュールを決めておこう

インタビューをする日が決まれば、その日のスケジュールを作ろう。

質問する人、話を聞く人、記事を書く人、写真を撮る人、みんなが何時に集まるか、事前に話をする時間があるかなどを決めておくことが大事。このスケジュールは、事前にみんなにお伝えしておこう。

特に、話を聞く人が忙しい場合があるので、何時までに終わらせる必要があるか、ということも確認しておこう。そうすれば、当日はスムーズに進むから、段取りよく取材できるよ。そのためにも、しっかりとスケジュールを作って、いいインタビューをしよう。

ステップ2〜インタビュー記事の書き方のポイント

インタビュー記事を作るときには、次の3つのポイントに注意すると、とても良い記事ができるよ!

テーマやコンセプトに沿った構成を行う

「何を伝えたいか」という軸からブレないこと

インタビューをしている時には、話がちょっと違う方向にいったり、雑談になることもあるの。

ここで大事なのは「何を伝えたいか」という、テーマや考えにちゃんと合わせて記事を作ること。記事を書くときには、その日の話の流れをそのまま使わなくても大丈夫。ただ、話を聞いた人が話をしていないことを書くのは良くないよ。

話がよくわかるように、前後の関係を整えて、読む人にしっかり伝わるようにしよう。

出来るだけインタビュイー本人の言葉を活かす

本人の言葉でその人の考えや言葉をしっかり伝えよう!

インタビュー記事が特別なのは、その人だけの考えや言葉をちゃんと伝えられるからなの。だから、話を聞いた人(インタビュイー)の言葉をそのまま使うことが大事なんだ。

でも、言葉の間違いや分かりにくいところがあれば、それをきれいな日本語に直すことはOKだよ。もし、伝わりづらい部分があれば、その意味をきちんと伝えるために、少しだけ言葉を足しても大丈夫。そうすると、読む人にもっとしっかりと伝わるからね!

具体的なエピソードを多く盛り込む

具体的なエピソードの数だけインタビュー記事が面白くなる!

インタビュー記事が面白くなるコツは、具体的な話やエピソードをたくさん入れること。たとえば、「この店でこんな面白いことがあった」や「この人と一緒にこんなプロジェクトをした」といった具体的な話を入れると、読む人がその場にいるような気分になれるんだよ。

具体的な話をたくさん入れると、話を聞いた人(インタビュイー)の考えや経験がよく分かるようになるから、読む人にとっても、すごく役に立つ記事になるんだよ。

だから、インタビューをするときは、具体的な話をたくさん聞いて、それを記事にしっかりと入れてみよう。

ステップ3〜インタビュー記事が書き終わったらすべきこと

インタビュー記事が書き終わったら、次の2つを必ず行おう。

校正・校閲を行う

記事を信頼してもらうためにも、文章のチェックは大事!

🔰リサーチャーまるお

そもそも校正や校閲って何?

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

校正というのは、文章に誤字や脱字、つまり「間違った文字」や「抜けた文字」がないかをチェックすることだよ。例えば、「りんごがすき」って書いてあったら、「りんごが好き」に直すの。

リサーチャー🔰まるお

大事な事だね!

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

また、校閲というのは、文章が正確かどうかを確かめること。たとえば、誰かが「私は10回も山に登った」と言ったら、それが本当に正しいかどうかを調べるんだよ。

🔰リサーチャーまるお

文章の正確さは、記事を書く上で大事なんだね!

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

インタビュー記事を書いたら、大事なのはしっかりと文章をチェックすること。会社の名前や人の名前、商品の名前など、特別な名前がたくさん出てくるから、スペルミスや間違いがないか確かめよう。

でも、ただ文字を確かめるだけではなく、話を聞いた人(インタビュイー)が話たことが本当に正しいかも確認することが大事。もし、確認できることがあれば、しっかりと調べてみよう。そうすると、記事がより信頼できるものになるよ。

インタビュイーへの最終チェックを行う

トラブル防止のためにも、最終チェックは怠らない

記事を書き終わり、自分でしっかりチェックした後は、最後に話を聞いた人(インタビュイー)にも確認してもらおう。これは、とても大事なステップなの。

なぜかというと、話を聞いた人が話したことがきちんと正確に書かれているか、また、その人が話したことを公にしても大丈夫かどうか、ということを確かめるためにね。

もし何か問題があれば、後で大変なことになる可能性があるから、最後の確認はしっかりと行おうね!

インタビュー記事の制作で求められる企画力

「企画力」を支えるインタビュー記事の5つの考え方

①何を目的にインタビューをするのか
②誰にインタビューをするのか
③インタビューをどこで見てもらうか
④誰にそのインタビューを読んでもらいたいのか
⑤読んだ人が、その後にどんな行動をとるか

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

インタビュー記事を作るとき、すごく大事なのが「企画力」だよ。

🔰リサーチャーまるお

企画力とは、どういう意味?

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

企画力というのは、いいアイデアを出して、そのアイデアをしっかりと形にする力のことだよ。

🔰リサーチャーまるお

そうなんだね!

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

まず、何を目的にインタビューをするのか、しっかりと考えよう。たとえば、新しい調理器具を販売するために、その調理器具を作った人に話を聞くのか、それとも、その調理器具の試供品を使った人に話を聞くのか。

🔰リサーチャーまるお

目的によって、聞く内容も変わるんだね。

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

そうだね!次に、誰にインタビューをするのか考えること。調理器具を作ったご本人なら、その人が一番詳しいよね。

🔰リサーチャーまるお

うん、そうだよね。

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

そして、そのインタビューをどこで見てもらうか、という事を考えてね。インターネットなら、特定の人たちが見に来るはずだよね。

さらに、誰にそのインタビューを読んでもらいたいのか、という事が大事。調理器具が好きな主婦の人たちなら、主婦目線で伝わりやすい言葉で書くのがポイントだよ。

🔰リサーチャーまるお

その人に合った言葉が大事なんだね!

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

そうだね。最後に、読んだ人が、その後にどんな行動をとるかも考えてみてね。新しい調理器具に興味を持ってもらいたいなら、どうやってその調理器具がオススメなのかをしっかりと伝えよう。

これらのポイントを考えると、企画がしっかりして、いいインタビュー記事ができるよ。そして、その記事を読んだ人が何をすべきかも分かりやすくなるから、みんなが納得して、その企画を進めやすくなるからね。

取材、インタビューで必要な持ち物

スムーズにインタビューできるよう取材に際しての準備をしておきましょう。以下には、最低限必要な持ち物をピックアップするね。

名刺

取材場所は、ビジネスの現場。当然、インタビュイーと初めて対面する場合は、名刺を渡すようにしよう。前もって、簡単なコミュニケーションを取っておくと、お互いが心を開いて良いインタビューが実現するよ。

ボイスレコーダー

後で何を話したか正確に知るために、インタビューをする時は、しっかり録音することがすごく大事だよ。スマホのアプリも使えるけど、スマホの電池がなくなると困るよね。だから、専用のボイスレコーダーを使うのがおすすめ!

もし、インタビューする人が二人以上いたり、場所が広かったりするときは、一つの録音機器だけだと音声が拾えないかもしれないから、インタビューする人の近くと、インタビューをしている人の近く、それにもう一つ予備で、全部で3台の録音機器を用意すると完璧だよ。

どんな状況でもしっかりと話を録音できるから、後で記事を書くときに困らないよ。

メモ帳、メモ機能

ボイスレコーダーは便利だけれど、100%ではないの。なぜなら、何かしらの理由で録音がうまくいかないこともあるからね。だから、メモを取るためのノートや、パソコン、スマホのメモ機能も一緒に使うことがオススメ。

メモを取る道具を用意するとき、質問したいことを前もって書いておくといいよ。これがあると、インタビューがスムーズに進むよ。質問を忘れる心配もなくなるし、何を聞きたいのかしっかりと考えられるからね。

要するに、録音機器だけではなく、メモもしっかりと取ることで、どんな状況でも大丈夫だよ。これで、後で記事を書くときや、何かを確認するときに、困ることがなくなるからね。

カメラ

カメラマンが同席しない場合は、自身でカメラを持っていくのがオススメ。写真だけでなく、記事に映像を残す予定であれば、録画機能が備わっているかどうかも事前のチェックをしておこう。

インタビュー記事作成の型

インタビュー記事では書き方をはじめ、アイキャッチ画像や写真の使い方、レイアウトなど、いくつものセオリーが存在するの。インタビュー記事の作成に役立つポイントとして、意識しておくことでより良い記事に仕上がるから参考にしてね!

タイトル

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

タイトルってすごく大事なの。

🔰リサーチャーまるお

どうして?

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

それはね、人はタイトルを見ただけで、「この話、面白そうかな?」ということを、すぐに考えるの。

🔰リサーチャーまるお

確かに!

集まる集客総研 リサーチャー たかふじひろみ

タイトルが面白ければ、記事を読んでくれる人が増えるの。だから、タイトルを考えるときは、みんなが「おもしろそう!」「読んでみたい!」と思うような言葉を選ぶことが大切なんだよ。

アイキャッチ画像

アイキャッチ画像とは、記事の最初にある画像のことなんだよ。

最初に目に飛び込んでる画像に興味が沸いたら、記事も読んでくれる人が増えるんだよ。だから、どんな画像を選ぶかってすごく大事なの。

特に、人に話を聞いた記事、つまりインタビュー記事では、その人の顔や上半身の写真がよく使われるよ。だから、画像を選ぶときは、みんなが「これは何だろう?」って興味を持つようなものを選ぶ事がオススメだよ。

リード文

リード文というのは、記事の最初に書く文章のことだよ。

この部分で、この記事は何について話しているのかを簡単に説明するの。特に、人に話を聞いて書いた「インタビュー記事」では、何の話をするのかと、話を聞いた人が誰なのか、という事を、冒頭に紹介することが多いの。

興味を持ってもらえるように、最初の文章で「この記事は面白そう!」「読んでみたい!」と思われる文章にしよう!

見出し

見出しがあることで、記事が読みやすくなるから、とても大事なポイント。だから、見出しは読者の事を考えたすごく優しい工夫なの。

特に、人の話を聞いて書く「インタビュー記事」では、話のテーマが変わるたびに新しい見出しをつけることが多いんだよ。

もし、一つの話題についてたくさん話しているなら、その中でも小さな見出しを使って、さらに詳しく説明することもあるの。だから、見出しをうまく使って、記事を読みやすくしよう。

本文

上記で紹介した、「対談形式」「モノローグ形式」「ルポ形式」の3種類を目的に応じて本文を書いていこう。

写真

写真は、記事をもっと面白く見せるために大事なもの。ただ、文字だけだと、読む人が飽きることもあるから、良いタイミングで写真を入れることがオススメだよ。

たとえば、新しい話題が始まる見出しの下に写真を置くと、全体が見やすくなるよ。写真の使い方については、特にルールがあるわけでもなく、その場その場でどう使うかは自由だよ。

文章だけでは、足りないと思う場合、図や写真を使ってもっと詳しく説明することも出来るんだよ。だから、写真や図をうまく使って、記事をもっと分かりやすく伝わりやすくしよう!

まとめ

を使い分ける
記事を作成する際は、事前準備が大事
インタビュイーご本人の言葉を活かして、考え方や言葉をそのまま伝わる記事を書く

インタビュー記事は、目的に応じて3種類の「対談形式」「モノローグ形式」「ルポ形式」 を使い分けよう。

そして、インタビューを記事を作成する際は、事前準備が大事。スケジュールがスムーズに運ぶように準備を怠らず、またしっかりと連絡を密に取ることがオススメだよ。

記事の作成には、型に沿って、インタビュイーご本人の言葉を活かして、考え方や言葉をそのまま伝わる記事を書けるよう意識してみてね!

👩‍💼集まる集客総研へようこそ! 集まる集客総研のトップページには、起業家の集客やChatGPTなどのAIの最新記事がたくさんあります!ここからチェックしてくださいね!

集まる集客ラブレターラボお得なキャンペーン
集まる集客ラブレターラボお得なキャンペーン

この春こそ、お客様へのラブレターをかいて
集まる集客®︎に切り替えてみませんか?
キャンペーン詳細はこちらから

集まる集客®︎ChatGPTプロンプト集

集まる集客ChatGPTプロンプト集 | 個人起業家のお悩み専用のダウンロード

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

「楽しくなくちゃ始まらない!!」


ビジネスもプライベートも、
自分らしく
心の底から
人生を楽しむ♡


そんな女性を
たくさん増やすことが
私の夢です!


わたしが本格的に起業したのは、
2011年。
当時30歳。


2人の子どもを手放し、離婚をして、
「人生ひとりで生きていく!」


そう覚悟して
自分の足で立つことを
決めました。


わたしはがむしゃらに働き、
自己投資を続け、


占い師やカウンセラーとして
多くの女性の
お悩みに寄り添いながら、


今では、女性起業の
支援をさせて頂いております。


また、
「集まる集客®︎総研」では、
個人起業家さんにとって


「知りたいことがすぐ分かる!」
「分かりやすい!」
「丁寧に教えてくれる!」


そんな頼れる
心強い存在になれることを
目指しています。


プライベートは、
0歳のお母さん
趣味は、旅、波乗り、
本屋さん巡り。


動物占いはチーター
南国・宮崎在住です。


株式会社プロスポート代表
プロライン認定コンサルタント

目次