TikTokの動画編集の仕方!バズるコツ・編集機能を紹介

TikTokの動画編集方法を解説!バズるコツ・編集機能を紹介

TikTokは10代・20代といった若い世代を中心に人気のSNSですが、30代以上の人にも使われているんだよ。

多くの企業がTikTokを利用して、商品やサービスの宣伝など広報として活用し始めているんだ。

企業もそうだけど個人であっても、多くの人に見てもらうためには「バズる」必要があるよね。

でも、多くの人の目に留まる動画ってどう作ればいいの?

この記事で分かること

TikTok動画編集の方法・手順

覚えておきたい編集機能

TikTokでバズるためのコツ

TikTok初心者でも簡単にできる方法を詳しく紹介していくからぜひ参考にしてね!

こちらもチェックしてね。

目次
最新電子書籍を無料ダウンロード
女性起業家のためのWEBマーケティング
集まる集客新メソッド2024

TikTok動画編集3つの仕方

作成してある動画を投稿する方法

スマホに保存されている動画や画像をTikTokアプリに投稿する場合には、以下の6つのステップでできるよ!

  1. TikTokアプリ中央下の「+」をタップ
  2. 画面下右側の「アップロード」をタップ
  3. カメラロールから投稿したい動画や写真を選択
  4. 動画のBGMを選んだり、動画の尺を調整
  5. 動画に編集を加える
  6. キャプションやハッシュタグを追加して投稿

まず、TikTokアプリを開いて画面の下側にある「+」をタップして撮影画面に移ろう。

次に「アップロード」タブをタップしてカメラロール(動画・画像が保存されているアプリ)が表示されるよ。

この中から、投稿した動画や画像を選んで右下にある「次へ」をタップしてね。

次の画面では「おすすめの楽曲」と「クリップ調整」ができるよ。

おすすめの楽曲は、話題の楽曲一覧から選ぶこともできるけど、自分で検索もできるから色々探してみてね。

そして「クリップ調整」は動画のトリミング機能のことなんだ。必要のない動画部分を削除していって、無駄のない動画にできるから、尺調整にも使えて便利だよ。

この調整が終わったら、さらに動画の細かい編集をしていこう。

まずは右下の「次へ」をタップして、動画のキャプションやハッシュタグを入力して「投稿」ボタンをタップで動画投稿が完了。

そのほかにメンションといって特定の人に送る・動画に関係している人に見てほしいときは、@友達(@+ユーザーネーム)を追加するのもおすすめだよ。

TikTokアプリで撮影した動画を投稿する方法

TikTokアプリを使って動画撮影をして、その動画を投稿する方法は7ステップで進めていくよ。基本的に画面の指示に従っていくだけだから、初めての人でもすぐにできるからね。

  1. 下の「+」をタップ
  2. 下の赤い丸を長押しして撮影
  3. 撮影ボタンから指を離すと撮影が終了
  4. 下の右にあるチェックボタンをタップ
  5. 撮影した動画の編集をする
  6. キャプションやハッシュタグの設定
  7. 投稿ボタンをタップ

まずTikTokアプリを開いて画面の下側にある「カメラ」をタップ。撮影画面が表示されるからね。そしてカメラボタンをも一回タップすると撮影が停止するよ。

TikTokの動画撮影は、標準だと15秒、ほかに60秒・最大3分となっているよ。そして再生速度は等倍(1.0倍)になっているから、変更する前に設定を変えておくのも忘れずにね。

TikTokは複数のカットを1つの動画に編集することでもできて便利。

だから撮影→停止を何回か繰り返して、あとでまとめて好みの動画に編集できるんだ。

リサーチャー🔰まるお

編集ソフトもいらないの?

集まる集客®︎総研編集長/菅原

必要ないよ!動画編集に必要な機能はアプリの中にあるから安心してね!

動画の撮影が終わったら画面右下の「赤いチェックボタン」をタップで編集画面に移行するよ。

そして動画の編集作業が終わったら、編集画面の右下にある「次へ」をタップ。

「キャプションとハッシュタグ」の入力をして「投稿」ボタンをタップでTikTokの動画を投稿完了!なれればすぐだよ!

ちなみにキャプションとは、「説明文」「タイトル」のようなもので、動画を簡単に説明する内容にしておくと、より多くの人の目に留まりやすいからおすすめ。

動画によってはハッシュタグ(#○○○○)、メンション(@+ユーザーネーム)を追加するのもコツだよ

持っている画像を組み合わせてTikTokで投稿する方法

スマホのカメラロール内にある画像や写真を1つの動画にして投稿する方法は2種類あるから、好きなほうや目的にあった方法を選んでね。

スライドショー

スライドショーは、静止画をカルーセル(横スライド)で表示する機能のことで、選んだ画像が自動的にスクロールされる動画が作れるよ。

それに、視聴するときは自分の見たいペースで画面が操作できるからサクサク動画が選べるね。

なんといっても、スライドショー動画で使える動画の最大枚数は35枚までとたっぷり!

さらに音楽も追加できるから、写真を組み合わせただけなのに動画っぽく演出できるのもいいね。

フォトモー

こっちもスライドショーみたいに、写真を使って動画を作る「フォトモーション」という機能があるんだけど、複数の写真や画像を選ぶと、自動的にアニメーションみたいに編集された動画が作れる機能のことなんだ。

まるでプロみたいな動画が簡単につくれるからぜひチャレンジしてみてほしい。

動画撮影に慣れていない・難しいという場合んはこの方法を試してみてね。

手順としては、TikTokアプリ画面の下側にある「+」ボタンをタップして、右下に表示される「アップロード」をタップ。

そしてカメラロールの中から写真・画像を選んでいくんだけど、その時に「複数選択」をタップすると一度に複数の画像も選べるよ。

画像一覧から使いたい写真の右上をタップして写真を選んで、完了したらまた「次へ」をタップ。

次は編集画面に移って、BGMやエフェクト、テキストを入れてく作業に移るね。

BGMは自動で設定されてもいるけど、自分でも変更できるから画面の上部分に表示されている曲名をタップして変更しよう。

テキストやエフェクトを入れたら「次へ」をタップ。

さらにテキストやタグを入力して編集が完了したら画面右下にある「投稿」をタップでTikTokへの投稿が完成!

基本的に「次へ」「選択」をタップして編集が進んでいくから感覚でサクサク編集できるよ。

覚えておきたいTikTokの動画編集機能

動画のカット

TikTokの動画編集機能では、動画を簡単に切り取って1つの動画に編集できるんだよ。

まず動画のタイムライン上でカットした部分を選ぶよ。次にStudio画面の下にあるメニューから「分割」をタップ。

そうすると、選んだ部分がカットされるから、そのまま左右に表示される矢印を指でスライドさせて調整しよう。

選択した部分を確定すると、不要な部分がトリミングされて新しいクリップが生成されるから、いらない部分はどんどん削除していこう。

「カットしたい部分を選んで消す」という工程だけだから、ほかのSNSよりも操作がとても簡単なんだ。

また切り取ったクリップは再度配置して並び替えたり、エフェクトやテキストを追加したりもできるんだよ。

複数の動画を組み合わせる

TikTokでは複数の動画をくっつけることができるよ。やり方も簡単で、まずはタイムラインの右側に表示されている「+」をタップして、追加したい動画を選ぶよ。

動画の選択画面で各動画の右上にある〇をタップして、選び終わったら「次へ」をタップ。

次の画面下部分では「サウンドシンク」と「標準モード」が選べるけど、通常は「標準モード」を選ぼう。

標準モードを選ぶと動画の長さや動画の並び替えが調整できるからね。

並び替えや動画の長さが決まったら、右上にある「次へ」をタップして組み合わせが完了だよ。

動画の長さ・再生速度の調節

TikTokでは動画の再生速度や動画の尺(長さ)自体も細かく調整できるよ。

やり方は、メニューから「編集」→「速度」の順番でタップ。

「×0.1」「×1.0」「×2.0」「×5.0」「×10.0」と5種類表示されるから、好きな倍速にスライドさせるだけでOK!「×1.0」が等倍(速度を変えていない状態)で、数字が大きくなるごとに早送りになるよ。

動画の中で早くしたり遅くしたりすることで、強調したい部分を出せるのがおすすめの使い方だよ。

動画にもメリハリがついて感情的な表現でも使いやすいから、積極的に活用していこう!

ただし、動画が長すぎる・短すぎると多くの人に見てもらえない・バズらない可能性があるのでちょうどいい調整になるように練習しよう。

文字入れ・文字にエフェクトを付ける

アプリでは、動画内にテキストを挿入してエフェクトもかけることができるよ。方法は6ステップ!

  1. 「テキスト」から「テキストを追加」をタップ
  2. 文章を入力
  3. 「A」をタップして文字の装飾を決める
  4. 隣の「≡」のアイコンをタップして、文字の開始位置を決める
  5. フォントの種類をスライドして選択
  6. フォントの色を選択

これだけで文字入れが完了するよ。例えば動画の中で使うBGMの歌詞をいれたり、セリフにテロップをいれたりすると、内容が強調されたり強い印象を付けることができるんだ。

また、文字に装飾をすることでオリジナリティが高まるからどんどん活用していこう。

BGMを入れる

TikTokでバズる動画といえば、やっぱりBGMが特徴的であることが多いね。

アンケートでも、音声・BGMが必要だと思っているユーザーとても多いから、BGMを入れるだけで、入れない動画より見てもらえる可能性が高いということになるね。

人気が出る動画を作るにはBGMにもこだわらないとだねぇ。でもどんなBGMだったらいいのか分からないよ。

TikTokでは動画編集の際に大きく分けて2種類の「音源素材」が用意されているんだよ。どっちもTikTokでは動画作成に使っていいんだよ。

アーティストや他のユーザーが作った既存の楽曲

投稿者本人のオリジナル音源

ちなみに、会話の様子を撮影したものにBGMを付けないで投稿したものは「オリジナル音源」という扱いになるよ。

TikTok音源はどうやってわかるの?

TikTokの動画を視聴していて「よく聞くこの曲の名前は?」「誰の歌だろう?」と思うこともあるんじゃないかな。

あるね!自分も使ってみたいなぁって思うものがあるよ。

だよね。実は、TikTokで投稿されている動画で使われている音源はTikTokアプリの中で調べられるよ!

それはいいね!でもどうやって調べたらいい?

動画の右下に表示されるくるくる回る丸いアイコンをタップするだけで、音源に飛んで曲名・アーティストが表示されるよ。

そのほかにも、動画の上部分にある検索タブでアーティストや曲名を入力することでもわかるよ。

メニューにある「+」をタップして「楽曲を選ぶ」からランキングやおすすめ曲、流行っている楽曲もわかるから、動画作りの参考にもしてみよう。

わざわざほかのサイトで調べる必要がないのがいいね!

BGM・元動画の音量を調整する

もちろんだけど、TikTokでは動画に使うBGMや元動画の音量も調節できるんだよ。

やり方は簡単で、タイムテーブル上で調節した音楽や動画を選んで「音量」をタップするだけ。

動画とBGMのバランスをみて最適な音量を見つけよう!

アフレコ・音声加工をする

TikTokの動画を見ていると、アフレコを入れたり加工された音声が聞こえることもあるよね。

TikTokには音声を動画にのせる「アフレコ機能」が用意されているよ。撮影した後に音声だけを別撮りして、あとで合わせることができるんだ。

それに加えて、音声を加工する「音声エフェクト機能」も使えるよ。機械音声のようなボイスにしたり、純粋に声を高くしたり色々あるから、動画のイメージに合わせて調節してみてね。

アフレコ機能を使う方法は5ステップだよ!

  1. TikTokアプリにて、中央下にある「投稿」ボタンをタップ。
  2. 録画ボタンを押して、普通の音声で動画を撮影。
  3. 撮影後、右下の「チェックマーク」をタップし、右側に並ぶメニューから「オーディオを編集する」を選択。
  4. 好きな音声エフェクトを選択して、「オリジナルサウンドをレコーディングに置き換える」にチェックを入れる。
  5. 「録音開始」を押してアフレコし、右上の「保存」をタップで完了。

女性の声を男性の声に変化したり、エコーをかけたり、ヘリウムガスを吸ったような高い声に変えたりと、12種類の音声加工がかけられるからぜひ使ってみてね!

フィルター・エフェクトをかける

TikTokで編集する動画には、フィルターやエフェクトがかけられるよ。編集画面→「エフェクトフィルター」の順番で使えるよ。

フィルターは、動画全体に適用されるもので、動画ジャンルに合ったものを選ぶだけ!

エフェクトの場合は動画の全部or一部にも使えるから、自分の選んだ場所(タイムてテーブル)にスライドして、エフェクトタブを長押しで加工されるよ。

フィルターを使い込むと、プロみたいなクオリティの高い動画も作れるんだ!多くの人に見てもらう・差別化を狙うなら、ぜひ使ってほしい機能だね。

TikTokでバズる動画を作るコツ

TikTok内のおすすめ一覧にのる

TikTokでバズりたいのであれば、まずは「おすすめ一覧」に表示される動画を作ろう。

ちなみに、TikTokで高い評価を得る動画の条件は独自のアルゴリズム(TikTokの動画が拡散される仕組み)を設定しているから、この理解はバズるためにも必須の知識になるよ!

以下はTikTokのアルゴリズムの評価で重視されているポイントだ。

視聴時間

視聴完了率(最後まで動画をみる割合)

反応数(コメント・いいね・シェアなど)

上の3つの条件を満たしている動画を、TikTokは「良い動画」と評価しているんだ。

高い評価を得ている動画が、「おすすめ一覧」に表示される仕組みになっているよ。

動画を投稿した後は、「インサイト」で成績を確認して、どうすればもっと評価が良くなるか考えることもできるんだ。

投稿への流入経路を増やす

自分の動画をいろんなところで宣伝して、いろんなところから来てもらう「流入経路」を増やすことも、TikTok動画でバズるために大切なことだね。

TikTokだけでなく、自分の投稿を複数のSNSとかで拡散することでいろんな人にTikTokアプリを開いて視聴してもらえる可能性が高まるよ。

例えばX(旧Twitter)とかInstagramといったSNSのアカウントがあれば、TikTokで投稿した動画をそこでのフォロワーにもアピールすることができるというわけなんだ。

TikTok以外のSNSやサイトからも自分の動画を宣伝することも、バズるためには重要なポイントになるよ。

キャプションやハッシュタグを投稿につける

動画編集の最後の段階で重要な工程でもある、キャプションとハッシュタグのキャプションは投稿するときは必ず使ってほしい。

TikTokには常に数多くの動画が表示されるから、その中で自分の動画を見てもらうには、パっと見てわかりやすいかがとても重要なんだ。

そこで、キャプションを付けるときには「ハッシュタグ」を入れることをおすすめするよ。

このハッシュタグにもその時にみんながよく使っている傾向(トレンド)があるから、トレンドに使われているハッシュタグを使っておすすめ欄に載るように工夫してみてね!

ハッシュタグのトレンドはスマホとパソコンでちょっと違うから使い分けてね。

スマホ:画面下の左から2番目「トレンド」タブから確認or画面右上の検索バーにキーワードを入力

パソコン:画面左下のトレンドに表示されるキーワードをクリックor検索バーでも確認できる

この時使うハッシュタグは、自分の動画のイメージや内容に近いものを選ぶようにしようね。

バズる投稿・ジャンルを調べる

TikTokの動画をバズらせるためには、まずはバズっている投稿やそのジャンルを調べていこう。TikTokでバズりやすい人気のジャンルは以下の9つがあるよ。

  • ダンス・踊ってみた系
  • 音楽・歌ってみた系
  • YouTubeの切り抜き系
  • ライフハック・知識系
  • 美容・ファッション系
  • おもしろ・ネタ系
  • ファッション系
  • グルメ系
  • 癒し系

インパクトがあって目につく動画だったり、自分の悩みや疑問を解決するといった、ユーザーにとって有益となる情報を提供できているかが重要だね。

動画がバズっているかどうかの調べ方は、いいねの数や再生数を見て、どんな人にアピールをして「いいね」されやすいかを調べることをおすすめするよ。

だから投稿動画のジャンルによっては、視聴者の反応が違うことも多いんだ。

コメントはあまり多くはないけど、いいねの数はすごかったり反対のこともあるね。

でもどちらかというと、コメントが多い投稿はいいねの数も多い傾向にあるね。

最適な時間に動画投稿する

リサーチャー🔰まるお

動画編集が完了したら、すぐに投稿したくならない?

集まる集客®︎総研編集長/菅原

でも、TikTokでバズるには投稿する時間帯にも気を付けよう。TikTokの投稿時間のゴールデンタイムは「19~22時」と言われているから、まずはこの時間帯の中で投稿することをおすすめするよ。

それと、朝は通勤や通学時間にあたり「7~9時」とか、お昼休憩の「12~13時」もねらい目だね。

そして平日に投稿するときはユーザーの生活リズムにできるだけ合わせていくことがポイントだよ。

例えば、「毎週日曜・木曜の23時に投稿する」といったルーチンを決めておくとかね。

投稿頻度はできるだけ多く

いくらクオリティの高い動画だったとしても、めったに投稿されないとTikTok側から評価されにくいんだ。

TikTokの公式サイトでは「2日に1回・週に3回程度を目安に投稿することをおすすめする」と明記しているんだよ。

多くの人に見てもらうためにも、投稿頻度を増やすことはとても重要だね。

トレンドの楽曲をBGMに選ぶ

前提として聞いてほしいんだけど、「このBGMなら絶対再生数がアップする」というものはないんだ。

リサーチャー🔰まるお

そうなんだ…。じゃあどうすればバズるBGMを探せるの?

集まる集客®︎総研編集長/菅原

絶対にバズる方法というものはないけど、ヒントやバズりやすいコツ・ねらい目というものはあるから紹介していくね。

TikTokでバズりやすい音源と言われているのが、「流行の音楽」なんだ。普段から動画を見ていれば、なんとなくみんなが使ってるBGMを知ることもできるね。

トレンドのBGM自体を調べることもできるから紹介しよう。

調べ方は簡単!メニュー欄で「+」をタップ→「楽曲を選ぶ」が表示されるから見てみよう。

そこで楽曲ランキングが一覧で表示されるから、中でも「HOT」という欄をタップ!

一覧には、特徴的な音楽や耳なじみのいい曲・みんなが使っている楽曲がズラっと表示されるから、音源だけでも注目されやすい動画がつくれるよ。

それ以外には、尺の短い楽曲もおすすめ。動画の内容にもよるけど、「10秒以内」がおすすめかな。できれば「3~5秒」くらいのものもいいね。

TikTokでは秒数が短い動画のほうが「フル視聴率や平均視聴維持率」が上がりやすくなるんだ。

TikTokでは15秒と60秒の尺の動画が多い傾向にあるね。

TikTokのAIから高い評価を得ると、「おすすめ欄」にも載りやすくなるから、さらにバズりやすくなるね。

フォロワーとコミュニケーションを取る

SNSならではだけど、TikTokでは投稿をする以外にもフォロワーとのコミュニケーションも重要だね。

自分のアカウントをフォローしてくれる人は、自分の動画を積極的に視聴してくれる人ともいえるからね。

長期的にも自分のフォロワーでい続けてくれるためにも、普段からコメントのやりとりをしてコミュニケーションを取っていこう!

TikTokの流行は毎日チェック!

動画投稿をするのは大切だけど、まずはTikTokで投稿されている動画を普段から見ていくことも大切だよ。

TikTokのトレンドは移り変わりが激しく、バズりやすい投稿もどんどん変わっていくからね。

インフルエンサーが出した面白い動画のパターンはすぐにほかのユーザーも真似して動画にする傾向にあるよ。

だから、今日バズっている動画のジャンルが来週にもバズり続けているとは限らないということだね。

普段からTikTokをチェックして、バズりやすい動画の特徴を知っていこう!

まとめ

TikTokの動画編集について説明してきたよ。TikTokには、標準で備わっている編集機能が充実しているね。

動画の切り取りはもちろん、エフェクトをかけたり画像を組み合わせたりいろんなことができるよ。

編集が終わった動画は、みんながTikTokを利用している時間帯・曜日に投稿するようにして、コミュニケーションもどんどんとってバズる動画を投稿していこう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私には夢があります

「集まる集客®︎総研」を
個人起業家さんが
集客で困ったり悩んだ時に

「一番頼りになる!」
「ここに来れば安心!」
「ここの記事が一番わかりやすい!」

そんな場所にすることです。

私は管理栄養士として
病院や短期大学の職員をしてきました。


その傍ら、
13歳からの摂食障害の経験をいかして
「カウンセラーとして活動したい!」
という夢を叶えるため

起業も視野に6年動きつづけるも思うようにいかず。

うまくいかないのは
「あれも足りないから、これも足りないから…」

と起業塾、体質改善、潜在意識…
あらゆる講座を受け続け答えを探していました。

もう限界かも…と諦めかけていた時
集まる集客®︎プロデューサー 
長瀬葉弓さんに出会いました。

初めて受け取った
「ラブレター」に感動!

こんなお客様へのラブレターがかければ
私のように
「集客できない自分を責めてしまう」なんてことが
なくなり、多くの人が想いを届けられるようになる!
と気づいたのです。

そこから人生180°転換!

現在は集まる集客に集ったみんなの夢を叶えるため
日々研究に没頭しています。


プライベートは
小3と5歳のお母さん
趣味は推し活
動物占いはコアラ
岩手県在住です。

目次