脱サラに成功しやすい職種10選!メリットやデメリットについても解説!

脱サラに成功しやすい職種10選メリットやデメリットについても解説!

「脱サラに成功しやすい職種について知りたい!」

人間関係や残業、休日出勤、休みたくても休めない環境など、会社勤めに疲れてしまい脱サラを考える人がかなり増えてきているね。

けれども会社をやめて自分の力で食べていくことができるか不安を感じてしまったり、実際にどんな職種で脱サラをすれば良いのか迷っている人も少なくないはず。

今回はそんな人達へ向けて、男女共に脱サラに成功しやすい職種についてわかりやすく解説していくよ。

また脱サラをするメリットやデメリットについてもあわせて解説していくので、不安を解消して前向きな気持ちで脱サラのために進んでいくことができるように、各項目をしっかりとチェックしてみてね。

■この記事でわかること
・脱サラに成功しやすい職種10選
・脱サラに成功しやすい職種を選ぶメリット
・脱サラをすること自体の知っておくべきデメリット
・脱サラの成功率を上げるために大切な方法

当ページを一通り読み終える頃には、その人なりの脱サラへのビジョンが見えてくると思うので、無理ない方法で脱サラをするために自分の中に知識を落とし込みながら読み進めてみることをオススメするよ。

\ プロ厳選!今日から使える /

目次
最新電子書籍を無料ダウンロード
女性起業家のためのWEBマーケティング
集まる集客新メソッド2024

脱サラに成功しやすい職種10選を徹底解説

まずは何より大切な脱サラに成功しやすい職種について徹底解説していくよ!

人によって向き不向きはあると思うけれど、比較的脱サラに成功しやすい職種10選としてまとめているので、1つずつチェックしていこう。

そして自分にピッタリな職種、またこんな仕事で脱サラをしてみたいと思う職種があれば、イメージを膨らませながらその項目についてチェックしてみよう。

集まる集客®︎総研編集長/菅原

意外と思ってもみなかった興味を引く職種もあるかもしれないので、ぜひ各項目に目を通してみてほしいな

WEBライター

まず脱サラに成功しやすい職種としてWEBライターが挙げられるね。

・WEBサイトやブログのコラム
・企業の概要やサービス紹介
・商品を販売するための紹介文

他にも様々な内容の記事を書くことがWEBライターのお仕事なんだ。

慣れないうちは月に数万円ぐらいの収入の人が多いけれど、慣れてきたり特定の分野を学び特化型のライターとなった場合には、十万円を超える収入を得ることも可能!

他にも検索エンジンで上位表示をさせるSEOなどに詳しくなると、月に20万円~30万円を超える収入も現実的に見えてくるよ。

もちろんそこまでいくためにはある程度の経験や知識、スキルが必要になってくるけれど、脱サラ前に副業などの形で試すこともできるので、そういった意味でも脱サラに成功しやすい職種として人気なんだ。

プログラマー

次にプログラマーも脱サラに成功しやすい職種として挙げられるね。

プログラマーと言っても色々なジャンルに分かれるけれど、基本的にはプログラミング言語を用いてシステムやソフトウェアを開発するのが主な仕事となるよ。

ある程度のスキルを身につけるまでは仕事の受注自体が難しいけれど、専門的な知識を一度習得してしまえば安定した収入に期待ができる職種でもあるんだ。

ホームページやアプリの制作、ゲームやビジネスソフトなど様々な仕事の受注に期待ができるけれど、学ぶプログラミング言語によって請け負える仕事のジャンルも変わってくるもの。

1つのプログラミング言語に絞って学ぶ人もいれば、慣れてきたら別な言語を学ぶ人もいたりと奥が深い職種でもある。

起業をする人もいればフリーランスとしてゆるく自由に稼ぎながら生活する人もいるので、目指す収入に合わせて動くことができる脱サラにピッタリな職種の1つだとおぼえておこう。

動画編集

また動画編集に該当する職種も脱サラに成功しやすい職種の1つだね。

一昔前までは動画編集はデザイン系の会社や広告代理店が請け負う仕事のイメージがあったけれど、今では動画コンテンツが増え、需要も高まっているため動画編集で脱サラをする人も増えてきているんだ。

仕事の例を挙げるならば、個人ユーチューバーの動画編集依頼などをイメージするとわかりやすいかもしれない。

自分で動画編集まで行うユーチューバーや実況者などもいるけれど、手が回らずにある程度の指示書で動画編集を依頼する人も増えてきているんだ。

なので定番の動画編集ソフトを使えるようになり、その上で切り取りやテロップ、効果音やエフェクトなど魅力的な動画に仕上げるスキルを一通り身につけることで動画編集のお仕事で食べていく人も増えてきている。

もちろん動画編集スキルを一定水準以上で身につける必要はあるけれど、会社勤めをしながらでも学びやすく、また人によってはかなり楽しい作業だと感じる人もいるため、自分に向いていると感じた人には非常におすすめできる脱サラの職種の1つだよ。

集まる集客®︎総研編集長/菅原

動画編集で食べていきながら、自分も動画配信者として稼ぐようになる人もいるので、身につけておいて損はないスキルの1つでもあるね!

ネットショップの運営

ネットショップの運営、これも脱サラに成功しやすい職種の1つだよ。

ネットショップ用のサイト作りが難しいと思う人もいるかもしれないけれど、今ではネットショップ専用の作成サービスもあるのでそこまで手間をかけずに綺麗なサイトを作ることもできるんだ。

基本的には安く仕入れて高く売ることで利益を得るシンプルなビジネスモデルなので、売れる商品のリサーチさえしっかりと行えば比較的はじめやすい脱サラ向きの職種なんだね。

大量仕入れで安く入荷する方法が利益を出すのには向いているけれど、少量から試せるビジネスモデルや在庫を抱えずに販売をする方法などもいくつかあるので、リスクを抑えて脱サラできる点も評価されているポイントなんだ。

もちろんある程度の手間はかかるし仕入れをする場合には損失を出すリスクもあるけれど、実店舗が不要など初期投資を抑えて脱サラできる仕組みでもあるので、運営や在庫管理などが苦に感じない人であれば試してみるのもオススメな職種だと言える。

場合によっては特定の商品のみを扱う特化型のネットショップ、また副業としてスタートする少ない商品でのネットショップなども選択肢に入るため、会社勤めをしながら副業としても試しやすく学びやすい点も脱サラ向きの職種と言われる理由だね。

リサーチャー🔰まるお

トランクルームで大量の在庫を管理して大きな利益を出す人も増えているみたいっすよ。

家事代行サービス

家事代行サービスも脱サラに成功しやすい職種の1つとして紹介しておこう。

家事代行サービスは女性向きのお仕事と思う人もいるかもしれないけれど、今では男女問わずに脱サラや起業をする人も増えてきている職種なんだ。

掃除や洗濯などの基本的な家事代行から、場合によっては料理や犬の散歩などを依頼されたりするケースもあるね。

フリーランスとして家事代行サービスを提供する方法もあるし、フランチャイズに加盟して家事代行サービスを本格的に行う選択肢もある。

ただし「エアコン掃除」や「キッチン清掃(換気扇やコンロ周り含む)」など専門的な知識が必要なケースもあるため、専門的なスキルや知識がなければそういったサービスを含めない家事代行サービスにする必要があるね。

共働きや単身世帯、そして高齢者世帯などが増える昨今では需要が高い職種でもあるので、脱サラに成功しやすい職種の1つとしておぼえておこう。

小規模飲食店

脱サラして飲食店での起業を考えている人もいるかもしれないけれど、小規模飲食店であれば脱サラに成功しやすい職種だと言える。

これは飲食スペースのないテイクアウト専門店などをイメージするとわかりやすいかもしれないね。

・唐揚げ
・お弁当
・スイーツ

他にも省スペースなたこ焼き、クレープ店なども小規模飲食店として含まれるね。

※今ではブームも去ってしまったけれど、タピオカ専門店などもある意味では小規模飲食店と言えるよ。

大きな実店舗での飲食店起業は初期投資がかさんでしまいリスクが高いため、脱サラ向きとは言えずにおすすめできないんだ。

でも省スペースな店舗、またはよくあるプレハブ・コンテナハウスなどでのテイクアウトメインでの小規模飲食店であれば、初期費用をグッと抑えることができ賃貸料なども大きな店舗と比較するとかなり安く抑えることができるよ。

だからこそ本格的な飲食店での起業での脱サラではなく、上記のような費用・投資を抑えた上での小規模飲食店は脱サラが成功しやすい職種として人気であり、接客や販売が好きな人であればやりがいも感じられる職種として選択肢に入れても良いと思うよ。

キッチンカーでテイクアウト販売

先の小規模飲食店と少し似ているけれど、キッチンカーでのテイクアウト販売も脱サラに成功しやすい職種として知られているね。

キッチンカーでの開業の場合には実店舗を持つ必要がないため、初期費用をかなり抑えることができるメリットがあるんだ。

諸々の初期費用が必要にはなるけれど、安ければ100万円程度、ある程度の費用をかけたとしても500万円程度で開業・起業をすることができる。

コツコツと貯金をしてある程度しっかりとした規模での脱サラをしたいと考えている人には、キッチンカーでのテイクアウト販売はかなりおすすめだと言われているんだ。

基本的には先に挙げたような小規模飲食的と同じような食べ物・飲み物のテイクアウトが基本となるんだけれど、扱う食材が少ない・原価が安いなどのメリットが有るため利益を出しやすい点も魅力的だね。

例えば唐揚げ専用キッチンカー等の場合は、原価率・利益率が25パーセント程度と言われているので、ある程度の集客が実現できれば安定して利益につなげることができる。

ただしキッチンカーでのテイクアウト販売などでも売れない場合には数年で赤字に耐えきれなくなってしまうケースもあるため、販売する商品はもちろん場所などにもこだわりリサーチをした上で脱サラ後の事業をスタートすることをオススメするよ。

集まる集客®︎総研編集長/菅原

コンテナハウスやキッチンカーでのテイクアウト販売は、低コストではじめやすく利益を出しやすい脱サラ向きの職種なんだね!

営業代行

また脱サラ後も自分でバリバリと数字を追い求めたい人には、営業代行などの職種もオススメなんだ。

名前の通り企業の代わりに営業を行う職種であり、自社で営業人材を育成するのではなく外部のプロへ依頼をする起業も増えているために需要があるお仕事なんだね。

営業経験が豊富で完全に自分で利益を得ていきたい、数字を出しても歩合やボーナスがないので脱サラしたいと考えている人にとっては、営業代行は天職。

成果報酬型や固定報酬型、複合報酬型など成功報酬が複雑な部分はあるけれど、営業成績が良い人であれば独立してかなりの収益をあげることもできる職種でもあるんだ。

ただし人並み以上の優れた数字を出せる実力がないと営業代行は難しいため、その部分を考慮した上で脱サラの選択肢に加えるかを検討するのがオススメだね。

コンサルタントやコーチング

先の営業代行とは違った方向で実力がある人にオススメなのが、コンサルタントやコーチングでの脱サラだね。

コンサルタントやコーチングで調べてみると本当に様々な分野での需要があり、特定の分野で特化した知識やスキル、経験がある人であれば脱サラ後の選択肢に入れるのもオススメだよ。

スケジュール管理が上手い人などは営業代行をしつつ、その上で営業コンサルをするような人もいるようで、得意な職種・ジャンルによってはバリバリ稼ぐこともできるのがコンサルタントやコーチングのお仕事。

ただし、ある程度の人脈、そしてしっかりとしたコンサル経験がなければリピーター獲得や口コミでも受注などが難しいため、行き詰まってしまうケースも多い職種の1つ。

今のお仕事がコンサル系、コーチング系であり、ある程度の人脈や横のつながりがあるのであれば、脱サラを成功させるための職種として候補に挙がるけれど、そうでなければ一念奮起して独立をするのには適さない職種でもあると覚えておこう。

農業や漁業

最後の脱サラに成功しやすい職種として農業や漁業を紹介していくよ。

リサーチャー🔰まるお

え!農業や漁業!?マジっすか?

集まる集客®︎総研編集長/菅原

そう!ひとつの選択肢として選んでいる人もいるから紹介するよ。

人によっては「それって脱サラなの?」と思う人もいるかもしれないけれど、農業や漁業などの一次産業で働きたいと思う人は増えてきているんだ。

働き手というよりは自身で本格的に取り組む脱サラになるんだけれど、スキルを身に着けつつ農地であったり漁業権の確保であったり、色々と準備も必要になってくる。

慣れるまでは色々と大変な職種ではあるけれど、会社勤めのストレスや人間関係のストレスから解放されて、『大自然の中で働きたい!』と憧れている人も多い選択肢なんだ。

バリバリ稼ぎたいというよりは自然の中でスローライフを送りつつ生活していきたい、そんな思いを持っている人にはオススメなので、そういった方向性の脱サラの選択肢もあると覚えておくと選択肢が増えるよ。

集まる集客®︎総研編集長/菅原

田舎の空き家、古民家をリノベーションしてカフェを開いたり、アトリエにしている人も増えているよ。都会から移住する方を招くために地方も支援をがんばっているんだ。気になる土地にはどんな支援があるか調べてみるのがおすすめ。

脱サラに成功しやすい職種を選ぶメリット

ここからは脱サラに成功しやすい職種を選ぶメリットについて触れていくよ。

脱サラをしようとする理由は人それぞれだけど、具体的なメリットを求めているからこそ脱サラを決断する人も少なくないんだ。

また、これからお話するメリットを知ることで、より脱サラへの意欲が高まる人もいると思うので、ぜひ各項目に目を通してみよう!

煩わしい人間関係から解放

まず脱サラに成功しやすい職種を選ぶことで、煩わしい人間関係から解放されるメリットを実感することができるね。

もちろん選ぶ職種にもよるけれど、上司や部下、同僚など人間関係から解放されて、伸び伸びと仕事に打ち込むことができるんだ。

選ぶ職種次第では取引先や顧客などの人間関係はあるけれど、ネットビジネスなどの脱サラであればそういった人間関係からも解放されるね。

完全に面倒な人間関係から解放されたいか、販売や営業などで適度に人間関係は必要か、そのあたりは人によって価値観が違う部分だね。

いずれにしても会社勤めと比較すると面倒な人間関係から解放されることは間違いないので、職場での人間関係に疲れてしまった人にとっては非常に大きなメリットだよ。

働いた分だけお金を稼げる

次に働いた分だけお金を稼げるというメリットにも触れていこう。

基本的に会社勤めであれば、月給であったり月給日給制であったり、どれだけ頑張っても多少のインセンティブが入るかどうかぐらいの人が多いと思う。

それに対して脱サラで独立をした場合は、働いた分だけお金を稼げるためやりがいを感じるし、努力した分だけ結果につながる楽しみも感じることができるんだ。

もちろん漠然とした努力では結果に繋がらないこともあるし、はじめのうちは試行錯誤して(職種によっては)赤字になってしまうこともあるかもしれない。

でもある程度の軌道に乗れば会社員時代の稼ぎを超える人も珍しくなく、それ以上にバリバリ上限なく稼ぎ成功する人もいるのが脱サラして独立をする魅力なんだ。

バリバリ稼ぎたい人や無理せず自由に稼ぎたい人など、要望に合わせて働いた分だけ稼ぐなどのスタンスを取れるのも脱サラをして成功しやすい職種を選ぶメリットだと言えるね。

やりがいや達成感を得ることができる

最後に脱サラで成功しやすい職種を選んだ場合、やりがいや達成感を得ることができるメリットもあるよ。

基本的に脱サラをして独立すると業務に関することを自分一人でやるようになる。

場合によっては税務関連や事務処理等は代行依頼をすることもあるかもしれないけれど、そういった依頼なども含めて自身で行うようになる人が多いと思うんだ。

そして職種によっては仕事の集客や受注も含めて最初から最後まで行うため、仕事に対するやりがいや達成感も会社員時代とは違った味わいになると思う。

何よりも「自分で仕事をしている!」と感じる瞬間が多いため、今の仕事にやりがいを感じられず、無気力感を感じるほどであれば、今回お話してきたようなオススメな職種での脱サラを前向きに考えても良いんじゃないかな。

もちろん今回紹介してきた職種以外にも脱サラでやりがい・達成感を得ることができるお仕事はあるけれど、人によってはそもそもの成功が難しい脱サラ後の職種も多いんだ。

そういった点を考えると脱サラに成功しやすい職種で、なおかつやりがいや達成感を実感できる自分にピッタリな職種を選ぶことは、今後の人生を活き活きと過ごす上で非常に大切な要素であり優れたメリットではないかな?

集まる集客®︎総研編集長/菅原

一通りの業務を自分で経験するからこそ、今後役立つスキルを身につけることができ、大きく成長できるチャンスでもあると言えるね!

脱サラをすること自体の知っておくべきデメリット

ここからは脱サラをすること自体のデメリットについて解説していくよ。

色々とメリットが多い脱サラだけど、当然ながら脱サラをすることでのデメリットも存在するんだ。

それらを知らずに脱サラ・独立をしてしまうと「こんなはずじゃなかったのに」と思うケースもあるため、しっかりとデメリットについても確認してから成功しやすい職種で脱サラをすることをオススメするよ。

保証も保障も補償もない

まず保証も保障も補償もない、これが脱サラの大きなデメリットだね。

会社勤めの場合には決められた「お給料」が支払われるけれど、脱サラをして独立(法人や個人事業主)などになると、基本的には全てが自己責任となり自分でお金を稼がなくてはならないよね。

また社会保険は国民健康保険や国民年金に加入する形となるけれど、国民健康保険は扶養制度がないため、今まで扶養で加入していた場合も世帯の人数分の保険料を払う必要が出てくるんだ。

さらに業務中の病気や怪我の場合であっても、労災保険なども使用することはできないため、会社勤めとは違い「保証も保障も補償もない」という点をデメリットとして把握しておこう。

収入が安定しないことも珍しくない

次に収入が安定しないことも珍しくない点、これも脱サラのデメリットなんだ。

先の内容と少し被る部分もあるけれど、やっぱり毎月の収入が安定しないというのは生活をしていく上で非常に不安を感じてしまう部分だと思う。

特に脱サラ直後は(職種にもよるけれど)安定した取引先・クライアントがいなかったり、売上がまばらだったりと安定しないことも多いんだ。

もちろん事業が軌道に乗れば会社勤めよりもバリバリ稼げる可能性はあるけれど、脱サラ直後は収入が安定しないことも珍しくないと覚えておいてほしい。

そういった考えがあればある程度の余裕を持った貯蓄を心がけるなど、脱サラ前に準備をすることもできるので、最低限数カ月分の生活費や余裕を持った事業費などを確保しておくことをオススメするよ。

リサーチャー🔰まるお

お金の不安があると脱サラして独立しても仕事に集中できないもんね。

一人起業の場合は全てを自分で対応

最後に一人起業の場合は全てを自分で対応する必要があるデメリットについて触れておこう。

先のメリットの項目で「全てを自分でやるからこそやりがいや達成感を実感できる」と伝えてきたけれど、これは人によって少しデメリットに感じてしまうこともあるかもしれない。

はじめは学ぶことも多く時間が足りないと感じる瞬間も多い中で、様々な業務を自分一人で行うのは結構な負担になってしまうと思う。

そういった部分を乗り越えるからこそのやりがいや達成感につながるのだけれど、慣れるまでは全てを自分で対応する一人起業は中々に負担を感じてしまうかもしれない。

一人起業ではなく家族が経理部分をサポートしてくれたり、脱サラ後に知人や友人、同僚と起業をするような場合は別だけれど、一人で事業を切り盛りしていくとなると負担は意外と大きなものになるんだ。

ただし、そんな脱サラの厳しい面でもありデメリットに感じる部分も、事前に知っておけば各種代行サービスなどを活用することで上手に対処することができる部分だと覚えておこう。

集まる集客®︎総研編集長/菅原

今では税務関連、事務関連をはじめ様々な部分で代行依頼をすることが可能なので、そういったサービスを上手に活用して脱サラ後の事業を軌道にのせていくことを検討していくのも良いかもしれないね!

脱サラの成功率を上げるために大切な方法

ここからは脱サラの成功率を上げる方法について解説していきたいと思う!

脱サラ・独立・起業などの言葉を聞いて不安を感じてしまう人は、脱サラ後の事業での成功率を上げるために大切なポイントについてしっかりとチェックしていこう。

自分の知識や経験を活かせる職種を選ぶ

まず脱サラ後の事業の成功率を上げる方法として、自分の知識や経験を活かせる職種を選ぶことが大切だね。

繰り返しになるけれど、今回紹介してきた「脱サラに成功しやすい職種10選」であれば、多くの人が低リスクで事業を軌道に乗せるまでスムーズに動くことができると思う。

10種の職種の中から自分の知識や経験を活かせる職種を選びチャレンジしてみることが、まずは成功率を上げる方法だと覚えておいてほしい。

その上で他にも自分が気になっている職種、熱意を持っている業界などがあれば、その職種も脱サラ後の天職になる可能性も大いにある

仕事の進め方や取引先との関わり方、そして何よりも仕事への情熱や各種クオリティなども事業の成功率を上げるために必要な要素であることは多くの人が何となく理解しているよね。

いずれにしても半端な気持ちでの脱サラでは途中で挫折してしまうことになりかねないので、自分の知識や経験を活かせる職種を選ぶこと、これが事業を成功させる秘訣だと覚えておこう。

少ない資金でスタートする

次に少ない資金で脱サラ後の事業をスタートする、これも成功率を上げるために大切な要素なんだ。

どんな職種を選んだとしてもある程度の初期費用が必要になることが多く、さらにその後の「運転資金」なども考えるとそれなりの経済的な負担が必要になるケースが出てくるよね。

だからこそいきなり大きくはじめようとするのではなく、少ない資金でスタートすることを意識して脱サラをすることをオススメしたいんだ。

今回オススメしてきたオススメな職種10選であれば、比較的少ない資金でスタートできる職種が多いため、事業の失敗のリスクを減らし成功の確率を上げることができるようになるね。

特にネットビジネスやコンサルタント、WEBライターやプログラマーなどの在宅ビジネスであれば店舗型などのビジネスよりも脱サラ後のビジネスを展開することができるんだ。

選ぶ職種によってどのぐらい少ない資金でスタートできるかは異なるけれど、いきなり資金を投入しすぎるのではなく小さくリスクを抑えての脱サラ後のビジネス展開をしていくことを強くオススメするよ。

集まる集客®︎総研編集長/菅原

先のデメリットの項目でも触れたけれど、本当にお金の問題、資金の問題はビジネスにおいて色々な部分で影響を及ぼしてくるものだとおぼえておこう!

働きながら副業として試してみる

最後に働きながら副業として試してみる、これも脱サラ後の事業での成功率をアップさせる秘訣なんだね。

最近では脱サラする前に副業として様々な経験を積んでおこうと考える人は多いんだ。

安定した給料をもらえる段階で副業として経験を積める期間というのは、経済的な負担を感じずに安心して伸び伸びと経験や知識を蓄えることができる期間とも言える。

脱サラ後にすぐに何かが変わると思い退職を決断する人もいるんだけれど、いきなり脱サラをして選んだ職種でのビジネスをスタートするよりも、会社員時代から副業としてコツコツと経験を積んでいる人は脱サラ後の動きもかなりスムーズになることは間違いないよね。

もちろん選ぶ職種によっては副業が難しいケースもあるけれど、副業が可能な職種であれば会社を辞める前に経験を積んだりスキルを磨いておくことも脱サラ前の非常に大切な「準備」だと意識しておくと良いかもしれないね。

リサーチャー🔰まるお

副業が難しい職種であっても、関連するスキルを磨いたり情報を収集したり準備するのが良いのかもしれないね。

脱サラで成功しやすい職種ならリスクを抑えることができる

今回は脱サラに成功しやすい職種10選について解説をしつつ、成功しやすい職種を選ぶメリットについてお話してきたね。

また脱サラ自体のデメリットについても触れつつ、成功率を上げるために大切な方法についても解説してきたよ。

脱サラをすると漠然とした成功のイメージを持つ人もいるけれど、ある程度はしっかりとした計画や具体的なビジョン、そして下準備などをしておかなければ脱サラ後の事業が失敗してしまう可能性は高い!

だからこそ今回お話してきた内容を参考にしつつ、職種選びから成功率を上げるために大切なポイントなどを参考にしてほしいんだ。

そうすることで経済的な負担に悩まされることなく、やりがいや充実感を感じながら素敵なライフスタイルに近づくことができるのは間違いない!

脱サラ自体を躊躇することはないけれど、大きくはじめず副業やスモールビジネスなどから少しずつ経験を積みスキルを磨き、成功に向けて一歩一歩堅実に歩んでいくことが成功への近道だと覚えておこう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私には夢があります

「集まる集客®︎総研」を
個人起業家さんが
集客で困ったり悩んだ時に

「一番頼りになる!」
「ここに来れば安心!」
「ここの記事が一番わかりやすい!」

そんな場所にすることです。

私は管理栄養士として
病院や短期大学の職員をしてきました。


その傍ら、
13歳からの摂食障害の経験をいかして
「カウンセラーとして活動したい!」
という夢を叶えるため

起業も視野に6年動きつづけるも思うようにいかず。

うまくいかないのは
「あれも足りないから、これも足りないから…」

と起業塾、体質改善、潜在意識…
あらゆる講座を受け続け答えを探していました。

もう限界かも…と諦めかけていた時
集まる集客®︎プロデューサー 
長瀬葉弓さんに出会いました。

初めて受け取った
「ラブレター」に感動!

こんなお客様へのラブレターがかければ
私のように
「集客できない自分を責めてしまう」なんてことが
なくなり、多くの人が想いを届けられるようになる!
と気づいたのです。

そこから人生180°転換!

現在は集まる集客に集ったみんなの夢を叶えるため
日々研究に没頭しています。


プライベートは
小3と5歳のお母さん
趣味は推し活
動物占いはコアラ
岩手県在住です。

目次