MENU

集客コンサルタントとは?依頼をするメリットやデメリットをシンプルに解説!

集客コンサルタントとは?依頼をするメリットやデメリットをシンプルに解説!

「集客のコンサルタントに依頼をすると得られるメリットはなに?」

今も昔も「集客」は様々なビジネスにおいて、利益に大きく関連する項目のひとつ。

集客が中々思うようにいかずに結果が出せない企業も多く、また個人事業主やフリーランスでも集客ができずにビジネスが上手くいかないケースは多いんだ。

だからこそ利益につながる集客のために「コンサルタント」への依頼を検討している人も増えてきていると聞くよ。

けれども集客のコンサルタントについて詳しく知らないため依頼を敬遠していたり、本当に集客につながるのか不安を感じてしまう人も少なくないはず。

そこで今回は集客コンサルタントとは何なのかといった基本的な部分から、依頼をするメリットやデメリットなどについてもシンプルに解説していくよ!

■この記事でわかること
・そもそも集客のコンサルタントとは何か
・コンサルタントを活用するメリット
・コンサルタントを活用するデメリット
・知っておきたい集客コンサルタントの種類
・知っておくべき間違えがちな各種サービス

集客のコンサルタントに関連する大切なポイント、そして重要性についても改めて実感できると思うので、集客や利益で悩んでいる人はぜひ各項目に目を通してみよう。

集まらない集客集まる集客にガチャリと切り替える集客プロが直々に教える
 「集まる集客®︎丸わかり!」な無料講座はこちらから

集まる集客ロードマップ講座
目次

そもそも集客のコンサルタントとは何なのか?

まずは大前提として、そもそも集客のコンサルタントとは何なのかという点について触れていくよ。

何となくのイメージは浮かぶ人もいると思うけれど、集客コンサルタントとは集客において様々な方向性でのアドバイスやサポートをしてくれる人(サービス)を指すんだ。

そのビジネス・職種などにマッチする集客方法のアドバイス、また具体的にどんな媒体を活用するのが良いのかなど、基本的な部分から具体的な応用術など、様々な部分でのアドバイスに期待ができるサービスなんだね。

どういった集客がマッチするのか悩んでいるケースはもちろん、色々と施策をしているけれど集客につながらずに悩んでいるという人も、コンサルタントへ依頼をすることで解決できるケースは多いもの!

もちろん依頼をするコンサルタントの腕の良し悪しも関係してくるけれど、イマイチ成果がでない、集客が減り利益が伸び悩んでいる場合などは、コンサルタントは頼りになるサービスだと言えるね。

リサーチャー🔰まるお

集客数が利益率に直結することも多いから重要に思う人も多いんだね。

集客コンサルタントを活用する具体的なメリット

ここからは集客のコンサルタントを活用する具体的なメリットについて解説していくよ!

主な5つのメリットについて触れていくので、コンサルタントへの依頼を検討している人や迷っている人は、ぜひ各項目をチェックしてみよう。

効果的な集客戦略のアドバイス

まずコンサルタントを活用するメリットとして、効果的な集客戦略のアドバイスを受けることができる点が挙げられるね。

最適な集客の方法は企業か個人かによっても変わるもので、また取り扱っている商品やサービスにもよって変わってくるもの!

またどの程度の規模感での販売・訴求をするかにもよって集客戦略は変わってくるため、競合他社と同じような集客をすれば同じような成果が得られるというものでもないんだ。

だからこそコンサルタントへ依頼をすることで、自社にマッチした集客方法がわかり、どんな方法での集客戦略で成果が出せるのかを知った上で施策を出すことができるため、効率的な集客からの見込み客へのアプローチが可能になるんだ。

これはビジネスの最も基本的な部分ではあるけれど、意外と少しズレた方向性での集客を行っているケースも珍しくないため、それらの指摘や方向性の修正、具体的なアドバイスを客観的な視点からくれる点は非常に大きなメリットだとおぼえておこう。

リサーチャー🔰まるお

確かに集客戦略が正しければ成果につながりやすくなるのかもしれないね。

ターゲットを明確にアプローチできる

次にターゲットを明確にしてアプローチできる、これも集客コンサルタントへ依頼をするメリットの1つだと言えるね。

自社の商品やサービスについては、社内の人間が一番理解をしていると思いがちだけれど、場合によっては客観的な意見を取り入れることで良い方向に向かうケースも少なくないんだ。

特にターゲット戦略の部分で考えると、自社が想定しているターゲットからの反応が意外と鈍く、少しターゲットの属性をズラスだけでも集客から販売や締結などの数字がグッと上昇するケースも少なくないもの!

コンサルタントへ依頼はそういったターゲットを明確にして効率的なアプローチをできるようにする、少しずつ修正をしていくなどの面でも非常に有用なコンサルだと言えるね。

また既存のターゲット戦略はそのままで、少しだけ追加で別な方向性のターゲットも視野に入れて集客をしてみるなどの客観的な意見も重要なので、経験豊富は集客コンサルタントへの依頼は様々な面でのメリットに期待ができると言えるんだ。

何よりも成果に直結しやすいのが魅力的

そして何よりも成果に直結しやすい集客に期待ができる点、これもコンサルタントへ依頼をするメリットなんだね。

経験が豊富で様々な業界のコンサルをしてきた集客コンサルタントへ依頼をした場合、多角的な視点から自社に最も最適な集客戦略を提示してくれるんだ。

そうすることで自社視点での様々な集客を実践するより、客観的かつその職種・業界で最適かつ効率的な集客に最短でたどり着くことができるので、成果に直結しやすいメリットがあるんだね。

既にある程度の集客ができている場合でも、より効果的な集客に期待ができたり、集客に悩んでいるケースであれば今までにない効率的な集客からの利益アップなど、成果に直結する即効性なども魅力的なポイントなんだ。

もちろんコンサルタントへの費用は発生するけれど、求めていたこととマッチするコンサルタントにお願いできれば抜群の費用対効果を実感できることは大きなメリットなんだと覚えておこう。

客観的な視点での有用なアドバイス

繰り返しになるけれど客観的な視点でアドバイスを受けることができるメリット、これはコンサルタントへ依頼をする上で非常に大きなメリットなんだ。

企業の場合、たまにコンサルタントへ依頼をするものの「今の集客戦略が絶対に正しい!」と、頑なにアドバイスを否定する代表や役員なども少なくないんだ。

特にある程度の結果が出ている集客戦略がある場合、集客の専門家であるコンサルタントからのアドバイスであっても受け入れられない人もいたりするもの。

でも経験豊富な集客コンサルタントの場合、同じような商品やサービスを扱っている企業での集客戦略での成功事例などもあったりするため、専門家からの意見はできれば取り入れて実践してみることをおすすめするよ。

経験豊富な集客の専門家のアドバイスは、ある意味ではユーザーの視点でユーザーが求めているアドバイスであるケースも多いため、外部の人間のアドバイスだからこそ真摯に受け止めて実践することで大きな成果につながることも多いんだね。

少し話がそれてしまったけれど、そんな「客観的視点でのアドバイス」を経験豊富なコンサルタントから受けることができるのは、非常に大きなメリットなんだと覚えておいてほしいんだ。

リサーチャー🔰まるお

今までの集客方法と比較してみると良いなんて話も聞くことがあるね。

自社のリソースに影響せず集客が可能

最後に自社のリソースに影響せずに集客が可能になる、そんなメリットについても触れていこう。

これは当たり前といえば当たり前なんだけれど、集客コンサルタントへ依頼をして自社の分析から集客のアドバイスをしてもらうことは、社員のリソースに影響を出さずに結果を出すことができるんだ。

仮に社員の何名かを集客専門の業務担当としている場合、新たな施策や戦略を構築・思案するような場合は、業務へのリソースに影響が出てしまうもの。

また集客関連の業務を軽視しがちな企業は、通常業務もほぼ変わりない量で兼任させてしまうケースもあるかもしれないね。

そうすると当然集客関連へ割くリソースが激減してしまうため、その担当が打ち出す集客の結果は良いものにならないと思う。

そういった集客業務への手抜きを避けつつ、専門家であるコンサルタントからのアドバイスにより自社リソースに影響を出さず、効率的な集客への取り組み・戦略が可能になる点は、集客コンサルタントへ依頼をする大きなメリットなんだね。

集客コンサルタントへ依頼をするデメリットは?

ここからは集客コンサルタントへ依頼をするデメリットについて触れていきたいと思う。

「デメリットなんてあるの?」と思う人もいるかもしれないけれど、意外と見落としてしまう注意点などもあるんだ。

だからこそ集客コンサルタントへの依頼で失敗しない、後悔しないためにもこれから解説していく3つの項目に目を通していこう!

ある程度の予算が必要となる

まず集客コンサルタントへ依頼をするデメリットとして、ある程度の予算が必要になる点が挙げられるね。

これはどの程度のコンサルを依頼するかによるんだけれど、いずれの場合であってもそれなりの費用がかかることは間違いない!

これは集客に限らずどのコンサルタントへ依頼をする場合も同じなんだけれど、結果を出したい場合こそ、色々な部分でのアドバイスやや分析、戦略相談などをすると費用・予算は多めに必要となってしまうんだ。

それ以上の結果に期待ができる集客コンサルタントではあるんだけれど、大前提としてある程度の予算は必要になってしまうという点は、企業によってはデメリットに感じてしまう部分かもしれないね。

人によって能力に差がある

次に人によって能力に差がある、これも集客コンサルタントへ依頼をするデメリットだと言えるね。

厳密に言えばデメリットではなく注意点なんだけれど、はじめてコンサルタントへ依頼をする場合には「だれ」や「どこ」に依頼をするかで迷ってしまうケースも出てくると思う。

企業として集客コンサルタントのサービスを提供しているところへ依頼をするか、個人・フリーランスで経験豊富なコンサルタントへ依頼をするかなど、様々な選択肢が出てくると思うんだ。

そして依頼をする集客コンサルタントによって能力に差があるため、変なコンサルタントへ依頼をしてしまうと思ったよりも結果が出なかったなんてケースに直面してしまうこともあるんだね。

こういったデメリットもあるんだけれど、このあたりは評判や実績などを確認することで回避することができるデメリット・注意点でもあるんだ。

この部分で依頼に対してネガティブなイメージを持ってしまう人もいるんだけれど、一定以上の能力や経験がある集客コンサルタントであれば安定した結果に期待ができるので、前向きな気持ちで実績や経験が豊富なコンサルタントを探して依頼を検討することをおすすめするよ。

集まる集客®︎総研編集長/菅原

ある程度の実績がある集客コンサルタントを選ぶことが大切なポイント。
HPなどに事例やお客様の声がしっかりのっているか見てみてね。

依頼期間が終わったら集客に影響が出る

最後に依頼期間が終わったら集客に影響が出るケースもある、これも場合によってはデメリットに感じる部分かもしれないね。

当たり前ではあるけれど契約の終了と同時に、集客コンサルタントからのアドバイスはなくなってしまうんだ。

集客コンサルタントにだけ頼り切った集客を続けていると、常にコンサルタント料を払い続けて契約継続をする羽目になってしまう。

もちろんある程度の結果が出るまでは契約を継続するのも選択肢の1つだけれど、分析や戦略アドバイスを受けた上で自社の担当に落とし込めたのであれば、そういったデメリットを心配する必要もなくなるよね。

先の自社のリソース面でのデメリットを懸念する人もいるかもしれないけれど、継続してコンサルタント料を払い続けるのであれば、ノウハウを取得する担当の人を用意しておくことで依頼終了後も継続して安定した集客を可能にすることができるんだ。

当然その場合には担当社員には集客にしっかりリソースを割くことができるように、通常業務を無理に振ることなく、集客にある程度は専念できる環境を整えてあげることが大切になるね。

そうすることで集客コンサルタントへの依頼完了後も安定した集客、そこから発生する利益を継続的に期待ができるようになるので、デメリットに感じることがないようにしっかりと対策をしておくことが大切なんだ。

まるお「集客関連の業務をメインとする社員にノウハウを学ばせてあげるのも良いのかもしれないね。」

知っておくべき集客コンサルタントの種類

ここからは知っておくべき集客コンサルタントの種類について触れていくよ!

自社のスタンスに合わせて最適な集客コンサルタントに依頼をすることが、効率よく結果を出すことにつながるからこそ、大切な「種類」についてもしっかりとチェックをしていこう。

広告媒体に強いコンサルタント

まず集客コンサルタントの種類の1つとして、広告媒体に強いコンサルタントが挙げられるね。

この広告媒体は主に「紙の媒体」を指し、ネットが普及する以前の広告媒体と感じる人もいるかもしれない。

・折込チラシ
・フリーペーパー
・業種特化の媒体

上記のような紙の広告媒体は「ネット社会の現代では古い」と感じる人もいるんだけれど、今でも集客を力強くサポートしてくれる媒体でもあるんだ。

例えば有名なホットペッパーなどはある意味ではフリーペーパーの一種でもあり、飲食店に特化した「業種特化の媒体」でもあるよね。

また求人関連のフリーペーパー(冊子)であったり、地元密着型のフリーペーパーなどへ掲載をすることも集客につながる大切なポイントなんだ。

もちろん業種・職種にもよるんだけれど、今でもスマホやパソコンを使わずに紙の広告媒体から情報を得る人も決して少なくないんだ。

だからこそ業種・職種によっては紙の広告媒体を軽視することなく、チラシやフリーペーパー、そして業界特化の媒体などに強く集客コンサルタントを選ぶことで、思った以上に結果につながることもあると覚えておこう。

WEBマーケティング特化のコンサルタント

次にWEBマーケティングに特化した集客コンサルタントについて触れていきたいと思う。

先の項目では紙媒体の広告・集客について触れてきたけれど、やっぱり今はWEB広告はかなり強く、様々な業種・職種での集客に期待ができるんだ。

・SNSでの広告
・リスティング広告
・プロモーション広告

他にも様々なWEB上の媒体に対して広告を打ち集客につなげることができる。

この場合は当然ある程度の広告費は必要になるけれど、即効性も高いためWEBマーケティングに特化したコンサルタントに依頼をする人も増えてきている。

ただしこれらのWEB媒体で広告を運用する場合、ある程度の知識がないと予算だけがドンドン消費されてしまい、思った以上に結果が出ない悲惨な状況が続いてしまうケースも珍しくないんだ。

だからこそWEBマーケティングに特化した集客コンサルタントに依頼をすることで、自社に最適なWEB媒体のアドバイス、また広告の出し方を学ぶことで、効率的な集客に期待ができると覚えておこう。

トータルでの経験が豊富な集客コンサル

最後にトータルでの集客経験が豊富なコンサルタントに依頼をするケース。

もしターゲット層が紙媒体、WEB媒体の両方であるならば、トータルでの経験が豊富な集客コンサルタントに依頼をするのがベストな選択肢になるね。

今ではWEB媒体が強いと言われるものの、先にも触れたように業種・職種によっては紙の広告の方が成果につながるケースもあるんだ!

だからこそ自社の商品やサービスなどターゲット次第では、様々な集客方法で経験が豊富な集客コンサルタントを探して依頼をすることが結果につなげるための大切なポイント!

その上で両方の経験が豊富な集客コンサルタントであれば、どちらを重点的に活用するか、もしくは片方だけに限定をするのか、それとも各々の媒体をどのぐらいの比率で活用していくのか。

そういった具体的なアドバイスや広告運用などのアドバイスを得ることができれば、今後の集客に驚くほどの差が生まれることは間違いないよね。

だからこそ集客コンサルタントを選ぶ場合には、その人がどのぐらいの経験があり、どういった実績や強みを持っているかを知った上で選ぶことも大切だと覚えておいてほしんだ。

集客コンサルタントと間違えがちなサービス

ここからは集客コンサルタントと間違えがちなサービスについて解説していくよ。

これを知らずうっかり集客コンサルタントと同じと勘違いし依頼をしてしまうケースもあるので、間違ったサービスへの依頼をしないように「間違えがちなサービス」についても目を通していこう。

営業やセールスのコンサルタント

まず集客コンサルタントと間違えがちなサービスとして、営業やセールスのコンサルタントが挙げられるよ。

集客コンサルタントは最終的に集客によって、見込み客や売上を伸ばすためのコンサルタントをしてくれるんだ。

でも営業やセールスのコンサルタントは、集客寄りではなく直接的なセールス・販売を目的としている。

どちらかと言えば「代行セールス」に近いサービスであり、場合によってはほぼ代行セールスのようなケースも珍しくないんだ。

先に挙げたような集客コンサルタントのメリットを得ることはできず、また単発的なセールスになってしまうため、依頼時に間違えてはいけないサービスの1つだと言えるね。

🔰リサーチャーまるお

集客に注力してくれるコンサルタントじゃないと、目的や方向性が全然違ってしまうんだね。

サイトやブログ作成のコンサルタント

次にサイトやブログ作成のコンサルタント、これも間違えがちなサービスの1つなんだ。

サイトやブログからも集客は可能なため、こういったサービスを集客コンサルタントとしてイメージしている人もいるかもしれないね。

もちろんサイトやブログを作成することで集客につなげることはできるんだけど、集客コンサルタントは1つだけではなく戦略なども含めてアドバイスをしてくれるもの!

集客の1種としてサイトやブログの作成をアドバイス・サポートしてくれるのは良いんだけど、それだけではなく業種や職種にマッチした様々な集客方法のアドバイスやサポートを求める人が多いと思う。

そう考えるとサイトやブログの作成のみを集客と考えるコンサルタントは、あくまでサイト制作のみのコンサルタント(もしくは作成サービス)なので、そのあたりで間違えることのないように注意することが大切なんだ。

薄っぺらいビデオ通話のみでのアドバイス

そして最後は薄っぺらい内容の集客コンサルタントには依頼をしないようにすることが大切だと伝えておきたいんだ。

この「薄っぺらい」がどういった内容を指すかは人それぞれだけど、一つの基準としてビデオ通話で誰にでも当てはまる当たり障りのない内容のアドバイスのみのコンサルタントもたまに存在するもの!

低予算で集客コンサルタントへ依頼をしようとすると選択肢が狭くなってしまい、そうすると経験や実績のないなんの結果も得られない集客コンサルタントに依頼をすることになってしまう。

例えばしっかりヒアリングもせずにネットで調べれば出てくる程度の内容をそれっぽく語り、それをコンサルタントとして情報料を求めるようなケースは絶対に避けたいよね。

自社の業種や職種、そして商品やサービス、ターゲットとなるユーザーの属性なども考慮しつつ適切なアドバイスやサポートをしてくれるのが本物の集客コンサルタントなんだ!

そのあたりを考えるとあまりに低予算での依頼はできれば控え、求めるコンサルの相場での依頼料で受けてくれるきちんとした集客コンサルタントを依頼することが間違えない大切なポイントだと知っておこう。

集客コンサルタントを上手に活用することが利益アップにつながる

今回は集客コンサルタントとは何かという基本についてお話しつつ、具体的なメリットやデメリット(注意点)についてお話してきたね!

また知っておきたい集客コンサルタントの種類、そして間違えがちな類似サービスについても解説してきたので大切なポイントは把握できたかな?

コンサルタントは上手に活用することで、適切な戦略アドバイスを得ることができ、利益を伸ばすために非常に有益なサービスなんだ!

今では本当に様々な集客方法があるからこそ選択肢に悩んでしまったり、色々試したけれど中々上手く集客ができず結果に繋がらないと悩んでしまうケースも少なくないもの。

だからこそコンサルタントに依頼をすることで、適切なアドバイスやサポートを得ることで、自社の見込み客開拓や利益を伸ばすために活用することが大切なんだね。

企業であれば集客やSNS担当などに集客コンサルタントからのノウハウを学んでもらうことで、継続的に集客に良い結果を残せるのであればかなり費用対効果の高い投資とも言えると思う。

もしも集客で悩んでいる、見込み客開拓ができずに利益が伸ばせないと悩んでいるようなケースであれば、集客コンサルタントへ依頼をすることで状況を打開するための第一歩を踏み出してみるのもオススメな選択肢と言えるんじゃないかな。

集まる集客®︎総研編集長/菅原

コンサルを依頼するのもいいけれど、集まる集客を学ぶのがおすすめだよ〜!

・いいねや保存が増えない
・フォロワーが増えない
・お申し込みが入らない…。

そんな「お客様が集まらない」集客を
集まる集客®︎」にガチャリと切り替える方法がわかる

集まる集客無料講座2024はこちらから!

集まる集客ChatGPTセミナー個別相談会

よかったらシェアしてね!

集まる集客総研へようこそ

👩‍💼集まる集客総研へようこそ! 集まる集客総研のトップページには、起業家の集客やChatGPTなどのAIの最新記事がたくさんあります!ここからチェックしてくださいね!

集まる集客ChatGPTプロンプト集

集まる集客ChatGPTプロンプト集 | 個人起業家のお悩み専用のダウンロード

無料メールマガジン会員登録で、電子書籍ぜんぶプレゼント

集まる集客総研無料メールマガジン会員のご登録
集まる集客総研無料メールマガジン会員のご登録

集まる集客総研無料メールマガジン登録はこちらから

こんなお悩みありませんか?

お客様に自分だけの強みを伝えたい!
SNSやメルマガ、電子書籍、ライブや動画の脚本を書く時間を大幅に減らしたい!
もっと自分の人柄が伝わる教え方をしたいのなかなか伝わらない!

ラブレター構造ライティング
集まる集客ラブレター構造テキスト

この記事を書いた人

私には夢があります

「集まる集客®︎総研」を
個人起業家さんが
集客で困ったり悩んだ時に

「一番頼りになる!」
「ここに来れば安心!」
「ここの記事が一番わかりやすい!」

そんな場所にすることです。

私はこれまで、管理栄養士として
病院や短期大学で
フルタイムで働いてきました。

その傍ら、長年の
「摂食障害克服サポートの仕事をしたい!」
という夢を叶えるため
起業も視野に6年動きつづけるも思うようにいかず。

うまくいかないのは
「あれも足りないから、これも足りないから…」

とセミナー、起業塾
あらゆる講座を受け続け答えを探していました。

もう限界かも…と諦めかけていた時
集まる集客®︎プロデューサー 
長瀬葉弓さんに出会いました。

初めて受け取った
「ラブレター」に感動!

こんなお客様へのラブレターがかければ
私のように
「集客できない自分を責めてしまう」なんてことが
なくなり、多くの人が想いを届けられるようになる!
と気づいたのです。

そこから人生180°転換!

現在は集まる集客に集ったみんなの夢を叶えるため
日々研究に没頭しています。


プライベートは
小2と5歳のお母さん
趣味は推し活
動物占いはコアラ
岩手県在住です。

目次