ステップメールとは?作り方のポイントと例文、配信システムを紹介

ステップメールの作り方のポイントと配信システムを紹介
目次
最新電子書籍をChatGPTの使い方を無料ダウンロード
個人起業家専用集まる集客®︎ChatGPTプロンプト
女性起業家のためのWEBマーケティング
集まる集客新メソッド2024

ステップメールになぜこだわるべきなのか?

ステップメールとは  

ステップメールは、
個別相談会のお申込み獲得のための
強力なツールになります。

忙しい日々の本業に仕事に追われながら、
お客様を集める方法を学ぼうとしている皆さん。

時間は限られていますし、
情報の洪水に飲み込まれてしまう可能性もあります。

だからこそステップメールの活用を
おすすめしています。

ステップメールは、
情報を少しずつ分割して
送信するため、

読者に負担をかけすぎることなく、
着実に知識を深めることができます。

例えば、最初のメールでは

SNSマーケティングの重要性を簡単に説明し、
興味をひきつけます。

次に具体的な事例を紹介し、

さらにSNSの使い方のポイントを
分かりやすく解説します。

最後に実際に活用して
もらうための課題を出すなど、

ステップを踏んで徐々に
商品やサービスへの理解を
深めていくことができます。

例えば、
オンラインサロンの
立ち上げを検討している方を
ペルソナにしたら、

サロンのコンセプトづくりから
ターゲット設定、
収益化プランまで、
一連の流れをステップメールで伝えることができます。

ステップメールとメルマガの違い

メルマガは、定期的に
同じ内容のメールが
メルマガ登録者全員に
一斉に配信されるものです。


新しい情報をタイムリーに
発信するのに適しています。

一方、ステップメールは
登録日から
複数回に分けて
順番通りにメールを読んでいただくことができます。


最大の利点は、段階を踏んで
着実に独自の教育を届けていけることです。

ステップメールの具体的な力 –
ビジネスを成功に導く3つの具体的なメリット

ステップメールには以下の3つの大きなメリットがあります。

メリット1. 顧客との接触回数が増える

メールを一度きりで終わらせるのではなく、
複数回に分けて送信することで、
顧客との接点を自然と増やすことができます。
継続的な接触を通じて、徐々に信頼関係を構築できるのです。

メリット2. 顧客の購買意欲を高められる  

ステップメールでは、最初に個別相談会のコンセプト概要を伝え、
次第に具体的なメリットなどの
情報を提供していきます。

分割された情報を順を追って
受け取ることで、
個別相談会への関心が徐々に高まり、最終的に申し込みへとつながるのです。
 
出会う前から先生と生徒の関係を創る
2ステップマーケティングを仕掛けていくことができます。

2ステップマーケティング
2ステップマーケティング

 

メリット3. 信用と信頼を獲得し、個別相談会の集客を自動化  

ステップメールは一方的な情報提供にとどまらず、
読者との双方向のコミュニケーションを
図ることもできます。

例えば、
中間中間でワークを出したり、
アンケートを実施したりと、

読者を巻き込む工夫をすれば、
より深い関係性を築けます。

そうした信用と信頼を獲得することで、
最終的には
個別相談会の申込みにつながります。

つまり、集客が自動化されるわけです。

ステップメールのデメリット詳細

ステップメールのデメリット – 注意すべき3つの課題

ステップメール活用における3つのデメリット、つまり注意すべき点について解説します。

デメリット1. お客様リストを増やす戦略が必要

ステップメールを送信するには、
まず受信者となるお客様リストが不可欠です。

リストが少ないと、メールの行き先がなく、
活用の機会が減ってしまいます。
そのため、常にリストを増やす施策を講じる必要があります。

具体的には、ウェブサイトに
メール購読フォームを設置したり、
SNSでフォロワーを増やしたり、
オフラインのイベントでメールアドレスを収集したりと、

積極的な施策が必要です。
お客様リストの構築は、
ステップメールを本格活用する上での前提条件と言えるでしょう。

デメリット2. ステップメール配信システムが必要

複数回に分けてメールを送信するには、
専用のステップメール配信システムや
ツールが必要不可欠です。

一般的なメール送信ソフトでは、
メール履歴の管理や、配信タイミングの制御が難しいためです。

ステップメール配信ツールには、
有料と無料のものがあります。

機能が高度になるほど料金は高くなる傾向にあるので、
自身のニーズに合わせて検討する必要があります。

集まる集客を学ぶ起業家さんにはこちらをおすすめしてきました。
月商7桁8桁報酬の起業家が150名以上誕生したのはこのシステムがあったからです

デメリット3. ステップメールのライティングに時間がかかる 

分割して送信するステップメールは、
1つ1つのメールの内容を練る必要があります。
そのためライティングに時間が必要です。

特に、読者の関心を惹きつけつつ、
徐々に知識を深めさせるライティングは難しく、
試行錯誤を重ねなければなりません。

これまで経験の無い方にとっては、
かなりの負荷となる可能性がありますが

ステップメールの型とテンプレートを使い
AIを使っていくことで
このデメリットをなくすことができるようになりました!

ステップメール作成の手順

ステップメール作成の手順

ステップメールは非常に強力なマーケティングツールですが、その効果を最大限に発揮させるには適切な準備と作成プロセスが重要です。ここでは、個別相談会の集客に向けたステップメールの作成手順を解説します。

1. 個別相談会のペルソナを決める

まずは、どのような層の人々を対象とするのかペルソナを設定します。例えば、30~40代の働くママ、起業をめざすシニア層、など具体的にイメージを決めましょう。ペルソナに合わせてメッセージの内容や伝え方を変えることで、効果的なアプローチができます。

2. 個別相談会のタイトルを決める  

次に、個別相談会のタイトルを決めます。ペルソナが抱える課題を解決できる分かりやすいタイトルにします。例えば「ママ起業家のためのSNSマーケティング相談会」など。タイトルが明確であれば、対象者の関心を惹きつけやすくなります。

3. コンセプトメイキングの型に沿ってネタを集める

ステップメールの本文の土台となるネタを準備します。相談会のコンセプト、ペルソナの課題、解決策などをコンセプトメイキングの手法に沿ってまとめていきます。これを元に、段階を追ってわかりやすく解説できる内容を構築します。

4. ステップメールの構成を決める

ステップメールは複数回のメールに分けて送信するため、
構成をしっかりと決める必要があります。例えば、

第1回:個別相談会のコンセプトとなぜ開催するのかというペルソナにとってのメリット
第2回:ペルソナの具体的な問題
第3回:ペルソナの問題を解決できるようになった理由
第4回:個別相談会の当日の具体的な流れや申込方法 

といった具合です。
段階を踏んで徐々に理解を深められるよう工夫しましょう。

5. ステップメール本文を完成させる

構成できた内容に合わせて、
1通1通のステップメール本文を仕上げていきます。わかりやすい文章にするとともに、読者の関心が持続するよう工夫します。また、本文への導線となる見出しの設定や、適切な画像の挿入も忘れずに。

6. ステップメール配信システムに設定する

完成したステップメールの内容を、配信システムに設定していきます。送信日時や送信間隔なども、この際に入力します。事前にテスト配信を行って、確認作業も欠かせません。


このように、効果的なステップメールを作成するには、
ある程度の準備と手順を踏む必要があります。

しかし、それによって
顧客との信頼関係を着実に構築し、
確実に個別相談会への集客につなげられるはずです。

手間をかけてでも、しっかりとしたステップメールを作成することが大切なのです。

ステップメールの構成と例文  

ステップメールに効くコンセプトメイキングの3つのパターン

ステップメールは顧客を着実に個別相談会に誘導し、確実に集客につなげられる強力なツールです。しかし、ただ単に情報を送りつけるだけでは、十分な効果は期待できません。ここが重要になってくるのが、「コンセプトメイキング」です。

コンセプトメイキングとは、提供するサービスや商品のコンセプトを、お客様の課題解決につなげてわかりやすく伝えることです。ステップメールの中でコンセプトメイキングを十分に行うことで、顧客の関心を着実に高め、行動を促すことができるのです。

では、ステップメールでどのようにコンセプトメイキングを行えばよいのでしょうか。ここでは3つの効果的なパターンと、それぞれの例文を紹介します。

1. ヒーローズジャーニーパターン

お客様の現状の問題を描き、
それを乗り越えた企業や人、お客様の物語で構成します。

2. ラブレター構造パターン

ステップメールラブレター構造で構成し、
徐々に気持ちを高めていきます。
最後は個別相談会への参加を求める鬱血の”プロポーズ”と言えるでしょう。 


3. お客様の声活用パターン

過去の個別相談会参加者の参加理由や
お客様の声を掲載していくパターンです。

コンセプトメイキングで個別相談会への集客を最大化!

個別相談会は、単に開催を告知しただけでは、なかなか参加者が集まりません。そこで重要になるのが、ステップメールを使ったコンセプトメイキングです。

コンセプトメイキングの型を使った
ステップメールの構成例

コンセプト(問題解決のテーマ)公開

コンセプト分解
なぜその問題が起こるのか? 具体的にどのように解決するのか?
なぜ今解決することが必要なのか? どうして普通は上手くいかないのか?
なぜわたしが解決することができるのか?

お客様と関わった事例 (業種別、ジャンル別)
わたしと関わることによって、何がどう学べるのか?
どんな想いがある人が、どんな紆余曲折を描いてきたのか?

参加表明があった方の期待の声 や 前回の参加者の声

当日の流れや中身公開

予告

告知

ステップメールは、個別相談会開催に先立ち、複数回に分けてメールを送信する手法です。そのメール本文の中で、上手くコンセプトメイキングを行えば、確実に参加者を集めることができるのです。

ステップメールの構成のポイント3つ

では、どのようにコンセプトメイキングをすれば良いのでしょうか。ポイントは3つあります。

1. お客様の問題を明確にする

個別相談会に興味を持ってもらうには、まずお客様自身が抱える課題を意識してもらう必要があります。そのため、初回のステップメールでは、どんな悩みや問題があるのかを分かりやすく説明します。

具体的な事例を挙げたり、お客様の実際の声を載せるなどの工夫をすれば、より説得力が増します。自分の課題に気づいた読者は、次のステップへと自然と進んでいくはずです。

2. 解決の糸口を示す

自分の問題に気づいた読者に対し、2回目以降のメールでは解決の糸口を少しずつ垣間見せていきます。しかし、完全に解決策を公開するのはまだ避け、期待と興味を持続させます。

例えば、個別相談会で実際に取り組む手法の一部を公開したり、過去の事例を紹介したりと、あくまでも”おいしい”部分を示すだけにとどめます。そうすれば、完全解決を求めて、個別相談会への参加意欲が高まっていくはずです。

3. 告知が待ち遠しくなる仕掛け

そのメール本文の中では、お客様が得られるであろう具体的なメリットを改めて説明します。そして、個別相談会に参加することで、全ての課題が解決できることを伝えます。

このようなコンセプトメイキングの流れを、ステップメールの本文に確実に落とし込めば、お客様の熱い参加意欲を喚起することができるはずです。

個別相談会への集客は、単なる告知キャンペーンとは次元が異なります。ステップメールを上手く活用し、事前にコンセプトメイキングを行うことが欠かせません。そうすれば、きっと多くの参加者を獲得でき、ビジネスに大きな活力を与えることができるはずです。

効果的なステップメール作成のためのポイント7選

ステップメールは、個別相談会や講座の集客に大きな力を発揮してくれます。しかし、単に情報を送りつけるだけでは十分な効果は望めません。きちんと工夫を施し、読者の関心を惹きつけられるようなステップメールにする必要があります。

ここでは、効果的なステップメールを作成するための7つのポイントを解説します。

1. 件名の工夫

件名は読者が最初に目にする大切な部分です。つまり「開封」されるかどうかは、ここで決まります。単なる情報の羅列ではなく、読者の興味を引くような衝撃的な件名や、質問形式の件名を心がけましょう。

2. 差出人名

差出人名にも工夫が必要です。単に会社名や団体名ではなく、個人名を入れることで親しみやすさが生まれます。自身のビジネスで信頼されているスペシャリストであれば、その肩書きが効果的です。

3. 自動返信メール

メールに返信があった場合に備え、自動返信メールを設定しておくと好印象を与えられます。簡単な問い合わせにも丁寧に対応できる姿勢が伝わり、信頼関係構築に役立ちます。

4. ヘッダーデザイン・フッターデザイン

ちょっとした工夫で、ステップメールの見た目に統一感が生まれます。ヘッダーに魅力的なタイトルを入れたり、フッターに自身のヒーローズジャーニーやお客様の声を載せたりするとメールのグレードが上がります。

5. スマホで読みやすいメール本文

近年はスマホでメールを読む人が増えているため、その画面に最適化されたレイアウトが求められます。長い段落は避け、適度な改行を入れて読みやすくする必要があります。

6. URLリンクの場所・書き方

ステップメールの主な目的は最終的に個別相談会の申し込みを獲得することです。そのため、申し込みページへのリンクはメール本文の最後に明確に設置し、わかりやすい書き方をするよう心がけましょう。

7. 画像の活用

メール本文に適度に画像を挿入することで、より臨場感が出て読者の興味をかきたてることができます。講師の写真や具体的な事例の画像などを活用すると効果的です。

これらのポイントを意識しながら、ステップメールを作成していけば、魅力的で読者を惹きつけるものとなり、確実に個別相談会への集客につながるはずです。試行錯誤を重ねながら、ステップメールの改善を続けていきましょう。

ステップメールの成果を最大化する6つの施策

ステップメールは確かに強力な集客ツールですが、適切な施策を講じないと十分な効果は得られません。ステップメールによる個別相談会の集客で成果を出すには、様々な指標を意識し、綿密な対策を講じる必要があります。

ここでは、ステップメールの主要な成果指標と、それらを上げるための6つの施策について解説します。

**1. 開封率を上げる**

ステップメールの第一関門は、メールを開封してもらうことです。開封されなければ本文の内容は伝わりません。開封率を上げるには、魅力的な件名の設定や、信頼できる差出人名の使用が有効です。

**2. クリック率を高める**  

開封された後は、本文中の重要なリンク(個別相談会の申し込みページなど)へのクリック率が問われます。メリットを分かりやすく示したり、行動を促す呼びかけをしたりと、クリックを誘導する工夫が必要不可欠です。  

**3. 申込率を上げる**

最終的には多くの申し込みを集める必要があります。申込率を上げるには、本文の分かりやすさはもちろん、申し込み方法を明確に示すことが大切です。迷わずスムーズに申し込めるよう配慮しましょう。

**4. 参加理由を分析する**

個別相談会に実際に参加した人の理由を分析することで、ステップメールの改善点が見えてきます。参加した理由を聞き、どの部分の訴求が効果的だったかを探ります。それを次のステップメールに活かせば、さらに成果は上がるはずです。

**5. お客様の声を活用**

過去の参加者からの喜びの声は、大きな説得力を持ちます。そうした生の声を効果的に本文に取り入れることで、ステップメールの信頼性が高まり、新規顧客の参加意欲も掻き立てられます。

**6. 競合リサーチで差別化**  

同業他社のステップメールを分析し、自社との違いを確認しましょう。うまく差別化できていれば、独自の強みを打ち出した方が良いですし、遜色がある場合は競合に学ぶ必要があります。常に客観的に振り返り、改善につなげていきます。

このように、ステップメールの成果を上げるには、様々な側面から綿密な施策を講じる必要があります。開封率、クリック率、申込率など、主要な指標を全て意識し、弱点を発見次第、素早く対策を打つことが肝心です。

そしてお客様の声に耳を傾け、競合との違いを把握することも忘れてはいけません。ステップメールは絶えず改善を重ね、磨き上げていくものなのです。こうした施策を怠らなければ、必ず高い成果が望めるはずです。

ステップメールで注意すべきポイント  

**ステップメールで失敗を防ぐ3つの注意ポイント**

ステップメールは確かに強力な集客ツールですが、一方で失敗するリスクも存在します。たった一つの軽微なミスが、大きな痛手につながる可能性があるのです。せっかく作成したステップメールが無駄になり、貴重な機会を逸してしまうかもしれません。

そうした失敗を防ぐため、ステップメールの作成と運用において注意すべき3つのポイントをご紹介します。

**1. テスト配信を怠らない**

ステップメールの本番配信に先立ち、必ず複数人でテスト配信を行うことが重要です。

本文中の書き間違いや釣り合わない画像の有無、リンクの正常性など、発信前に綿密なチェックを何度も行う必要があります。最悪の場合、個人情報の漏洩や誤送信など重大な失敗につながりかねません。

短い労力で、多大なリスクを回避できますから、必ずテスト配信でステップメールの品質保証を行いましょう。

**2. 返信メールの対応を確認する** 

ステップメールを受け取った相手から返信があった場合に、どのように対応できるかが問われます。自動返信メールや、人手でのレスポンスなどを確認し、漏れや遅延がないよう準備が必要不可欠です。

こちらが気づかないだけで、既に深刻な返信漏れが発生している場合も考えられます。こまめな確認を心掛け、返信への対応に遅れが出ないよう注意しましょう。

**3. リンク切れに気をつける**

ステップメール本文に記載されるリンク先のウェブページは、確実に正常に表示されている状態でなくてはいけません。リンク切れが発生すれば、参加者の申し込み行為に支障が出てしまいます。

特にランディングページ(LP)については、日々コンテンツの更新が行われる場合が多いので、定期的な確認が不可欠です。最悪の場合は全てのリンクが適切に是正されるまで配信を止める必要があるかもしれません。

このように、ステップメールではささいな失敗が重大な結果を招く可能性があります。そのリスクを確実に防ぐため、テスト、返信対応、リンク確認の3点に細心の注意を払う必要があります。作成時から運用時に至るまで、一切の気を抜くことなく点検を続けることが何より大切なのです。

実際のステップメールの構成と活用事例

現在準備中!

ステップメール集客におすすめのサービス

起業家の皆さんにオススメ

AgentMAILは、こんな悩み不安を抱えている
起業家様・経営者様にオススメです。

  • メールマガジンのオペレーションを改善したい方
    • 渾身のメールマガジン<を、多くの読者様に読んでもらいたい方
    • メールマガジンの読者様を飽きさせたくない方
    • メールマガジンの読者様を増やしたい方
    • メールマガジンの開封率を上げたい方。
    • HTMLメールで、魅せるメールマガジン
      ステップメールを送信したい方
    • メールマガジンからのクロージングを高めたい方。
    • 自分が発行したメールマガジンが
      読まれているかどうか気になる方
  • 複数の動線をお持ちの方で、動線が最適化されていない方。
    • 多くのイベントを企画し、適切な動線から、
      見込み顧客を逃さず売上に繋げたい方。
    • プレゼントキャンページに応じた動線から、
      見込み顧客を逃さず売上に繋げたい方。
    • シーズンマーケティングに応じた動線から、
      タイミングを活かして売上を作りたい方。
  • メールマガジンに設定した動線が稼働しているのかチェックしたい方
    • メールマガジンをどこまで読まれたのかのか、把握したい方
    • どんなタイプの読者様が多いのか、把握したい方
    • どんなキャッチコピーが響いたのか、把握したい方。
  • 自分のバックナンバーページを持ちたい方
    • メールマガジンのバックナンバーを公開したい方
    • ステップメールのバックナンバーを公開したい方
    • 会員限定のバックナンバーを公開したい方
  • メールマガジンのリストにダイレクトメールを送信したい方
    • ダイレクトメール送信する時、宛先を簡単に絞り込みたい方
    • ダイレクトメール送信する時、宛先指定ミスを無くしたい方
  • 複数のフォームサービスをお使いの方
    • セミナーや商品、サービスの申し込みフォームとして使いたい方
    • アンケートフォームとして使いたい方
  • 商品、サービスのアフターフォローのステップメールを配布したい方
  • 多くのフォームサービスを使用していて、
    メールアドレスの管理が大変と感じている方
  • メールマガジンを始めたい方

エージェントメールお申込みはこちら

AgentMAILではメールマガジンを初めて始める人に優しい
メール配信量に沿ったご利用料金となります。

初期費用¥22,000-(消費税込) ( ¥20,000- + 消費税(10%) )
月々費用基本料¥500- + メール配信料 + 消費税(10%)
但しメール配信料の上限は、¥20,000- となります。
支払日日月末締め、翌月1日〜10日までのお支払い
お支払い方法クレジットカード(ペイパル)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

わたしの信念はこれ。

「シゴトとはビジネスとはかくあるべき。
大人が寝食を忘れて没頭する遊びである」


わたしが起業に挑戦したのは
2011年。
当時38歳。

普通の2人の子育て中の主婦であり
ただのOLでした。


わたしはシゴトが大好きなのに、
2人の子育て中だったため
OL時代は会社から認められませんでした。
チャンスをもらうことがありませんでした。


悔しかったので
起業を選択しました。


自分で稼げるようになって
息子と一緒にパラオに行って遊んできました!
夫が専業主夫をしてくれています。

月商7桁8桁に到達する
個人起業家を
150名以上輩出しています。


あなたの才能の活かし方や、
あなたが絶対王者になれるポジション、
世の中に重宝されるビジネスと
その「伝承者制度」を
一緒に企画創造してみませんか?


わたしはAIを使いこなして
ゲームチェンジし
世の中で活躍できる人を増やしていきたいです。


動物占いは、黒ひょう。
細かいことにこだわらないB型。

目次