インタビュー記事の例文を公開!あなたの記事がプロ級に変わる|具体的な例文あり

集客をする上で、一度はチャレンジしたい「インタビュー記事。」このインタビュー記事は、人の話を聞いて、それを記事にするけれど、ただ、記事にするだけではなく、どうしたら読者が「すごい!」「もっと知りたい!」と思えるかどうか、ということが大事なの。

そこで、この記事では、3つの形式別に分けてどのようにインタビュー記事を書くと良いのか、具体的な例文をご紹介するね!

目次
最新電子書籍を無料ダウンロード
女性起業家のためのWEBマーケティング
集まる集客新メソッド2024

魅力的なインタビュー記事で信頼を得よう

インタビュー記事は、人々が知りたい情報や話を直接聞いて、それを記事にするんだよ。すごくいいインタビュー記事を書くと、読者は「この人、すごい!信頼できる!」って思うの。だから、記事を書くときは、質問も答えもしっかり考えることがオススメ。

例えば、質問は明確にして、答えは具体的にするといいよ。それと、話がおもしろくて、読者が「なるほど!」と思えるような内容にすることが大事。そうすると、読者はあなたの記事が好きになって、もっと知りたいって思うよ。

通常の記事と違って、インタビュー記事は、第三者の声やお客様の声を記事にするから、特別な記事になるし、信憑性が増して信頼を得ることが出来るの。将来的にもすごく大事なことだから、読者にとって魅力的で良い記事を書いていこう。

記事の3つの形式

インタビュー記事には、3種類の「Q&A形式」「モノローグ形式」「ルポルタージュ形式」があるの。必要に応じて、使い分けることがオススメだよ!

Q&A形式のインタビュー記事の5つの例文

Q&A形式って何?

Q&A形式は、質問と答えを交互に繰り返す形で情報を伝える方法だよ。この形式は、読者が知りたいことを直接、簡単に知ることができるので、とても人気があるインタビューの方法なんだよ。具体的にどんなインタビューをすると良いか、例文を上げて詳しく解説していくね!

例文1 質問を明確にして分かりやすい例文

例文1のポイント

 ①質問が明確:質問は、Aさんが新しいビジネスを始めた理由について。これは多くの人が知りたいと思う内容だよ。 
②答えがシンプル:Aさんの答えは短くてわかりやすい。「お客様のためによい商品を作る」という基本的な考えに戻りたかった、ということだよ。

集まる集客総研 リサーチャー

A様が今回の新しいビジネスを立ち上げた理由には、何があったのでしょうか? 

それはシンプルです。「お客様のためによい商品を作る」その原点を大切にしたいと思ったからです。

例文2 具体的に共感できる例文

例文2のポイント

①質問が具体的:Bさんが新しいプロジェクトで大切にしていることについて聞いているの。
②答えが明瞭:「チームワーク」が大切だと短く答えているよ。これは、多くの人が共感できる答えだよね。

集まる集客総研 リサーチャー

B様、この新しい企画で一番大切にしていることは何ですか?

それは「チームワーク」です。一人一人が協力して、最高の結果を出すことが目標です。 

 

 例文3 興味深く、具体的に答えられる例文

例文3のポイント

①質問が興味深い: 商品が成功する理由についての質問は、多くの人が知りたいと思う内容だよ。 
② 答えが具体的: 環境に優しく、使いやすいという具体的な理由を挙げているよね。

集まる集客総研 リサーチャー

C様、この商品で成功すると信じる理由は何ですか? 

この製品は環境に優しく、使いやすいんです。特に、女性の人が喜んで使ってくれると信じています。 

 例文4 実用的で答えが具体的な例文

例文4のポイント

①質問が実用的:お客様からの質問については、多くの人が関心を持つと考えているよ。
②答えが具体的:「使い方のガイドを提供しています」という答えは、具体的な行動を示しているよ。

集まる集客総研 リサーチャー

D様、お客様から最も多く寄せられる質問は何ですか?  

それは「この商品の使い方は?」です。だから、使い方のガイドをしっかりと提供しています。

 例文5 未来志向でビジョンを示す例文

例文5のポイント

①質問が未来志向:次に挑戦したいことについての質問は、前向きなエネルギーを感じるよ。
②答えがビジョンを示す:海外に挑戦したいという答えは、大きなビジョンを示しているね。

集まる集客総研 リサーチャー

E様、次に挑戦したいことは何ですか?   

次は海外での販売を目指して、世界中の人々に私たちの商品を知ってもらいたいです。

 Q&A形式のインタビューの使い方

このQ&A形式のインタビュー記事は、自分のビジネスやプロジェクトを紹介するのにとても役立つよ。例えば、新商品を出す前に、この形式で創業者やデザイナーにインタビューをして、その思いや目的を共有することができるからね。

モノローグ形式のインタビュー記事の5つの例文

モノローグ形式って何?

モノローグ形式というのは、一人の人がずっと話し続ける形で情報を伝える方法だよ。インタビューでよく使われる方法なの。質問と答えが交互に出てくるQ&A形式とは違って、この形式ではその人が自分の考えや経験、夢などをたっぷりと話してくれるから、その人がどんな人なのか、何を大切にしているのかがよくわかるんだ。

例文1 質問の明確さでターゲットに訴える例文

例文1のポイント

①自己紹介と動機が明確:起業の背景と目的について語っているよ。
②ターゲット層に言及:特に女性に焦点を当てているんだ。

例文1
私が起業を決意したのは、社会に何か新しい価値を提供して、役に立ちたいという強い願望があったからです。特に、女性が自分自身を高める手段として、ビジネスを始めることの重要性に気づきました。 

例文2 価値観を明確にして、具体的な戦略を伝える例文

例文2のポイント

①価値観が明確:「お客様の声」を重視しているよ。
②戦略的思考:市場調査やお客様からのフィードバックを活用しているんだ。

例文2
私が一番大切にしているのは「お客様の声」です。市場調査やお客様からのフィードバックをしっかりと集め、それを商品に反映させています。 

例文3 自信が伝わり、共感を得られる例文

例文3のポイント 

①自信が伝わる:自分自身の経験をもとに、信念を持っているよね
②共感を呼び起こす:他の人も同じニーズを感じるだろうと伝えているよ。

例文3
私がこのビジネスで成功すると信じる理由は、私自身がそのニーズを感じたからです。だからこそ、他の人も必ず感じるはずだと確信しています。

例文4 よくある質問から大事なアドバイスを伝える例文

例文4のポイント

①よくある質問に答える:起業のきっかけについて語っているよ。
②アドバイス要素:「行動する勇気」が大事だと教えているんだ。 

例文4
多くの人が私によく聞く質問は、「どうやって起業を始めたの?」です。私はいつも、行動する勇気が最も大事だと答えています。

例文5 未来志向で願望を伝える例文

例文5のポイント 

①未来志向:次のステップについて明確に述べているよ。
②社会貢献:もっと多くの女性に影響を与えたいという願望があることが分かるよ。

例文5
次に挑戦したいことは、オンラインで認知を広げて、もっと多くの女性に教育と機会をご提案することです。

モノローグ形式のインタビューの使い方

モノグローム形式は、インタビューされた人が深く自分自身について語る場を提供するので、読者さんにその人物の魅力やビジョンを強く印象づけることができるよ。だから、モノローグ形式はその人の深い部分を知りたいときや、その人自身の言葉でしっかりと何かを伝えたいときにすごく役立つんだよ。

ルポルタージュ形式のインタビュー記事の5つの例文

ルポルタージュ形式って何?

ルポルタージュ形式っていうのは、記者が自分自身が見たこと、感じたことをその場の雰囲気と一緒に伝える方法だよ。つまり、ただ事実を伝えるだけじゃなくて、その場の空気や人々の感情まで感じられるように書くの。

例えば、サッカーの試合を見に行ったとき、ただ「このチームが勝った」と言うだけじゃなくて、「スタジアムは熱気でいっぱいで、最後のゴールが決まった瞬間、みんなが歓声を上げた!」というような感じで、その場の雰囲気まで伝えることを言うよ。

例文1 その場の雰囲気や感情がリアルに伝わる例文

例文1のポイント 

①場の雰囲気を描写:カフェの暖かい香りや笑顔がどう迎えてくれるか、というのが伝わるよ。
②主体の感情:Aさんの「心地よさ」に対する情熱が伝わるんだ。

例文1
Aさんの小さなカフェに足を踏み入れると、すぐに暖かい香りと笑顔が迎えてくれた。Aさんは「お客様に心地よさを感じてもらいたいんです」と瞳を輝かせる。

例文2  自らの行動から、強い意志が伝わる例文

例文2のポイント 

①自らの行動を取り入れる:講師自らが作業をする様子が見られること。
②主体の意志や考え:「この教室が私の誇りです」という強い意志が見えるよ。

例文2
ハンドメイド教室見学で、講師のBさんが自ら作業をする姿を目の当たりにした。彼女は「この教室が私の誇りです。」と力強く語った。 

例文3 その場の特徴が分かり、人の目的や願いが伝わる例文

例文3のポイント 

①場所の特徴:アトリエとその美しい絵が見えるよ。
②主体の目的や願い:「絵で人々に感動を与えたい」という目的が分かるよ。

例文
 Cさんのアトリエには、彼女が作った美しい絵が並んでいる。彼女は「絵で人々に感動を与えたい」と熱く語る。

例文4 具体的な活動からその人の価値観が伝わる例文

例文4のポイント 

①具体的な活動:新鮮な野菜を収穫する様子が見られる。
②主体の哲学や考え・「土と向き合い、一つ一つ大切に育てています」という考えが分かるよ。

例文
Dさんの農園で、新鮮な野菜を収穫する様子を見せてもらった。Dさんは「土と向き合い、一つ一つ大切に育てています」と語る。

例文5 社会に貢献し、その目標が伝わる例文

例文5のポイント 

①社会貢献の側面:地元の子供たちに無料で音楽教室を開いているよ。 
②主体の目標: 「音楽で子供たちの心を豊かにしたい」という願いが分かるよ。

例文5
Eさんは地元の子供たちに無料で音楽教室を開いている。彼女は「音楽で子供たちの心を豊かにしたい」と願っている。

ルポルタージュ形式のインタビューの使い方

ルポルタージュ形式は、インタビューされた人の行動や場の雰囲気、感情などをリアルに伝えたいときに最適なの。読者にその場にいるような感覚を与え、より深くその人やその活動を理解してもらえるよ。

読者の心に届き信頼されるインタビュー記事に仕上げよう

インタビュー記事は、インタビューしたことを、ただ記事にするだけではなく、心に響く、信頼される記事を書くためのコツが大事だよ。Q&A形式、モノローグ形式、ルポルタージュ形式と、それぞれの形式には特別な魅力があるんだ。

Q&A形式は、質問と答えがクリアで、初めて読む人でもすぐに理解できる。モノローグ形式は、インタビューされた人が自分の考えや感情を深く掘り下げるから、その人の「本質」が見えるようになる。ルポルタージュ形式は、場の雰囲気や背景まで描くから、読者はまるでその場にいるかのように感じることができるよ。

でも、どの形式を選ぶかは、その記事の目的や、伝えたいメッセージによるよ。例えば、専門的な話をするならQ&Aがいいかも。人の心の中を深く知りたいなら、モノローグが最適。そして、現場の空気を感じてもらいたいなら、ルポルタージュがいい。

最後に、どの形式でも大切なのは「読者の心に届く」こと。それができれば、読者からの信頼は自然と得られるよ。だから、インタビューする前に、しっかりと目的を考え、どの形式が一番その目的に合っているかを選ぼう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私には夢があります

「集まる集客®︎総研」を
個人起業家さんが
集客で困ったり悩んだ時に

「一番頼りになる!」
「ここに来れば安心!」
「ここの記事が一番わかりやすい!」

そんな場所にすることです。

私は管理栄養士として
病院や短期大学の職員をしてきました。


その傍ら、
13歳からの摂食障害の経験をいかして
「カウンセラーとして活動したい!」
という夢を叶えるため

起業も視野に6年動きつづけるも思うようにいかず。

うまくいかないのは
「あれも足りないから、これも足りないから…」

と起業塾、体質改善、潜在意識…
あらゆる講座を受け続け答えを探していました。

もう限界かも…と諦めかけていた時
集まる集客®︎プロデューサー 
長瀬葉弓さんに出会いました。

初めて受け取った
「ラブレター」に感動!

こんなお客様へのラブレターがかければ
私のように
「集客できない自分を責めてしまう」なんてことが
なくなり、多くの人が想いを届けられるようになる!
と気づいたのです。

そこから人生180°転換!

現在は集まる集客に集ったみんなの夢を叶えるため
日々研究に没頭しています。


プライベートは
小3と5歳のお母さん
趣味は推し活
動物占いはコアラ
岩手県在住です。

目次