インタビュー記事で信頼度が格段に上がる!【ライバルと差がつく】インタビュー記事を作るコツを徹底解説

インタビュー記事で信頼度が格段に上がる!「ライバルと差がつインタビュー記事を作るコツを徹底解説!」

集客をする上で、一度はチャレンジしたい「インタビュー記事」。

このインタビュー記事は、人の話を聞いて記事にするけれど、ただ、記事にするだけではなく、どうしたら読者が「すごい!」「もっと知りたい!」と思えるかどうか、ということが大事だよ。

そこで、この記事では、3つの形式別に分けてどのようにインタビュー記事を書くと良いのか、具体的な内容や注意しなくてはいけないポイントをお伝えするね。

また、どうすれば相手の本音を引き出せるか、記事を作る流れも詳しく解説するよ。

この記事を読むことで、読者から信用信頼が得られるインタビュー記事が分かり、集まる集客のヒントが得られるはず!

この記事を読むことでわかること

3つの形式別インタビュー記事の書き方
具体的な内容や注意しなくてはいけないポイント
どうすれば相手の本音を引き出すか、記事を作る流れ
とは

是非、参考にしてあなたのビジネスを加速させてね。

集まらない集客集まる集客にガチャリと切り替える集客プロが直々に教える
 「集まる集客®︎丸わかり!」な無料講座はこちらから

集まる集客®︎の教科書
目次
最新電子書籍を無料ダウンロード
女性起業家のためのWEBマーケティング
集まる集客新メソッド2024

インタビュー記事とは【初心者必見!徹底解説】

インタビュー記事の3つの種類

インタビュー記事は大きく分けて3つの形式に分けられるよ。

①Q&A形式
②モノローグ形式
③ルポルタージュ形式

1つずつ詳細を確認していこう。

①Q&A形式

「質問と回答」のインタビュー形式
言葉や考えをダイレクトに伝える
質問の工夫、内容の把握など事前準備が必要。

Q&A形式のインタビューは、「質問と回答」を基本にしたインタビュー形式だよ。

記者やインタビュアーが対象者に質問を投げかけ、その回答を記事にまとめるというシンプルな構造を持っているよ。

この形式の最大の特長は、対象者の言葉や考えをダイレクトに伝えることができる点にあるよ。

読者は質問に対する回答を通じて、対象者の考えや個性、立場などを直接感じることができるよ。

この形式は特に意見や立場が重要な話題、例えば政治的なインタビューや哲学的な議論においてよく用いられるよ。

ただし、Q&A形式では対象者の言葉をそのまま掲載するから、インタビュアーの解釈や編集が少なく、対象者の言葉がどのように受け取られるかが重要となるよ。

このため、質問を工夫する、または対象者がどのような点を強調したいのかを事前に把握するなどの準備が必要だよ。

②モノローグ形式

白黒の写真やイラストを交えてストーリーを展開するタイプのインタビュー記事。
テキストの内容、言葉、感情に焦点を当てやすい。
特定の感情や雰囲気を強く伝える力がある。

モノローグ形式という言葉は、テキストだけでなく、白黒の写真やイラストを交えてストーリーを展開するタイプのインタビュー記事を指すことがあるよ。

この形式の特徴は、視覚的な要素が少ない分、テキストの内容や対象者の言葉、感情に焦点を当てやすいという点だよ。

白黒の写真やイラストは、読者に特定の感情や雰囲気を強く伝える力があるよ。

そのため、モノローグ形式は特に深い感情や重要なメッセージを伝えたい場合、または対象者自身が一種のアートを表現している場合に適しているよ。

③ルポルタージュ形式

周囲の環境、雰囲気、出来事などを詳細に描き出すスタイル。
記者自身の感想や評価を織り混ぜて多角的に描く
対象者の存在する「世界」まで理解を深める

ルポルタージュ形式のインタビュー記事は、取材対象者だけでなく、その周囲の環境、雰囲気、出来事などを詳細に描き出すスタイル。この形式は、物事や人の背景も含めて、しっかりと理解できるの。

例えば、政治家や活動家、アーティストなど、その人物がどのような背景や状況で活動しているのかを深堀りしていくよ。

ルポルタージュ形式では、記者自身も一種の「登場人物」となるの。取材過程での自分自身の感想や評価を織り交ぜながら、対象者やその活動を多角的に描くことが一般的なんだよ。

これにより、読者は対象者だけでなく、その人物が存在する「世界」についても理解を深めることができるよ。

お客様の声で決まる!サービス選びの決め手

「口コミと評判」重視:第三者からの評価の影響とは

迷った時に役立つのが、第三者からのおすすめ情報
多くの高評価を見たり、具体的な意見を聞くことで安心できる。

口コミや評判は、インターネットを使って様々な商品やサービスの評判を簡単に調べられるの。

多くの情報が溢れる中で何を信じればいいのか迷ってしまうことも少なくない時に役立つのが、知り合いや友人、家族からのおすすめ情報なんだ。

また、評判の良いサービスや商品には、多くの人からの高評価が寄せられていることが多いよ。

①信頼性
②参考意見

一つ目は「信頼性」だよ。もし多くの人が良いと言っている商品やサービスなら、新しいことに挑戦する際の不安が減るよね。だから、安心感をもって選べるんだよ。

二つ目は「参考意見」。どのような人がどのように使っているのか、どんな点で良いと感じたのかを知ることで、自分自身が何を求めているのかも明確になるんだ。

このように、口コミや評判は決して軽視できない要素であり、多くの人々にとって購買活動やサービスの選定において重要な判断材料となってるよ。

特に中年以降の方々にとっては、失敗したくない、後悔したくないという思いが強いので、しっかりと第三者の評価を参考にすることが、良い選択をする上で大いに役立つはずだよ。

インタビュー記事で陥りがちな3つの注意点

発言そのものを載せる

対象の魅力や信頼性を高めることができる。
事実誤認がないか十分に注意する必要がある。

インタビュー記事において、「発言そのものを載せる」という手法は非常に効果的だよ。何故なら、これによって読者は直接インタビューされた人の声、考え、感情に触れることができるからなんだ。

これは、その人物の魅力や信頼性を高める大きなポイントになるよ。

ただ、注意点もあり、まず、発言をそのまま掲載する際には、その発言が真実であり、事実誤認がないかしっかりと確認する必要があるよ。

偽造や誤りがあれば、記事の信頼性は大きく損なわれるの。また、その発言が長すぎると、読者が途中で飽きてしまう可能性もあるよ。

要点をしっかりと押さえ、適度に短縮または編集するスキルも求められるよ。そして、発言そのものを掲載する場合は、その前後の文脈もしっかりと説明することが重要だよ。

そうすることで、読者はその発言がどのような状況や背景でされたのかを理解しやすくなるよ。

記事を分けて書く

読者が読みやすい記事を作ることができる。
関連記事にリンクさせることで読者のウェブサイトの滞在時間を伸ばせる

記事を書く際には、長いものだと読者が途中で飽きてしまうことがあるよ。

特に、いろんなテーマやポイントが一つの記事に詰め込まれていると、読者は「これは何の記事なんだろう?」と混乱するの。

そこで有効なのが、「記事を分けて書く」という方法だよ。

例えば、ある製品について「使い方」、「メリットとデメリット」、「口コミや評価」など、いくつかの側面を網羅したい場合、これらを一つ一つ別の記事として書けるよ。

この方法のメリットは、読者が興味を持っている部分だけを読めるという点だよ。また、分けて書くことで、それぞれの記事にしっかりと焦点を当てることができるよ。

つまり、一つのテーマに深くダイブできるので、質の高い記事が書きやすくなるよ。さらに、一つの大きなテーマからいくつかの記事を作成すると、それらの記事を互いにリンクさせることができるよ。

読者が自然に他の関連記事も読むようになり、ウェブサイト内での滞在時間が伸びる可能性があるよ。

記事タイトルに「お客様の声」「インタビュー」と入れる

「お客様の声」「インタビュー」があると信頼性をもつ

記事を書くとき、タイトルはとても大事な部分だよ。

なぜなら、タイトルが面白くなければ、人々はその記事をクリックしないからだよ。

特に、記事に「お客様の声」や「インタビュー」が含まれている場合、それをタイトルに入れることで、記事の内容が一目でわかるようになるよ。

例えば、あるレストランのレビュー記事を書くとき、タイトルに「お客様の声」と入れると、「あ、この記事は実際にそのレストランを訪れた人の感想が書かれているんだ」と読者はすぐに理解できるよ。

同じように、「インタビュー」という言葉がタイトルに入っている場合は、「この記事は第三者の意見や視点が含まれているんだ」と感じるよ。

インタビューは専門家や経験者からの生の声を聞くことができるので、多くの人が興味を持つよ。

タイトルに「お客様の声」や「インタビュー」を入れることで、読者はその記事がどういった内容なのかをすぐに把握でき、興味を持ってクリックする可能性が高くなるよ。

インタビューで相手の話を引き出す8つのポイント

前提:録音/撮影機材の準備を忘れない

十分に準備をすることでトラブルを防ぐ

インタビューの成功には、正確な情報の収集が必要だよ。

そのために、録音や撮影機材の準備は必須だよ。

事前にバッテリーの充電やメモリーの確保、テスト録音などをしておくことで、インタビュー中にトラブルが発生するリスクを最小限に抑えられるよ。

理解しやすく言うと、インタビューは貴重な情報を集める大事な時間だよね。

だから、その情報をちゃんと保存しておかなきゃ、あとで困ることになるかもしれないんだ。

機材の準備は、まるで試験勉強でノートや教科書をしっかり持っていくようなもの。

しっかりと準備しておくことで、成功への第一歩を踏み出すことができるよ。

アイスブレイクをする

相手をリラックスさせることで、本音を話してくれる

インタビューが成功するかどうかは、相手がどれだけ話してくれるかにも依存するよ。

そのため、最初に緊張を解く「アイスブレイク」が重要なポイントだよ。

これは、少しだけ雑談を挟む、軽いジョークを言う、共通の趣味や興味について話すなどの方法で行われるよ。

中学生に分かりやすく言えば、新しいクラスで友達を作るときに最初は皆緊張するよね。

でも、一緒にゲームをしたり、好きなアニメについて話したりすることで、だんだんと心を開いてくれるよ。

インタビューでも同じで、アイスブレイクをすることで相手がリラックスし、自分の本音を話しやすくなるんだよ。

アイスブレイクは短い時間で効果を発揮する小さなテクニックだけど、その後のインタビューがどれだけスムーズに進むかを左右する大事なステップだよ。

だから、この部分をしっかりと準備しておくことで、より質の高い情報を引き出せるようになるよ。

メモに集中しすぎない

相手と目を合わせて、しっかりと話を聞く。
感覚をフルに使って全身で相手を感じとる。

インタビューの際に重要なのは、相手の話をしっかりと聞くことだよ。

そのためには、メモを取ることも必要だけど、メモに集中しすぎると逆効果になる場合があるよ。

中学生に例えると、授業中に先生の話を聞きながらノートを取る時、ノートにばかり目を向けてしまうと大事な話を聞き逃してしまうことがあるよね。

それと同じで、インタビューでもメモに集中しすぎて相手の表情やジェスチャー、声のトーンなどを見逃してしまうと、相手の本当の意味や気持ちを把握するのが難しくなるよ。

メモは確かに大事だけど、それよりも相手と目を合わせてしっかりと聞くことがもっと重要だよ。

相手が感じていること、考えていることを理解するためには、視覚や聴覚、さらには感覚をフルに使い、全身で相手を感じ取ることが大切だよ。

話題の幅・深さ・時間軸を意識して質問する

「幅」:多角的に人物を見せることができる。
「深さ」:相手の本音や価値観を理解できる。
「時間軸」:過去、現在、未来の流れで相手を理解できる。

インタビューで相手の話を引き出すためには、ただ質問を投げかけるだけでなく、話題の「幅」、「深さ」、「時間軸」をしっかりと意識することが大切だよ。

中学生に簡単に言うと、たとえば友達と話すとき、ただ「好きな食べ物は何?」と聞くだけじゃなくて、それが「なぜ好きなのか」「いつから好きになったのか」といったように、色々な角度から質問すると、友達のことをもっと深く知ることができるよよね。

「幅」とは、多様なテーマや質問項目を用意することだよ。

仕事だけでなく、趣味や家庭、将来の夢など、多角的に人物を見せることができるよ。

 「深さ」とは、一つ一つのテーマに対して、表面的な答えに満足せず、具体的なエピソードや背景を探ること

これによって、相手の本音や価値観を理解することができるよ。

「時間軸」を意識するとは、過去、現在、未来という時間軸に沿って質問することだよ。

これにより、相手がどのように成長してきたのか、現在どう感じているのか、これから何を望んでいるのかが明らかになりるよ。

「事実」だけでなく「考え・想い」を質問する

事実に加えて動機や価値観に触れることで魅力的な記事になる。

インタビューでよくある失敗の一つは、相手の「事実」だけを集めてしまうことだよ。

中学生に言えば、例えば友達がサッカーが好きだと言ったとき、それだけでは「好きな理由」や「どういう気持ちでプレーしているのか」まではわからないよね。

「事実」は確かに重要だけれど、それだけでは人物像は一面的にしか見えないんだ。

だからこそ、事実に加えて、「考え」や「想い」についても質問することが大切だよ。

たとえば、「このプロジェクトを成功させたいと思った理由は何ですか?」といった質問は、ただの成果(事実)ではなく、その裏にある動機や価値観(考え・想い)に触れることができるよ。

このような質問をすることで、相手がどのような人物であるのか、何を大切にしているのかといった深層の部分を引き出すことができるよ。

それによって、読者にとってもより魅力的で深みのある記事が完成するわけだよ。

「一言でいうと?」と質問してみる

要点整理、対象者に考えや感情を整理する機会を作る。

インタビューでの質問テクニックとして、「一言でいうと?」と尋ねる方法があるよ。

これは中学生にも理解しやすいシンプルなテクニックで、非常に効果的だよ。

この質問は、相手が長々と説明しているときや、話が複雑になってきたときに特に有用だよ。

例えば、友達が新しいゲームについて熱く語っているとするよ。

その詳細は面白いかもしれませんが、本質的な部分を把握するためには、「一言でいうと、そのゲームの何がいいの?」と質問すると、友達はそのゲームの魅力を一言で表現することで、自分自身もそのゲームに何を見い出しているのかをはっきりと認識する機会が得られるよ。

「一言でいうと?」という質問は、話の要点を明確にするだけでなく、インタビュー対象者にも自分の考えや感情を整理する機会を提供するよ。

それによって、その人の本質や真意がより明確になり、記事も読者にとって理解しやすく、興味深いものになるんだよ。

話に詰まったら質問の仕方を変えてみる

具体的に質問をすると相手が答えやすくなる。
視点を変えて質問をすると新しい角度の話に広がる可能性。

インタビューをしていると、時には相手が話に詰まることがあるよね。

そんなとき、質問の仕方を変えてみるのが効果的だよ。

このテクニックは中学生でも使えるほど簡単で、それでいて対話のクオリティを大きく高めることができるんだよ。

具体的には、質問が具体的すぎると相手が答えにくく感じることがあるので、その場合はもう少し抽象的な質問に切り替えてみよう。

逆に、質問があいまいで答えにくいと感じる場合は、もっと具体的な質問を投げかけることで、相手が話しやすくなる場合があるよ。

たとえば、相手が「最近、仕事が大変だよ」と言った場合、その「大変」に対して「具体的にどんな点が大変?」と質問すれば、相手は具体的な事例を挙げやすくなるよ。

しかし、それでも答えが出ない場合は、質問の視点を変えて「仕事で大変だと感じる瞬間はどんなとき?」と問いかけると、新しい角度から話が広がる可能性があるよ。


本筋以外の話も丁寧に聞く

相手を理解する手がかりがあるかも!
相手も話しやすくなるチャンス!

インタビューにおいては、事前に設定したテーマや質問が大事だけど、それだけでなく、予期せぬ話題にも耳を傾けることが重要だよ。

このポイントは中学生でも容易に理解できると思うよ。

主題から外れた話も、相手が何を思っているのか、どういったバックグラウンドがあるのかを理解する貴重な手がかりとなる場合が多いんだよ。

たとえば、聞き手が「趣味は何?」と質問したとき、答えが「園芸が好きだよ」と来た場合、それはその人が自然や植物に興味を持っているという個人的な側面を垣間見る好機だよ。

本筋とは直接関係ないかもしれないけど、その人をより深く理解するためには非常に有効だよ。

また、予期せぬ話題に耳を傾けることで、相手も話しやすくなるというメリットがあるよ。

人は自分の話に興味を持ってもらえると、さらに開きやすくなるものだよ。

その結果、本筋に関するより価値のある情報や意見が引き出せる可能性が高まるわけだよ。

インタビュー記事を作成~公開する流れ

インタビュー記事を作成するという作業は、一見簡単に思えるようで、実は多くのステップが含まれているよ。

この記事ではインタビュー記事の作成から公開までの流れを丁寧に解説するよ。

①文字化する|記憶が新しいうちに文字起こし

その場のニュアンスや対象者の強調していたことを入れやすくなる。

インタビューが終了したら、早めにその内容を文字に起こすことが大切だよ。

特に、記憶が新しいうちに行うことで、取材対象者の言葉や表情、その場の雰囲気まで、より正確に文章に反映することが可能だよ。

また、インタビューでのやりとりは、時間が経つと忘れてしまいがち。

そのため、早めの文字起こしで情報の正確性を確保することができるよ。

文字起こしは、オーディオ録音やメモを元に行うけれど、単に言葉を文章にするだけでなく、その場のニュアンスや、取材対象者が何を強調したかったのか、といった点も考慮に入れることが重要だよ。

これによって、記事がより生き生きとしたものになり、読者に深い印象を与えることができるでしょう。


②記事構成|記事の骨子を考える

セクションを設置して整理された記事を作る。
読者の立場になって情報を整理していくと分かりやすい。

文章を起こした後のステップとして、記事の全体構造や骨子をしっかりと考える作業が待っているよ。

この段階で、どのようなテーマに焦点を当て、どの順番で情報を提示するか、どのような見出しを設けるかなど、記事の基本的な「形」を作るよ。

ここでしっかりと構造を練ることで、読者が内容を理解しやすく、興味を持って読み進められるような記事になるよ。

例えば、インタビューの内容に応じて、「はじめに」、「背景」、「主なポイント」、「具体例」、「まとめ」といったセクションを設けることがあるよ。

それぞれのセクションがどのような目的を果たし、どうつながっているのかを明確にすることで、整理された記事になるよ。

この段階では、読者がどのような疑問を持っているか、何を知りたいと思っているかを考慮しながら、情報を整理してみよう。

そして、その答えを織り交ぜながら記事を構築すると、読者の疑問を解消できる魅力的な記事になるんだ。

③編集|書いた後に必ず編集を行う

文章を書き終えた後、次なる重要なステップが編集だよ。初稿がどれだけ素晴らしくても、編集を行うことでさらに良い記事に仕上げることができるよ。

編集の過程で、文法や表現の誤りを修正するだけでなく、全体の流れや一貫性、説得力を高める工夫も行おう。

特に、インタビュー記事の場合は、対話形式で得られた情報を読者が理解しやすいように整理する必要があるよ。

そのため、質問と回答、またはナレーションのバランスを良くすること、必要な補足説明を加えることなどが考慮されるよ。

④チェック|インタビューした方に記事を見てもらう

内容に誤りがないか、相手のプライバシーが尊重されているか確認する。

記事がほぼ完成形に近づいたら、次のステップはインタビューした方にその内容を確認してもらうことだよ。これは非常に重要なプロセスであり、何点か目的があるよ。

まず、内容の正確性を確認するためだよ。インタビュー中に収集した情報が正確に反映されているか、何か誤解や誤りがないかを確認しよう。

特に、専門的な話題や繊細な内容については、より慎重な確認が必要だよ。

次に、インタビュー対象者のプライバシーを尊重するためだよ。記事で取り上げられることによって、その人の名誉やプライバシーが侵害されないかどうかもしっかりと確かめるよ。

そして、インタビュー対象者自身が記事を読んで納得しているか、もしくは何か付け加えたい点や訂正したい点がないかを確認しよう。

これにより、双方が納得のいく質の高い記事が完成する可能性が高まるよ。

⑤拡散|公開したらシェアする

記事が完成し、インタビュー対象者からも承認を得たら、次はその素晴らしいコンテンツを多くの人に読んでもらうための「拡散」の段階に移るよ。

このステップは、あなたの記事が本当に価値があると認められ、より多くの人々に影響を与えるためには不可欠だよ。

まずは、ソーシャルメディアを活用しよう。

TwitterやInstagram、TikTokなど、ターゲットとする読者層が頻繁に利用するSNSでシェアしよう。

ハッシュタグや関連するキーワードをうまく使って、検索されやすい状態にしてね。

さらに、メルマガやLINEを通じて、すでにあなたの内容に興味を持っている読者に直接情報を届ける方法もあるよ。

これは、高いエンゲージメントを期待できる方法なんだ。

最後に、記事の質と拡散効果を最大化するために、定期的なアップデートや継続的なプロモーションも忘れずに行おう。

このようにして、多くの人々に価値のあるインタビュー記事を届け、その影響力を最大限に高めることができるよ。

まとめインタビュー記事のコツをつかみ、信用信頼を得て専門家である証明していこう!

インタビュー記事では、対象者の「思い」や「感じ」を的確に捉え、読者に深い理解と共感を提供する貴重な手段だよ。

このプロセスは、インタビューの準備から録音、文字起こし、記事構成、そして編集に至るまで多くのステップが含まれるよ。

質問のテクニックに工夫を凝らすことで、対象者から本質的な話を引き出せるの。

具体的には、アイスブレイクを行ったり、話題の幅・深さ・時間軸を意識した質問をすることが有用だよ。

さらに、「事実」だけでなく「考え・想い」についても質問し、対象者自身が何を重視しているのかを理解することが大切だよ。

最後に、記事が公開されたら、SNSなどを駆使して拡散しよう!

そうすることで、お客様からの信用信頼度を高めることができるし、自分が自分の専門分野の研究家であり、お客様にわかりやすく教えられる教育家である証明になるよ。

是非、信用信頼されるインタビュー記事を目指していこう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私には夢があります

「集まる集客®︎総研」を
個人起業家さんが
集客で困ったり悩んだ時に

「一番頼りになる!」
「ここに来れば安心!」
「ここの記事が一番わかりやすい!」

そんな場所にすることです。

私は管理栄養士として
病院や短期大学の職員をしてきました。


その傍ら、
13歳からの摂食障害の経験をいかして
「カウンセラーとして活動したい!」
という夢を叶えるため

起業も視野に6年動きつづけるも思うようにいかず。

うまくいかないのは
「あれも足りないから、これも足りないから…」

と起業塾、体質改善、潜在意識…
あらゆる講座を受け続け答えを探していました。

もう限界かも…と諦めかけていた時
集まる集客®︎プロデューサー 
長瀬葉弓さんに出会いました。

初めて受け取った
「ラブレター」に感動!

こんなお客様へのラブレターがかければ
私のように
「集客できない自分を責めてしまう」なんてことが
なくなり、多くの人が想いを届けられるようになる!
と気づいたのです。

そこから人生180°転換!

現在は集まる集客に集ったみんなの夢を叶えるため
日々研究に没頭しています。


プライベートは
小3と5歳のお母さん
趣味は推し活
動物占いはコアラ
岩手県在住です。

目次