メルマガ集客・未来のお客様を1万人に増やせるヒットパターン

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。

 

もし、いまのファンの数が
100人ではなく1000人なら?

もし、いまのファンの数が
1000人ではなく1万人なら?

 

どんな世界が見えるようになるでしょうか?

という話をします。

 

 

桁違いのファンを創るための
具体策を手に入れることができたら
桁違いの収益が獲得できるようになります。

 

わたしは、

メルマガ読者が
1万人になるときに

ちょうど
年商が1億円になりました。

 

遡ると、
メルマガ読者が
2000人になるときに
年商はちょうど

2000万円でした。

メルマガなんて
面倒臭くて
書きたくなくて

サボっていたときは、
ずっと毎月の収益がゼロから
数万円程度でした。

 

ファンの数。

起業し経営の不安が
あるすべての方に
お伝えしたいです。

もうなーーんにも
悩まなくていいんです。

ただただ
あなたには
ファンの数が
足りないだけなのだと

わたしは言い切れるのです。

ファンを増やしましょう。
その挑戦を記録することで
あなたの伝承者も豊かにできる
自分に成り変われます。

じゃあ、一体
ファンを増やすって
どうしたらいいのか?

まず、第一歩としては、
Facebookや
インスタを
使ってください。

 

Facebookやインスタで
無償の教育を行うのです。

Facebookのライティングに
ちょっとした心理学を
交えたらいいんです。

 

起業当初
何にも実績がないとき
ファンを創るなんて
不可能だと思いました。

 

わたしみたいな

主婦で
口下手で
誰からも認められず

 

根暗でおたくなわたしが
ファンをつくれたんですね。

売り込みをしたくない
あなたがすることは、
とにかくとにかくとにかく

教育コンテンツの
質と量を高めること。

 

無償の教育
と捉えると尚更良いです。

 

あなたの教育コンテンツの
質と量が高まり

それを無償で教育していたら

 

な〜〜んにも
売り込みしないで、
自然とファンの心を
掴むことができます。

 

心を掴まれたファンは思わず、
友達におすすめします、
SNSで拡散されていきます。

 

まずポイントは、無償の教育を行うこと!

 

あなたの日頃の研究により
教育コンテンツの
質と量が高まり

それを無償で教育をすることで、

 

売り込みしないで、
自然とファンの心を掴むことができるようになります。

 

心を掴まれたファンは思わず、
友達におすすめします、
SNSで拡散されていきます。

 

ファンの数を無償の教育で増やすことができるようになるには

 

まず
その無償で教育する
コンテンツ内容が

ひとつのジャンルで型破りな
専門性ある深い知識であり、

 

且つ
どこかの誰かを
コピペしてもじった程度の
ニワカ知識ではないことが必要です。

 

研究をし続けて
技術を磨き続けてながら、、

 

自分のコンテンツが
日本一だ!と
自信を持つことができたら、、

この魔法が使えます。
Content is KING

 

あなたのコンテンツが
良質であれば、あとは
そのコンテンツを受け取ってくれる
ファンの数を増やすだけ。

 

まず、第一歩としては、

『未来のお客様(ファン)を増やせるライティング』

 

を訓練して
Facebookやインスタで
発信をすることをおすすめします。

 

『未来のお客様(ファン)を増やせるライティング』

スクリーンショット 2018-11-20 9.38.50.png

 

時代はどんどん短文である
ほうが受け入れられやすい
傾向にありますから、

わたしたちは、
短く伝える言葉を磨く必要が
あります。

短く書くための
1つめのパターン。

WHY
WHAT

WHY『問題解決のテーマの投げかけ』
こんなことで困っていませんか?
と投げかける。

WHAT『問題解決策』
こう解決すると良いですよと教えて差し上げる。

2つめは、
逆パターンです。結論からノベマス。

WHAT
WHY
HOW

 

WHAT『問題解決策』
ずばり
〜〜なあなたは
〜〜を
〜〜のように
解決すると良いですよと教えて差し上げる。

 

WHY『なぜそれが最良なのか?』
不安の払拭する材料として
その解決策の根拠や
お客様の事例を教えて差し上げる。

 

HOWでは
具体的にどのようにしたらいいのか
その方法や手順を教えて差し上げる。

まとめ!

未来のお客様(ファン)を増やせるラブレター構造ライティングを身につけて、
1000人ではなく1万人、、

いえいえ、
10万人、100万人になる未来を想像して
目指してまいりましょう!

 

集まる集客読者様アンケート

集まる集客の教科書