MENU

【気楽】ひとりで働ける仕事10選!ひとり仕事のメリットやデメリットも解説!

【気楽】ひとりで働ける仕事10選!ひとり仕事のメリットやデメリットも解説!

集客を時短したい女性起業家さんのためのChatGPTの使い方

「ひとりで働ける仕事について詳しく知りたい!」

今の時代は自分のペースで働ける仕事、一人で黙々と集中できる仕事をしたいと考える人がかなり増えてきているね。

今の職場の人間関係に疲れてしまったり、ストレスやパワハラに悩む人もいれば、日々スキルを磨くためにひとりで淡々と仕事に集中したいなんて人もいる。

そんな人達の選択肢として、ひとりで働ける職種を選ぶ、もしくはフリーランスとして独立するなどの選択肢が挙げられるね。

けれど今までそういった仕事をしたことがない人は、実際にどんな仕事があるのか、自分にピッタリな職種があるのか悩んでしまう人も多いもの!

そこで今回はひとりで働ける仕事について、オススメな仕事10選について紹介をしつつ、それらの仕事を選ぶメリットやデメリットについても解説していくよ。

この記事でわかること

・ひとりで働けるオススメお仕事10選
・ひとりで働けるお仕事を選ぶメリット
・ひとりで働けるお仕事を選ぶデメリット

多くの人にオススメできるひとりで働ける仕事について一通りチェックしつつ、メリットやデメリットについても知ることで、自身の選択肢の幅がグッと広がってくるもの!

だからこそ転職やフリーランス・独立を考えている人は、新たな一歩を前向きに踏み出すために、当ページの各項目を参考にしてみてね。

目次
無料でプロンプト集をダウンロード
個人起業家専用集まる集客®︎ChatGPTプロンプト

ひとりで働けるオススメお仕事10選をシンプルに解説

それでは早速ひとりで働けるオススメお仕事10選について、シンプルにわかりやすく解説をしていくね!

各お仕事の特徴や魅力などについてもシンプルに解説していくので、自身の選択肢に入るかどうかも含めて参考にしてみてほしい。

WEBライター

まずひとりで働けるオススメの仕事として、WEBライターが挙げられるね。

ブログやサイトに掲載する記事を書く仕事であるWEBライターは、基本的にひとりで働ける仕事なので集中して仕事に打ち込むことができる!

どこかの編集部に採用してもらって働く形態のWEBライターをイメージする人もいるかもしれないけれど、フリーランスとして働く人も凄く多いんだ。

また最近では在宅・テレワークでWEBライターとしての仕事をする人も増えてきているので、ひとりで働ける仕事を探している人にピッタリな働き方だと言える。

ただしフリーランスとして仕事をする場合、経験やスキルがない状態だと単価が低いのが少しネックな部分だね。

とは言え今ではクラウドソーシングサービスなどで仕事を受けることもでき、副業として取り組むこともできるため会社を辞める前から少しずつ経験を積むこともできる。

そういった意味でも堅実に取り組みやすいひとりで働ける仕事、それがWEBライターなので選択肢の一つとして考えてみることをオススメするよ。

WEBデザイナー

次にWEBデザイナーもひとりで働ける仕事としてオススメであり、中々に人気のあるお仕事でもあるんだ。

WEBメディアや通販サイト、企業ホームページなどのデザインなどを行う仕事であり、事前に渡される設計書を元に作成していくことが多いね。

場合によっては軽くヒアリングなどを行い作成に着手するケースもあるけれど、今ではメールやチャット、ビデオ通話などを活用してやり取りができるのでフリーランスとして自宅で活躍するWEBデザイナーさんも多いんだ。

WEB制作会社やデザイン会社、またデザインも兼任している広告代理店など、企業への転職をする場合も基本的にはひとりで黙々と仕事をしていくので、集中して仕事をしたい人は転職をする選択肢もある。

でも完全にひとりで働ける仕事を探している場合には、フリーランスとして独立して仕事を受注する選択肢を選んだほうが気苦労がなくて良いかもしれないね。

ただしWEBデザイナーは様々なクリエイティブなスキルやソフト・ツールの知識が必要なので、スキルに自信がない場合にはオンラインスクールなどで一通りのスキルを学んでから独立する流れになるだろう。

いきなり素人がひとりで働ける仕事ではないという点にだけ注意しつつ、クリエイティブな仕事が好きな人は選択肢に加えてみることをオススメするよ。

ネットショップの運営

またネットショップの運営、これも人によってはかなりオススメできる一人で働ける仕事の一種だね。

各種モールやショッピングサイトに出店をしたり、自社サイトを解説するなどの選択肢があるけれど、いずれも実店舗をオープンするよりも遥かに低コストでスタートできるメリットがあるんだ。

最近では中国輸入ビジネスなどが低コストなので、おもちゃやスマホアクセサリ、またアパレル系など様々なジャンルでのネットショップ運営をする人が増えている。

はじめは仕入先の開拓にかなり苦労する部分はあるけれど、今では卸売専門サイトや仲介サイトなどもあるため、一昔前に比べると個人が参入しやすいジャンルでもあるんだ。

※他には自身で作った小物・アクセサリ・ハンドメイドなどをネットショップに並べて販売していく人もいるけれど、その場合は日々の作成数次第ではフリマアプリなどを活用したほうが良いかもしれない。

いずれの場合も在庫を抱えることになるのでビジネスとしてのリスクはあるけれど、ひとりで働ける仕事で本格的なビジネスをしていきたい場合には、伸びしろも含めてネットショップ運営はオススメな選択肢だと言えるね。

サイト・ブログ運営(アフィリエイト)

サイトやブログの運営も一人で仕事をしたい人にとって、選択肢に入れたいお仕事の一種なんだ。

自分の興味のあるジャンル、もしくは稼げるジャンルを絞ってサイトやブログに記事を投稿して、アクセスを増やしつつ広告を掲載してく!

シンプルに広告収入を得るビジネスだけど、サイトやブログを作れて魅力的な文章を書ける人にとっては天職と言える仕事かもしれないね。

また今ではサイトやブログ運営を学べるオンラインスクールやサロンなども増えているので、副業として少しずつ試すことができるのもおすすめポイントなんだ。

慣れてきたら複数のサイトやブログを運営することで、少しずつ不労所得を増やすこともできるので、可能性のある仕事だとも言えるね。

ただしいきなり生活を安定させるぐらいのお金を稼ぐことは難しいので、まずは副業からコツコツと積み重ねていくことを強くオススメするよ。

サイトもブログも少しずつ記事を投稿していき、そして広告を掲載していくことで結果が少しずつ出てくるので、コツコツと自分の興味のあるジャンルについて書き続けることができる人に向いている仕事だと言えるね。

プログラマー

転職と独立の両方を視野に入れることができる、そんなプログラマーについても解説をしていこう!

ひとりで働ける仕事と聞いて真っ先にプログラマーをイメージした人も多いんじゃないかな。

専門的なプログラミング言語でプログラムを構築していくプログラマーは、黙々とパソコンに向かって作業をしていくひとりで働ける仕事の代表格とも言えるね。

システム開発の現場などであれば、クライアントやチームとの打ち合わせが必要だけど、以降はパソコンを使って各々が黙々とプログラムを構築していくため、会社で働く場合も一人で作業をすることがほとんどなんだ。

フリーランスとして働きながら技術を磨き転職(就職)をする人もいれば、会社を退職してフリーランスとして自由に仕事を受注して働くスタイルの人もいる。

稼ぐまでにはある程度の学び・技術が必要になるけれど、一定以上にスキルを身に着けてしまえば仕事の幅が広がるため、イチからプログラマーを目指したいと考えている人は、少しずつプログラミング言語を学んでみるのも良いかもしれないね。

エンジニア

エンジニアもプログラマー同様、ひとりで働ける仕事であり転職と独立の両方を視野に入れることができるお仕事なんだ。

エンジニアはクライアントの要望を実現するためのシステム設計を行い、プロジェクト管理のマネジメントなどを行うことも多い仕事なんだ。

先のプログラマーがプログラミングで構築していくのに対して、エンジニアは大元となるシステムやソフトの設計を行う仕事だと言えばイメージしやすいかな。

専門的な知識や技術、そして日々更新される業界の情報をチェックしなければならないので、素人がいきなり転職や独立をするのは難しい仕事でもある。

その分、知識と経験、技術を磨き続ければ、より多くの選択肢が広がり、年収や待遇アップ(フリーランスでも高報酬)に期待が持てるため、パソコンを使って黙々と専門的な仕事をしたい人は一度詳しく調べて候補に入れてみるのも良いかもしれないね。

ハンドメイド作家

ハンドメイド作家もひとりで働ける仕事の選択肢としてオススメだよ!

手芸や裁縫が得意な人が在宅ワーク・フリーランス・独立のいずれの選択肢も選べる、そんなお仕事がハンドメイドなんだ。

アクセサリーやクラフト、陶芸やフラワーなども含めて幅広いアイテム作成が候補に入るね。

人によって興味があるジャンル、得意とするアイテムは違ってくるけれど、物作りが好きな人にとっては天職となるだろう!

フリマアプリで副業として気軽にスタートすることができ、また小さなスペースやコンテナハウスなどコストを抑えた独立・起業を目指すこともできるのもハンドメイド作家の魅力だね。

もちろん自分の店舗を持つためにはかなりの熱意が必要になる仕事だけど、ひとりで働ける仕事であり、また接客はアルバイトなどに任せれば自分は制作に没頭することができる。

人によって向き不向きはあるけれど、フリーランスも独立・起業のいずれも選択肢が取れる「趣味・好きを仕事にできるジャンル」なので、スキルがある人はこのお仕事を検討してみるのも良いかもしれないね。

ライン作業

製造現場で働くライン作業、この仕事もひとりで働きたい人にオススメだね。

ライン作業は工場での製品の組み立て、部品の組み立てなどが主な業務となり、黙々とひとりで集中して行うことが多いんだ。

場合によっては正社員として就職することもできるので、ひとりで働ける仕事に限定して就職・転職活動をしたい人は候補の上位に入るだろう。

先に挙げたような「自宅」でフリーランスとしてひとりで働ける仕事ではないけれど、工場で黙々と働ける職種なので営業や接客などが苦手な人にとってはかなりおすすめな選択肢だと言えるね。

ただしライン作業は「時間が過ぎるのが遅く感じてつらい」と思う人も多い仕事なので、本格的に転職をする前に短期・単発のアルバイトなどで経験をしてから選択肢に入れるかを検討することをオススメするよ。

新聞配達

向き不向きはあるけれどひとりで働ける仕事として、新聞配達なども挙げられるね。

朝刊や夕刊を配達するのが主な仕事なので、そこまで人と関わることなく仕事をすることができる。

ただチラシを折り込む業務や新聞をトラックから下ろす作業などが含まれることもあり、色々と地味な作業が多い仕事でもあるんだ。

また担当するエリアが広く割り振られた場合には覚えるのも大変で、ひとりで働けるものの意外とはじめは苦労することが多い職種でもある。

とは言え一度仕事内容を覚えてしまえば淡々と作業的に仕事をすることができ、また特別な技術やスキル・資格などがなくても働くことができるメリットもあるね!

業務時間の面でも慣れるまでは大変な仕事ではあるけれど、慣れてしまえば苦ではなくなるなんて声も多いため、興味のある人は近場での採用情報などをチェックしてみることをオススメするよ。

長距離ドライバー

最後に長距離ドライバーもひとりで働ける仕事として紹介していくよ。

長い時間ひとりで運転をして荷物を運び物流を支えてくれる長距離ドライバーは、運転が苦手でなければ候補に入るお仕事だね。

ただ荷物の積み下ろしや長時間の運転、勤務時間が少々不規則など体力や筋力が求められるシーンはかなり多い!

その分ひとりで働ける仕事の中では給料が高めなので、運転や体力面で問題がない人にとってはオススメできる仕事だと言えるね。

完全にひとりでする仕事ではなく、荷下ろし事や積み込み時などに最低限のコミュニケーションが必要とされるけれど、運転中は完全にひとりな点を気に入っている人もかなり多いもの。

ハードワークな点さえ問題なければ給料も良く安定したお仕事なので、体力に自信がある人は検討してみるのも良いんじゃないかな。

すがわら「ただ場合によっては2人1組で動く場合もあるので、そのあたりも採用情報などをチェックしてから検討することをオススメするよ!」

【補足】清掃員

補足としてビルやホテル、病院などの清掃員・清掃スタッフもひとりで仕事をしたい人におすすめだという点にも触れておこう。

そこまで収入が高い仕事ではないけれど、ひとりで働ける仕事としては求人も比較的多めで、安定した給与を得ることができるお仕事でもあるんだ。

掃除の方法は採用される場所、清掃を行う現場によって異なるけれど、ひとりで働ける仕事としては比較的覚えやすい仕事なので、そういった難易度は低いほうだろう!

ただし力仕事もあり作業完了時刻が基本的には決まっているので、慣れるまでは慌ただしく感じることもあるかもしれない。

とは言え高齢の方々も活躍している仕事でもあるので、そこまで体力がなくても慣れてしまえば続けやすいお仕事だとも言える。

学校や体育館、ショッピング施設などの清掃など求人は意外と多いので、安定してひとりで働ける仕事を探している人は候補に入れてみることをオススメするよ。

ひとりで働ける仕事を選ぶメリット

ここからはひとりで働ける仕事を選ぶメリットについて解説していくね!

具体的な5つのメリットについて触れていくので、転職や独立・フリーランスとしての活動を悩んでいる人は、背中を後押しする意味でも各項目に目を通してみよう。

煩わしい人間関係からの解放

まずは煩わしい人間関係からの解放というメリットが挙げられるね。

できれば人間関係は最低限にしたい人、極力ひとりで仕事をしたいと考えている人にとっては、ひとりで働ける仕事はそれだけで非常に大きなメリットに感じるだろう!

今やセクハラやパワハラ、そして性格的な不一致や興味のない会話や上下関係、などなど煩わしい人間関係の例を出すときりがない。

場合によっては会社の飲み会などが急遽開催され、自分の時間が潰されてしまうことに不快感を感じる人もいるかもしれないね。

人によっては適度なコミュニケーションが癒やしになるかもしれないけれど、苦手な人にとってはささいな人間関係もつらいものだよね。

そういった仕事における人間関係を最小限に抑えることができる、またフリーランスであれば対面せずにチャットや通話で完結できるなど、煩わしい人間関係からの解放は非常に大きなメリットだと言えるだろう。

自分のペースで仕事ができる

次に自分のペースで仕事ができるのも大きなメリットの1つだね。

会社や業種にもよるけれど、いきなり急ぎの仕事を振られてしまったり、後輩の育成などを任されたり、自分の仕事に打ち込んだりスキルアップをするような機会を失ってしまう人も少なくないと思う。

また休んだ人の仕事をカバーしたり、遅れている人の仕事をサポートしたりと、何かと振り回されることに嫌気がさしてしまう人もいるかもしれないね。

その点ひとりで働ける仕事であれば、そういったことはほとんどなく、自分のペースで仕事をできるメリットがあるんだ。

もちろん仕事の責任は自分にあるのだけれど、黙々と仕事をしたい人や集中して打ち込みたい人にとっては、邪魔されずに自分のペースで仕事できることは、それだけで大きなメリットに感じることだろう!

場合によっては早めに仕事を終わらせて少し休息を取ったり、またクリエイティブな仕事であればさらにクオリティアップのために時間をかけたりと、人によって自分のペースで仕事をできることが様々な成長につながることも少なくないと考えると、かなり大きなメリットだと言えるだろう。

すがわら「仕事を振られたり雑談などでも集中力が途切れてしまう人は、ひとりで働ける仕事を選ぶことが良い転機になることは間違いないね!」

自宅で仕事をすることもできる

さらに自宅で仕事をする選択肢もできる、これもひとりで働ける仕事を選ぶメリットだと言えるだろう。

今回紹介してきた「ひとりで働けるオススメお仕事10選」の中にも、自宅で仕事をすることができる仕事はいくつかあったね。

またピックアップしてきたお仕事以外にも、今では在宅での働ける職種はかなり増えてきているんだ。

フリーランスとして完全に自宅で仕事をするスタンスの人もいれば、テレワークメインなどで働ける職種などもあるよね。

通勤や退勤の時間がなくなり、さらに電車通勤の人は満員電車のストレスなどからも解放されることは、かなり大きなメリットだと言えるだろう。

場合よってはお気に入りのカフェにパソコンを持ち込んで、のんびりとした空間で仕事を進めていくなんて選択肢も取れるね。

さらに最近ではカラオケにパソコンやタブレットを持ち込み、休憩時にヒトカラを楽しみながら仕事を黙々と進めていくなんて人もいるんだ!

人間関係から解放されることはもちろん、通退勤時間がなくなり自由に伸び伸びと仕事をすることができる、これは誰にとっても非常に大きなメリットだと言えるだろう。

副業から試せる仕事もある

そして副業から試すことができる仕事もある、これも見逃せないメリットの1つだと言えるね。

ひとりで働ける仕事の中には、会社勤めをしながらも副業として気軽に試すことができるものも多いんだ。

例えばサイトやブログでのアフィリエイトは、趣味として運営しているサイトやブログに広告を掲載するだけで試すことができる。

またWEBライターなどもクラウドソーシングサービスで難易度が低く、希望の文字数が少ない依頼などから受けてみると、どんな仕事なのかを実際に体験することができるんだ。

もちろん副業と言えどある程度は責任が発生するお仕事もあるので、そのあたりは社会人としてしっかりとこなす必要があるね。

とは言え会社をやめることなく他のお仕事に触れ、さらに収入を得ることができるので、気軽にチャレンジしやすい点は大きな魅力だと言えるだろう。

副業として試しつつ自分にピッタリだと感じたら経験を積んでいき、ある程度のスキルと経験を身につけたのならば本業としてチャレンジしていく選択肢も取れる!

そんな副業から気軽に試せるひとりで働ける仕事は、転職や独立・フリーランスとしての活動を悩んでいる人にとっては、非常に魅力的であり大きなメリットだと感じられる部分だと言えるだろう。

すがわら「迷っている人や悩んでいる人は、まずは気軽に副業からチャレンジしてみることをオススメするよ!」

好きなことや得意なことを仕事にできる

最後に好きなことや得意なことを仕事にできる、これもひとりで働ける仕事の大きなメリットなんだ。

具体的なイメージが湧きにくい人もいるかもしれないけれど、「好き」や「得意」を活かせるジャンルが多いのもひとりで働ける仕事の特徴なんだね。

例えばブログが好きな人やSNS運営が好きな人は特定のジャンルでコツコツと記事・写真を投稿していくことが結果につながるよね。

他にもプログラミングやエンジニア系の仕事であれば、黙々と何かを「構築」していくことにやりがいを感じる人は、まさに天職だと言えるだろう。

そしてスキルを磨けば磨くほど収入がアップする仕事も多いため、好きなことや得意なことを徹底的に磨き上げていくことで、より人生の幸福度や収入が高まっていくんだ。

会社にいると「好き」や「得意」以外の雑務のしなければいけいないシーンは多いけれど、ひとりで働ける仕事であれば特定の仕事に熱中して取り組むことができる!

もちろんひとりで仕事を受けたり、場合によっては細かなやり取りが大変だと感じる部分もあるけれど、基本的な仕事の部分は「好き」や「得意」なことで集中・熱中・没頭して取り組めるので、ストレスを感じずに楽しみながら仕事に打ち込むことができるだろう!

まるお「好きなことで食べていくことができて、収入アップにも期待ができるのは本当に素敵なことだね。」

ひとりで働ける仕事を選ぶデメリット

ここからはひとりで働ける仕事を選ぶデメリットについても触れていくよ!

様々なメリットが実感できる反面、知っておかなければならないデメリットも存在するんだ。

転職や独立をした後で後悔することが無いように、各種デメリットについてもしっかりと目を通していこう!

仕事のミスの責任は自分にある

まずひとりで働ける仕事を選ぶデメリットとして、仕事のミスの責任が自分にあるという点が挙げられる。

会社に所属せずにフリーランスとしてひとりで働く場合には、ミスをした場合もフォローをしてくれる上司はいない。

仕事上のミスには自分で対処する必要があるので、そのあたりは初めて自分ひとりで仕事をする人はデメリットに感じる部分だろう!

また会社に所属していたりテレワークメインで仕事をする職種の場合にも、自分の成果物や仕事内容がわかれることが多いため、フォローもなく責任を持ってこなす必要があるんだ。

ただし「ひとりで働ける仕事」以外でも、社会人として自分のミスは日頃から自分で責任を負っている人にとってはそこまで気にならないデメリットかもしれないね。

とは言え独立・フリーランスとして活動をする場合には、様々なメリットがある分、仕事に対するミスなどは自分で対処する必要があると覚えておこう。

仕事を自分で受注する必要がある

次に仕事を自分で受注する必要がある、これもひとりで働ける仕事を選ぶデメリットだね。

これはフリーランスとして働くWEBライターやプログラマーなどをイメージするとわかりやすいかもしれない。

サイトやSNSで依頼を受けたり、クラウドソーシングサービスで依頼を受けたり、元々会社勤めで付き合いのある企業から依頼を受けたり、人それぞれ依頼を受注する方法は分かれるところだね。

ただ、いずれの場合も仕事を自分で受注する必要があるため、新規顧客の獲得やリピーターなどを得るために一生懸命に仕事をしなければならないんだ。

※もちろん清掃員やライン作業をはじめ会社勤めの場合には、仕事の受注は関係ない部分だね。

今ではクラウドソーシングサービスなどで依頼を受ける選択肢もあるので、昔に比べるとフリーランスの人も受注に対する難易度は少し低く感じるかもしれない。

それでも何の実績も無い状態、スキルが未熟な状態では仕事の受注が難しいこともあり、そうすると当然収入が減ってしまうことになるんだ。

その分、有名になったりリピートしてくれるお得意様ができると、会社勤めをしている頃より収入がアップする可能性もあるので、デメリットをものともしないぐらい仕事を頑張ってメリットを実感できるように動いていこう!

すがわら「自分で仕事を受ける感覚を掴むためにも、職種次第では副業から試してみることをオススメするよ!」

確定申告などの手間が面倒

最後にひとりで働ける仕事をする場合、確定申告の手間が面倒だという点にも触れていこう。

これも会社に採用されるタイプのひとりで行う仕事には当てはまらないけど、自営業やフリーランスとして活動する人はとても面倒に感じる部分だね。

特にはじめての確定申告は税理士にお願いをしない限り、自分で色々と書類を集めたり、数字を入力して細かく計算をして、正確に確定申告をする必要があるんだ。

会社員時代であれば確定申告は不要で、各種社会保険も含め全て社内担当者が行ってくれたけれど、フリーランスとしてひとりで働ける仕事を選んだ場合には、確定申告を自分で正確に行う必要がある!

ただ慣れてしまえば毎年毎年同じように書類を揃え入力していくだけなので、初年度で感覚さえ掴んでしまえば、そこまでデメリットに感じない人もいるだろう。

また収入が安定してきた場合は、税理士に依頼をする選択肢もあるため、人によってはそこまでデメリットに感じず当たり前のことと思う人もいるかもしれない。

ただし慣れていない人にとっては非常に面倒であり、つらいデメリットだと感じる人もいるため、確定申告のことを軽視せずに、しっかりと毎年付き合っていかなければならない手続きだと覚えておこう!

ひとりで働ける仕事から自分に合う働き方を選ぶ

今回は「ひとりで働けるオススメお仕事10選」について色々と解説をしつつ、そういった仕事を選ぶメリットやデメリットについても触れてきたね。

今はブラック企業と呼ばれる会社に悩まされている人も多く、また上司や同僚との人間関係に嫌気がさしてしまいひとりで働ける仕事を選ぼうとする人も増えてきているんだ!

それは決して後ろ向きな考えではなく、自分らしく生きるために、そして幸せな日々を送るためにも大切な考え方だと言える。

だからこそ今回紹介してきた各種お仕事を含めて、自分にピッタリな仕事や興味を持てる仕事を選び、転職やフリーランスとしての独立を前向きに検討してみることをオススメするよ。

ただし何度も触れてきたように、ひとりで働ける仕事としてフリーランスを選択する場合は、いきなり会社を辞めてしまうと収入がかなり減ってしまう可能性もあるんだ。

だからこそ副業から試せる仕事であれば少しずつ試しつつ、場合によってはある程度の貯蓄をしてからチャレンジしてみるのも賢い選択だと言えるだろう!

いずれにしても今の時代はひとりで働ける仕事はいくつもあり、在宅・テレワークなどの普及もあり、自分のペースで働くことができる時代になってきている。

そういった仕事で食べていくためにも、前向きな気持ちで自分にピッタリなお仕事を探し一歩一歩踏み出していくことをオススメするよ!

👩‍💼集まる集客総研へようこそ! 集まる集客総研のトップページには、起業家の集客やChatGPTなどのAIの最新記事がたくさんあります!ここからチェックしてくださいね!

集まる集客ラブレターラボお得なキャンペーン
集まる集客ラブレターラボお得なキャンペーン

この春こそ、お客様へのラブレターをかいて
集まる集客®︎に切り替えてみませんか?
キャンペーン詳細はこちらから

集まる集客®︎ChatGPTプロンプト集

集まる集客ChatGPTプロンプト集 | 個人起業家のお悩み専用のダウンロード

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私には夢があります

「集まる集客®︎総研」を
個人起業家さんが
集客で困ったり悩んだ時に

「一番頼りになる!」
「ここに来れば安心!」
「ここの記事が一番わかりやすい!」

そんな場所にすることです。

私はこれまで、管理栄養士として
病院や短期大学で
フルタイムで働いてきました。

その傍ら、長年の
「摂食障害克服サポートの仕事をしたい!」
という夢を叶えるため
起業も視野に6年動きつづけるも思うようにいかず。

うまくいかないのは
「あれも足りないから、これも足りないから…」

とセミナー、起業塾
あらゆる講座を受け続け答えを探していました。

もう限界かも…と諦めかけていた時
集まる集客®︎プロデューサー 
長瀬葉弓さんに出会いました。

初めて受け取った
「ラブレター」に感動!

こんなお客様へのラブレターがかければ
私のように
「集客できない自分を責めてしまう」なんてことが
なくなり、多くの人が想いを届けられるようになる!
と気づいたのです。

そこから人生180°転換!

現在は集まる集客に集ったみんなの夢を叶えるため
日々研究に没頭しています。


プライベートは
小2と5歳のお母さん
趣味は推し活
動物占いはコアラ
岩手県在住です。

目次