MENU
カテゴリー

【お客様の声 例文集】信用信頼を得られる14の例文付き

【お客様の声 例文集】信用信頼を得られる14の例文付き

このようなお悩みはありませんか?

・お客様の声を集めたいけれど、何を聞いたらいいの?
・SNSやランディングページにお客様の声を入れたいけれど、何を入れたらいいのかな?

この記事では、「お客様の声」の集め方を10個の例文つきで解説するね。

『お客様の声』が集まることで、はじめてお会いするお客様からの信用信頼度を高めることができて、自分が自分の専門分野の研究家であり、お客様にわかりやすく教えられる教育家である証明になるんだよ。

この記事の例文やポイントなどを参考に、是非、たくさんの「お客様の声」を集めてね。

目次
最新電子書籍を無料ダウンロード
集まる集客ChatGPTプロンプト集

お客様の声の2つの重要性

あなたの商品やサービスを提供するとき、どれだけ良いものかを知ってもらうのは難しいよね。

でも、その商品を使ったことがある人たちが「この商品(サービス)はすごくいいよ!」と言ってくれると、新しいお客様も安心して購入してくれるよ。

この「お客様の声」には3つのすごいところがあるの。

①信頼性が上がり、自分が自分の専門分野の研究家であり、教育家である証明になる

お客様の声でお客様からの信頼を得よう

信頼性が上がる、ということは、「あなたやあなたの商品を信じるようになること」。

『お客様の声』が集まることで、はじめてお会いするお客様からの信用信頼度を高めることができて、自分が自分の専門分野の研究家であり、お客様にわかりやすく教えられる教育家である証明になるんだ。

そして、更に新しい商品を出したときに、もう「あの先生のサービスなら安心!」と多くの人が思ってくれるんだよ。だから、商品が売れやすくなるし、あなたやお店の評判も良くなるよ。

②口コミやレビューからの集客効果

リアルな体験に基づく口コミは広告よりも強い集客力を持っている

信頼性が高まると、お客様自身が喜んで「この商品はすごくいいよ」と友達や家族に勧めてくれることも増えるんだよ。

好きなパン屋さんがあったとして、とても美味しいパンだと思ったら、友だちにも教えてあげたくなるよね?

お客様の声が良ければ良いほど、その話はどんどん広がっていくの。

例えば、「このバッグ、すごく使いやすいよ!」と一人が言ったら、その人の友だちや家族も試してみたくなる。そして、その友だちや家族もまた、別の人たちにバッグが使いやすい、という話をする。

これが繰り返されると、だんだんとそのバッグはたくさんの人に知られて、人気が出てくるの。口コミの力は、広告よりも強い場合もあるんだよ。リアルな体験に基づいているから、人々はその言葉を信じやすいんだ。

だから、良い商品やサービスを提供することで、口コミが自然と広がって、もっと多くの人がその商品やサービスに興味を持つようになる。それが「口コミによる拡散」だよ。

インタビューの流れ【基本の三部構成】

インタビューの三部構成を基本に効果的なお客様の声を集めよう

インタビューを行う際には、しっかりとした流れが必要だよ。インタビューには、「ビフォー」、「購入プロセス」、そして「アフター」という三部構成が基本としてあるの。

この三部構成によって、お客様が商品やサービスに対してどのような経験をしたのか、全体像がしっかりと把握出来るんだよ。

流れに沿ってインタビューを行うことで、お客様一人一人の声をしっかりと集め、より良い商品やサービスを提供するための参考にすることができるの。

この三部構成を基本に、お客様の生の声をしっかりとキャッチしよう。

ビフォー

「ビフォー」で自分の商品やサービスがどんな悩みや要望に対してどうやって答えられているのかを知ろう

「ビフォー」というのは、何かを買う前の話だよ。例えば、お腹がすごく空いているけど、何を食べようか迷っているとき、それが「ビフォー」の状態なんだ。

ここで大事なのは、その人が何に悩んでいたかを知ること。お腹が空いているけど、どんな食べ物が食べたいのか、ピザがいいのか、それともラーメンがいいのか。

この「ビフォー」の時に聞くことで、その人が何を求めていたのか、何に困っていたのかがわかるんだよ。それを知ることで、商品やサービスがその人の悩みや要望にどう答えられるかが見えてくるの。

だから、何を買う前にどんな気持ちだったのか、何に困っていたのかをしっかりと聞くことが、後でその人に合った商品やサービスを提供するためにすごく大事なんだよ。

購入プロセス

「購入プロセス」には、自分の商品やサービスをより魅力的に提供できるヒントがある

「購入プロセス」というのは、実際に何かを買うまでのステップや過程のことだよ。たとえば、洋服が欲しいと思ったら、まずはどんな洋服がいいか考えるよね。

それから、お店やネットで調べて、価格や評判をチェックする。そして、いろいろ比較して、最終的に「これだ!」と決めて買うの。

この「購入プロセス」で知りたいのは、その人がどうやって選んだのか、どのような情報を見て判断したのか、などだよ。

たとえば、友達が使っていて良さそうだったから、とか、テレビで見て気になったから、などの理由もあるかもしれない。また、特にこの商品を選んだ決め手は何だったのかも重要だよ。

こういった情報を聞くことで、どうしたらその人にとって魅力的な商品やサービスを提供できるのかがわかるの。

そして、それを知ることで、次にそのようなお客様が来たときに、もっと効率よく、そして確実に商品やサービスを提供することができるんだよ。

アフター

「アフター」を参考にして商品やサービスのブラッシュアップをしよう

「アフター」とは、何かを買った後のことを指すの。この「アフター」のフェーズで大事なのは、商品やサービスを使った後にどんな変化があったか、また満足度はどれくらいだったのかを知ること。

その人がどれだけ喜んでいるか、あるいは何か不満があるかも知りたいよね。これをしっかりと聞くことで、次回からその不満を解消したり、すでに満足しているポイントをさらに強化することができるんだよ。

たとえば、新しいスニーカーを買った後で、「すごく歩きやすい!」と感じたなら、そのスニーカーの良さがわかる。逆に、「もう少し色のバリエーションが欲しいな」と思ったら、それも大切な意見だよ。

このように「アフター」の意見や感想を集めて、商品やサービスをよりよくしていくのが目的なんだよ。

商品を購入する4つのステップ:信用信頼を得られる14の例文を紹介!

今のお客様の声を掲載することで、未来のお客様へ「信用・信頼」や「価値」という強いメッセージを打ち出せる

お客様の購入過程を4つのステップに分けることができるよ。ステップ1からステップ4までの過程で、お客様の意見や感じたことを具体的に取得していくの。

ここでは、信用と信頼を得られる「お客様の声」の14の実例を紹介するよ。この実例には、購入前から購入後までの体験や感想、さらには具体的な数字や感情までが含まれているの。

実際のお客様の声をしっかりと掲載することで、未来のお客様に対して「信用信頼できる」「このサービスは本当に価値がある」というメッセージを強く打ち出せるのが魅力なんだ。

お客様がどのような点で満足しているのか、どのような点で期待を超えているのか、そのすべてを詳しく解説するね。

この例文を活用して、あなたのビジネスを集める集客から集まる集客にガチャリと切り替えていこう!

ステップ1:お客様情報

お客様の声を掲載する際には、お客様情報の取り扱いが非常に重要だよ。実際にお話を伺った方の名前や性別、年齢など基本的な情報を載せることで、その口コミや体験談がよりリアルで信頼性のあるものとなるよ。

①名前・年齢・性別・顔写真

名前、年齢、性別、顔写真は口コミや体験談を本物とする証明になる!

名前、年齢、性別、そして顔写真。この4つの要素は、お客様の声を掲載する際に特に重要なポイント。

これらの情報があれば、口コミや体験談が「本物」であることが一目瞭然だね。

ただ、個人のプライバシーも大事だから、これらの情報を掲載する前には必ずお客様から許可を取ることを忘れないようにしよう

1. 名前: 本名かニックネームか、それぞれにメリットとデメリットがある。本名があれば、より信頼感が出るけど、プライバシーの観点からはニックネームも選択肢の一つだよ。

2. 年齢: 商品やサービスがターゲットとする年齢層を読者に示せるので、とても重要な情報だよ。

3. 性別: 男性か女性か、それともその他か、これも読者がその商品やサービスに対する興味を持つ一つの要素になるよ。

4. 顔写真: 顔写真があれば、その口コミや体験談がよりリアルに感じられるね。ただ、これも許可が必要だから、しっかりと確認しよう。

どれも大切な情報だけど、これらを掲載するには「許可」がすごく大事。

そして、許可が取れたら、それらの情報を真心込めて掲載して、読者に商品やサービスの良さをしっかりと伝えよう

ステップ2:購入前のこと(3つの例文)

利用者が抱えていた問題や悩みのプロセスを共有することで、商品やサービス購入への導線が作られる

購入前は、何かしら不安や疑問を抱えているもの。だから、「購入前に何を考えているのか」をお客様自身の言葉で知らせることが必要だよ。

お客様が最初にどんな問題や悩みを持っていたのか、なぜこの商品やサービスに興味を持ったのか、そういった背景がわかるから、新しいお客様も安心して購入に進めるよ。

たとえば、お客様が「こんなことで困っていたんだ」と言っている部分に目を通すと、それがまさに自分の悩みと一致していたら、「あ、この商品で解決できるかも!」と感じるの。その感情が、商品やサービスへの信頼を高めてくれるんだよ。

①購入前に困っていたこと・悩んでいたことはありましたか?

購入前の困り事や悩みをしっかりと聞き取り、商品やサービスの価値を明確にしよう

この質問は、商品やサービスが解決する「本当の問題」が何なのかを理解する、第一歩。

例えば、友達が「忙しくて仕事が進まない」と言っていたら、時間をうまく使えるプランナーが役立つよね。

購入前に困っていたことや悩みをしっかりと聞くと、それが多くの人たちの共通の問題であれば、その商品やサービスがどれだけ価値のあるものかが一目瞭然になるよ。

お客様が「こんなことで困ってたんだ」と話してくれれば、それを解決する方法を提供できるかどうかが、商品やサービスの成功を左右するんだよ。

②購入しようと思ったきっかけは何でしょうか?

購入のきっかけを明確にすることで商品やサービスの売り時が把握できる

人が何かを買おうとするとき、その背後にはいろんな理由があるの。

たとえば、「ここのTシャツは、可愛いから」とか、「あそこのパン屋さん、美味しいって友達から聞いたから」など、きっかけは人それぞれだよね。

この質問の答えを知ることで、商品やサービスがどんな瞬間に人々の心をつかむのかがわかるよ。

もしかしたら、特定のイベントやセール、口コミなどがきっかけでたくさんの人が興味を持ったかもしれないし、その情報は次にどうアピールするかの参考になるよ。

例えば、多くの人が「この商品は安全だから」と答えたら、その安全性を強調するマーケティングが効果的だってわかるの。

だから、このきっかけをしっかり掴むことが、今後どう商品を売っていくかの大事なヒントになるんだよ!

③サービスを選ぶ時に重視していたことは何かありますか?

「選ぶときに重視していたこと」は、商品やサービスの強み・弱みを知る情報となる

サービスや商品を選ぶとき、人それぞれ何を一番に考えているか、というのはマーケティングにとっては貴重な情報なんだ。

例えば、「価格が手頃だったから」と答えた人が多ければ、そのサービスや商品はコストパフォーマンスがいいという強みがある。

逆に、「サポートが充実しているから」という答えが多かったら、お客様サービスの質が高いというポイントを前面に出せるよ。

他にも、品質、デザイン、使い勝手、評判など、いろいろな要素が選ぶ理由になるんだ。

この質問の答えを元に、どの部分を強調すれば良いのか、どう改善すればもっとお客様が来るのか、そのヒントが得られるの。

だから、この質問で集めた情報は、次の戦略を考えるときにすごく役立つよ。

いいサービスを提供するためにも、どこに注力すればいいのか知るためには、この質問は外せないよ!

ステップ3:購入時のこと(4つの例文)

購入時の声を共有し、購入を迷っているお客様の背中を押そう!

購入するとき、その瞬間というのは、実はすごく大切。

お客様が「この商品やサービスを買うぞ!」と決断するその瞬間が、あなた(売り手)にとっても、お客様にとっても、一つの大きな節目だから。

購入時に何を考えていたのか、どんな心境だったのかを知ることで、他のお客様が購入を迷っているときにどうサポートすればいいのか、またはどう誘導すればいいのかが分かるんだよ。

もしかしたら「この機能がすごく便利そうだから」とか「この商品、評判がいいから」とか、さまざまな理由が考えられるよ。

①当サービスを知ったきっかけは何ですか?

商品やサービスを知ったきっかけを明確にし、新しいお客様の獲得先を決定しよう

お客様が、どうやってサービスにたどり着いたのかを知ることで、どの宣伝や広告が効果的だったのかが分かるんだよ。

例えば、SNSの投稿を見て興味を持ったとか、友達からのおすすめだったとか、いろんなきっかけが考えられるの。

この情報をうまく活用すると、次にどこに広告を出すべきか、どの方法で新しいお客様を迎え入れるべきかが見えてくるよ。

もし「このブログ記事が面白かったから」という答えが多かったら、そのスタイルの記事をもっと増やしていくといいかもしれないし、逆に「友達が使っていて良さそうだったから」という答えが多いなら、リファーラルプログラム(友達紹介制度)を充実させたりするのがいいかも。

だから、お客様が「当サービスを知ったきっかけ」をしっかり聞くことで、どの方向にビジネスを展開していくべきかが見えてくるんだよ。

②当サービスを選ばれた理由は何ですか?

選んでもらえた理由を精査し、商品やサービスをブラッシュアップしよう

これはね、ビジネスをする上でとっても大事な質問だよ。お客様があなたのサービスを選んだ理由を知ることで、その「良い点」をさらに強化したり、他のお客様にもアピールできるから。

例えば、価格が安かった、サポートが丁寧だった、使いやすさに魅力を感じた、など色々な理由があるの。これが分かれば、その部分に更に力を入れて、次のお客様にも同じように選んでもらえる確率が上がるんだよ。

この質問に対して「特に理由はなかった」という答えが多いなら、それはそれで気になるポイントなの。それは、他のサービスとの差別化があまりできていないというサインかも!

だから、その情報を元にサービスをブラッシュアップするための手がかりにもなるんだよ。

③サービスに対してどんなことを期待していましたか?

お客様の期待しているポイントを活かして、商品やサービスの魅力を底上げしよう

この質問で大事なポイントは、お客様が何を期待しているのかを知ることで、その期待にどれだけ近づけるか、または超えられるかが見える部分。

例えば、「迅速な対応」を期待している人が多ければ、カスタマーサポートを強化する。もし「高品質」を期待している人が多いなら、製品の品質管理に力を入れる。

このようにお客様の期待を知ることで、何に力を入れるべきかがはっきりするんだよ。

④購入前の不安や疑問はありましたか?

お客様が抱きやすい不安を前もって解消しておくことで、スムーズな購入につながる

この質問は、サービスや商品に対する疑念や懸念を解消するために非常に役立つよ。多くのお客様は、新しいことに投資する前に多かれ少なかれ不安を感じるものなの。

それが高額な商品や継続的なサービスだと、その不安はさらに大きいんだよね。この質問で、不安や疑問が何であったのかを突き止めることができるよ。

たとえば、お客様が「商品の保証が心配だった」と答えた場合、商品保証やアフターケアに更なる努力が必要になるし、「サポートがしっかりしているのか不安だった」という声が多いなら、カスタマーサポート体制の強化が求められるの。

これらの情報を元にFAQや商品の説明、サービス紹介を改善することで、新たなお客様が抱きやすい不安や疑問を前もって解消できるよ。

そうすることで、お客様が安心して購入に踏み切る確率が高くなるんだよ。

ステップ4:購入後のこと(6つの例文)

購入後の感想は商品やサービスの質の改善には欠かせない!

購入後の感想は、実際にサービスや商品を使ってみた人たちからの貴重な意見だよ。商品やサービスが実際にどれほど役立つのか、期待を超えたのか、それとも期待と違ったのかを示すから。

例えば、「商品が想像以上に良かった」という声は、商品自体の価値を示しているし、反対に「サポートが思っていたよりも悪い」と言われたら、そこは改善する必要があるんだ。

これらの購入後の感想を収集することで、商品の開発やサービス改善に生かすことができるよ。

①購入後の変化は、どんなことがありましたか?

ポジティブな購入後の変化は、商品やサービスをより魅力的にする重要な要素

購入後の変化について尋ねることは、商品やサービスが実際にお客様の生活やビジネスにどう影響を与えたのかを明らかにする重要なステップ。

お客様が「以前は、毎日ストレスを感じていたが、この商品を使ってからは心地よく過ごせるようになった」と答えた場合、それはその商品が問題解決に成功した証拠なんだ。

また、「購入してから仕事の効率が上がった」という声があれば、その商品やサービスが実際に価値を提供していると言えるの。

このようなポジティブな変化は、他の潜在的なお客様に対しても、非常に魅力的なポイントとなるんだ。

反対に、「特に変わらなかった」という声が多ければ、それは商品自体が改善の余地があるか、もしくはお客様の期待とマッチしていない可能性があるよ。このようなケースでは、その理由を詳しく聞いて、今後の改善に役立てることが重要だね。

②サービスの内容の満足度はいかがでしょうか?(記述or5段階評価)

・高評価をつけたお客様の声は強い推薦力を持っている
・普通評価や低評価は更に詳しく分析することで改善策が見えてくる

この質問によって、サービスがお客様の期待に応えられているのか、あるいは改善の余地があるのかを詳しく知ることができるよ。

お客様が「大変満足している」と答えた場合、それはサービスが高品質である証拠だね。特に5段階評価で最高点をつけた場合、その声は強力な推薦となるの。

「まあまあ満足している」や「普通」といった評価が多い場合は、サービスが基本的なニーズは満たしているものの、お客様が期待する「何か特別なもの」には至っていない可能性が高いんだよね。

このような場合は、具体的にどの部分に満足していないのか、更に詳しく聞いてみる価値があるよ。そして、もし「不満足」という評価が出た場合、それはサービスに大きな問題がある可能性を指摘する重要なサイン。

そういったケースでは、お客様がどのような点で不満を感じているのかを具体的に知り、早急に改善策を考える必要があるんだよ。

③私(当店)の印象はいかがでしたか?

・お店やスタッフへの印象の評価はリピート率にも関わる重要な情報
ネガティブな口コミを防止するためにもしっかり精査しよう

この質問は、ビジネスを運営する上でとても大切な点に触れているんだよ。それは、単に商品やサービスが良いだけではなく、あなたやスタッフ、お店全体に対する印象もお客様満足度に影響を与えるということになるの。

たとえば、「対応がとても丁寧だった」というようなフィードバックが多ければ、そのお店はお客様と良好な関係を築いている証拠だよ。

また、「店長さんがとても情熱的だった」といった意見は、そのビジネスが何か特別な価値を提供していると感じさせるから、リピート率が高くなる可能性もあるの。

逆に、「態度が悪かった」や「コミュニケーションが不十分だった」といった意見があれば、それは改善が必要なサイン。

特に、悪い印象は口コミとして広がる可能性が高いから、早急に対応を取る必要があるよ。

④サービス内容で改善してほしいことはありますか?

サービス改善要望は無料のコンサルを受けていると捉えよう

お客様自身が「これが良くなればもっといいな」ということを教えてくれる質問だよ。それはまるで無料のコンサルティングを受けているようなもの。

たとえば、お店のレイアウトが分かりにくいというフィードバックがあれば、それはすぐに改善できる問題かもしれない。

また、「この商品はいいけど、種類がもっと豊富だと嬉しい」という意見があれば、新しい商品ラインナップを考えるきっかけになるよ。

⑤今、ご興味があるサービスはどんなサービスでしょうか?

「興味のあるサービス」への回答は、お客様の潜在的なニーズや新しいアイディアへのヒントがある

この質問は、お客様が現在どんなことに興味を持っているのか、そしてその興味があなたのビジネスとどう関わるかを理解するすばらしい機会だよ。

お客様が答えることで、新しいサービスや商品を開発するためのヒントを得られる場合もあるの。

例えば、お客様が「最近、健康志向な食品に興味がある」と答えた場合、それがあなたのビジネスが食品関連であれば、新しい健康食品ラインを考える良いきっかけになるね。

もしサービス関連のビジネスなら、健康に良いとされる何か新しいサービスを提供するアイデアが生まれるよ。

また、この質問によってお客様が他社と比較して何を求めているのかも明らかになるの。

その情報を使って、自社のサービスがどうすれば競合他社よりも優れているとお客様に感じてもらえるのか考えることができるんだよ。

⑥このサービスをオススメしたい人は、どんな人ですか?

「理想のターゲット像」を明らかにし、ビジネスのマーケティング戦略に役立てよう

この質問は、お客様がどんな人に対してあなたのサービスや商品を推薦したいと考えているかを明らかにするもの。

つまり、お客様が考える「理想のターゲット層」が何かを知ることができるんだよ。

例えば、お客様が「時間がない忙しい人にオススメだよ」と答えた場合、あなたのサービスが時間を節約するものであれば、その点を強調するマーケティング戦略が効果的だとわかる。

逆に、「リラックスしたいと思っている人にいいと思うよ」と言われたなら、そのようなニーズに応えられるような新しいサービスやプランを考えるきっかけになるの。

この質問の回答は、実際にはお客様が感じているニーズや欲求に直接つながることが多いから、その情報を活用して、より多くの人にサービスを提供する際の参考にすることができるよ。

お客様の声のひとつ【口コミやレビュー3つの特徴

口コミやレビューは、ビジネスにとって重要な役割を果たすもの。

特に現代では、インターネット上で誰もが情報を簡単に手に入るから、口コミやレビューの影響力は、ますます大きくなっているよ。  

①信憑性が増す!具体的な内容

具体的な口コミ・レビューは購入前の不安を解消し、信憑性を高める重要な要素

初めて買うものや使うサービスにはちょっと不安を感じるもの。

だから、それを使ったことがある人の意見を聞くと、その不安が少し和らいでいくの。

例えば、あるレストランで食事をした人が「この店のハンバーガーはジューシーでとても美味しかった!」と書いていたら、そのレストランに行く前の不安は減るよね。

それと同時に、そのレストランやハンバーガーに対する信憑性が高まるんだよ。

また、商品やサービスの品質がどれくらい持続するのか、アフターケアはしっかりしているのかといった、長期的な側面に関する情報も信憑性を高める要素なんだ。

例えば、「買ってから一年経ったけど、まだ壊れていないし、サポートも丁寧だった」といったレビューを見れば、その商品やサービスは耐久性があり、信頼できると感じるよ。


②イメージが膨らむ!感情や情緒的な要素が含まれている

ポジティブな感情の口コミやレビューで購入後のイメージをワクワクしたものに書き換えよう

イメージが膨らむって、どういうことかな?

簡単に言うと、ただの情報よりも、人の気持ちや感じたことが書かれている方が、その商品やサービスがどうなのかよく分かるんだよ。

たとえば、ある映画について「面白かった」とだけ書かれていたら、それはそれでいいんだけど、もっと具体的に「最後の方で涙が止まらなかった」とか「主人公が勇気を出すシーンで、自分も頑張ろうと思えた」と書かれていると、その映画がどんな気持ちを呼び起こすのか、イメージが湧くよね。

感情や情緒的な要素が含まれている口コミやレビューは、読む人に「この商品やサービスを使ったら、自分もこんな風に感じるかも」と思わせる力があるんだ。

新しいお店や商品を試す前に、「(私もこの人のように)感動したり、楽しかったりするかもしれない!」とワクワクするよ。

③事例や数値に注目が集まる!視覚で理解しやすい

具体的な数値や事例を入れることにより、レビューや口コミの信頼性が上がる

事例や数値が入っていると、信頼を得られやすくなるよ。たとえば、「このダイエットサプリを使ったら、1ヶ月で5キロ痩せた!」という口コミがあったら、そのサプリの効果が具体的に理解できるよね。

事例や数値は、抽象的な話を具体的にして、どれくらい効果があるのかをはっきり見せてくれるの。

数字や事例は「信頼性」を高めるし、読む人の心にしっかりと印象を残すよ。だから、口コミやレビューに事例や数値が使われていると、それだけでその商品やサービスに対する信頼感が高まるの。

そして、視覚で理解しやすいってのも大事なポイントだね。例えば、星5つの評価が多いとか、成果を示す前後の写真が掲載されていると、その情報は一目でわかるし、納得もしやすいんだよ。

お客様の声の活用方法

貴重な「お客様の声」を最大限活用し、ビジネスの推進力にしよう

「お客様の声」というのは、声を聞くだけじゃもったいないの!うまく活用する方法っていくつもあるんだよ。

まず、お客様の声をホームページやSNSに掲載することで、新しいお客様にその商品やサービスがどれだけ素晴らしいかを知らせることができるの。

そして、信用信頼度を高めることができて、自分が自分の専門分野の研究家であり、お客様にわかりやすく教えられる教育家である証明になるんだよ。

それが、集まる集客となり、新しいお客様を引きつける力になるの。お客様の声は、商品やサービスの改善に直結する重要な情報源。

何がよくて、何がダメだったのか。これを知ることで、次に繋がる改善点が見えてくるよ。だから、お客様の声は、ただの「フィードバック」以上の価値があるんだ。

ここからは具体的なお客様の声の活用方法を紹介していくね。

①SNSでの投稿

SNS投稿する場合「お客様の声」が出された背景や状況を明確にするのが信頼度アップへの鍵

SNSでお客様の声を投稿するのは、今や一般的なプロモーション手法の一つだよ。でも、ただ投稿するだけじゃなくて、いくつかのポイントに注意することで、その効果を最大限に引き出すことができるんだ。

まず、投稿する前にお客様の許可をしっかりと得ることが大切。個人情報やプライバシーに配慮するのは当然だね。

次に、その声がどのような背景や状況で出されたのかを明確にすることで、他の人たちにもその声がどれだけ信頼できるのかを知らせることができるよ。

さらに、お客様の声を投稿する際には、その声が何を表しているのかを明確にするようにするといいよ。

たとえば、「この商品でこんなに便利になった!」といった具体的な事例や、「このサービスのおかげでこんなに楽になった!」といった感情的な要素を強調することで、より多くの人々がその投稿に興味を持つ可能性が高まるんだ。

②ホームページやランディングページでの利用

「お客様の声」を効果的に掲載し、ホームページやランディングページを訪れた人に信頼感や安心感を提供しよう

ホームページやランディングページでお客様の声を活用するのは、訪れた人々に信頼感や安心感を提供する強力な手段だよ。だから、どのように掲載するかが非常に重要なんだ。

HPやLPでお客様の声を利用する方法

どの部分にお客様の声を掲載するか考える
まず最初に考えるべき部分。商品やサービスの詳細ページはもちろん、トップページにも掲載することで、サイト全体の信頼性が高まる。

その声がどのような状況や背景で出されたのかを明示する
たとえば、商品を使ってどれだけの期間でどのような効果が得られたのかといった具体的な情報を加えると、その声の信憑性が高まる。

お客様の声には写真や動画を添える
リアルで感情的な印象を与えることができる。視覚的な要素は人々の注意を引きやすくなる。

掲載するお客様の声は定期的に更新する
常に新しい情報を提供することができ、訪問者が何度もページを訪れる理由を作ることができる。

③メルマがやLINEで情報発信(教育)

お客様が身近に感じているコミュニケーションツールを使っての口コミ共有はとてもパワフル

メールやLINEって、すごく身近なコミュニケーションツールだよね。だからこそ、お客様の声をうまく活用すると、ものすごくパワフルなの。

例えば、新商品が出たとき、過去に使ってくれたお客様から「すごくいいよ!」っていう感想があれば、それをメールやLINEでシェアすることができるの。

これがあると、まだ買うかどうか迷ってる人にとっては、すごく後押しになる。

また、もし何か疑問や問題が出たときに、以前別のお客様が同じ問題を解決したという話を紹介できると、それはそれは信頼性が上がるんだよ。

お客様の声の3つの法的な注意点

①個人情報の取り扱い

個人情報に関しては許可をもらって公開が必須!細心の注意を払おう

個人情報は、名前や年齢、住所など、人を特定できる情報のこと。適当に使ってしまうと、人のプライバシーが侵されてしまうから、きちんと取り扱うことがすごく大事だよ。

例えば、お客様の声を集めるとき、名前や顔写真を公開する前には、しっかりとその人から許可をもらうこと。許可なく個人情報を使うと、法的に問題になることもあるよ。

②著作権問題

レビュー文や撮影した写真・動画は、作成したお客様に著作権がある

著作権というのは、誰かが作った作品に対して、その作成者が持っている権利のことだよ。

たとえば、お客様の声をビデオや写真、文章で公開するとき、それは一種の作品として扱われるんだ。

このときに気をつけないといけないのが、その内容を許可なく使ってしまうと、著作権に触れてしまう可能性があるの。

言い換えると、お客様が書いたレビュー文や、撮影した写真・動画も、そのお客様が著作権を持っているんだよ。

だから、これを使いたい場合は、必ずその人から許可を得ないといけない。許可を得る方法はいろいろあるけど、一番確実なのは文書で許可をとると安心だね。

著作権には、創作した人が独自に設定できるルールもあるから、例えば「この写真は商用で使っていいよ」とか「このレビューは改変してもOKだよ」という許可も、しっかりと確認しておこう。

③虚偽の記載について

口コミのアレンジも厳禁!虚偽の記載はビジネスの信用を失うリスクがあることを認識しよう

「虚偽の記載」とは、嘘や間違いの情報を故意に書くことだよ。お客様の声を掲載するときに、特に気をつけなくちゃいけないのがこの点なの。

虚偽の記載があると、それが発覚した場合には信頼を失ったり、最悪の場合、法的なトラブルに巻き込まれることもあるからだよ。

例えば、お客様が「この商品はすごくいい!」と言ってくれたけど、それが嘘で、実際には商品に大きな問題があった場合、その「声」は虚偽の記載に当たるよ。

また、お客様の声を「少しアレンジして」書くとか、声自体は本当でも、その人が実際には使っていない商品やサービスについて言ったかのように見せるのも、虚偽の記載になるから注意をしてね。

まとめ:お客様の声を例文を活用して、生の声を届けて、信用信頼を勝ち取ろう!

「お客様の声」を法的に安全な方法で運用し、信用信頼を勝ち取っていこう!

お客様の声は、ビジネスにおいて非常に重要な要素だよ。それは、新しいお客様への信頼を築くだけでなく、既存のお客様との関係も深化させる効果があるよ。

具体的な内容から感情や情緒まで、お客様が何を思っているのかをしっかりと掴むためのインタビューは必須。

この生の声をしっかりと活用することで、お客様からの信用信頼度を高めることができて、自分が自分の専門分野の研究家であり、お客様にわかりやすく教えられる教育家である証明になるんだよ。

ただ、個人情報の取り扱い、著作権、そして虚偽の記載などには注意が必要。

誤った方法でお客様の声を使用すると、大きな問題を引き起こす可能性があるから、しっかりとしたガイドラインを設け、法的にも安全な方法で運用しよう。

お客様の声をうまく活用して、信用信頼をしっかりと勝ち取り、集まる集客にガチャリと切り替えていこうね!

 

女性起業家のためのWEBマーケティング 集まる集客新メソッド2024

女性起業家のためのWEBマーケティング
集まる集客新メソッド2024をダウンロードする!

集まる集客®︎を24時間学べるオンラインWEB集客スクール
『集まる集客カレッジ』で、集める集客を集まる集客に
ガチャリと切り替えよう〜〜

7月集まる集客カレッジキャンペーン
7月集まる集客カレッジキャンペーン

入会後、集まる集客オリジナル生成AI Buddy@i が使えます。

Buddy@i

毎月1度の個別サポートも受けられます

自分のビジネスの状況やお悩みを公に公開することができない、もしくは人に知られたくないお悩みや情報をご相談したい方については、毎月1度個別相談会でご相談ください。上級クラスのチームActiveの皆さんには無制限で行っておりますが、集まる集客カレッジの皆さんには、月に一度、個別相談会をご利用いただけます。

  • 「人と違ったモノの見方捉え方」の中から新しい価値を生み出すヒット講座の作り方
  • 出会った瞬間から信用信頼されるお客様へのラブレターの書き方 
  • 100人のお客様からお願いされる新しい集客のヒットパターンを作る方法
  • アクセスして1分以内に10年分の信用信頼を勝ち取る動画入りランディングページの書き方
  • 個別相談会でのご成約率が90%に高まるメルマガの書き方
  • 売込み説明なし!お願いされるだけの個別相談会クロージングトークスリプト
  • 一生食いっぱぐれることがない起業家になるために絶対欠かせない3つの要素とは?
  • 同業のライバルと専門度で圧倒的に差をつける研究リサーチ方法
  • ワンジャンルヒーロー起業家への実録ロードマップ
  • むっちゃ落ちこんだときに立ち上がるコツ

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私には夢があります

「集まる集客®︎総研」を
個人起業家さんが
集客で困ったり悩んだ時に

「一番頼りになる!」
「ここに来れば安心!」
「ここの記事が一番わかりやすい!」

そんな場所にすることです。

私は管理栄養士として
病院や短期大学の職員をしてきました。


その傍ら、
13歳からの摂食障害の経験をいかして
「カウンセラーとして活動したい!」
という夢を叶えるため

起業も視野に6年動きつづけるも思うようにいかず。

うまくいかないのは
「あれも足りないから、これも足りないから…」

と起業塾、体質改善、潜在意識…
あらゆる講座を受け続け答えを探していました。

もう限界かも…と諦めかけていた時
集まる集客®︎プロデューサー 
長瀬葉弓さんに出会いました。

初めて受け取った
「ラブレター」に感動!

こんなお客様へのラブレターがかければ
私のように
「集客できない自分を責めてしまう」なんてことが
なくなり、多くの人が想いを届けられるようになる!
と気づいたのです。

そこから人生180°転換!

現在は集まる集客に集ったみんなの夢を叶えるため
日々研究に没頭しています。


プライベートは
小3と5歳のお母さん
趣味は推し活
動物占いはコアラ
岩手県在住です。

目次