MENU
カテゴリー

【お客様アンケート】からリアルな声を引き出す!信頼と満足度が上がるアンケートの作り方

【お客様アンケート】がリアルな声を引き出す!信頼と満足度が上がるアンケートの作り方

お客様の声は集まるものの、それをどう活用してよいか分からない。
アンケートを取ってはみたけれど、その結果を効果的にビジネスに反映させる方法がわからない。

🔰リサーチャーまるお

このような疑問や悩みを抱えている個人起業家やコンサルタントの人、いないかな?

集まる集客総研 リサーチャー

お客様の声とアンケートの活用方法について深く研究する中で見えてきた、効果的なステップを独自にまとめたので、この記事で詳しく解説するよ。

目次
最新電子書籍を無料ダウンロード
集まる集客ChatGPTプロンプト集

集まる集客総研®︎が、お客様の声の「数」と「質」にこだわる理由とは

・お客様の声があれば、商品やあなたに対する信用信頼度が上がる
・お客様の声は、あなたの専門分野の専門度やあなたが教育家であることの証明となる
・お客様の声の「数」と「質」にこだわって動いていけば、お客様が「まるで自分のようだ」とリアルに成果をイメージしていただけるので、集まる集客にガチャリと切り変わる

ここ数年で、個人起業家さんは圧倒的に増えてきたために、「言葉」で飾るだけのプロモーションでは、同業ライバルとの差別化が難しくなってきたの。

集まる集客®︎メソッドを大切に使っている起業家のみなさんは、お客様の声という「証明」の「数」と「質」にこだわっているんだよ。 お客様を感動させることこそが、一番効果的な戦略となるの。

インスタグラムのハイライトや電子書籍、個別相談のランディングページの中に、お客様の声を設置することで、あなたの信用信頼度が上がり、研究家であり、教育家である証明になるよ。そうすると、あなたから買いたい、あなたに教わりたいと言ってもらえるようになるんだよ。

だから、「お客様の声」という証明の数と質にこだわることで、多くの人に、月商7桁8桁のチャンスを生むことができているの。それだけお客様の声というのは、とっても大事なもの。

集まらない集客を集まる集客に変えていきたいあなたは、是非、お客様の声にこだわってね!

アンケートの目的は「新規獲得」と「サービス向上」の2つ

  • 新規獲得のため
  • サービス向上のため

アンケートを作るとき、大事なのは「何のためにやるのか」をしっかり考えることだよ。基本的には、この目的は大きく分けて2つあるよ。

1つ目は「新規獲得のため」。新しいお客様を増やすためにアンケートを行うもの。

例えば、お店に来たことがない人たちに「どんな商品が欲しいか?」と聞くことで、その人たちが求めているものを提供できるようになるよ。

2つ目は「サービス向上のため。すでに、商品やサービスを利用しているお客様から、どうしたらもっと良くなるかを聞くことだよ。

たとえば、「この商品はどうだった?」とか「もっとこんなサービスがあればいいな」という意見を集めて、サービスをよりよくしていくよ。分かりやすく言うと、新規獲得は「新しいお友達を作る」みたいなもの、サービス向上は「すでにいるお友達との関係をもっと良くする」みたいな感じだよ。

この2つの目的をしっかり押さえて、アンケートを作ると、商品やサービスがどんどん良くなって、たくさんの人に喜んでもらえるようになるよ。

お客様がみるみる増える!新規獲得に向けた商品(サービス)に利用

新しいお客様を増やすためには、アンケートがとても役立つよ。新規獲得とは、まだあなたのお店やサービスを知らない人たちを、新しいお客様として迎え入れること。それには、何が必要かをしっかり考え、アンケートで聞くことが大切だよ。

例えば、近くに住んでいる人たちに「どんなお店が欲しいか?」という質問をすることで、そのエリアで求められている商品やサービスが何かがわかるよ。また、インターネットで「このような商品があれば買いたい」という意見を集めることもできるよ。

アンケートで得られた情報を元に、新しい商品を作ったり、サービスを始めたりすることで、新しいお客様が増える可能性が高くなるよ。さらに、その新しい商品やサービスが話題になれば、自然と多くの人が集まってくるの。

簡単に言えば、アンケートは「お客様の好きなものを知るための道具」だよ。うまく使って、新しいお客様をたくさん迎え入れよう!

信頼がグッと上がる!顧客満足度や商品開発などの活用方法

アンケートはただの質問紙ではなく、お客様との「信頼」を築く大切な手段だよ。

特に、すでにサービスを利用しているお客様からのフィードバックは、信頼をさらに深めるための貴重な情報源。顧客満足度を高めるためには、アンケートで「この商品はどうでしたか?」や「サービスで改善してほしい点はあるよか?」といった質問をするよ。

お客様がどう感じているのかを知ることで、その意見を元にサービスや商品を改善できるよ。また、新しい商品を開発する際も、アンケートが役立つんだ。例えば、「こんな商品があればいいな」というお客様の声を集め、商品開発に生かすことができるよ。

このようにして、お客様の意見を真剣に取り入れることで、お客様からの信頼がグッと上がるの。信頼が上がれば、リピート購入や口コミでの紹介も増え、ビジネスがさらに成長するからね!

お客様の生の声を集めよう

お客様の「生の声」を集めることは、ビジネスにとって非常に価値のある活動だよ。

生の声とは、お客様が本当に思っていること、感じていることを直接聞くこと。これは、サービスや商品を改善し、お客様に喜んでいただくための鍵となるよ。では、どうやって生の声を集めるのかな?

一つ目の方法は、お店やイベントで直接お客様に話を聞くことだよ。お客様の反応や表情も見ることができ、より深い理解が得られるよ。

二つ目の方法は、オンラインアンケートを利用することだよ。多くの人から手軽に意見を集めることができるよ。

ただし、オンラインでのアンケートは、質問の仕方や選択肢の設定に工夫が必要だよ。お客様が簡単に答えられ、正確な情報を得られるようにしなければならないの。そして、生の声を集めた後は、データをしっかりと分析しようね!

何が評価されているのか、何が改善点なのかを明確にしてビジネスに反映させることが大切。

お客様の生の声は「商品やサービスをよくするための宝の地図」だよ。この地図をしっかりと読み解いて、お客様にとって最高のサービスを提供しよう。

こんなアンケートはNG→NGアンケートパターン(例)3選

アンケートは非常に有用なツールだけれど、作り方によっては逆効果になることもあるの。以下に、よくあるNGアンケートのパターンを3つ紹介するよ。

「質問の数が多すぎる」
「自由回答のみの白紙アンケート」
「質問がわかりづらい」

質問の数が多すぎる

お客様は忙しいから、長いアンケートには参加しづらいの。質問が多すぎると、途中で挫折してしまう人も多くなるよ。必要な情報だけに絞って質問するように心掛けよう。

🔰リサーチャーまるお

一番多い失敗例なんだね!

集まる集客総研 リサーチャー

そうなの。多くの質問をすることで、詳細な情報を得られると考えがちだけれど、実際には逆効果になることが多いの。お客様は忙しい人が多いからね。

🔰リサーチャーまるお

確かに!長いアンケートに対する参加意欲が低くなる、最後まで回答してくれない可能性が高くなるんだね。

集まる集客総研 リサーチャー

そうなの。また、多くの質問をすることで、お客様が疲れてしまい、途中で適当な回答をするようになることもあるの。その結果、集めたデータの質が低くなってしまう可能性があるよ。

🔰リサーチャーまるお

 気をつけないといけないんだね。

集まる集客総研 リサーチャー

そうだね。質問の数を減らすことで、お客様が最後まで回答しやすくなったり、より高品質なデータを集めることができるよ。必要な情報だけに絞って質問を作って、それ以外の余計な質問は削除するようにしようね。

🔰リサーチャーまるお

うんうん。質問の数が多すぎると、お客様が「このアンケート、いつ終わるの?」と感じてしまうんだね。必要な情報だけをしっかりと集めることが大事だね!

自由回答のみの白紙アンケート

自由回答だけでは、お客様が何を答えていいのか迷ってしまう可能性があるよ。また、後でそのデータを分析する際にも手間がかかるよ。選択肢を用意して、それに加えて自由回答のスペースを設けるとベストだね。

集まる集客総研 リサーチャー

まるおくん、アンケートを作る際に、自由回答のみで構成された「白紙アンケート」は避けた方がいいんだよ!

🔰リサーチャーまるお

どうして?

集まる集客総研 リサーチャー

一見、お客様が自由に意見を述べられる場を提供しているように思えるけど、実際にはいくつかの問題があるの。まず、何を答えてよいのか迷ってしまう可能性が高いの。質問が具体的でないと、お客様はどのポイントに焦点を当てて回答すればいいのかわからなくなるからね。その結果、回答が得られない、または曖昧な回答しか得られないことが多くなるよ。

🔰リサーチャーまるお

確かに、自由に書いてください!と言われても中々書けないかもしれないね。

集まる集客総研 リサーチャー

あとはね、具体的な選択肢がないから、一つ一つの回答を読み解いて、それをどう解釈するかを考えなければならないの。簡単に言えば、白紙アンケートは「お客様も作る方も手間がかかるけど、得られる情報が少ない」という状態になるがちなの。

🔰リサーチャーまるお

それはお互いに良いことではないよね。

集まる集客総研 リサーチャー

そうだね。だから、選択肢を用意して、それに加えて自由回答のスペースも設けることで、より効率的に有用なデータを集めることができるよ。

質問がわかりづらい

質問は「お客様がスムーズに答えられるように」作る必要があるよ。わかりづらい質問は、お客様にとってもストレスになり良いデータが得られないため、ビジネスにとっても損失なってしまうんだ。

だからアンケートはお客様にとって「簡単に答えられるもの」でないといけないの。回答を元に「ビジネスを改善するための具体的なアクション」が取れるように設計することが重要だよ。

専門的な言葉や曖昧な表現を使うと、お客様が何を聞かれているのか理解できないことがあるの。質問はできるだけシンプルで明瞭にすることが大切だよ。

質問を作る3つのポイント!

①言葉は短く、明瞭に。
②専門用語は避け、一般的な言葉を使用する。
③質問の意図が一目でわかるようにする。

質問が長すぎると、途中で何を聞かれているのか忘れてしまうこともあるから気を付けておこう。

回答の質が上がる!押さえたい基本の4つの質問

アンケートを成功させるためには、基本となる質問をしっかりと押さえることが重要だよ。以下に、どんなアンケートでも共通して考慮すべき基本の質問をいくつか紹介するよ。

アンケート対象者の属性:年齢、性別、居住地など、基本的な属性情報を知ることで、回答内容にどのような傾向があるのかを理解しやすくなるよ。

利用に至った目的:お客様がなぜその商品やサービスを利用したのかを知ることで、マーケティング戦略に活かすことができるよ。

選んだ理由:他の商品やサービスと比較して、何が決め手だったのかを知ることで、その強みをさらに伸ばす方向性が見えてくるよ。

実体験による変化、改善した点:商品やサービスを利用した後で、何が良くなったのか、どのように感じたのかを聞くことで、改善点や新たなアピールポイントを見つけることができるよ。

基本の質問は「お客様が何を考え、何を感じているのか」をしっかりと把握するためのものだよ。具体的な質問を作ることでアンケートの質を高め、あなたのビジネスに役立つデータを集めることができるよ。

①アンケート対象者の属性

データがより価値のあるものに変わり、ビジネス戦略に活かしやすくなる

アンケートを行う際、最初に知っておきたいのが「誰が回答しているのか」という点だよ。

これがわかると、得られたデータがどのような人々から来ているのかを理解しやすく、その後の分析や戦略立案に役立つの。具体的には、年齢、性別、居住地、職業などの基本的な属性情報を集めることが一般的。

例えば、20代の女性が多く回答している場合、その商品やサービスは20代の女性に特に受け入れられていると考えられよ。逆に、50代以上の男性からの回答が少ない場合、その層に対するアピールが足りない可能性があるよ。

ただし、属性情報を聞く際にはプライバシーに配慮する必要があるの。個人が特定されるような質問は避け、必要最低限の情報だけを集めるようにしよう。

アンケート対象者の属性を知ることは、得られたデータに「誰の声なのか」というラベルを貼るようなものだよ。データがより価値のあるものに変わり、ビジネス戦略に活かしやすくなるよ。

②利用に至った目的

お客様が何を求めているのか、何に反応しているのかが明確になる

アンケートで「利用に至った目的」を聞くことは、ビジネスにおいて非常に重要なポイントだよ。

「利用に至った目的」を知ることで、お客様が何を求めているのか、何に反応しているのかが明確になり、より成果の出るビジネス戦略を立てることができるんだ。

お客様がなぜその商品やサービスを選んだのか、どのようなニーズや期待を持っているのかを明らかにすることができるの。

例えば、あるカフェのアンケートで「なぜ当店を訪れましたか?」という質問をした場合、回答には「近所に住んでいるから」「友達に勧められたから」「インスタグラムで見て気になったから」など、様々な理由が出てくるよ。

これらの回答を分析することで、どのような点でお客様の心をつかんでいるのか、またはつかみ損ねているのかがわかるんだ。

この情報は、新しいマーケティング戦略を考える際や、商品・サービスの改善点を見つける際に非常に役立つよ。特に、多くの人が同じような理由で利用している場合、その点は今後も強化していくべきポイントとなるはず!

③選んだ理由

お客様が何に価値を見い出しているのか、どの部分が競合他社との差別化につながっているのかが明確になる

お客様が他の多くの選択肢の中から、なぜあなたの商品やサービスを選んだのかが明らかになるよ。

「選んだ理由」を知ることで、お客様が何に価値を見い出しているのか、どの部分が競合他社との差別化につながっているのかが明確になるの。その結果、よりターゲットに合った戦略を展開することができるよ。

例えば、あるスマートフォンアプリのアンケートで「なぜこのアプリを選びましたか?」と質問すると、回答には「使いやすいから」「機能が豊富だから」「価格が手頃だから」など、さまざまな理由が出てくるはず。これらの回答をもとに、どの特長や機能がお客様に評価されているのかを把握することができるよ。

今後の商品改良やサービス向上、さらにはマーケティング戦略にも大いに役立つの。特に、多くのお客様が同じ理由で商品やサービスを選んでいる場合、その点は強みとしてさらに強化するべきポイントだよ。

④実体験による変化、改善した点

他の潜在的なお客様に対する信頼性も高く、口コミやレビューとしても非常に効果的

アンケートで「実体験による変化、改善した点」を尋ねることは、商品やサービスの価値を具体的に示す貴重な情報を得る手段。お客様が実際にどのような利益や満足感を得たのかを知ることで、その結果を今後のマーケティングや商品開発に活かすことができるよ。

例えば、ダイエットサプリメントのアンケートで「このサプリメントを飲んで何が改善されましたか?」と質問すると、回答には「体重が減った」「体調が良くなった」「運動のパフォーマンスが上がった」など、具体的な改善点が明らかになるよ。新しい広告キャンペーンや商品説明文作成の際に非常に役立つの。

また、このような実体験に基づく情報は、他の潜在的なお客様に対する信頼性も高く、口コミやレビューとしても非常に効果的だよ。そして、商品やサービスがお客様の生活にどのようなプラスをもたらしているのかが明確になるの。その情報をうまく活用することで、より多くの人々にその価値を伝え、ビジネスが飛躍するきっかけになるよ!

一連の流れを解説!顧客満足度アンケート、誰にどうやって依頼する?

顧客満足度アンケートは、ビジネスにおいて非常に重要なツール
その効果を最大限に引き出すためには、誰にどのように依頼するかが鍵

以下に、一連の流れを簡単に解説するよ。

①個人情報を取得している顧客=リピーター様
既存の顧客には、購入後のフォローメールやアプリ内通知でアンケートの依頼を行う方法が一般的。既に商品やサービスを利用しているから、具体的なフィードバックが期待できるよ。

②個人情報を取得していない顧客=初めてのお客様
初めての顧客には、購入時やサービス利用後にレシートやQRコードを通じてアンケートに参加してもらう方法があるよ。初回の印象は非常に重要なので、そのフィードバックは貴重だよ。

依頼する際には、以下のポイントを押さえてね!

  • アンケートの目的を明確に伝える。
  • 回答にかかる時間を明示する。
  • 何らかのインセンティブ(割引クーポンなど)を提供する。

①個人情報を取得している顧客=リピーター様

改善点や新しいアイデアに直結するフィードバックがもらえる可能性大!
アンケートに参加するメリットを明確に伝える

リピーター様など、個人情報をすでに取得している顧客に対するアンケートは非常に効果的。それは、お客様はすでにあなたの商品やサービスに一定の信頼を寄せているからだよ。彼らから得られるフィードバックは具体的で、改善点や新しいアイデアに直結する可能性が高いの。

依頼の方法としては、メールやLINEが一般的だよ。購入後の感想や次回購入時の割引クーポンを提供する形で、アンケートへの参加を促すことが多いの。また、会員専用のアプリやウェブサイト内で、アンケートへのリンクを掲載する方法もあるよ。

重要なのは、アンケートに参加するメリットを明確に伝えること。例えば、「アンケートに回答いただいた方全員に次回使用できる10%割引クーポンをプレゼント!」などの特典を用意すると、回答率が格段に上がるよ。

すでに信頼関係が築かれているから、アンケートはビジネスにとって非常に価値があるよ。しかし、意見をしっかりと引き出すためには、アンケートの依頼方法や特典に工夫が必要だよ。

②個人情報を取得していない顧客🟰初めてのお客

お客様が直接アンケートにアクセスできるQRコードやアンケートフォームリンクを用意する
魅力的な特典を用意することで、アンケートの回答率をUPする!

初めて商品やサービスを利用するお客様の声は、体験自体が新鮮、また印象が今後のリピート利用や口コミに大きく影響するからとても大切。けれど、個人情報を取得していない場合、どのようにアンケートを依頼するかが一つの課題となるんだ。

一般的には、サービス提供後にLINEやメルマガに登録してもらうQRコードを掲載することがあるの。このQRコードをスキャンすることで、お客様は簡単にアンケートページにアクセスできるよ。オンラインサービスの場合、購入やサービス利用後の完了ページにアンケートへのリンクを設置する方法もあるんだよ。

また、アンケートの回答を促すためには、何らかの特典を準備してみてね。例えば、「アンケートに回答いただいた方には、次回利用時に使える特別な割引きをさせて頂きます!」という形。つまり、初めてのお客様は新鮮な視点でサービスを評価してくれる貴重な存在なの。

ただ、個人情報がなく直接的なコンタクトが取れない場合、アンケート依頼の方法に工夫が必要だよ。その際は、便利なアクセス方法と魅力的な特典を用意することで、高い回答率を期待できるからね。

アンケートの回答率を上げる5つのポイント

アンケートの成功には、多くの人々から回答を得ることが不可欠だよ。ただ、多くの場合、アンケートの回答率は思うように上がらないもの。そこで、回答率を向上させるための5つのポイントをご紹介するよ。

  • アンケートの目的を伝える
  • 回答に必要な時間を明記する
  • 協力をお願いする
  • 回答するメリットを伝える
  • 個人情報の扱いについて明記する

アンケートの回答率を上げるためには、お客様が回答しやすい環境を作ることが重要なの。これらの5つのポイントを押さえることで、より多くの有用なデータを集めることができるよ。

ポイント1.アンケートの目的を伝える

最も重要なのが「目的」をしっかりと伝えること。目的が明確であれば、回答者は何のためにアンケートに答えるのかを理解しやすく、その結果、回答率が上がるよ。

例えば、新商品の開発に関するアンケートであれば、「あなたの意見で新商品がより良くなります」と、回答者が直接影響を与えることができるという点を強調すると良いよ。

また、サービス改善を目的とする場合は、「お客様の声でサービスをより良くしたいと考えています。貴重なご意見をお聞かせください」といったメッセージが効果的。アンケートの目的を明確に伝えることで、回答者は自分が何のために協力するのかを明確に理解できるよ。

そして、その目的に共感や興味を持つことで、より積極的にアンケートに回答するようになるよ。

目的を明確にすることで、回答者自身もそのアンケートによって何が達成されるのかを知ることができ、その結果、回答する動機が高まるの。つまり、アンケートの質と回答率を同時に高めることが可能だよ。

ポイント2.回答に必要な時間を明記する

「アンケートの回答にどれくらい時間がかかるのか?」という点だよ。時間がかかると感じれば、たとえ興味を持っていても回答を避ける傾向があるよ。そのため、回答に必要な時間を明確に伝えることで、回答者がアンケートに対するハードルを下がり、積極的に参加するようになるんだ。

例えば、「このアンケートは約3分で完了します」といった具体的な時間を明記することが有効だよ。回答者は「3分ならすぐに終わる」と感じ、アンケートに参加する意欲が高まるの。

また、複数のセクションがある長いアンケートの場合は、各セクションでかかる時間も併せて表示することがオススメ。「このアンケートは1分で終わるから、続けよう」といった具体的な判断がしやすくなるよ。

回答に必要な時間を明記することで、回答者はその時間を確保しやすくなって、アンケートに対する参加意欲が高まるの。

ポイント3.協力をお願いする

アンケートに協力をお願いすることで、回答者は自分が何か大きな目的に貢献していると感じ、より積極的にアンケートに参加してもらえるの。

具体的には、「あなたの意見が新しい商品開発に役立ちます!ぜひご協力ください」といったメッセージが有効だよ。また、「お客様の声を元にサービスを改善していきたいと考えています。貴重なご意見をお聞かせいただけませんか?」といった形もオススメ。

協力をお願いする際には「あなたの意見が重要です」というような言葉を添えることで、回答者が自分の回答に価値を感じやすくなるの。その結果、アンケートに対する参加意欲が高まり、回答率が向上する可能性が高くなるよ。

協力をお願いすることは、回答者は自分が社会やコミュニティ、あるいはビジネスに何らかの貢献をしていると感じ、その結果、より積極的にアンケートに回答してもらえるよ。

ポイント4.回答するメリットを伝える

アンケートに答えることで、「何か得られるものがあるのか?」という点だよ。回答するメリットを明確に伝えることで、より多くの人々が積極的にアンケートに参加するようになるの。

具体的には、割引クーポンやプレゼント、ポイントなどが考えられるよ。例えば、「アンケートに回答いただいた方全員に、次回購入時に使える10%割引クーポンを差し上げます!」といったもの。このような特典があれば、お客様は「何か得られる」と感じ、アンケートに回答する意欲が高まるよ。

また、情報提供といったメリットも効果的。たとえば、「アンケートに回答いただいた方には、今後の新商品情報をいち早くお知らせします!」というものあるよ。

回答するメリットを明確にすることで、お客様がアンケートに参加する動機を高めることができるんだよ!

ポイント5.個人情報の扱いについて明記する

自分の個人情報がどのように扱われるのかという点。特に、個人情報を入力する必要がある場合、その安全性が確保されているかどうかが、お客様は特に気にするの。

だから、個人情報の扱いについて明確に説明することで、回答者が安心してアンケートに参加できるようにしておこう。

具体的には、アンケートの冒頭や説明文に「ご提供いただいた個人情報は、〇〇目的でのみ使用し、第三者には一切提供しません」といった文言を入れることがオススメ。また、個人情報保護方針へのリンクを掲載することで、より詳細な情報を提供することも有効だよ。

個人情報の扱いについて明確にすることで、回答者は安心感を得られるよ。そして、その安心感が回答率の向上につながるの。つまり、個人情報の扱いについて明確に説明することで、回答者が安心してアンケートに参加できる環境を作ることができるよ。

お客様の声をサービス改善につなげる方法

お客様の声は、サービスや商品の改善に直結する非常に貴重なもの。しかし、その声をただ集めるだけでは十分ではあるません。重要なのは、どのようにしてそのデータを活用し、サービス改善につなげるかという点だよ。

  • データの分析:アンケートから得られたデータをしっかりと分析しよう。特に頻繁に出てくるキーワードやフレーズは、改善が必要なポイントを示している可能性が高いよ。
  • 優先順位の設定:全てのフィードバックに対応するのは、難しいため、どの点を優先的に改善するかを決定する必要があるよ。
  • アクションプランの策定:分析と優先順位設定が終わったら、具体的な改善策を考えよう。それが新しい商品開発なのか、既存サービスの微調整なのか、明確なプランを立てていこう。
  • 実施とフィードバック:改善策を実施した後は、再度アンケートを行って効果を測定しよう。これで、改善が正確に行われたかを確認できるよ。
  • 透明性の確保:お客様から頂いたフィードバックがどのように活用されたのかを明示することで、お客様との信頼関係を深めることができるよ。

顧客満足度アンケートを行う方法

顧客満足度アンケートは、ビジネスにおいて非常に重要なツール。これによって、お客様がサービスや商品にどれだけ満足しているのか、どの点で改善が必要なのかを知ることができるよ。

①対面でのインタビュー:対面やイベントなどで直接お客様に話を聞く方法。リアルタイムでのフィードバックが得られるため、非常に貴重だよ。

②オンラインでのインタビュー:ウェブサイトやアプリを通じてアンケートを実施するよ。多くの人々にアクセスできるため、大量のデータを集めることが可能だよ。

③メールやLINEによる調査:既存の顧客データベースを活用して、メールやLINEでアンケートを送るの。個々のお客様に対してパーソナライズされた質問が可能だよ。

①対面でのインタビュー

対面でのインタビューは、お客様と直接対話することで、深い洞察やリアルタイムのフィードバックを得られる方法だよ。この方式は、特に対面やイベントなどで、お客様と直接接触する機会が多いビジネスにおいて有効なの。

メリット
・お客様の表情や声のトーンからも情報を得られるため、より質の高いデータが集まる。
・質問に対する即時の回答が得られ、その場で追加の質問も可能。

デメリット
・人手と時間がかかるため、コストが高くなる可能性あり。
・地理的な制限がある、店舗やイベントに来られないお客様からは意見を集めらない。

実施のポイント
インタビュアーは、お客様に安心感を与え、正確な情報を引き出せるように訓練が必要。
アンケートの内容は事前にしっかりと設計し、目的に応じた質問を用意することが重要。

対面でのインタビューは、質の高いデータが得られる反面、その実施には時間とコストがかかる場合があるよ。しかし、その価値は非常に高く、お客様の本音をしっかりと掴むことができるんだ。

②オンラインでのインタビュー

オンラインでのインタビューは、ウェブサイトやアプリ、ソーシャルメディアなどを通じて行われるアンケート方法だよ。この方式は、多くの人々に手軽にアクセスしてもらえるため、大量のデータを短期間で集めることが可能

メリット
・地理的な制限がなく、広範な層からデータを集めることができる。
・自動化が手軽に出来て、回答の集計や分析も効率的に行える。

デメリット
・オンラインでの回答は匿名性が高いため、回答の質が低くなる可能性あり。
・ウェブサイトの不具合などが回答率に影響を与える可能性も。

実施のポイント
・質問内容はシンプルで分かりやすくすることで、回答者がスムーズにアンケートを完了できるようになる。
・特典(例:割引クーポン、プレゼントなど)を用意することで、回答率を向上させることができる。

オンラインでのインタビューは、効率的に多くのデータを集めることができる分、その質には注意が必要。しかし、適切な設計と特典の用意によって、高品質なデータを得ることも十分可能になるよ。

③メールやLINEによる調査

メールやLINEによる調査は、既存の顧客データベースを活用してアンケートを送る方法。この方式は、特に個々のお客様に対して特別な質問を行いたい場合に有効だよ。

メリット
・既存の顧客との関係性を活用して、より深いニーズを知ることができる。
・メールやLINEは日常的に使われるツールであるため、回答のハードルが低い。

デメリット
・スパムと誤認される可能性がある、その結果、回答率が低くなることも。
・データベース自体が古いは不正確であると、調査の信頼性が低くなる。

実施のポイント
・送るメッセージは短く、明確でわかりやすい内容にすることが重要。
・回答を促すための特典(例:割引クーポン、プレゼントなど)を明示すると効果的。

メールやLINEによる調査は、既存のお客様に対して非常に効果的な方法だよ。ただ、その実施には注意と工夫が必要。特に、メッセージの内容や特典の設定は、回答率に大きく影響を与える要素となるから、意識してね!

まとめ

現代のビジネスを取り巻く環境は、日々変化しているよ。お客様のニーズも同様に変わり続けているため、定期的なフィードバックは必須なの。

対面でのインタビュー、オンラインでのインタビュー、メールやLINEによる調査と、色んな方法があるよ。それぞれの方法にはメリットとデメリットもあり、ビジネスの状況や目的に応じて最適な方法を選ぶべきなんだ。

今回の記事で紹介した各ポイント(アンケートの目的、NGパターン、基本の質問など)は、成功するアンケートには欠かせない要素。これらを踏まえた上でアンケートを設計することで、より高品質な情報を得られ、サービス改善や新規のお客様の獲得につなげることができるよ。

この記事を参考にして、是非、成功するお客様の声アンケート作成に役立て、あなたの信用信頼をしっかり勝ち取ってね!

お客様へのラブレターをかいて、あなたの想いを届けてみませんか?
お客様に想いを届けるなら、集まる集客®︎のラブレタートレーニングがおすすめです。
無料トレーニングはこちらから受け取れます

集まる集客ラブレター構造テキスト
集まる集客ラブレター構造テキスト

 

女性起業家のためのWEBマーケティング 集まる集客新メソッド2024

女性起業家のためのWEBマーケティング
集まる集客新メソッド2024をダウンロードする!

集まる集客®︎を24時間学べるオンラインWEB集客スクール
『集まる集客カレッジ』で、集める集客を集まる集客に
ガチャリと切り替えよう〜〜

7月集まる集客カレッジキャンペーン
7月集まる集客カレッジキャンペーン

入会後、集まる集客オリジナル生成AI Buddy@i が使えます。

Buddy@i

毎月1度の個別サポートも受けられます

自分のビジネスの状況やお悩みを公に公開することができない、もしくは人に知られたくないお悩みや情報をご相談したい方については、毎月1度個別相談会でご相談ください。上級クラスのチームActiveの皆さんには無制限で行っておりますが、集まる集客カレッジの皆さんには、月に一度、個別相談会をご利用いただけます。

  • 「人と違ったモノの見方捉え方」の中から新しい価値を生み出すヒット講座の作り方
  • 出会った瞬間から信用信頼されるお客様へのラブレターの書き方 
  • 100人のお客様からお願いされる新しい集客のヒットパターンを作る方法
  • アクセスして1分以内に10年分の信用信頼を勝ち取る動画入りランディングページの書き方
  • 個別相談会でのご成約率が90%に高まるメルマガの書き方
  • 売込み説明なし!お願いされるだけの個別相談会クロージングトークスリプト
  • 一生食いっぱぐれることがない起業家になるために絶対欠かせない3つの要素とは?
  • 同業のライバルと専門度で圧倒的に差をつける研究リサーチ方法
  • ワンジャンルヒーロー起業家への実録ロードマップ
  • むっちゃ落ちこんだときに立ち上がるコツ

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私には夢があります

「集まる集客®︎総研」を
個人起業家さんが
集客で困ったり悩んだ時に

「一番頼りになる!」
「ここに来れば安心!」
「ここの記事が一番わかりやすい!」

そんな場所にすることです。

私は管理栄養士として
病院や短期大学の職員をしてきました。


その傍ら、
13歳からの摂食障害の経験をいかして
「カウンセラーとして活動したい!」
という夢を叶えるため

起業も視野に6年動きつづけるも思うようにいかず。

うまくいかないのは
「あれも足りないから、これも足りないから…」

と起業塾、体質改善、潜在意識…
あらゆる講座を受け続け答えを探していました。

もう限界かも…と諦めかけていた時
集まる集客®︎プロデューサー 
長瀬葉弓さんに出会いました。

初めて受け取った
「ラブレター」に感動!

こんなお客様へのラブレターがかければ
私のように
「集客できない自分を責めてしまう」なんてことが
なくなり、多くの人が想いを届けられるようになる!
と気づいたのです。

そこから人生180°転換!

現在は集まる集客に集ったみんなの夢を叶えるため
日々研究に没頭しています。


プライベートは
小3と5歳のお母さん
趣味は推し活
動物占いはコアラ
岩手県在住です。

目次