MENU

フリーライターとは?仕事内容や気になる年収まで徹底解説

フリーライターとは

フリーランスとして活動する人が多くなっている中で、特に注目されているのがフリーライター。

フリーライターと聞いて、実際にどのような仕事内容なのかわからない人も多いんじゃないかな?

リサーチャー🔰まるお

たしかに、名前は聞いたことあるけど何をする仕事かわからないかもね。

フリーライターといっても、さまざまな種類の業務をこなすフリーライターがいるから一概には言えないんだ。

そこで、この記事ではフリーライターの仕事内容・年収や収入・必要なスキルについて解説していくよ!

フリーライターの働き方に興味のある人は参考にしてね。

目次

フリーライターとは?ライターの定義と種類

🔰リサーチャーまるお

フリーライターってどこからがフリーライターといえるの?

集まる集客®︎総研編集長/菅原

フリーライターという仕事にはしっかり定義と種類があるから把握しておこう。

フリーライターの定義と種類を把握して、自分に合った働き方なのか確認しよう。

ライターの定義

フリーライターとは、会社やグループに属しておらず個人で雑誌やWebの記事を執筆するライターのことを言うよ。

フリーライターの業務はさまざまだけど、一言で言うと「文書を執筆して収入を得ている人」を指す。

会社やグループに属していないということは、もちろん上司や部下も存在しないよね。

個人で仕事を受注し納品しないといけないから、仕事量や覚えることは多いけど、個人で働きたい人にとっては最高の働き方だね。

🔰リサーチャーまるお

仕事量も自分で調整できるのもフリーランスの特権だね。

ライターの種類

フリーライターとってもさまざまな種類があるんだ。

例えば、以下のような肩書きはフリーライターと呼べるよ。

フリーライターの種類
  • ブロガー
  • Webライター
  • コピーライター
  • セールスライター
  • ビジネスライター
  • 記者・インタビュアー
  • ジャーナリスト
  • ルポライター
  • 作家
  • 小説家
  • エッセイスト
  • 雑誌ライター
  • ゴーストライター
  • 脚本家
  • ゲームライター
🔰リサーチャーまるお

フリーライターってこんなに種類あるんだ!

みんなも、ネットで検索したらたくさん検索結果が出てきて、それぞれホームページやブログが出てくるよね。

それらは、Webライターやブロガーというフリーライターによって書かれた文章なんだよ。

他にも、芸能人やスポーツ選手のニュース記事を執筆する記者・インタビュアー・ジャーナリストは、文章を書くための情報をインタビューする業務も請け負わないといけない。

セールスライターは、ただ文章を書くだけでなく、最終的におすすめした商品を読者に購入してもらうための文章スキルが必要になる。

このように、フリーライターと一言で言っても肩書きはさまざまで、業務内容も全く異なるんだ。

フリーライターの仕事内容とは?

フリーライターの仕事内容は、携わる業界によって全く別物になるよ。

主に、以下の様な業界で仕事をする場合が多い。

フリーライターの業界
  • 出版業界
  • Web業界
  • 広告業界

業界によって、仕事量も収入も異なるからそれぞれ特徴を解説していくね。

【出版業界】フリーライターの仕事内容

出版業界のフリーライターは、主に雑誌や書籍、情報誌など執筆した文章が紙媒体にて出版されるライターのことを指すよ。

出版業界でフリーライターとして働く場合、個人と会社の契約になるから上司などはつくないけど、出版社側の編集者とやりとりをしてコンテンツを作成する。

中には、編集者をつけずに編集から文章執筆までの作業を一人でこなせるライターもいて、そのようなライターは業界からも重宝され継続して仕事を振ってもらえる可能性があるよ。

会社やグループに属さなくても、出版業界に携わることはできるから、紙媒体での情報誌を執筆したい人にはおすすめだよ!

【Web業界】フリーライターの仕事内容

Web業界でのフリーライターは、主にWeb上に掲載されてあるメディアの記事を執筆するライターのことを指すよ。

例えば、Webライターの仕事内容でいうと、クライアントから記事に執筆を依頼されてライターが執筆して納品するといった流れ。

記事のジャンルは、美容・医療・お金・不動産・経済・スポーツ・アウトドアなどメディアによってさまざまなんだ。

Web上には、数えきれないほどの記事やサイトがゴロゴロ転がっているから検索結果で上位表示するのにもスキルが必要になる。

依頼された記事を執筆するだけでなく、読者にとって有益な文章でなければならないし、クライアントに利益をもたらせる文章を書かなければならないよ。

Web業界のライターも、出版業界同様に上司や部下のような人もいないから、個人で作業を完結させたい人にはおすすめな仕事だね。

【広告業界】フリーライターの仕事内容

広告業界のフリーライターは、テレビのCMやポスターのキャッチコピーを考えて執筆するライターのことを指すよ。

Web業界のライターのように、長い文章を書くのではなく、一目でインパクトのあるキャッチコピーを考えて執筆する仕事だから全く別物。

また、キャッチコピーを書くだけでなくデザイン面も意識しなければならないから、画像編集スキルも求められたり、撮影を任されるケースも少ないくないんだ。

広告業界は、他業界のフリーライターと比べて報酬単価が高く、一度企業から信頼されれば継続的に重宝される仕事でもあるね。

フリーライターの年収・収入はどれくらい?

次に、フリーライターの年収について解説していくよ!

フリーライターの平均年収

結論、フリーライターの平均年収は200万円〜300万円!

ただ、こちらの統計はフリーランス白書によるもので、それ以上もあれば以下もあるよ。

フリーランス白書による、文章執筆のフリーライターの平均年収は以下の通り。

平均年収とその割合
  • 200万円:32.00%
  • 200万円〜400万円:26.90%
  • 400万円〜600万円:21.50%
  • 600万円〜800万円:8.20%
  • 800万円〜1,000万円:5.50%
  • 1,000万円〜:3.70%

上記の表を見ると、フリーライター全体の30%が平均年収200万円未満であるということ。

ただ、この数字の中には副業収入が200万円以下という方も含まれているから、その分割合は増えてしまうんだ。

しかしながら、フリーライターとして稼ぐ方はごくわずかということは一目でわかるね。

フリーライターの3%は年収1,000万円

フリーライターの30%が平均年収200万円未満だからといって、諦めようと思っていない?

もちろん、最初から大きい額を稼ぐのは難しいけれど、フリーライターで年収1,000万円稼ぐことも可能なんだ!

現に、フリーランス白書の統計ではフリーライターの3%は年収1,000万円を達成しているという事実もある。

もちろん、誰でも簡単になれるものではなく、1,000万円に値するスキルと実績があるからこその数字だよ。

誰でも初めは初心者からスタートしているから、地道にスキルアップして実績を積めばだれにだって可能性がある仕事だね!

フリーライターと正社員ライターの年収比較

フリーライターと正社員ライターの年収の違いについて解説するよ。

マイナビが2020年に発表した職業別平均年収調査によると、それぞれの平均年収は以下の通り。

年代20代30代
平均年収322万円394万円
男性339万円429万円
女性316万円362万円
マイナビ2020年職業別平均年収ランキング

上記の表を見ると、年齢だけでなく性別によっても平均年収が異なっているのが分かるね。

経験を積んで、高単価なジャンルの執筆業務に絞ることで平均年収以上の収入を見込める場合もあるから参考にしてね!

フリーライターに必要なスキル

冒頭に、フリーライターは誰でも簡単に始めやすいと言ったけれど、もちろん最低限必要なスキルは存在するよ。

ライターとして収入を得上で、最低限必要なスキルは以下の4つ。

  • パソコン操作スキル
  • 文章スキル
  • リサーチスキル
  • 営業スキル

一つずつ詳しく解説するね。

パソコン操作スキル

パソコン操作スキルがないとライターの仕事をするのはほぼ不可能だよ。

パソコンを使用すると言っても、ExcelやWordなどのツールを使用するわけではなく、文章を執筆するためのタイピングさえできれば問題ない。

タイピングは、初めのうちはキーボードを見ながら打つので精一杯だけど、慣れればキーボードを見なくてもスムーズにタイピングできるようになるから、くじけずに頑張ろう!

また、フリーライターとして仕事をする上であると便利なツールは以下の通り。

フリーライターとしてあると便利なツール
  • WordPress
  • Googleドキュメント
  • Googleスプレットシート
  • 文字カウントツール
  • コピペチェックツール
  • 文章構成ツール
  • Skype
  • チャットワーク
  • Slack
  • 請求書作成ツール

上記は、文書を執筆したり構成をまとめるツールや、クライアントと連絡するためのツール、また文書を納品した後に請求書を発行するためのツールなどさまざま。

ライターになってから覚えてもいいものあるけれど、ライターをするのであればいずれは必ず使用するツールだから覚えておいて損はないよ!

文章スキル

フリーライターは文章を書く仕事だから、読者が読みやすい文章を書くスキルは必須。

実際に、どのような文章が読みやすいのかというと、結論を最初に提示してあげてそこから理由を述べるなど、ライターの方なら知っているテクニックはたくさんあるんだ。

テクニックといっても、文章を書く型の様なものだから誰でもわかりやすく書けるから安心してね。

初めのうちは、本を読む・他のブログを参照するなど人が書いた文章を見るだけでも十分勉強になるからおすすめだよ!

リサーチスキル

読者が何を求めているのかを正確に文章に書く上で、最も必要なスキルがリサーチスキルだよ。

タイピングが速くなったり、文章スキルも向上してもリサーチスキルがなければ本末転倒。

ライターは、読者の悩みを解決する文章を書くのが仕事で、どのような悩みを抱えているのかを把握しなくてはならないんだ。

リサーチの方法は、Google検索・SNS・リーチツールなどさまざまあるけど、初めのうちはできることは全部やったほうがいい。

数をこなせば、自分に合ったリサーチ方法がわかってくる!

営業スキル

フリーライターは、クライアントから仕事を請負い納品する対価として報酬を受け取るんだ。

クライアントと契約しなければ仕事もないし、書く文章するらない状態になる。

仕事を獲得するには、自分の価値をクライアントにわかってもらうための営業力が必要になるよ。

ただでさえ、ライターという業界が飽和していてクライアントからすれば、選び放題な状況にあるわけだから、自分の価値をいかに高く伝えられるかが重要。

営業文を送る際に、ただ自己紹介だけしても何も響かないから印象を与えよう。

自分と契約するとどの様なメリットがあるのか、修正は何度でも対応可能など他のライターよりも優れていることを書き出そう!

ポートフォリオがある場合は、営業文の中に盛り込むと実績をアピールできるから受注率も上がりやすくなるよ!

フリーライターとして働くメリット

フリーライターとして働くメリットは以下の通りだよ。

  • 時間・場所を問わず自由に働ける
  • 収入アップが期待できる
  • 個人で仕事をこなすスキルが身に付く

一つずつ解説するね。

時間・場所問わず自由に働ける

フリーライターに限らず、フリーランスとして働く上で最も魅力的なのが時間や場所に縛られずに働けること。

会社やグループに属している正社員であれば、決まった勤務先に決まった時間に出社しないといけないから時間の拘束があるんだ。

フリーライターの場合、文章を執筆するためのPCとネット環境がある場所であればどこでも働ける。

クライアントも、文章の質と納期さえ守ってもらえばどこで仕事を使用が関係ないから、働く環境と時間を選べるのもフリーライターの特権だね。

🔰リサーチャーまるお

海外で活動するフリーライターもいるみたいだよ!

収入アップが期待できる

フリーライターは、正社員のように決まった給料を毎月いただくのではなく、仕事をした分だけ報酬が振り込まれる仕組みなんだ。

仕事量を増やせばその分報酬も増えるし、仕事量を減らせば報酬も減る。

会社やグループに属している正社員の場合、与えられた仕事をこなしても毎月得られる給料は同じだよね。

仕事量とスキル・実績を増やせば、単価アップも期待でき毎月得られる報酬も右肩上がりになるよ。

個人で仕事をこなすスキルが身に付く

フリーライターは、個人で仕事をこなせるスキルが身に付くんだ。

会社やグループに属している正社員の場合、属しているだけで会社から仕事が与えられる。

しかし、フリーライターの場合自分で仕事を受注し、クライアントと連絡しながら仕事を進めていき、最終的な納品まで全て一人で請け負おうんだ。

文書をスキルが身に付くのはもちろんだけど、他にもクライアントワーク・スケジュール管理・営業スキルなどが身につく。

社会人としてあって損はないスキルが身に付くのも、フリーライターの魅力だね。

フリーライターとして働くデメリット

ここまで、フリーライターの良い一面だけを切り取ってきたけれど、デメリットとなりうる一面もあるから把握しておこう。

安定性に欠ける

フリーランスは毎月決まった報酬が振り込まれないため、収入の安定性に欠けてしまう。

メリットの一つで、収入アップが期待できると紹介したけれど、逆を言えば収入ダウンの可能性もあるということ。

仕事を自分で獲得しなればならないから、仕事を受注できなければその分報酬も得られない。

また、継続的に仕事を発注してくれていたクライアントが、急に発注してくれなくなるケースも少なくないから、いつ仕事がなくなるかわからない面もあるんだ。

収入の安定性で言えば、フリーライターよりも正社員のほうが安定性があると言えるね。

最初のうちは売上が上がらない可能性がある

フリーライターは、最初のうちは売り上げが上がらない可能性があることも認識しておこう。

フリーライターは、自ら営業して仕事を受注しなければならないと言ったけれど、実績がない人にクライアントは仕事を発注しない。

クライアントも、お金を払って依頼するわけだから実績のない初心者ライターに発注するケースは少ないんだ。

🔰リサーチャーまるお

じゃあどうやって仕事を獲得すればいいの?

クラウドソーシングにて、「初心者ライター歓迎」という項目があるから、初めのうちはそこに応募して実績を積むのがおすすめ!

初めのうちは単価も低く、大きな額を稼ぐのは難しいけれど実績を作らないことには高単価な仕事は受注できない。

まずは実績を作って、それからたくさんの仕事に営業を欠けて仕事を受注しよう!

フリーライターとして仕事を獲得する方法

フリーライターは、自分で営業をして仕事を獲得しなればならないと言ったけれど、どこから仕事を獲得するのかはまだわからないよね。

そこで、フリーライターが仕事を獲得する方法や手段を紹介するよ!

フリーライターの仕事受注方法は以下の3つだよ。

  • クラウドソーシングを利用する
  • 人脈・知人から仕事を受注する
  • SNSで仕事を受注する

一つずつ解説していくね。

クラウドソーシングを活用する

実績のないフリーライターが仕事を獲得するのであれば、クラウドソーシングサイトを活用するのがおすすめ!

クラウドソーシングとは、企業や個人がインターネットを介して不特定多数の人に業務を委託するビジネス形態のこと。

フリーライターだけでなく、さまざまなジャンルの仕事が依頼されているんだ。

登録も無料ででき、初心者・未経験向けの案件もたくさんあるから、ライター始めたての人でも仕事を受注できるよ!

クラウドソーシングサイトはたくさんあるけれど、以下の2つは上場企業が運営しているから信頼して仕事を受注できるからおすすめ。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス

仕事を受注して納品したら、自分に評価がつくようになっていて、評価が上がっていくと受注しやすくなるからどんどん営業して仕事を獲得しよう!

人脈・知人から仕事を受注する

人脈や知人から仕事を受注するのもおすすめだよ。

信頼している知人や人脈から仕事を受注するメリットは、信頼しているクライアントを紹介してもらえるということ。

せっかく紹介してくれたのに、クライアントとの関係が悪化して仕事を放り投げてしまうと、紹介者に迷惑がかかるから注意してね。

SNSで仕事を受注する

自分のスキルや実績をSNSに掲載するのもおすすめ。

例えば、イラストレーターなら自身のイラストをインスタやX(旧Twitter)に投稿してフォロワーを増やしたりファンを増やす。

そこから、イラストに興味を持った方にリーチして購入してもらう。

このように、SNSは趣味で利用するのはもちろんだが、ビジネスとして利用する方も多くいるからおすすめだよ。

フリーライターからのキャリアアップは可能?

結論、フリーライターからキャリアアップは可能!

フリーライターからのキャリアアップは以下の様なものがあるよ。

フリーライターからのキャリアアップ
  • ディレクター:ライターを何人か束ねて仕事を振り分ける役割
  • 校正・編集:ライターが書いた文章を校正・修正する役割
  • クライアントと専属契約:クライアントと専属契約を締結し高単価で仕事を請け負う

どれも、スキルや実績がないとできないけれど、フリーライターからのキャリアアップとして視野に入れておこう。

まとめ

今回は、フリーライターの仕事内容や働き方の特徴について解説したよ!

  • フリーライターは仕事場所・時間が自由!
  • フリーライターには必要最低限のスキルが必要!
  • 仕事量を増やせば報酬は増えるが安定性に欠ける!

これからフリーライターになろうと考えている人は、ぜひこの記事を参考にしてみてね!

よかったらシェアしてね!

集まる集客総研へようこそ

👩‍💼集まる集客総研へようこそ! 集まる集客総研のトップページには、起業家の集客やChatGPTなどのAIの最新記事がたくさんあります!ここからチェックしてくださいね!

集まる集客ChatGPTプロンプト集

集まる集客ChatGPTプロンプト集 | 個人起業家のお悩み専用のダウンロード

無料メールマガジン会員登録で、電子書籍ぜんぶプレゼント

集まる集客総研無料メールマガジン会員のご登録
集まる集客総研無料メールマガジン会員のご登録

集まる集客総研無料メールマガジン登録はこちらから

こんなお悩みありませんか?

お客様に自分だけの強みを伝えたい!
SNSやメルマガ、電子書籍、ライブや動画の脚本を書く時間を大幅に減らしたい!
もっと自分の人柄が伝わる教え方をしたいのなかなか伝わらない!

ラブレター構造ライティング
集まる集客ラブレター構造テキスト

この記事を書いた人

私には夢があります

「集まる集客®︎総研」を
個人起業家さんが
集客で困ったり悩んだ時に

「一番頼りになる!」
「ここに来れば安心!」
「ここの記事が一番わかりやすい!」

そんな場所にすることです。

私はこれまで、管理栄養士として
病院や短期大学で
フルタイムで働いてきました。

その傍ら、長年の
「摂食障害克服サポートの仕事をしたい!」
という夢を叶えるため
起業も視野に6年動きつづけるも思うようにいかず。

うまくいかないのは
「あれも足りないから、これも足りないから…」

とセミナー、起業塾
あらゆる講座を受け続け答えを探していました。

もう限界かも…と諦めかけていた時
集まる集客®︎プロデューサー 
長瀬葉弓さんに出会いました。

初めて受け取った
「ラブレター」に感動!

こんなお客様へのラブレターがかければ
私のように
「集客できない自分を責めてしまう」なんてことが
なくなり、多くの人が想いを届けられるようになる!
と気づいたのです。

そこから人生180°転換!

現在は集まる集客に集ったみんなの夢を叶えるため
日々研究に没頭しています。


プライベートは
小2と5歳のお母さん
趣味は推し活
動物占いはコアラ
岩手県在住です。

目次