読まれるメルマガ集客のコツ【5選】文章嫌い必見!!

メルマガ

「メルマガが書けない」「メルマガ書くのに時間がかかる」多くの個人起業家からこのような悩みが日々寄せられます。そこで、この記事では私が日々実践しているメルマガを書くコツを紹介します。明日からのメルマガ作りの参考にしてください!

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。

ライティングに関する様々な情報は
ネットや本など、どこにでもあります。

しかし、それでもメルマガを書けない
という人が多いのはなぜでしょうか?

私が今まで育ててきた起業家さんたちも
メルマガがまったく書けませんでした。

そんな方たちがメルマガを書けるようになった
とっておきのコツをすべて紹介します!

目次
最新電子書籍を無料ダウンロード
女性起業家のためのWEBマーケティング
集まる集客新メソッド2024

読まれるメルマガのコツ【5選】

1. メルマガを誰に書くのか、目の前に1人を思い浮かべる

今日あなたが関わったお客様に
教えてあげたことはないですか?

あなたのお客様のたった一人だけを
よーく思い浮かべてください。

その方に教えたいことを書くだけです!

1. メルマガを誰に書くのか、目の前に1人を思い浮かべる

その方は、
何に悩んでいましたか?
その悩みは何が原因でしたか?
それを解決するためのアドバイスをどう行いましたか?

これだけでも、たくさん思いついたはずです!

あとは、思いついたことを
1つずつメルマガに書いていけば大丈夫です!

わたしは個別相談会を行う際に
おひとりの方に対して差し上げるアドバイスは
細かく分けると10個以上になります。

あなたのお客様に教えてあげたいことを探しましょう!

2. メルマガを書く時間を決める

優先事項を決め
絶対にやると決めたことをやりきり
習慣にするには、

予定をスケジュールに入れることです。

2. メルマガを書く時間を決める

スケジュールとして確保していないと
ついつい重要度の低いタスクを優先してしまったり、
甘い誘惑にのってしまったり、
明日でいいやと先延ばしする癖がでてきてしまうものです。

ですので、メルマガを書く時間を毎日のルーティンとして
スケジュールを確保してしまいましょう!

3. 魅力的なタイトルを探して置き換える

メルマガのタイトルは、開封率に影響する
非常に重要な部分です。

だからこそ、プロのライターではない私達は
絶対に自分でタイトルを考えちゃだめなんです!

人気のブログや魅力的な記事が集まったサイトや、
Amazonの書籍ランキング等から
使えそうなタイトルを探して、
自分に置き換えてオリジナルのタイトルを考えましょう!

3. 魅力的なタイトルを探して置き換える

ゼロから自分の頭ので生み出したアイディアは
陳腐なものにしかならないと、割り切ることも重要です!

4. 枠にはめてメルマガを書く

メルマガの文章もタイトルと同様に
世の中に出ている素敵な文章を
置き換えて書くと上手になります。

集まる集客®の実践者たちは
30分ライティングフレームワーク
を使っているのですが、

埋めるだけの型があれば
誰でも簡単にかけるようになります。

30分ライティングフレームワーク

  1. WHY 問題解決のテーマ
    こんな問題をあなたも書けていませんか?とテーマを投げかける
  2. WHAT 問題解決方法
    どのようにすればその問題を解決できるのか?を解説する
  3. WHY 不安を解消し欲を高める事例の紹介
    こんな状態の方も、こうなれました。と事例を紹介する
    お客様との2ショット写真を載せる
  4. HOW 具体的にはどうしたら良いのか?
    結論やまとめを述べる
    ランディングページヘの導線を貼る
    次回のメルマガの予告をする

5. 常にメルマガのネタを集める

24時間、見るもの聞くもの、頭の中に閃いたもの、
お客様と過ごした時間で記録に残したものをevernoteにためています。

わたしの場合は、
1日3〜10個以上
evernoteにネタを溜めていきます。

お風呂でネタを思いついたときは
上がってすぐにスマホでメモします。

テレビを見ていて、街を歩いていて
書きたい、置き換えたいネタがあったら
すぐに記録します。

ぜひ明日から、目に入ってくる情報は
すべてネタになる可能性があると思って
ネタ集めをしてみてください!

まとめ

読まれるメルマガのコツ【5選】

  1. メルマガを誰に書くのか、目の前に1人を思い浮かべる
  2. メルマガを書く時間を決める
  3. 魅力的なタイトルを探して置き換える
  4. 枠にはめてメルマガを書く
  5. 常にメルマガのネタを集める
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

わたしの信念はこれ。

「シゴトとはビジネスとはかくあるべき。
大人が寝食を忘れて没頭する遊びである」


わたしが起業に挑戦したのは
2011年。
当時38歳。

普通の2人の子育て中の主婦であり
ただのOLでした。


わたしはシゴトが大好きなのに、
2人の子育て中だったため
OL時代は会社から認められませんでした。
チャンスをもらうことがありませんでした。


悔しかったので
起業を選択しました。


自分で稼げるようになって
息子と一緒にパラオに行って遊んできました!
夫が専業主夫をしてくれています。

月商7桁8桁に到達する
個人起業家を
150名以上輩出しています。


あなたの才能の活かし方や、
あなたが絶対王者になれるポジション、
世の中に重宝されるビジネスと
その「伝承者制度」を
一緒に企画創造してみませんか?


わたしはAIを使いこなして
ゲームチェンジし
世の中で活躍できる人を増やしていきたいです。


動物占いは、黒ひょう。
細かいことにこだわらないB型。

目次