30代女性起業成功例【全てはこの“感動”を手にするための、序章に過ぎなかった】

集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
30代女性の女性起業家さんの活躍をインタビュー形式でご紹介します。

集まらない集客集まる集客にガチャリと切り替える集客プロが直々に教える
 「集まる集客®︎丸わかり!」な無料講座はこちらから

集まる集客®︎の教科書
目次
最新電子書籍を無料ダウンロード
女性起業家のためのWEBマーケティング
集まる集客新メソッド2024

Q:なぜ集まる集客を学ぶことを決めたのですか?参加する前はどのような状態でしたか?

ありす智子にインタビューしました。

アイディアや企画は色々と思いつく方だったのですが、
深く考えることがなく思いつきで行き当たりばったりで仕事をしていました。

仕事自体は楽しいものの、99%が口コミや紹介だけでやっていたので、
集客や売上が安定せず、ずっと不安な気持ちで仕事をしていました。

漠然とした夢は描けるものの、それを具体的にどのように実現していって良いのか、
思い描けない状態でした。

今の仕事をステージアップさせたい、仕事を安定させる仕組みを作りたい、
安定させた上で思う存分自由にクリエイティブな活動をしたい、と思って集まる集客に入りました。

女性起業家の起業アイディアを一覧にしました、こちらもおすすめ

女性起業アイディア一覧 集まる集客を学んだ主婦起業成功例
女性起業アイディア一覧 集まる集客を学んだ主婦起業成功例

30代女性起業成功例インタビュー
Q:今年(これまで)を振り返っていかがでしたか?どんな挑戦をしてきましたか?

今年はまんが電子書籍を使ったプロモーションに本格的に取り組み始め、
36作品を描かせていただきました。

ご利用いただいたお客様からは成果が出たと喜んでいただき、
「過去最高売上を更新しました」
「理想のお客様がきてくれるようになった」
「漫画にしてクロージング率が現時点で100%!」
「売上が3倍になった」
「今年の年商は5000万円を超えそうです!」など、

次々に嬉しいご報告をいただいて、お役に立てながら商品が広まっていき、本当に感激しました。

昨年末にマイプロデュースデザインで描いた多くのことが実現できており、
今年は本当に実りの一年だったと思います。

特に年初では全く想像もつかなかった
まんがプロモーションアカデミーをスタートさせられ、
伝承者を育てるというチャレンジができている事に喜びを感じています。

Q:これからどんなことを実現したいと夢想妄想していますか?マイプロデュースデザインに描いていることを教えてください。何を与える達人になるのですか?

私の最終的なゴールは、まんがで情報伝達にイノベーションを起こした人として、
死後も語られる人になること。

そんな風に描いてもイメージしにくいので、
22世紀に先生と生徒が会話しているセリフも描いてみました。

「21世紀にありす智子さんという人がいてね、その人のおかげで…」
「へ~!その人のおかげで今…」という感じです。

3年後の夢は、そんな風に漫画でイノベーションを起こしていく第一歩として、
起業家の中で「漫画で伝える事」を「写真で伝える」事と同じくらい表現の当たり前にして、
漫画の辞典のようなアプリを作りたい!

そのためには一人ではできないので、
日本と海外にそれぞれ漫画表現のプロフェッショナルな伝承者を100名つくって、
仲間とともにチャレンジしていきたいです。

そして、「漫画を描ける、絵を描けることを仕事にしたい人」
「もっと分かりやすく伝えたい起業家さん」双方に、可能性を与える達人になります!

Q:長瀬葉弓のプロデュースはいかがでしたか?集まる集客®実践会はどんなところですか?これからどう活用したいですか?

「知らないものは想像できない」と言いますが
自分がまだ経験したことのないことは、未知の領域です。

起業して相談相手がいない時は、
自分なりに考えて暗闇の中を手探りで歩き、失敗し、学び、また挑戦し。。。
という試行錯誤の連続でした。

長瀬さんは私より何歩も先のステージに登っているので、私が見えないことも長瀬さんには見えるように分かり、その視点で「そういう時は、私ならこう考えます」というアドバイスを頂けるので、安心してチャレンジができ、迷った時も元の道に戻れて最短で目的地に進み、さらに適切なタイミングで次のステージに進むことができると思います。

また、「今の私」ではなく、「私の可能性」を見てお話を頂き、
「ええっ?!まさかそんなことが私にできるの?!」
というようなぶっ飛んだご提案を頂くのですが、

本当に未来の私の可能性を信じてくださるので、
「長瀬さんが信じてくれるのだから出来るかも!やってみよう!」と勇気をいただけます。

集まる集客は、
とにかくその道のプロフェッショナルが集まる場で、
本当に自分の仕事を愛していて、心から仲間の応援をしようとしてくれる、
共に高め合う強いチームであり素晴らしい環境です。

こんなチームを自分でも作っていきたい!という憧れの環境でもあります。

来年はもっともっと集まる集客実践会のみなさんに
与えられるものが増やしたいと思います。

Q:最後に一言あればお願いします。

私は、昔から壮大な夢を妄想して掲げることが好きでした。

がしかし、色々な上手くいかなかった経験からどうやって叶えていいかわからないし、
「夢を思い描いても、目標を設定してもどうせ叶わないし…」と冷めた想いも持っていました。

そんな中、集まる集客実践会という環境に身を置くことで、
自分の中の当たり前が変わってきました。

ぶっ飛んだ夢を思い浮かべて公言する!夢は変わってもいい!目標を掲げて、できるまでやりきる!そんな環境で、昨年、思い描いた夢、マイプロデュースデザインを発表したら、今年はびっくりするくらい色んな夢が叶いました。

ここまで短期間で想いがどんどん実現したのは自分史上初!!!

上手くいかなくて落ち込んだ時も、できないと不安になった時も、人と比べて羨ましくなった時もありますが、諦めずにチャレンジし続けて、

本当に良かったなと想います。どうしても叶えたい夢があるなら、

諦めずにチャレンジできる環境に身を置く事をお勧めします!長瀬さん、集まる集客実践会のみなさん、いつも本当にありがとうございます!

水野さん.jpg

30代女性起業成功例インタビュー
マウイ島で32回目の誕生日を迎えました。

女性起業アイディア15選集まる集客を学んだ主婦起業成功例
筋膜リリースと伝えるのをやめ 32歳で月商500万円に

昨年までは、
ひとりで参加していたのですが、

今回は伝承者を連れての参加でした。

伝承者という家族、
子どもを持った親になって

おそらく生まれて初めて
素直に感動し涙する水野さんの姿に、

わたしは感動しました。
この場にいた、
参加者全体の感動に変わりました。

起業を志したら、

不安なことも
思ったよりうまくいかないことも

日々たくさんたくさん、
生まれてきます。

山をひとつ乗り越えたはずなのに
次の山がすぐ現れる。

壊したはずの壁も
またすぐ別カタチの壁として現れる。

そんな中で、

一緒にいる仲間=家族の誰かが
ばちーんと音を立てて変わろうとする瞬間

その音をそばで聞けること
その場に居合わせることができること

で、大きな大きな勇気をもらえるんです。

これって絶対に
ひとりで戦っている人にはできないこと、

すごいこと。

だと想います。

全てはこの“感動”を手にするための、
序章に過ぎなかった

という水野志音さんのグローイングCODEでの気づきをシェアします。


誕生日当日だったグローイングCODEの
アフターパーティーでは、
まさかのふじう りえさんから
サプライズのプレゼントとお手紙を頂き、
本当に嬉しく感動しました。

ふじうさんのライディングコンテストの投稿で
「毎晩悔し泣きをしていた」と知り、
同室なのに全く気が付けなかった自分に
申し訳ない気持ちでいっぱいだったので、

ふじうさんのスピーチにあった
「次は水野さんの隣を歩きたい」という言葉にも
すごく嬉しかったのです。

水野さん3.jpg

始めて、門下生を連れて行く立場となり、
グローイングCODE中は、
もっとべったり一緒にいるべきか?
それとも私とではなく、
いろんな起業家の方と話してもらった方が良いのか?

と悩むこともありました。

ですが、そんな心配を吹き飛ばす
ふじうさんの変化成長が
自分ごとのように何よりも嬉しかった。

集まる集客®グローイングCODE2019in mauiを通して
たくさんの学びを得ましたが、

例え辛く苦しいことがあっても、
1つ嬉しいことがあるだけで、
今までの全ての事が
変化成長への幸せに変わるということ。

今までのことはこの感動を手に入れるための、
序章に過ぎなかったと今は感じます。

「継続は力なり」という言葉がありますが、
「継続」しなければ、「力」を得ることもできないのです。

中途半端にやめてしまうから、
辛く苦しいままなのです。

シゴトも同じ。

「継続」できる「力」がなくなる前に、
知ってほしいことがもっとたくさんある。

何があっても、
私が絶対その「力」になる。

32歳の決意表明として、
ここに残します。

(ここまで)

あなたの起業人生の
あなたが本当にやってみたいことの

琴線に触れることができたら
嬉しいです!!

集まる集客を学んだ
30代女性起業家のビフォーアフターはこちら

集まる集客に興味を持った方におすすめの記事はこちらです

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

わたしの信念はこれ。

「シゴトとはビジネスとはかくあるべき。
大人が寝食を忘れて没頭する遊びである」


わたしが起業に挑戦したのは
2011年。
当時38歳。

普通の2人の子育て中の主婦であり
ただのOLでした。


わたしはシゴトが大好きなのに、
2人の子育て中だったため
OL時代は会社から認められませんでした。
チャンスをもらうことがありませんでした。


悔しかったので
起業を選択しました。


自分で稼げるようになって
息子と一緒にパラオに行って遊んできました!
夫が専業主夫をしてくれています。

月商7桁8桁に到達する
個人起業家を
150名以上輩出しています。


あなたの才能の活かし方や、
あなたが絶対王者になれるポジション、
世の中に重宝されるビジネスと
その「伝承者制度」を
一緒に企画創造してみませんか?


わたしはAIを使いこなして
ゲームチェンジし
世の中で活躍できる人を増やしていきたいです。


動物占いは、黒ひょう。
細かいことにこだわらないB型。

目次