MENU

TikTokLIVEの条件って何?やり方や便利な機能を詳しく紹介!

TikTokLIVEの条件って何?やり方や便利な機能を詳しく紹介!

集客を時短したい女性起業家さんのためのChatGPTの使い方

集まる集客®︎総研編集長/菅原

TikTokといえば、動画を投稿する・視聴するだけのSNSだと思ってない?実はTikTok LIVEというサービスがあるんだよ。でも、このTikTok LIVEは誰でも配信できるわけじゃないんだ。

目次
無料でプロンプト集をダウンロード
個人起業家専用集まる集客®︎ChatGPTプロンプト

*この記事で分かること

  • TikTok LIVEの配信条件
  • TikTok LIVEの始め方
  • TikTokLIVEの便利な機能

TikTok LIVEを始めようとしている人は、事前に配信条件を知っておこうね!
なるべく早く始めたい人は必見の内容だよ!

TikTok LIVEって?

TikTok LIVEって何?

TikTok LIVEは、TikTokアプリの中でライブ配信ができる機能のことだよ。リアルタイムで映像・音声が伝えられるところが、通常の動画投稿とは大きく違うところだね。

202年7月30日から実装された機能で、インフルエンサーや芸能人もTikTok LIVEを行ったことがあるよ。

でも、TikTok LIVEは誰でも利用できるわけじゃないんだ。

ここではTikTok LIVEの配信ができる条件について詳しく説明していくね!

TikTok LIVEの特徴・魅力は?

TikTok LIVEの特徴は魅力は以下の2つ!

  • 視聴は誰でもできる
  • 配信者はギフティング機能で収益化ができる
  • 新しいファンの獲得も期待できる

TikTok LIVEの配信自体は誰でもできるわけじゃないけど、視聴するだけなら制限がないんだよ。

だから、自分が好きなクリエイター(配信者)の配信を視聴したり、配信中にコメントができるんだ。それだけじゃなく、ギフティングといって投げ銭も贈れる機能があるんだよ。

視聴者から贈られたギフトはダイヤモンドというポイントになってたまっていき、そのポイントは実際のお金(日本円)に換金もできる仕組みになっているよ。

だから、TikTok LIVEを通して収益化を目指す人も多いんだ!

新しいファンを獲得したいと考えている人は、ほかサイトだけじゃなくTikTok LIVEを始めて新しいファンが増えたというケースも少なくないよ。

配信者とユーザーのその場でのリアルなコミュニケーションが取れるっていうのがライブ配信のだいご味じゃないかな?

TikTok LIVEと17ライブ・showroomとの違い

TikTok LIVEをはじめ、いろんなアプリやサイトでライブ配信ができるんだけど、代表的なものに17ライブ(イチナナライブ)とshowroomというサービスがあるよ。

どれもリアルタイムでライブ配信ができるサイトなんだけど、TikTok LIVEといくつか違うところがあるんだ。

TikTok LIVE

TikTok LIVEの利用者は900万人程度だけど、すべての人がTikTok LIVEの利用条件をクリアした人のみというのがほかのサイトにはない特徴かな。

それだけじゃなく、ほかのSNSへのリンクをプロフィール欄に掲載して他サイトへの誘導がしやすいところが大きな特徴だね。

17ライブ

17ライブは、日本だけじゃなく世界中で4,500万人以上が利用している配信サイトだよ。雑誌出演を賞品としたイベントがあったり、配信者同士がライバルとなって競い合うイベントが充実しているよ。モデルや歌手といった芸能人もライブ配信することが多いサービスというところも大きな特徴かな。

リスナーは、応援アイテムが無料でゲットできるから、お金をかけられない人でも配信者の応援ができるよ。

showroom

会員数は350万人とTikTok LIVEの利用者よりは少ないけど、配信者数が30万人弱もいるから、配信が活発に行われているサイトでもあるね。

showroomは、顔出し配信をしているユーザーがとても多いのが特徴で、乃木坂やAKB48といったアイドルメンバーが多く配信しているのが特徴だよ。

アイドルが好きな人・押し活をしたい人にもおすすめのサイトといえるね。

TikTok LIVEの利用条件を解説

年齢が18歳を超えている

TikTok LIVEの配信条件で、公式が公表している条件は「年齢が18歳を超えている」だけなんだ。あと2つ条件を説明していくんだけど、それに関してははっきりとした条件を明記していないんだよ。

なおTikTokのアプリの利用自体にも年齢制限が設けられていて、日本の場合13歳未満の場合はアカウントの開設自体が紳士されているんだよ。

これは、ユーザー同士が気軽にコミュニケーションできてしまうTikTok(ティックトック)アプリの特性上、13歳未満の子供たちをオンライン上で保護する目的で設定ということなんだ。

それに、アカウントの年齢認証を行っており、年齢が13歳未満であることが確認されたときはアカウント削除(BAN)という処置も行っているよ。

特にTikTok LIVEはお金を受け取れるシステム(収益性)があることから、未成年の安全性を考慮して、はっきりとした年齢制限を設けているということだね。

公式は「ユーザーとクリエイターを保護するため」と公表しているよ。

フォロワー数

TikTok LIVEの配信条件では「フォロワー数」がポイントと言われているね。

ネット上では「フォロワー数が1,000人以上じゃないと開設できない」という声もありましたが、ハードルが下がりつつあり400人・500人程度でも配信が始められたという声もあるよ。

公表されている数字ではないし、今後も変化していく可能性はあるね。

だからフォロワー数はあまり意識しすぎなくても大丈夫かもしれないよ。

配信コンテンツの品質

TikTok LIVEをしようとしている人で、動画投稿の数を気にしている人もいるかもしれないね。結論から言うと、動画投稿数はあまり影響していないといわれているよ。

配信コンテンツの質で大切なことは投稿した動画に対する「いいね」の数と「総再生回数」だよ。

試しに、TikTok LIVEをしているクリエイター(配信者)を数人チェックしてみることをおすすめするよ。

すでにTikTokでライブ配信しているクリエイターのコンテンツの「いいね」の数や「総再生回数」を見ていくと、どれくらいのレベルのものが必要か分かってくるからね。

あくまでも傾向だけど、以下のような数値以上だと、配信条件をクリアできると考えられるね。

  • 「いいね」の数の平均数値が70以上
  • 「総再生回数」の平均数値が10万回以上

総再生回数も重要なのは、TikTokがクリエイターを評価するときにこの数字も対象としているからなんだ。TikTokのアルゴリズム上、いいね数が増えるとそれに比例して動画の再生数も上がるからね。

TikTokに投稿されている動画の多くは、いいね数が伸びている動画は必ずといって良いほど再生回数も多いよ。

配信条件は公表されていないからこそ、配信出来ているクリエイターの実績を見ていくことで、条件をある程度予測することができるね。

配信条件をクリアしているか確認する方法の中でもおすすめなのが「アプリ内の動画撮影ページにLIVE画面が表示されているか」で分かるよ。

動画撮影ページで右にスライドして「LIVE」が表示されていれば、条件をクリアしたことになるね!

TikTok LIVEのやり方概要

スマートフォンでの配信

TikTok LIVEのする人の多くはスマホを使うんじゃないかな?

TikTok LIVEはスマホでも簡単にできるから説明していくね。

まずホーム画面の「+」ボタンをタップしよう。画面下の「15秒モード」や「フォトモーション」の横に「LIVE」があるよ。

そうしたら「デバイスカメラの選択」をしよう。このときにタイトルやカバー写真の設定ができるよ。

加工やエフェクトの追加、コメントとギフティングのオン/オフなどの設定もここでしておこうね。

最後に「LIVEを開始」ボタンをタップして配信が開始されるよ。

なお、ライブ配信の開始後も、アプリを通して画面にエフェクトの追加や、他ユーザー・SNSにライブ配信のURLが送れるから、ファン獲得をしたい人も積極的に活用できるね。

コラボ配信のやり方

コラボ配信っていうのは、配信しているクリエイターの配信上に視聴者(リスナー)も一緒に会話できる機能のことなんだ。他の視聴者がいる前で、通話をするようなイメージが近いかもしれないね。

クリエイターと視聴者の距離が近くなるメリットがあるから、ほかのファンに対してももっと親近感を持ってもらいやすいよ。

コラボ配信に入った視聴者は必ずしも顔出しをする必要がないから、クリエイターが顔出ししていても音声だけ参加できるんだよ。

コラボ配信を受ける側、つまりクリエイター側だった場合は、配信に参加したい人から申請が送られてくるから承認すれば自動的にスタートするよ。

もちろんクリエイター側から視聴者に対して招待することもできるよ。

1対1のコラボ配信もできるけど、3人で行う「マルチゲスト配信」もできるんだ。その場合は以下の4ステップでできるよ。

  1. TikTok LIVEの配信画面を開く
  2. 画面左下のコラボマークをタップする(輪っかがふたつつながったアイコン)
  3. ゲスト追加を選択し、「許可」をタップする
  4. 2名の申請を承認する

ちなみに4人以上でコラボ配信はできないので人数制限に気を付けよう。

普段コラボ配信をしていないのであれば、今までとは違った配信ができるから配信にマンネリ化を感じたときにも活用してほしい配信方法だよ。

他のクリエイターをゲストとして招待すれば、お互いのファンにそれぞれ自分を知ってもらう機会にもなるね。

PCでの配信

パソコンを使ってのTikTok LIVEは、専用の録音ソフト「OBS Studio」をダウンロードしておく必要があるよ。ちなみにOBS Studioは、オープンソースソフトウエアだから無料で利用できるからね。

OBSをダウンロードしたら、以下の通りに進めていこう。

PCからTikTokアカウントにログイン

OBS Studioをダウンロードしたら、次にパソコンでTikTokアカウントにログインしよう。QRコード認証がおすすめ。

パソコン上に表示されたQRコードをスマートフォンでキャプチャすると、アカウントの入力が必要ないから便利だよ。

TikTokログイン後にOBS Studioの設定開始

次にOBSの設定に入ろう。以下が設定できる内容だけど、慣れてくると感覚で使えるようになるからね。細かく設定をしていって、自分このみの配信設定にしていこう!

  • 画面設定
  • 配信設定
  • 映像の品質設定
  • アウトプット設定
  • その他の詳細な設定

ライブ配信開始

TikTokアカウントにログインをして、OBSの設定が終わればいよいよパソコンでライブ配信ができるよ。以下の手順で始めよう。

  1. TikTok画面の左にある「Go LIVE」をタップ
  2. タイトルの設定
  3. カバーで使う画像を選定
  4. 配信開始

ストリームキーのセットアップ

TikTok LIVEが始まると画面上に「LIVEのセットアップ」が表示されるんだ。この中で以下の2つの情報を確認してね。

  • サーバーURL:TikTokライブなど配信サイトのURL
  • ストリームキー:個人専用のキー・他人に共有しないこと

OBS Studioに挿入

起動しているOBSに、セットアップで使うサーバーURLとストリームキーを入力すれば挿入は完了だよ。

表示されている2つの情報をコピーアンドペーストで貼り付けるだけだから打ち間違いの心配もないね。

TikTok LIVEの視聴方法は?

TikTok LIVEをする人の中で、ほかの人の配信を見たことがないという人はほとんどいないんじゃないかな?

🔰リサーチャーまるお

もしくは、自分の配信がマンネリ化してきたというときには、ほかの人の配信を見て参考にするのもいいね。

集まる集客®︎総研編集長/菅原

TikTok LIVEを視聴することだけなら条件や制限はないから、ぜひ色々な配信もみてみてね。

スマホの場合

スマホを使って配信を視聴する場合は、まずホーム画面の左上にある「LIVE」をタップしよう。

配信中の人のページがずらりと並んでいるから、見たい人をタップするだけ。

もしフォローしている人が配信中であれば、Inbox画面の上部に「フォロー中」というタブがあるから、そこからフォロー中のクリエイターの配信を視聴しよう。

PCの場合

パソコンでTikTok LIVEを視聴する場合はブラウザを使って視聴ができるよ。

TikTokのトップページ左側にある「LIVE」をクリックすると配信が見られるようになるよ。基本的に視聴に関する操作はスマホとあまり違いがないから使いやすいね。

パソコンのほうがスマホよりも大画面で見られるのもおすすめポイントだよ。

TikTok LIVEで覚えておきたい便利機能

フィルターやエフェクトなどの加工機能

TikTok LIVEでは、フィルターやエフェクトなどの加工機能が用意されてるんだよ。

これらの機能を使うと、ライブ配信中に自分の顔や背景にさまざまな楽しいエフェクトやフィルターを適用できるんだ。

例えば、可愛らしいマスクや花冠をかぶったり、背景を変えたりできるよ。そのほかには美肌効果のエフェクトもかけられるから、ファッション系や美容系の配信をしている女性にも大人気なんだ。

この機能はライブ視聴者に楽しみや驚きを提供するのに役立つし、トークやパフォーマンスを面白く演出するのに使えるんだ。

使い方は簡単で、ライブ配信画面から選択して使えるよ。視聴者からのコメントやプレゼントに対してもリアルタイムで反応できるので、盛り上がったりコミュニケーションを楽しむのにも最適だよ。

視聴者から受け取れる投げ銭機能

TikTok LIVEでは、視聴者から受け取れる投げ銭機能があるんだ。

これは、ライブ配信中に視聴者がギフトを購入し、そのギフトをクリエイター(配信者)にプレゼントできる仕組みだよ。

クリエイターはこの投げ銭を収益として受け取ることができ、視聴者とのサポートや感謝の手段として活用できるよ。

ライブ配信画面には投げ銭ボタンが用意されていて、視聴者はそれをクリックしてギフトを送ることができる。これがTikTok LIVEの投げ銭機能の基本的な仕組みだよ。

ただしTikTokLIVEのギフトは未成年(20歳)の購入・受け取りはどちらもできないから年齢制限だけ気を付けようね。

コメントの非表示機能

TikTok LIVEでは、コメントの非表示機能があるんだ。これを使うと、ライブ配信中に不適切なコメントや荒らし行為をしているユーザーのコメントを非表示にできるよ。

具体的には、iPhoneの場合は「画面表示クリア」というボタンを押すだけ。そしてAndroidは配信画面を左にスワイプするだけで非表示にできるよ。

また、クリエイターはコメントの非表示設定を自分でカスタマイズできるよ。

これによって、視聴者とのコミュニケーションを円滑に保ちながら、不快なコメントをブロックできるんだ。

コメントの非表示機能は、ライブ配信の質を向上させ、安心してライブを楽しむための便利なツールといえるね。

データ分析ができるインサイト機能

TikTokのインサイトは、自分が投稿したTikTokの動画やLIVEをした後に様々なデータが分析できるツールだよ。

これを使って、フォロワーの情報や投稿の人気度など色々分かるんだ。

例えば、誰がフォロワーなのか、どの投稿が注目されているのか、どのハッシュタグが効果的かとかが数字として表示されるよ。

TikTok LIVEを行ったことで、フォロワーが増えたの減ったのがわかるから、今後のLIVE戦略を練る際にも役立てられるね。

つまり、インサイトを使えば自分のアカウントやコンテンツを改善し、動画再生回数や流入数アップなどが期待できるというわけ。

つまり自分のTikTok活動を分析し、改善するための情報をくれるっていうことだね。

今まではビジネスアカウントでないとインサイト機能が使えなかったけど、2021年からは一般アカウントも使えるようになったよ!

まとめ

TikTok LIVEの条件について解説してきたよ。TikTok LIVEは誰でも配信できるわけではないのがほかの配信サイトにはない点かもしれないね。

そしてTikTok LIVEは、18歳以上であることだけ公式が発表している条件だけど、それ以外にフォロワー数や動画についた「いいね」や「総再生回数」なんかも条件に入っているといわれているんだ。

そして18歳未満の人も配信をすることはできないから要注意!

1人でする配信のほかに、リスナーやほかの配信者とする「コラボ配信」や「マルチゲスト配信」なども活用して新しいファンの獲得や、自分のアカウントをどんどん盛り上げていこう!

👩‍💼集まる集客総研へようこそ! 集まる集客総研のトップページには、起業家の集客やChatGPTなどのAIの最新記事がたくさんあります!ここからチェックしてくださいね!

集まる集客ラブレターラボお得なキャンペーン
集まる集客ラブレターラボお得なキャンペーン

この春こそ、お客様へのラブレターをかいて
集まる集客®︎に切り替えてみませんか?
キャンペーン詳細はこちらから

集まる集客®︎ChatGPTプロンプト集

集まる集客ChatGPTプロンプト集 | 個人起業家のお悩み専用のダウンロード

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

私には夢があります

「集まる集客®︎総研」を
個人起業家さんが
集客で困ったり悩んだ時に

「一番頼りになる!」
「ここに来れば安心!」
「ここの記事が一番わかりやすい!」

そんな場所にすることです。

私はこれまで、管理栄養士として
病院や短期大学で
フルタイムで働いてきました。

その傍ら、長年の
「摂食障害克服サポートの仕事をしたい!」
という夢を叶えるため
起業も視野に6年動きつづけるも思うようにいかず。

うまくいかないのは
「あれも足りないから、これも足りないから…」

とセミナー、起業塾
あらゆる講座を受け続け答えを探していました。

もう限界かも…と諦めかけていた時
集まる集客®︎プロデューサー 
長瀬葉弓さんに出会いました。

初めて受け取った
「ラブレター」に感動!

こんなお客様へのラブレターがかければ
私のように
「集客できない自分を責めてしまう」なんてことが
なくなり、多くの人が想いを届けられるようになる!
と気づいたのです。

そこから人生180°転換!

現在は集まる集客に集ったみんなの夢を叶えるため
日々研究に没頭しています。


プライベートは
小2と5歳のお母さん
趣味は推し活
動物占いはコアラ
岩手県在住です。

目次