業種別に見た際にどのSNS集客方法が適しているかを解説

「自分が属する業界で、他の人たちや企業はどういった方法でSNSを活用して集客をしているのだろう」
集客にお悩みの方の中にはそんな疑問をお持ちの方も少なくはないでしょう。
これほどSNSが生活の中に浸透した現代において、集客に活用できれば大きな効果を上げられます。
しかし、実際にどのSNSをどのように使えばいいのか分からず悩んでいる方も多いようです。
この記事では、業界ごとに見た最適なSNS活用戦略を解説していきます。
SNS集客をはじめようと考えておられる方は、ぜひ参考にしてみてください。

業種別に分けた際に、それぞれにおいて最適なSNSツール

SNSとひとくちに言っても、TwitterやInstagram、Facebook、LINEと種類はさまざまです。
特徴や主な利用者層もそれぞれに違います。
SNSを活用して集客する場合、業種によって異なる業務内容や客層、集客におけるPRポイントに合わせた最適なSNS・アピール方法を選択する必要があります。
飲食、小売、美容、サービス業における業種ごとの最適なSNSツールを紹介します。

飲食業

飲食業で集客に最適なSNSはInstagramとTwitter、Facebookです。
飲食業といっても扱う料理や営業時間帯、客層などにより、どのSNSに重点を置くかが変わってきます。
ですが、どの飲食店でも、やはり料理のビジュアルは大きな武器になります。

そのため、まずInstagramは活用したいところです。
なかでも、カフェのようにオシャレさを売りにするお店やパン屋さん、ケーキ屋さんなどは相性が良いといえます。
大勢に投稿を見てもらえれば、Instagramだけでもホームページの代わりになります。
メニューだけでなく、スタッフの紹介や店舗の雰囲気が分かる写真なども投稿するとよいでしょう。
お客様に行ってみたいと思ってもらうことが大切です。
個人であれば、オーナーのプライベートな写真などを投稿して親近感をもってもらうのも1つの方法です。

加えて、Twitter、Facebookも利用します。
Facebookは企業向けのFacebookページを利用すると、ホームページの代わりになります。
Facebookページは、カフェから定食屋、居酒屋、ラーメン店、ダイニングバーなど幅広い店舗で使えます。
個人店でもぜひ利用してみてください。
Facebookの特徴は検索に強いこと。
これから行くお店をネットで探そうというお客様にリーチできるSNSです。
写真だけでなく文章も書けるので、お店の詳しい情報や強みをしっかりとアピールできます。
グルメサイトにも登録できるので、そちらを経由した集客にもつながります。
ただ、更新には少し手間がかかる問題も。

そこで、より手軽に使えるTwitterも併用します。
気軽にフォローやリツイートができるTwitterはお店の認知度を高めるのに効果的です。
即時性が高いので、キャンペーンや割引、クーポンの情報を発信してユーザーの注目を集める方法もあります。
お店の感想をツイートしてくれたお客様に返信してコミュニケーションをとることで、リピートにつなげることも可能です。
なかには、不満や厳しい意見を言う方もいるかもしれませんが、それもお客様からのニーズと考え、今後に活かしていきましょう。
飲食店のSNS集客は、Instagramで料理のビジュアルをアピールし、詳しいお店の情報はFacebookで発信。
リアルタイムの情報やお客様とのコミュニケーションにはTwitterを利用するといったように、各SNSを使い分けてください。

小売業

小売業と相性の良いSNSはInstagramとTwitterです。
アパレルや雑貨屋さんであれば、商品をビジュアル的にアピールするのはもちろん、Instagramの写真投稿機能を活かしてブランドのもつイメージや世界観も同時に発信できます。
ストーリーズには外部サイトのURLを貼れるので、ECサイトがある場合には、そちらに誘導することも可能です。
利用者層も10代や20代が多いので、若者に刺さりそうなおしゃれな投稿に重点を置くことで、ブランディングや顧客ロイヤリティ(お客様からのブランドに対する愛着)を向上させられます。
アパレルであれば、スタッフが実際に着用した写真やおすすめのコーディネートなども投稿すると良いでしょう。
それを見て、自分も欲しい、実際に着てみたいと思い、来店してくれるお客様も出てきます。
スタッフが日常生活で体験した出来事の写真を投稿するのもいいですが、店舗やブランドがもつイメージ・世界観を壊さないよう内容には注意が必要です。

もう1つ、利用したいのがTwitterです。
キャンペーンやセールの情報、クーポンの配信などは、即時性が高く更新も手軽なTwitterを利用します。
こうした情報はおしゃれな世界観とのギャップもあるため、Instagramへの投稿は避けるほうが無難でしょう。
小売業と相性の良いSNSは小売業では、ブランディングにはInstagram、セールなど購買に結びつく情報はTwitter、とそれぞれの役割ごとに使い分けてください。

美容関係

美容関係なら、まず利用したいのはやはりInstagramです。
ビジュアルでアピールできるInstagramと美容業界は非常に相性が良いといえるでしょう。
ネイルサロンであればネイルの写真、美容室であればヘアスタイルや新しいシャンプー、スタリング剤など新商品の宣伝もできます。
ほかには、スタッフ紹介や店舗の雰囲気を伝える店内写真。
日常に使えるお役立ち情報を写真つきで配信するのもフォロワーを増やすのに有効です。
スタッフのプライベートを投稿するのもお客様に親近感をもってもらえます。
特に個人店舗ではこうした投稿も取り入れてみると良いでしょう。
個人でビジネスを行う場合には、こうした親近感が固定客の獲得に大きな役割を果たします。
また、美容関係でもInstagramに限らず、他のSNSを活用するとさらに集客効果を高められます。

Facebookは企業用のFacebookページを利用すれば店舗ホームページの代わりになります。
検索に強いため新規顧客の獲得にも有効。
40代、50代の利用者も多いので、普段と違った客層にもリーチできます。
そしてもう1つ、利用したいのがTwitter。
Facebookより楽に更新できるので、時間効率が良いという点では個人店で使用するのにこちらのほうが向いているといえます。
こちらも日常の出来事などを投稿すれば、親近感をもってもらえて、お客様との距離を縮めるのに役立ちます。
合わせて使いたいのがLINE。
こちらはLINE公式アカウントを活用することでお客様から予約をとったり、クーポンを配信したりと実用面で役立ちます。
個人店でもはじめやすく利便性が高いです。
美容関係のSNS集客ではInstagramを広告塔に、他のSNSと組み合わせて顧客を増やしていってください。

サービス業

サービス業で利用すべきSNSはやはりホームページの代わりにもなるFacebookです。
検索にも強いため、新規顧客の取り込みにも力を発揮します。
くわえて、Twitterも併用すべきといえます。
ただ、Twitterユーザーはリアルタイムでの情報を求めているため、開催予定のイベントや長期で行うキャンペーンの情報などはFacebookに載せます。
サービス業といっても幅が広いため、リードタイムが長ければFacebook。
短いところではTwitterと自社に合わせて使い分けるようにします。
写真中心のInstagramは、飲食や小売のように具体的な商品がなければ使いにくいかもしれません。
ただ、観光業であれば観光スポットの景色やイベントの様子などを撮った写真を投稿すれば、訴求効果は高いでしょう。
ほかに、新しいサービスをはじめたときに、その様子を写真に撮って投稿することもできます。
視覚的にアピールできるものが少なければ、無理にやる必要はありません。
サービス業ではFacebookとTwitterを中心に運用していけば良いでしょう。

このページでは各業種ごとに、最適なSNSは何か・効果的な蚊通用方法という内容で解説をしてきましたが、既に述べたようにそれぞれのSNSツールでは特徴が異なるので、業界特性とSNSツールの特性をうまくかみ合わせていくことが必要不可欠になります。

各種SNSの特徴の違いや使い分け方についてはコチラのページで詳しく紹介しておりますので、是非ご覧ください。

あわせて読みたい

今やSNSは若者のみならず、幅広い年代にとって貴重な情報収集ツールとなっています。 つまり、SNSを用いた集客はもはや当たり前の時代となったのです。 自社でもSNSを利用して集客につなげたいと考えておられる方や企業はたくさんあると思[…]

業界ごとのSNSの活用方法を抑えましょう

SNSでの集客は、どれを利用すれば、自社業界の強みやアピールポイントを活かせるかを考えて戦略を立てる必要があります。
ここでは、それぞれの業種ではじめに活用してもらいたいSNSについて述べました。
しかし、これ以外にも集客につながりそうだと思ったら、積極的に活用していくようにしてみてください。

株式会社アクティブノートでは、「起業をしたもののなかなか集客が出来ずに困っている」という方に向けて集客のアドバイスやビジネスのプロデュースを行います。
また当社が運営しているコチラのサイトでは、集客やマーケティング関係のお役立ち情報や、実際に当社にご相談を頂いてから成功を収めた方々の成功事例なども掲載しております。

起業後の集客について学びたい方は、ぜひ「集まる集客Ⓡ総研」をご覧ください。