「自分が何をしたいのかわからない病」につける薬。読む薬ですw

集まる集客®︎プロデューサー
長瀬葉弓です。

 

自分が
何をしたいのか
わからないという
病につけるお薬。
最近、相談を受けていて
おもうんですけど、
みんな
自分は本当は何をやりたいんだろう?
自分は本当は何がしたいんだろう?

振り回されすぎ。
本当は、本当は、本当は
いるはずのない、
おばけみたいなものと
戦ってませんか?
かくいう
過去のわたしは
自分に振り回される
深くて暗い
井戸の底に落ちてしまっていました。
起業家仲間が
どんどん成果を上げていく中で
どんどん自分が取り残され
自分が本当は何をしたいのか
わからなくなる感覚、、

わかります

人に相談をするんだけれども
アドバイスももらうんだけれども
しっくりこないし、

自分でもどうしたらいいのかわからず、

売上がやばい!!!
と焦ってしまって
焦りで脳みそが真っ白になって
さらにさらに
考えられないという
負のループになってしまってました。
この状態、
しんどいんですけど

当時のわたしは、
専門分野としたいマーケティングの
本を読みまくることだけは
続けていました。

ある日、電車の中で本を読んでいて
突然、ああ!!これだ!
ある感情と出会えました。
そのとき読んでいたのが

見込み客を引き寄せ
永久顧客にする
次世代のマーケティング戦略
「インバウンドマーケティング」
わたしがやってみたいのはこれだ〜!
と想いました。
びびびっと来て
急に、
自分が何をしたいのか
わからないという
迷路からでることができました。
もがくことを
あきらめなくて
良かったです。同時に気づきました。

自分を売り出していくことや、
自分の売上を上げることを
中心に考えると

わたしの
心はピタリととまるんです。

人のためになりたい、
誰かのためになりたい、
これすごい役に立つから
絶対に教えてあげたい!
わたしは
それで動ける人間なんです
それがわかったから
結果的にお金を稼げるようになりました。

自分が本当に何をしたいのか?よりも

自分が誰かにとって
どんなお役に立てる人間になるか?

誰かのために
何かを研究して
教えられる自分になることを考えよう。
というのがわたしの結論です。
自分が何をしたいのかわからない病に
つける薬となれば幸いです。
君は起業できる!
わたしは
ぶっ飛んだ夢や想いを描く人の
背中を押してあげられる人間になりたい!
そう想ってこれを書きました。
参考になれば幸いです。