ウェブが苦手な起業家のためのGoogleアナリティクスの使い方

ウェブが苦手な起業家のためのGoogleアナリティクスの使い方


集めるのではなく、集まる仕組みを創る

365日スマホで学べる!
起業家WEB戦略メールセミナー

 

Vol.134 
ウェブが苦手な起業家のための
Googleアナリティクスの使い方

 

昨日は、
Googleアナリティクスで見るべき
ページビュー数
についてお話をしました。

 

昨日から、
WEBの起業家でもわかる
Googleアナリティクスで計測すべき
数字とその意味をお伝え致します

 

 

Googleアナリティクスを設置すると
本当に様々な種類の数字の計測ができ
WEBが苦手な方にとっては

 

いったい
どれを見ればいいんだよ?

 

Googleアナリティクスを
使いたくない理由をつくってしまう
可能性があります。

 

そこで、このメールセミナーでは
計測すべき数字を重要なものだけに、
ギュッと絞り、ご紹介しています。

 

ページビュー数の次にご紹介する
Googleアナリティクスの
見るべき数字は、

 

ユーザー数です。

ウェブが苦手な起業家のためのGoogleアナリティクスの使い方

 

ユーザー数とは
指定した期間にサイトにアクセスした
ユーザーの数
です。

 

同じユーザーは
1 回だけカウントされます。

 

ユーザー数ページビュー数
違いは、

 

サイトを訪れた実際の人数
ユーザー数であるのに対し

 

そのユーザー全員が閲覧した
ページの総数

ページビュー数になります。

 

同じユーザーが何ページも見たら、
ユーザー数は1でも
ページビュー数は増えていきます。

 

Active-iWeb戦略の
大辞典型ホームページの場合、
目標をリスト獲得におきます。

 

そうすると、リスト獲得の人数を
増やすという戦略をたてるため
ユーザー数とても大切

 

アクセス数だけでなく、
このユーザー数もしっかり
計測・記録してくださいね。

 

明日は、リスト獲得を目標におく
ページだからこそとても大切な、
◯◯◯ー◯◯◯率について
お話しいたします!

 

お楽しみに。