ライティングのコツ『伝わる文章のラブレター構造』

感動を科学式にしよう!
 
ビジネスを成功させるためには、
ココロを動かす物語を持つこと。
  
いま世界中のトップリーダーたちも
注目し動いています。
  
 
共に共鳴共感し、
感情を動かす驚きを感じ、
体験・体感するストーリーをもって、

人を感動へ導く。  

 
 
『感動の科学式』について、
ここ数日メルマガでお伝えしてまいりました。
 
  
今日は、
集まる集客を学び実践していただいている方に伝授している、
伝わる文章のラブレター構造をお伝えしてまいります。
 
 
 
感動の物語を
伝わりやすい構造で

 

自分で文章を書くことができること!!
これはWEB戦略には欠かせないスキルです。
 
 
 
誰にでも書けるようになる構造はコレです!!
 
 
伝わるラブレター構造
 
 
 
「なぜから語る構造」
を自身に置き換えたストーリー創造にぜひ活かしてみてください。
 
 
 
このラブレター構造は、
メルマガの記事、ブログの記事、あなたのプロフィール、ランディングページ、交流会での自己紹介、名刺等の
 
 
 
あなたがお客様と関わるすべてで、
この構造から成るストーリーの創造が大きなチカラを生み出すことができるはずです!
  
ココロを動かす MovingStoryを持つ理由は
自慢でも、売り込みでもなく
 
 
新規顧客のココロを掴むこと、(新規顧客獲得)
自身(自社)のコアファンを創ること。(リピート客獲得)
自身(自社)のパートナーを創ること。(ビジネス展開)
 
 
この3つです。