3分でわかって動けるニュース【時事ネタ】Web3.0って何?

今回は、

Web3.0とは何か?個人起業家に関係あるのか?

という内容の記事です。

 

Web3.0について学んだ内容をシェアします!

専門用語が大嫌いな人でも
ざっくり理解できる内容になっています!

 

Web3.0とは何か?

Web3.0とは、プラットフォーム(GoogleやFacebookなどの大企業)に頼らなくても、個人でデータの保管やデータのやり取りが可能になる時代です!
そもそもWeb3.0の説明だけされてもピンと来ないと思うので、
Web1.0と2.0も合わせて解説していきます!

 

Web1.0とは

Web1.0とは、Webサイトの運営者がコンテンツを作成し、9割以上のユーザーはウェブサイトを見るだけの時代です。

 

インターネットができたてで、専門知識が無いと情報を発信することが難しかったため、ほとんどの人が情報を受け取るだけになっていたということです。

 

Web2.0とは

Web2.0とは、大企業によって用意されたプラットフォーム上で、ユーザーがコンテンツを作成するようになった時代です。
具体的には、YouTubeやInstagramなどの大企業が用意したプラットフォーム上で、沢山のユーザーが動画や写真を投稿している状態です。
つまり、今現在はWeb2.0と言えます。

Web1.0と2.0の問題点

なぜWeb3.0の時代が来ているかと言うと、Web1.0と2.0には大きな問題があるためです。

 

Web1.0、2.0の大きな問題とは
ユーザーのデータ(個人情報や投稿された動画、写真など)は、すべてプラットフォーム(GoogleやFacebookなどの大企業)が所有している
ということです!

 

 

そして、プラットフォームを提供している大企業がデータを牛耳っているせいで、以下のような弊害が起こっています。

  • プラットフォーム提供者(大企業)だけが莫大な利益を得られる
  • 資金力が重要になるので個人や中小企業の勝ち目がなくなる

 

 

そこで、ブロックチェーン技術の登場などもあり、Web3.0の時代がやってくることになったのです!
(今回は、ブロックチェーンが何かを理解しなくても大丈夫です!)

 

結局、Web3.0は個人起業家にとってチャンスなの?

Web3.0の時代は個人起業家にとってチャンスです!
なぜなら、経済の中心が企業から個人に変わっていくからです!
Web3.0により、大手企業に頼らなくても良くなることが考えられます。
それにより、今よりも個人間でのビジネスが加速していくため、個人起業家にとってはチャンスと言えます!