「個人起業家がストレスなく、突き抜けてがんばれる方法」

「個人起業家がストレスなく、突き抜けてがんばれる方法」

ぶっ飛んだ夢

集まる集客®プロデューサー
長瀬葉弓です。
 

個人起業家が、
今悩んでいるのは、
一体何だろうか?

 

わたしはいつも
メルマガを書く前に、


誰に向けて書こうかなあと
想う相手をひとりに決めます。

 

もしくは、
過去の自分を思い浮かべながら
書き上げたりします。

 

今日は、自分を振り返って
過去のわたしに対しての
アドバイスを書いてみますね。

 

起業した頃は、


そもそも
お金を稼ぐことが
目標ではなかった、、、と想います。

 

「本物でありたい、
 プロでありたい」
「誰かに認められたい」


そんな気持ちだけが強かった
と想います。


今でこそおかげさまで
わたしひとりの会社で1億円を超える収益を
あげられるようになりましたが

当時はそんなことは夢のまた夢でしたから。


あなたが、
このメルマガを読む目的である
「集まる集客の力をつける」には、

 


簡単に言うと、
今より何かをもっと
がんばらなくてはなりません。

 

そこであなたをがんばらせるために
あなたを突き動かすのは
どんな魔法でもなくて

 

あなたの持っている
「感情」なのですが、

 

そもそも、あなたは
自分が何を考えているのか
「欲」の存在やその深いところまで
見つめてみたことはあるでしょうか?

 


もしあなたが、


「100万円稼ぎたい」と想ったり、
「誰にも負けたくない」と想ったり、
「誰とも戦いたくない」と想ったり、
「誰かの役に立ちたい、喜ばれたい」

 

と想ったら、

 

それがあなたを
突き動かす原点となります。

 

もしあなたが、


コンサルタントだったり、
セラピストだったり、
個人サロン経営者だったり
カウンセラーだったり
コーチだったり、
お教室の先生だったり、
セミナー講師だったりしたら、

 

個人起業家のなりたい職業は、
どのジャンルもこれからはもっと
それになりたい人が
増えていきます。

 

どんな想いを抱えていたとしても
ライバルには負けないほど
今より何かをもっと
がんばらなくてはなりません。

 

 

 

がんばって、
その努力をし続けること
が必要になってきます。

 


つまり、
長期戦です。

 

その長期戦に勝てる方法を
わたしはひとつだけ知っています。

 

それは
未来の自分の青写真を描き、


どうやったら
実現できるのか
わからない
ぶっとんだ夢を描く

ことです。

 

 

わたしが、2016年を迎える前に、
描いた青写真は、

 

”どうしたらその人が
持ちうる才能を活かし
心から笑顔で
いられるのかを想像し、

 

楽しくてたまらない志事を
創造することで、


わたしと関わった人に

人生の楽しさを見出し享受できる
与える達人としての
プロデューサーとなっている”こと。

 

おかげさまで、73名の起業家さんの
月商7桁の樹立ができました。


そして、
「ゴルフの達人に」

スクリーンショット 2016-11-03 22.37.29.png
具体的には今年中に一皮向けて
100切りを目指してます。
有言実行にこだわります。

 

今日も練習を続けてます(^_^)
ここまでみんなに宣言してて、
できなかったらかっこ悪いです・・


だからがんばってます。

 

そして、行きたいところがありました。

スクリーンショット 2016-11-03 22.38.58.png


今年はニューヨークへ
行ってきましたので、
ひとつは実現しました。

 

スクリーンショット 2016-11-03 22.37.48.png

 

こんな夢を描き
2016年は実現に向かって
まっすぐ突き進んでいます。

 


迷うことなく
突き進めるっていうのは、


ストレスがなくて
本当にしあわせなものですよ!

 

そろそろ2016年が
2ヶ月で終わるのですが、

 

1:今年のフィニッシュをやりきる方法
2:2017年の青写真を描く方法

 

この2つの戦略を
手に入れることを
考え始めてみてくださいね。

 

あなたをがんばらせるために
あなたを突き動かすのは
どんな魔法でもなくて

 


あなたの持っている
「感情」なのですから。

 

自分を動かすことができるのは
自分だけ。

 

がんばってくださいね!(^_^)

集めるのではなく集まる集客を科学式にする  集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。 私は38歳で起業し3年で1億を超える売上を4年連続で持つことができました。 これから億越えにチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。