【私ひとりではとてもなし得ないので、仲間やスキルが必要と思い続けていました】

今日もありがとうございます☆

わたしはまさに、求めていました。

「生きている証をどのようにして
 次につなげていけばよいのか」を。

「どうしたら、わたしの経験を
 具体的な価値に表すことができるのか?」を。

 

子供にはもちろん
生き様を見せてあげたい。

この世に生きた証を残したい。

Facebookでの発信は
そんなところからも来ています。

 

そして、わたしひとりでは
とてもなし得ないので、
仲間やスキルが必要と思い続けていました。

ですから、この文章を書いていても
昔、こんなことを書いてたなーという感覚があります。

今が、まさにそのときなんだなと
直感しています。

では、また明日よろしくお願いします。

 

さとう まさみさん