ニューヨークで感じたプロイズムと日本の個人起業家の差 | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

ニューヨークで感じたプロイズムと日本の個人起業家の差

ニューヨーク滞在

集まる集客®プロデューサー
長瀬葉弓です。


昨日びっくりしました。

 

iPhoneの万歩計で確認したところ
NY4日間滞在で、
45キロ歩いていたことが
わかりました。


自分の体力の限界を超えて
いろいろと見て歩きたいという
好奇心が勝っていたようです。

 


ニューヨークから帰ってきて、


モノの見方・捉え方を
世界レベルで考えたい、


そんな気持ちが強く強く
なっています。

 

昨日、40人あまりの起業家と
集まる集客の実践会を行い、
ニューヨークで感じたことを
シェアしておりました。

実践会.jpg

もし日頃わたしがお伝えする
真型起業家の心得に沿って
Facebookやブログ、メルマガでの
発信するだけで、


つまりやるだけで、


世界中の役者やダンサーが目指す
ブロードウェイの舞台に立てるとしたら、
「やる?やらない?」
と聞いてみましたところ、

 

「やります!」
と多くの方で笑顔で
答えました。

 

これって深い問題だと想うのですよ。


ブロードウェイの舞台に立てるならと
想像したら、
ニコニコの笑顔でやります!と答える。


だけれども、
自分が目指す自分になることや
自分の商品を愛して、
それを広めることとなると、


ニコニコの笑顔でやります!という
起業家もいれば、


ちょっと不安顏、辛い顔、
迷っている顔になってしまう
起業家もいることについてです。

 

bb.jpg


もし役者さんがブロードウェイの舞台に
立ちたいとしたら
世界で通用するプロとなろう
 

と決断することからはじめるのでは
ないかと想います。

 

コツコツと練習することや
技を磨くことには余念はないはず。


ブロードウェイの舞台を目指す人は
パーソナルレッスンや
トレーニングを行いながら

 

体を鍛え整え、


自分のWEBサイトや
ソーシャルメディアでファンを作り、

 

高騰している家賃を支払うために
食費を削り自炊しながら

オーディションに勝ち抜いて
いくんです。

 

一方でわたしたち
日本の個人起業家のスタンスは
少し甘くはないだろうか?
そんな疑問を持って帰ってきました。

 

世界に通用するほど
1つのジャンルで
型破りな専門性ある深い知識を
研究し続けること


まずは、
Facebookやブログ、メルマガなどの
SNSを活用し

ファンに与え続け満足させること
喜ばれ続けること
飽きさせないこと
時には驚かせ楽しませ続けること
さらに期待させること


つまり
世界中の通用するプロとして
ファンに与えられること
を当たり前としましょうよ。

 

世界は今も動いています。



ニューヨークの夜を幾晩か過ごして
ドキドキしてきました。



自分の目指す舞台に立ち、
もっともっと上を目指したい人
が世界中にいます。

 

あなたが止まるのなら
他の人よりも大量に行動しなければ


後からあなたのことを抜いていく
人が出てくるかもしれません。



ニコニコの笑顔で
プロとして勝負し続ける

そんな人になりたいと想いました。

 

日本の個人起業家の当たり前を変えたい
だからわたしのプロイズムを


これからも伝えて
いきたいと想います。

 

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を5年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f