未来のお客様=ファンを持つ 戦略のあなたにとっての緊急性

NO IMAGE

未来のお客様=ファンを持つ
戦略のあなたにとっての

緊急性とは何か?

集めるのではなく、

集まる集客を
科学式にする

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。

 

なぜ集客を
安定させるのに
ファンを創る必要
があるのか?

 

わたしはこ
集まる集客の科学式の軸に

Make The FAN
ファン創りを
掲げています。

 

それは、
集客と収益をコントロールする
簡単に言うなら
売上を安定させるためです。

 

iPhoneのファンというのは

スティーブジョブスの
考え方や、大胆さが
大好きで、

アップルの商品の方向性に
共感しているから、

 

日本時間の深夜2時に行われる
新商品の発表を寝ずに見たり、

銀座アップルストアの前に
何日も前から並んでいたりします。

 

わたしも、

最新iPhoneじゃないと
スマホであるとは
認められないほど

アップルファンです。

わたしが
偉大なる
スティーブ・ジョブズさんに
最も学ばせていただきたいのは、

 

商品を買ってくれた人が
ファンになるのではなく

商品を売る前から
ファンを創る。

その「ファンを創り方」です。

「ファン創り」が
自分でも実現できるようになると、

起業家も
売上と収益が
コントロールできるようになる

と考えました。

 

世界の伝説となる企業
アップルの
天才スティーブ・ジョブズ
ではなくても

資金も知名度や影響力も
人脈がなくても

出会う前から
ファンを創るという戦略を
忠実に行い、

この4年間で、

自分で自分をほめるようで
恐縮ですが、

毎月安定的に
月商1000万円の売上を
実現できるようになりました。

わたしの4年前は、
年収505万円の
Webの仕事をしている
普通のサラリーマンです。

 

ファンとは
未来のお客様です。

 

未来のお客様=ファンを持つ
戦略のあなたにとっての緊急性
を今日は語りたかったのですが、

 

いつファン創りを
はじめるのか?

それだけなんだと

 

わたしは確信しています。

ファンがいなければ、

毎月、売り込みを続けるしか
選択肢はないのですから。

うちの商品は
こんなにすごいんですと
自分で売り込みをして

買ってくださいと
こちらからお願いする
売り方だと

 

わたしが直接指導している、
人から先生と呼ばれる職業の
クライアント達の

 

集客の切実な悩みを
解決することができませんでした。

 

ファンがいたら、
ファンからお願いします
買わせてくださいと
お願いされるようになります。

 

 

ファンを創る戦略を
はじめない理由は

起業家、経営者には
ありません。

これは言い切っておきますね。

 

※ファンってどうやって創るの?

 

 

わたしの集まる集客の理論
下記の図では、
カスタマーメイクサークルでは、
『メルマガ読者』
をファンと定義しています。

ファンがメルマガ読者だと
言われてもピンと来ない方や

 

メルマガで
集客がうまくいくなんて
想像もできない、

 

という方もいると思いますので、

 

月商7桁〜8桁の売上の安定化
が実現させられる

ラブレター型メルマガについて

このメルマガで
教えていきますね。

では今日も、

あなたのためだけの
集まる集客
ヒットルート創り

今日も応援しております。

 

 

あなたにも

与える達人となり
未来のお客様=ファンを創る
ヒットルートを。

 

 

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f