第三者がみたら、何のサイトかわかりますか?

第三者がみたら、何のサイトかわかりますか?

ホームページとソーシャルメディアとリアルを融合させ
アクティブな顧客が自然と集まる仕組みを創る
WEB戦略プロデューサー 長瀬葉弓です。

 

『勢いだけ』でオープンしたけれど、

人が集まらずウォールが寂しいFacebookページ。
・・・・残念ながらよく見かけますね。

 

そのプロジェクトのホームページを拝見させていただくと
やはりコンセプトが明確ではなく

 

『伝えたいことを、ただ押し売りしている』

このような状態です。

ホームページが上手く伝えられていないのに
Facebookページで立ち上げたところで、
共感も関心も呼ばないのは『当たり前』

 

改めて、第三者に
あなたのホームページやFacebookのウォールを

見てもらいましょう。

 

『誰に向けて、何を提供しているかわかりますか?』

いえ、もっと単純に

 

 

『何のサイトかわかりますか?』

と、どなたか第三者に質問してみてください。

あなた自身は、自分が可愛がってきたホームページやFacebookページを
もう客観的にみられなくなってしまっているでしょう。

 

存在するだけで利益を生まない『あるだけホームページ』、
 『勢いだけで』オープンした、『とりあえず運用中』のFacebookページ

からいち早く脱却していただきたいと思います。

 

言わんとすること、

 


すなわち主旨や内容が頭にちっとも入ってこないのは、

言い過ぎ、伝え過ぎ、わかりづらい、など

 

 

 

『損』をしているポイントがあるからです。

 

 

 

まずは、客観視することから。

はじめてみませんか?

 

 

ホームページとソーシャルメディアとリアルを融合させ
集客×顧客の獲得×顧客のファン化の3つの動線で、

アクティブな顧客が自然と集まる仕組みを

 

無料コンサルティングのお申し込みはこちらから

 

[box type=”bio”] なぜか男性読者が多い!?
女性経営者のための「仕事がとれるFacebook戦略」7ステップの無料メール講座のお申し込みはこちら

メール
お名前

[/box]

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f