実践会感想 東海林文明さん | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

実践会感想 東海林文明さん


長瀬さんへ
昨日は貴重な時間をいただきありがとうございました。

 

【1】Facebook5投稿20コメントの
アクティブ・チャレンジについて

 

何のためにFacebookをやっているのか?
未来のお客様へ出会うため。

斉藤リーダーに教えていただいたフートスート
出村さんに教えていただいたコメントの入れ方。
タグの開き方。

大変ためになり効率も上がった。
そんなシェアをいただける環境にいることに感謝。
その志高い皆さんがいる空間を作ってくださる
長瀬さんに感謝。
皆さんのシェアも大変ありがたい。

最近の投稿でタグつけが多いのか
コメント入れてくれる人が変わってきた。

今までの友達から広がりが生まれた。

その先にはきっと未来のお客様がいるに違いない。

友達申請が来ているが、リアルに会ってないから承認していなかったが
新しい友達の輪を広げるために承認しています。

Facebookはコミニュケーション、コミュニティを作るところ
売り込みではない。

どら焼きイベントはコミュニケーション、コミュニティで売り込みではなく
楽しいイベントでお菓子をもらい幸せになれるイベント。

売りがないので、軽い気持ちで集まる。それを感じた。

コミュニケーションのどら焼きイベントをやりながら、
ただし時間配分を考える。
未来のお客様へ出会うため新規の友達も増やし、
会話をする。愛あるコメントをする。

 

 

 

【2】ファンメイク力を高める
Facebookのセルフパフォーマンスの
考えるの軸とキュレーションノウハウ

誰のための自分かをさらに意識しました。

お客様はどんな投稿を欲しいのか?
何に反応するのか?

必ずUSPを盛り込む。

ただの投稿でなく、Facebookは流れていくので、
いつも見れない、見られていない。

なら、毎回、ネーミングネタに絡ませて投稿すべき、

最後の方からそうしていました。前半は何気ない投稿、
いつも通りです。

何のためにFacebookをやるのか?
に戻る。

未来のお客様へのメッセージ。交流。
ライフスタイル
ライフスタンス
菓子名ネーミング師として行動
考えることを意識する。

未来のお客様の「悩み」を解決する
投稿をする。

お菓子作りもお客様の悩みをお菓子で解決するもの

それが心に響くお菓子。

3秒で伝わるラブレター
お菓子屋店主のための菓子名命名師
東海林文明

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を5年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f