集まる集客実践者ー秋葉隆行さんからのご感想 | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

集まる集客実践者ー秋葉隆行さんからのご感想


こんにちは秋葉隆行です。
「まだ始めたばかりの自分が、えこひいき欲しさに応募していいものだろうか?」とも思いましたが、書いちゃいました。
同じ内容を二つのタッチでまとめてみました。。。
 
是非、、、えこひいきしてください(笑)
 
version 01ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「その一歩をふみ出したいあなたへ」
 
昔感じていた自分に対する可能性は、どこへ行ってしまったんだろう?
そんな疑問感じることはありませんか?
生まれた時は、みんな真っ白で無限の可能性をその手に握りしめて生まれてきたのに、いつその手を開いてしまったのだろう?
そしてその可能性は、日々の生活の中どこへ去ってしまったのだろうか?と、感じることはありませんか?
 
僕も、好きで始めた歌の仕事なのに、周りからは自由でいいねと言われるフリーランスなのに、そんな想いに胸を締め付けられ毎日を過ごしていました。
 
変わりたかった。進みたかった。「きっと、もっと、、」って思ってるのに変われない日々が歯がゆかった。
 
そんな中、僕は出逢い、直観で仕事をゆだねることを決めた人がいます。
長瀬葉弓プロデューサー
 
彼女が僕に渡したのは一冊のノート。
そのノートには「Active Note」という名前がついていた。
そして彼女は言った、
「私は夢を具現化する道しるべを持っています。しかし、ノートに書き込む夢を描くのはあなた自身です。そして、あなた自身が歩むのです。」
 
そのノートは、まるで産まれたて赤ちゃんが手にしている可能性のように真っ白に澄んでいた。
僕はわざわざ万年筆をさがして、そのノートに記念すべき一行目を書き込んだ。
 
「声で、歌で、みんなの人生が輝きますように、、、、」
それは、焦れていたのにふみ出せなかった一歩目を、僕が歩み始めた瞬間だった。
するとそこには、高い志を持った同志達の笑顔と想い達もやってきた。
僕の想いは加速しはじめた。。。
 
これからこのノートに夢の続きを書き綴ってゆくのは、もちろん僕自身だ。
でもそこに描かれる夢には、いつも長瀬葉弓さんの『夢を現実へと導く「言葉」「愛」「勇気」』と同志達の笑顔が寄り添っている。
 
 
そして今、これを読んでいるあなたの前にも一冊の真っ白なノートがある。
 
今のまま、どこまでも連なる擦れた日々を路傍の石に腰掛け眺めているだけの人生を選ぶのも、
もう一度自分の可能性を探し、そこに震える手で一行目を書き始め冒険へと旅立つのも、
結局はその人に与えられた自由なのだ。
 
でももし、
もし、あなたも同志として共に歩んでゆくのなら、どうか教えてください。
 
その真っ白な「Active Note」の一行目には、なんと書くのですか?
 
 
 
 
 
version 02ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
昔感じていた自分に対する可能性は、どこへ行ってしまったんだろう?
生まれた時は、みんな真っ白で無限の可能性をその手に握りしめて生まれてきたのに、僕はいつその手を開いてしまったのだろう?
そしてその可能性は、日々の生活の中どこへ去ってしまったのだろうか?
好きで始めた歌の仕事なのに、周りからは自由でいいねと言われるフリーランスなのに、そんな想いに胸を締め付けられ毎日を過ごしていました。
 
変わりたかった。進みたかった。「きっと、もっと、、」って思ってるのに変われない日々が歯がゆかった。
 
そんな中、僕は出逢い、直観で仕事をゆだねることを決めた人がいます。
長瀬葉弓プロデューサー
 
彼女が僕に渡したのは一冊のノート。そのノートには「Active Note」という名前がついていた。
そして彼女は言った、
「私は夢を具現化する道しるべを持っています。しかし、ノートに書き込む夢を描くのはあなた自身です。そして、あなた自身が歩むのです。」
そのノートを開くと、まるで産まれたて赤ちゃんが手にしている可能性のように真っ白に澄んでいた。
僕はわざわざ万年筆をさがして、そのノートに記念すべき一行目を書き込んだ。
 
「声で、歌で、みんなの人生が輝きますように、、、、」
 
それは、焦れていたのにふみ出せなかった一歩目を、僕が歩み始めた瞬間だった。するとそこには、高い志を持った同志達の笑顔と想い達もやってきた。僕の想いは加速しはじめた。。。これからもこのノートに夢の続きを書き綴ってゆくのは、もちろん僕自身だ。でもそこに描かれる夢には、いつも長瀬葉弓さんの『夢を現実へと導く「言葉」「愛」「勇気」』と同志達の笑顔が寄り添っている。
 
長瀬さんと出逢って感じることができたこと、それは、
「今のまま、どこまでも連なる擦れた日々を路傍の石に腰掛け眺めているだけの人生を選ぶのも、
もう一度自分の可能性を探し、そこに震える手で一行目を書き始め冒険へと旅立つのも、
結局はその人に与えられた自由なのだ。」ということ。
 
今日も僕のActive Noteには、未来への言葉が書き加えられてゆく、、、

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を5年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f