フローメンタルメソッド塚越友子さん「私にとっては、人生の救世主。長瀬さんには、私が失ったものすべてがあった」 | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

フローメンタルメソッド塚越友子さん「私にとっては、人生の救世主。長瀬さんには、私が失ったものすべてがあった」


フローメンタルメソッド メンタルトレーナー塚越友子さんから、プロデュースプランに参加したご感想をいただきました!

 

参加したきっかけ

塚越友子さん

 フローメンタルメソッド  メンタルトレーナー塚越友子さん

 

OL時代に急性C型肝炎・急性膵炎を患ったことをきっかけに、
うつそして、社会からドロップアウトして
銀座のホステスに転身。

ホステスの世界で売上ナンバーワンの実績を作って自信をつけたころ

「だれの世話にもならず一人で成功してやろう、社長になるんだ」と目標を掲げた。

自分が「うつ病」の治療中、精神科医療に疑問をもち、カウンセリングを広めて、精神科医療の世界をかえようと使命と希望と闘志と情熱にもえて、カウンセラーとして起業したのが7年前。
それから7年がたって、本もベストセラーになり、メディアにも居場所をつくり、臨床でも実績を残し、人から見れば成功したようだった。

でも、私の心は正反対。

目標喪失・使命喪失・興味喪失・闘志喪失・情熱喪失すべてを失って、
うつ病でどこにも居場所がなかったあの時と同じくらい絶望していました。

私は何がやりたいのだろう?

何を成し遂げたいのだろう?

私は社会を変えるような人間に昔からなりたかった。
なのに、なにも変えていない。
社会正義も貫いていない。

そんなとき、最後の悪あがきで、アメブロをカスタマイズしようと思い立った。
今までの人脈は、TAKERばかりで本当に嫌気がさしていたので、自分でグーグルで地道に検索した。

一つ一つ、カスタマイズのデザイナーのページを読み込んだ。
気に入る人、信じられそうな人がいない。あきらめかけたとき、カイエダ ミエさんが運営するカタクリコデザインのページを見つけた。

文鳥が好きらしく、それで決めた。私と同じ小鳥好きなら間違いがない。人間的に信用できる。
その勘はあたっていた。

素晴らしいデザインページができ、お仕事が終わってしまった。

また、仕事を頑張れそうだと思った出会いだった。

だから私はカイエダさんにもう一度会いたいと思った。そして再会したのが8月。

カイエダさんは長瀬葉弓さんのプロデューサーズラボラトリーで勉強しているということだった。

長瀬葉弓さんといえば、どこかで聞いたことがある。

そうだ、私が独立開業してノリに乗っている絶頂の時、お会いしたWEBのプロデューサーの人だ。会社員だったはずが、数カ月後に独立したというはがきが来ていたけれど、傲慢な私はそのお知らせハガキを一瞥して捨ててしまっていた。
走馬灯のように、あるパーティーで名刺交換をした時の自分の傲慢な態度、長瀬さんのキラキラした大きな瞳を思い出した。

そんな自分だったから、長瀬さんのセミナーへ参加するのがすごくバツが悪かった。
でも、カイエダさんが教えてくれた長瀬葉弓さんという人物はとても魅力的だった。

どうしても会いたかった。話を聞きたかった。

長瀬さんには、私が失ったものすべてがあったのだ。
情熱・使命・闘志・目標、まさに希望そのものだ。

セミナーに参加してすぐに、プロデュースプランを申し込んだ。
長瀬さんのそばにいれば、私はもう一度希望を取り戻せる。
もう一度自分の使命のもとに、夢中になって、世の中に何かを残せる。
世の中を変えられる。
そして、中途半端で自己愛が強くて最悪な自分が今度こそ変われるのではないか。

セミナーで長瀬さんが語った
「変わらない人は多いが、変われない人はいない」という言葉が背中を押してくれた。

2014/9/11の集客ファンメイクセミナー

 

 

参加した感想

決意をもってプロデュースをお願いしたが、最初から前途多難だった。

・腐りきった心
・疑心暗鬼の心
・世間から叩かれる恐怖

ネガティヴでがんじがらめだった。

なにも進まない。
長瀬さんが、その発想力豊かな才能を使って、魅力的なプランを提案してくれても
私がついていけないのだ。

ビジネスが加速するどころか、私は自分自身と戦うはめになったのだ。
提案してくださった企画もやれずに、グズグズしていた。
何もできない自分に、自分でとても嫌になった。
プライドを守ることばかりに一生懸命で、実際に何もしていない。

それに比べて長瀬さんは、実行・実行・実行、成果・成果・成果とやり遂げている。
「背中をみなさんに魅せるために頑張っています」 言葉どおりだった。

だんだん、自分の傲慢さも打ち砕かれ、謙虚になることができた。これがプロデュースをうけて最初の1ヶ月目の変化だった。
次の1ヶ月は、自分が新しくやりたいこと、使命、情熱を燃やせるテーマを見つけることができた。

新たなチャレンジ

私ができそうなテーマを持って接見に行くと、

長瀬さんが

「塚越さん、それをやって本当にワクワクするの?そのお客様とかかわって楽しいの?」と一蹴してくれたのだ。

そして、チラリといった「ゴルファーかテニスプレーヤーのコーチ」企画が、長瀬さんのクリエイティビティとコラボして、まさに私のテーマが生まれたのだ。
「強いひとをより強く」

そう、私は誰よりも「強さ」にこだわっている。
そして「勝負」にも。
勝つこと、強くあること。大好きだ。
心が震えた。

これなら、どんな批判を浴びようとも、貫いていける。
何より、楽しい。

長瀬葉弓という人はどこまで、顧客のことを真剣に考えてくれる人なのだろうか。

そして、今まで誰も、見つけられなかった、私の「コアテーマ」まで見つけてしまうのだ。
頑固な私もここで「白旗」を降る以外なかった。

そして、一番のマインドブロック「自分は人から嫌われる。叩かれる」を外すために
長瀬さんのFacebook戦略を忠実に実践することを決断した。

長瀬さんに出会って、プロデュースを受けて、私は人生を取り戻した。

人生の課題をもクリアしていこうとしている。
長瀬さんはただのビジネスプロデューサーではない。
私にとっては、人生の救世主だ。
いつも長瀬さんの背中を追いかけていると、その張り詰めたガラス細工のような背中に畏怖の念を感じる。

いつまでもいつまでも私に背中を魅せ続けてほしい。
そして私は私の背中を追い続けてくれる人に、背中を魅せ続けていきたい。

そのために、今の企画「フローメンタルメソッド」でなにがなんでも、絶対に成功してみせます!

その成功が長瀬さんへの恩返しであり、後進への恩送りである。
そんな静かな闘志に燃えています。

フローメンタルメソッド

フローメンタルメソッド

 

どんな人におすすめですか?

・人生をかけて仕事をしたい人
・情熱と闘志をもって世の中を変えたい人
・何か面白いこと世の中に仕掛けたい人
・志がとにかく高い人
・義理人情と浪花節が心情の人
・人と違うことがしたい人

 

長瀬さんのまわりには、そんな人がたくさん。
できることなんかやりません。できそうもないことを、やる集団です。

やっていく中でできるようにしてしまう。
だから、圧倒的な成果と誰にも真似できない企画を世に出せるのです。
できるからやるのではない。やるからできるのだ。
やりきりたい人におすすめです。

 

フローメンタルメソッド メンタルトレーナー 塚越友子

 

 

 

 

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を5年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f