与える情報量が多すぎないか?「伝え過ぎ現象」かも。

与える情報量が多すぎないか?「伝え過ぎ現象」かも。

集めるのではなく
集まる集客を科学式にする

Active-iWeb戦略プロデューサー
長瀬葉弓です。

人に教える志事をなさっている皆さんへ

「伝え過ぎ」ていませんか?

 

これも教えてあげたい
これもぜひやってみて欲しい。

 

そういえば
こんな例え話があるから
これも伝えなくっちゃ!

 

Facebookでも
ブログでも
メルマガでも
実際のセミナーでも
テキストでも

 

「伝え過ぎ現象」

が起こっています。

 

クライアントや
生徒さんは、

大抵

一度にたくさんのことは
理解できていません。

 

どうして
先日も伝えたのに、

わかってくれていないんだろう?
覚えていないんだろう?

どうして理解してもらえないのか?
と悩んだら。

 

まず伝える量を
少なくしてみましょう。

 

「1メッセージ、1アクションの掟」

 

といって
1回に伝える結論を

ひとつにすることを
おすすめしています。

 

私は「与える達人」

になってくださいと

皆さんにお願いしていますが、

 

ただ多大に与えるのではなく、

 

与える量(さじ加減)も、
理解した達人に
成りましょう!!

 

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f