Facebookのカバー写真で、自己プレゼンテーション! | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

Facebookのカバー写真で、自己プレゼンテーション!


引き続き、9月22日のF8 2011 基調講演で
Facebookの創始者、マーク・ザッカーバーグの
プレゼンテーションをひも解いていきます!

 

私のFacebookのタイムラインをみた感想は
皆さんからの反応は、この通りでした。

 

『そら恐ろしい、Facebookに全部握られている感じ』

『これならブログがいらないね』

『採用担当は絶対にチェックしますよね』

『お見合い相手のものはしっかりチェックするな』

『すぐにやってみたい』

『自分史を創らなくていいから便利かも!』

『私だったら営業先の相手の情報をチェックしておいて話題づくりをしますね』

『不気味』 『すごい!』

『え~、写真をどうしよう!!!?』  ← ココに注目

 

長瀬葉弓のFacebookタイムライン

そうなのです。

 

個人ページの上部に大きな画像を設定できるようになります。
『カバー写真』と言います。

 

ブログの『ヘッダー』のようなものといったら
イメージしやすいでしょうか?

 

Facebookの個人アカウントのウォールは、
ビジュアルの表現力が飛躍的にアップしました。

 

これまで、Facebookは
顔写真の設定を必須にしていましたが、
『カバー写真』で、自己表現をすることが可能になったのです。

 

海が好きな人なら『海』
花が好きな人なら『花』

趣味の写真を存分に飾ることができます。

 

 

お子さんの写真を設置してもいいでしょうし、
幾何学的なクールな抽象画を置いてもいいでしょう。

 

 

『カバー画像』の設置は、すごく簡単です。
いままでアップした写真から選択し、位置を調整するだけ。

 

もちろん新しくアップロードすることもできます。

 

あなたならどんな写真(画像)を設置しますか?

この記事をお読みのああさんは
ビジネスでFacebookを活かしたいと思っているはず。

 

Facebook戦略では、まず
『信頼』を得るところからはじめます。

 

 

顧客やビジネスパートナーが
あなたを『信頼』することを念頭において考えてくださいね。

 

画像の『力』を最大限に使って大いに
自己表現しましょう!

 

究極の履歴書、
究極の自己紹介ページ。

 

自己プレゼンテーションの場なのです。

 

 

そう、本当の自分を深く知ってもらうことで
信頼を得るのです。

 

 

カバー写真には、あまりにマニアックなもの、
身内受けなもの、陳腐なもの、
ではあなたのセンスを疑われてしまいますね。

 

『カバー写真』は大きな面積で設置できるのですが、
少しだけ『コツ』も必要なようです。

 

 

リンクをした際に、
中途半端な位置から表示されます。

Facebookカバー写真


はじめに表示されるのは少し、下がった位置からなのです。
わたしの設置したカバー写真は、首だけで切れてしまいました。

 

 

 

わたしなら、
『はじめに表示される部分』だけ見ても、
デザインとして違和感がなく、
しかも全体としても綺麗にみえる画像を設置します!

皆さんはいかがされますか?

 

たくさんの機能が加わりますので、
明日以降のメルマガでじっくり触れていきたいと思います。
ビジネス戦略までに落とし込みたいので、適宜端折りながらいきますね!

 

Facebookのタイムラインをすぐに体感したい方はこちらへ
Facebookの新機能「Timeline」を一足早く体感する方法
http://blogs.itmedia.co.jp/nakayama/2011/09/facebooktimelin-8e48.html

 

では次の記事をお楽しみに!

 

 

ポイントは、
「人生の大切な瞬間を強調して表示される」
「友達が何を経験したかを知ることができる」です。

 

 

いま一番、新しくてホットでアクティブな戦略を考えました!
質疑応答をたっぷり行います。

集客動線、顧客獲得動線、コアファン化動線の3つの軸で
Facebookとホームページとリアルを連動させる

★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★
★ 新しくなるFacebookを学び直す
★  『新』Facebook戦略トータルマップ構築勉強会
★~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~★
https://www.active-note.jp/archives/498

10/19(水)残席1席
10/27(木)残席1席
10/29(土)残席3席

アクティブノートのFacebook勉強会
<セミナーの内容>

【第1部】
新しくなったFacebook、mixi、ブログ、Twitter、Google+
それぞれの違いと今後のソーシャルメディア活用

【第2部】
Facebookの可能性を活かしきれない失敗してしまうの5つのポイント
ユニクロのWEB戦略の成功ポイント

【第3部】
Facebookを自社の戦略に取り入れたい方のための
顧客が集まる3つの動線戦略マップ概念

【第4部】
お好きなだけ質疑応答 & その場でコンサルティング

詳細はこちら
https://www.active-note.jp/archives/498

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を5年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f