NO IMAGE

はじめの二歩を進むということ 

集めるのではなく集まる仕組みを創る!
Active-iWeb戦略プロデューサー長瀬葉弓です。

今日は中2卓球部の長男が久々に部活が超久々にお休みでした!
関東大会に連続出場するために卓球部の夏休みはほんの数日しかないんです。

私も志事の予定を空け、家族4人で、
焼き肉に行ってきました!!

いつもは喧嘩ばかりの夫と長男。
ですが、今日は何ともなかったように楽しく過ごすことができました。

ぶつかってもすぐ仲良く慣れる
・・・・家族ってすごいですね。

私は家庭環境にはあまり恵まれず
自分の親と家族揃って仲良く食事するというシチュエーションが残念ながらなかったので、

いま自分で、
家族が持てたこと、

素晴らしいな〜と自負してます。

はじめの二歩を進むということ

ところで、
急に質問ですが、

あなたは、
なぜシゴトをしていますか?

私は、家族揃って
ハワイで1ヶ月バカンスを過ごすこと!!

もしくは
バディプロジェクトメンバーや起業家仲間と!
※家族と同じくらい大事な存在なのです。

ハワイで、想いっきり遊びながら
また新しいビジネスのアイディアが溢れ出て

次のビジネスもどんどん成功していく!!

遊んでいるのにシゴトになる!!

そんなふうになるために、
ワクワクとシゴトをしています。

稼げるようになりたい
売上をあげたい

そして自分の夢を実現したい、

と考え新しいチャレンジをなさる起業家へ

ほんの少しだけ先輩の私から
お伝えしたい一言は、

この一言です。

はじめの一歩ではなくて
はじめの二歩を進むと心に決めること。

はじめの一歩の前進は、
まだ一本足が地に残っているため、
いつでも戻ることができるんです。

人間って、
コンフォートゾーンに
戻った方が楽チンな生き物ですよね。

※コンフォートゾーン」とは、現状の自分の環境のこと。

今までの『自分ができること』をそのまま続けたほうが楽チンですし、
今までの『周囲が認めてくれている自分』のままでいるほうが楽チンです。

そのコンフォートゾーンを離れ、
でっかい夢にチャレンジされる人は、
大きな不安もつきまといます!

だから多くの人は、
がんばっているんだけど、

自分の居心地のいい
これまでの世界(コンフォートゾーン)にすぐ逆戻りしてしまう。
もしくはあちこちジプシーのようにふらついてしまうんです。

私の師である相葉力哉さんはこう私に教えてくれました。

はじめの二歩進むをいうことは「決断」するということ。
決断するということは、「退路を断つ」ということに繋がると。

つまり起業する!
新企画を遂行する!
新たなチャレンジをする!
という決断をするためには

はじめの一歩ならぬ、
はじめの二歩を進むとココロに決めるべきなんです。

私の場合は、超幸いにも、

家のローンを抱えています
子どもも二人います
夫は会社を辞めました、

退路は断つ!!
な〜んてことを考えずとも、

私は
退路がなかった!!!

今想えば、ものすごく素晴らしい奇跡です!!

自分の才能を価値に変える!
自分の才能を伝承し、

遊べる起業家になる!

退路がない状態でしたから、
素直に、まっすぐに進んでいくことができました。

私は

はじめの一歩ではなく
はじめの二歩を共に進む、
仲間=バディに会いたい

創るプロではなく、勝たせるプロ。
教えるプロではなく、考動させるプロ。

本質論からなる
起業家のビジネスプロデュースを行うための

起業家支援制度
バディプロジェクト

これまでは、バディプロジェクトの募集は
内々に行ってまいりましたが
今後正式に募集をしてまいりたいと考えています。

はじめの一歩進むと考えず、はじめから二歩進むことを考えてみませんか?

また明日に続きます!!

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f