Facebook集客のコツ『痛いな』と思えてしまう投稿 | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

Facebook集客のコツ『痛いな』と思えてしまう投稿

Facebookの『痛いな』と思えてしまう投稿

Facebookの『痛いな』と思えてしまう投稿

本日は、
Facebookについて本質で捉えたい方へ
一考いただけるコラムをご紹介します。

私がサラリーマン時代より現在起業してからも
長年お世話になっている

モテ塾のパーソナルプロデューサー
市川浩子さんのメルマガから!!

『ビジモテ通信』コラム~自己開示と自己呈示~をご紹介します。

~~~~

最近、twitterやfacebookなどで
パーソナルな情報を開示する機会が増えてきました。
そこで気になるのが自己開示と自己呈示(ていじ)。

自己開示とは、皆さまご存じのように「自分を開いて示す」こと。
何の意図もなく、ありのままを伝えることを指します。
分かりやすく言えば、本音トークをしたりして、さらけ出すことです。

もうひとつの「自己呈示(ていじ)」とは
初めて聞く人もいるかも知れませんね。

こちらは、相手にどう思ってもらいたいかによって
意図的に振舞い方を考え行動することを指します。

「印象操作」といったあまりいい表現ではない言い方で
表現されたりもしますが、
自分のブランディングを考えている人なら
ただやみくもに自己開示するのではなく
自己呈示するほうがいい場合が多いように思います。

先日ある方と話していて
「自分が頑張っている姿をせきららにアップする人がいるけど
かえって『痛いな~』と思える。
頑張っててもその頑張りが爽やかじゃないとね」
と言っていました。

日本人はとかく、忙しいことや頑張っていることを
美徳とするところがありますが
その方の意見になるほど~と思いました。

確かに、facebookがきっかけで、離婚に発展したカップルや
会社のイメージダウンにつながった発言をしてしまったSNS担当者、
会社の愚痴を書いたことで、会社での評価が下がった人、
クビになった人もいるといいます。

私も見ていて
「この人のこのコメント、会社にばれたらまずいんじゃないの?!」
と思ったりしてひやひやすることもあります。
もしかしたら、自分にもそんな投稿があるのでは
と振り返ることも大切ですね。

SNSは誰が見ているかわからないもの。
頻繁に「いいね!」やコメントのやり取りをしている人以外にも
しっかり見ている人がいるということを忘れず投稿したいものです。

また、facebookはアドレスのわからない人と
気軽にメッセージをやり取りできるという半面、
他のメッセージに紛れてしまったり、
メッセージの下にあるその他のフォルダに入る場合があり
読んでもらえないということもあります。
メールとの併用をうまく行いたいですね。

ビジモテ通信からの引用ここまで~~~~~

忙しいことや愚痴を投稿する、
このメルマガの皆さんにはいないとは想いますが!

Facebookはコミュニケーションをする場ですから

自分の発信を
受け取る相手がどう感じるのか、どう想うのか?

ジャイアンの歌のような一方的な発信にならぬよう、
常にその視点を忘れずにいたいですね。

モテ塾のパーソナルプロデューサー
市川浩子さんのプロフィールはこちら
http://motejyuku.com/menus/index/00003

市川浩子さんへご感想をお寄せくださる際は、
長瀬葉弓のメルマガで読んだと一言添えて、こちらへぜひ~d(-_^)!!
jimukyoku@motejyuku.com

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を5年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f