失敗しないセミナーコンテンツはこう創る(最終章)

■失敗しないセミナーコンテンツはこう創る(最終章)

『1日1ヒント』
 収益獲得型と顧客獲得型のどちらを選択するか?

 

 

『1日1解説』
収益獲得型とは?
セミナーを、収益源とするモデル。
#高額モデル

 

 

 顧客獲得型とは?
セミナーを、販売者とお客様の関係から、
先生と生徒の関係に進化させ「信頼」を得た中から、
先生(講師)へ解決を求める顧客を獲得できるモデル。
#低額モデル

そもそもセミナーを「ヤル理由」は何なのか?
この理由と型を明確にすることです。

 

私の場合、型は後者に重きを置いています。
しかも参加人数は10名以下で行っています。

その理由は3つです。

 

1つ目は、
私が自己投資し、自ら学び、自ら実践し、記録に残した研究を
求めている人に目の前で体験・体感していただき、
その効果・成果を良い意味で伝染させられることが、
 起業家業界における社会貢献の1つと捉えるため。

 

2つ目は、
私を知らなかった人でも、セミナーという空気・と空間の共有から、
 必要以上の労力とお金をかけずに「信頼」を獲得することができ、
 問題解決を求める人とそうでない人を瞬間で判断できるからです。
 ※このスタイルで、求めている人を対象に顧客獲得率55%を超えさせています。

 

3つ目は、
 人に教える、語り合う、成果を伝染させる、共に豊かに成る。
このセミナーコンテンツ作成法を、私に関わる多くのセミナー開催希望者に
実践させてあげられやすいためです。

 

 

あなたはどちらをなぜ選択しますか?

 

是非セミナー開催、チャレンジしてみてください。

 

「何を行うのかではなく、なぜ行うのか(^0_0^)」