ホンモノクラベには”突出する型”がある

賢い人は研究家であり教育家であるということ

自己投資をし、自ら学び、自ら実践し、体系化する。
人に教え、パートナーを募り、共に豊かに成る。
この7つのステップに沿ってビジネスモデル・商品・サービスを
新たな視点で創造し、再現性の高い突出した起業家を目指す人へオススメです。

「本物」のみが勝ち抜ける時代の幕開けを迎えた今、
「ニワカ」型あるいは巷と同じ考え・販売・集客をしていては、
本末転倒の危険性があることに気づいている人は多いと想います。

が然し、ソレに対応している人も少ないのが事実でしょう。

そこで、ホンモノクラベへの適応策として、
以下の3ステップをオススメします。

 

1:専門性のある深い知識を研究し続けること。

2:小学6年生でも分かりやすい知識(言葉)で教育すること。
#販売者とお客様の関係から、先生と生徒の関係を構築する視点

3:研究した知識及び分かりやすい教育により、
お客様が得られた成果の数を増やす。
またその成果の数を形(記録)に残す。

いかがですか?
賢い起業家は、このようにホンモノクラベに適応できるシゴト(志事)をしています。
必要だと決断する”決断”ができたならば、実践に移ることをオススメします!

整理及び徐々にハードルを上げながらまとめます。

 

▼1つのジャンルで、型破りな、専門性のある深い知識を研究し続け、
▼難しい知識を難しくのみ伝える素人から脱却し、
▼難しい知識を小学6年生でも分かるプロとしての教育を以て、
▼目の前のお客様の問題を解決or欲を満たす数を増やし、
▼記録に残し、派生できる記録を用いて大きく飛躍する。

 

是非チャレンジしてみてください。

 

『 できるからやる。のではなく、やるからできるんだ(^0_0^) 』