問題発見法が次のステージへの近道を創る

■問題発見法が次のステージへの近道を創る
長瀬葉弓のプロデューサーズ1日1日ヒント

 

問題点の根っこを見つけ出す習慣を持つこと

例題:「 顔晴っているけど、目標が達成できない」

なぜ?目標達成できなかったの?
⇒ 立てた計画通りに行動しなかったから。

なぜ?立てた計画通りに行動しなかったの?
⇒ やり残してしまう作業があったから。

なぜ?やり残してしまう作業があったの?
⇒ やろうとしたけど、休んだ時があったから。

なぜ?やろうとしたけど、休んでしまったの?
⇒ 疲れが たまってしまったから

なぜ?疲れが たまってしまったの?
⇒ 完成期日が迫っていたため、2日間徹夜をしてしまったから。

なぜ2日間徹夜をしなければいけないほど、完成期日が迫っていたのか?

このように、「 なぜ? 」を繰り返すことで、
目標達成できなかった問題点の「 根っ子 」が見えてくるわけです。

 

これは、世界のトヨタもおこなう改善法です。

 

つまり、目標達成できなかったのは、顔晴っていなかったわけではない。
根底にある問題点の「根っこ」を、見直し、改善することが足らなかっただけ。

逆の見方・捉え方をすれば、

根っこの見つけ方を智恵と捉え、
その繰り返しの先に残るのは、目標達成のみ。ということです。

 

是非チャレンジしてみてください。

 

 「問題が見つかれば、すでには半分以上 解決したようなモノ (^0_0^)」