『時間経営戦略部の創設を』

  • NO IMAGE

起業を選択する人に
未来への鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー

長瀬葉弓です。

コロナ禍で
起業をはじめて

オンラインで収入を得られる道を
見つけ出し、

実際に稼げるようになった人が
91名になりました!!!!

ところが、
コロナ禍になって
動きだしたけれど

オンライン化したけれど
あんまりうまくいっていないし、

がんばろうと決めたけれど

「今日も
 あっという間
 だったなぁ」

 

人生において
このように感じることは、

どなたにでも1度以上
あるのではないでしょうか?

 

 

 

月日が経つのは、本当に早いモノですよね。

 

わたしは関わる起業家の皆さんへの合言葉として
以下の語録に重きをおくことをオススメシテイマス。

 

「1日の遅れは1週間の遅れ、
 1週間の遅れは1ヶ月の遅れ、
 1ヶ月の遅れは取り戻すことは不可能である」

 

もし、この1年が一瞬で終わった感じがある。
もし、先週という1週間が一瞬で終わった感じがある。
もし、昨日という1日が一瞬で終わった感じがある。

 

のなら!!

 

今からの未来も
矢のごとく突き進んでいくであろうことは
容易に想像できるわけです。

 

その突き進む速度を”実り”と成長させるか否か。

 

これは私たち起業家にとって、
最重要テーマと置き換えても
過言ではないと捉えている次第です。

 

明日から数回に渡り、
”あなたが創設すべき時間経営戦略部”

についてお話していきたいと想います。

その前に、是非
”時間経営戦略部”というキーワードで、

あなた自身の
ソレを夢想・妄想して欲しいと想います。

是非チャレンジしてみてください。

「 1日の遅れは1週間の遅れ、
 1週間の遅れは1ヶ月の遅れ、
 1ヶ月の遅れは取り戻すことは
 不可能である(^0_0^)」