わたしの夢は部長で、稼ぎたい額は、50万円だった話

わたしの夢は部長で、稼ぎたい額は、50万円だった話

起業を選択する人に
未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

起業をする前、
38歳の頃、
わたしの夢は、

部長になることで、
稼ぎたい額は月50万円でした。

わたしにとっての
仕事のやりがいって
なんだろうと考えた時。

そのときに
わたしがやりたい!!
っと感情が動いたのがこれでした。

心の中から
お腹の底から
湧き上がる強い想いを

言語化すると
こうなりました。

お金のことより
直接人に関わることができて

楽しい楽しい仕事を
自分で現場で回していることに

生きがいを
感じていたからです。

「自分でなければできない仕事である」と
感じることが
わたしには大切だったからです。

ところが、
まず、

どんなに
がんばりやさんで、
営業成績もあっても

子供が保育園児だったため
残業ができないという条件で
働いていました。

残業できない女性が
部長になるなんて
不可能だったです。

いまでも
そんな会社ないですよね。

わたしの場合は、
その夢は叶わず、

 

なんだか状況に流される感じで
起業をすることになり、

(会社をリストラされることになって) 

 

 

せっかく起業するんだから
1億円くらい稼ぎたいよな。

 

(とっても安易な感じで) 

 

自分の未来のデザインを
決めました。

今日のポイントは、
ここです。

起業をはじめるにあたって

とてつもない覚悟とか
高い精神性とか

ただ
やってみたい!という
感情だけが

お友達。

それだけでいいのですけどね、
みなさん難しく
考えすぎではないでしょうか。

 

 

 

 

 

GWコロナ
第4波に負けるな

未来応援キャンペーン

どこかに行きたいけどいけない!
そんなときは!!
働き方を変えるときですね。

 

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f

長瀬葉弓のプロフィールはこちら
↓↓↓↓↓