ハワイから10年前の38歳のOLのわたしに教えたい、自分の波の起こし方

  • ハワイから10年前の38歳のOLのわたしに教えたい、自分の波の起こし方

起業を選択する人に
未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

 

少し長くはなりますが、

わたしがなぜいまのシゴトをしているのか、

緊急事態宣言の出される中、
ハワイでダイビングをしているのか
順を追ってお話させていただきます。

 

2011の起業当初

わたしが掲げていた目標は、
『選択できる人生を手に入れること』

自分が組み込まれなくても
シゴトが回る仕組みを作り
1ヶ月のヴァカンスに行ける
日本人になること。

自分も、夫も、子どもたちも
私に関わる方々をも豊かにしていくこと。

誰よりも「起業家」を
支えたプロデューサーとして
子どもたちの記憶に残る親となり、

夫に「葉弓と結婚して良かった」と
言ってもらって老後を暮らすことです!

こんなふうに、
夢や希望、
志を掲げて

がんばっていましたが、
はじめから順調にはいきませんでした。

師匠に提案していただいた
1億円以上の売上が
見込める大きなプロジェクトを
実践しようとして
大失敗しました。

起業してから8ヶ月間
売上がなかったです。



夫はうつで会社を退職していました。

1家4人の家計は全部、
カードのリボ支払い。

持っているカードの限度額
いっぱいまで、
使い切りました。

稼がなくては!
稼がなくては!
稼がなくては!

と焦ってました。

ストレスですねと診断され、
顔面神経麻痺となり
3週間入院してしまいます。

無収入なのに
入院って

結構きついです。

それでも、
我慢して、

『動き方』を
間違えなかったので、

2011年12月には、
260万円の月商、
その翌年には550万円の月商を
上げられるようになりました。

 

このわたしの起業の最初の1年間に、
あなたが解決したい問題と
その解決方法が
たくさんあると想います。

だからなんでもきいてくださいね。

話は遡ります。

 

1995年
Windows95が発売され、
日本にインターネット元年が訪れた年。

わたしは新卒でした。

たまたま滑り込みで入社できた
IT系の会社で、

 

わたしは、中学高校の美術の教員免許を
持っています

研究室は油絵科です

と履歴書に書いたため、

(ほんとは大学は、サボりまくって、
バンド活動しかしてなかったけれど)

 

『君は”油絵”が描けるから、ホームページとか作れるんじゃないかな?』

と上司に言われたのがきっかけで
Webのシゴトをするようになりました。

「ホームページってなんですか?」

 

と真顔で質問しました。
1995年、その当時は、まだ誰も
知らなかったからです。

学生時代は、全く
パソコンは触ったことがなかったのですが、

WEBって楽しい!!
最先端な世界って大好き〜!

どはまりしました。

ホームページデザイン、SEO対策、システムプログラミング、Webプロモーション、コミュニティサイト運営、システムのプロデュース、Webコンサルティング、Webマーケティング、ランディングページコンサルティング、ネット広告コンサルティングなどなど、

WEBに関わるチャレンジと
経験を積みながらの

わたしのシゴト人生は
1995年から22年
あっという間に過ぎていき、、

その間に、結婚を3回、
2人出産・子育てもしていて、

気がついたら、

38歳に
なっていました。

 

2人の子育て中で、
保育園送迎生活をしながらでしたが、

同僚の男性には
絶対に負けたくないという意地を持っていて、

 

トップの営業成績
を残します。

その頃の年収は420万です。
手取りは27万円でした。

男性ばかり昇進していくので、

やってられるか〜〜〜!!
数字をあげているわたしのほうを評価しろ〜〜〜!!

保育園送迎中の君は、
子供が熱を出すと早退するから、

君には部下を守れない。

ってはっきり言われて

意気消沈して

もうわたしには未来がないなと
って想っていました。

 

2010年12月、
38歳の頃、

「起業したい」という

私の心の中にしまっていた夢を、
口に出すようになった
自分に自分で気がつきます。

「私には二人も子どもがいるから」
「自分のやりたいことがはっきりしていないから」

「私にはまだ実力がないから」

いろんな言い訳や不安を抱えていた私ですが、

同じ場所に
留まっているだけで
挑戦をしていない人生が
嫌でした。

 

起業している人が
楽しそうでした。

SNSが日本人にも受け入れられて
きたタイミングです。

ライブドアのブログブーム、
mixiの盛り上がりを経て、

Twitterも
Facebookも入ってきました。

ユニクロの柳井会長が
先に動いていました。

孫正義さんが
先に動いていました。

SNSがきっかけで、

大震災がきっかけで、

時代がぐらぐら動いていて

わたしは、ものすごく
ワクワクしていました。

そんなときに、

わたしには
師との
出会いがありました。

10年前の38歳のOLの
わたしに読ませたい、
自分の波の起こし方

そのひとつは、
師との出会い。です。

 

あなたのヒーローズジャーニーにも
必ずある、

師との出会い、

刮目して
探してみましょうね

\(^^)/