師の相葉さんと出会ったときのお話

師の相葉さんと出会ったときのお話

起業を選択する人に
未来への鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー 

長瀬葉弓です。

コロナ禍で、
日本がガラガラ変わるタイミングで
起業を選択する方へ

今日は、
はじめて
師の相葉さんに会った日のお話です。

わたしは当時、
会社をやめたばかり。

気学の先生にお願いして、

大発展するという画数で
「株式会社アクティブノート」
を命名し、

会社の
代表取締役印や
銀行印を

数十万円かけて
本象牙で開運印鑑を
作ってもらって

その日納品をされていて、

それはもう
ウッキウキ!!!!

会社を作ったんだなあ、わたしと
じーんとしていたんです。

思わず初対面の
相葉さんにその印鑑の鑑定書を
みせてました。

「ところで会社では何をするの?」
と質問され、

「まだ決まってません」
と答えていました。

今考えると
おかしいですよね。

会社を登記して
それだけで浮かれていて

肝心の
ビジネスモデルも
戦略プランも
顧客リストも
当面の収入の確保も、、

何もかも

何にも考えてませんでした。
無鉄砲すぎました。

通販コンサルティングでもはじめようかなあ。
とぼんやり考えているくらいです。

OL時代は、

最先端のネットのシステムが
とにかく大好きで、

動画ライブ配信システムである
Ustream(ユーストリーム)での
セミナーを何度か企画し
講師さんを呼んで開催していて、

当時、Ustreamでの
有料課金セミナーを
法人として
日本で一番先に開催してたんです。

それで、数冊の専門書に
事例紹介されていたりしたので
ちょっと浮かれていました。

Ustreamで
何かビジネスをしたい!

それが
わたしの強み、
USPになるかもしれないなあ
と考えていました。

「Ustreamで
何か考えたいと思っています。」

と伝えると
相葉さんは、

真剣に
やめたほうがいいよと
止めてくださいました。

なぜならばの根拠がたっぷり。

いやあ、
ほんとうによかったです。

Ustreamはその後、

You-tubeやニコ生などの競合にも
負けてしまい
すぐにビジネス的に失敗して
Ustream自体が
なくなってしまいましたから。

わたしがわたしの頭で考えて、
選び進む、
起業の方向が

大失敗への方向を
向いてしまっていたので

そのまま進むと危険でした、

命拾いしました。

そして、
OL時代に立ち上げた
Twitter連動で
派遣社員のOLさんたちの
心を掴んで
会員獲得をするために

おおきなゾウさんが
画面のどーんと真ん中にいて

そのおおきなゾウさんに

 

派遣社員さんたちが
悩みや愚痴を
Twitterで呟くと

 

「応援するゾゥ」
「がんばってゾゥ!」
「君の気持ちはよくわかるゾゥ!」

 

 

と励ましや勇気がでる言葉を
リプライで届けるという

WEBサイトを作っていたのですが、

それを相葉さんが

「この構想は自分で考えたの?
これは僕が買取したいくらいのサイトだ」

とものすごく
評価してくださったんです。

 

 

当時、
そのWEB戦略が
効果を出せなくて
会社のリストラにあっていたわけです。

 

だけれども
これからのSNSの時代がどうなるのか
想像して考えた

会話型のコミュニケーションは、
当時の最新で最高の傑作でした。

当時の時代には、
新しすぎただけでした。

(と自分では思っていました)

やっとわたしの話が
伝わる人に出会えた、

奇想天外すぎて
会社から
浮きまくっていた

わたしの戦略構想を

すごいと認めてくれる
わかってくれる人がいたんだと

サラリーマン時代に
やってきたことが

全部、やっと、
報われた気がしました。

そこで
相葉さんからいただいたのが

億を稼げる
Facebookにおける
企画創造、戦略プラン
だったのです。

 

 

そのプランの骨子をみて

わたしならできます、
やりたいです。

 

とすぐに決断していました。

 

まとめると、

わたしが自分で考えた
Ustreamでのビジネスでなくてよかった

ちまたでもよくいる
普通の通販コンサル
普通のWEBコンサルタント
の道でもなくてよかった

ということです。

そして、
普通のOL・お母さんのわたしが

まったく想像もつかない
会社の作り方が

いまの
成果・結果を
生み出すことになりました。

一部、電子書籍で紹介していますが、
ぜんぶ、あなたのリアルな事情に
置き換えられるようにするなら

セミナー、
もしくは
個別相談会で

ディスカッションするのが
一番だとおもってます

会いにきてくださいね。

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f