【いまシゴトを変えないと】お金の格差は、教育の格差・健康の格差も生んでしまう

【いまシゴトを変えないと】お金の格差は、教育の格差・健康の格差も生んでしまう

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。


格差社会の現実と
向き合うと
見えてくるものがある

 

2020年、
誰もが予測不能であった
コロナショックが全世界で起こり
世界中で急速に価値観が
変わりはじめました。

業界内で勝ち残る人と
退場させられてしまう人とに
大きく二極化が進むと予測しています。

日本は、高度経済成長によって
分厚い中間層が生まれ、
「一億総中流」と呼ばれる時代が
長く続いてきましたが

今はそれが崩壊して
「格差社会」が到来しています。

格差は開く一方で、
すでにその差を埋められないどころか、
先進国を中心に「上級/下級」
への分断はますます加速している、
そんな実態をご存知でしょうか?

*参考図書

スクリーンショット 2020-05-10 17.43.35.png

最初から1億円を持っている人は、
それを3%で運用できたら

それだけで生涯に渡って300万円が何もしなくても得られます。

つまり、最低賃金で働いている人の
年収以上のものが何もしなくても
手に入るんです。

資産は複利で増えていきますから、
毎月の余裕資金を株式などに
積み立てていけば、
30年、40年後には
大きな資産を形成できます。

それに対して、
毎月稼いだ分を
すべて生活費に
使ってしまっている人は、

いつでまでたっても
銀行口座の貯金の残高は増えません。

これを2世代、3世代と繰り返せば
両者の『経済格差』は
とてつもなく大きなものになります。

お金の格差は、教育の格差・健康の格差も生んでしまう


お金があれば当然、
教育を受けさせられますが、
お金がなければ受けさせたい
教育を受けられません。

大卒の生涯賃金が2億8,650万円で、
高卒の生涯賃金が2億4,000万円ほど
なので、約4,600万円の差が出ます。

いまの世の中、
自分の身を守るための健康も同様。

お金があるかどうかで受けられる
サービスも格差が生まれてきています。

そもそも横たわる、
日本の性別の格差


わたしと同じ40代の女性は
同じ年代の男性よりも
32%から37%ほど賃金が少ないんです。

50代の女性では
同じ年代の男性よりも
40%から41%ほど賃金が少ない、
というデータがあります。

そして、シングルマザーとなると
もっと格差が広がります。

働いているシングルマザーも
57.0%が非正規雇用です。

そのため、
ひとり親世帯の相対的貧困率は
54.6%と圧倒的な数字になっています。

そして、このひとり親世帯で育った
子どもたちもまた貧困で暮らすことになり、

親の、

資本の格差、
教育の格差、
健康の格差などを

そのまま
背負い込むことになってしまいます。

このようの格差が生み出されている
状況からわたしたちは、

どのようにしたら
豊かさを
勝ち取ることができるでしょうか・・。

 

 〜あなたの時価総額は?〜

突然こうきかれても、
自分の可能性はどのくらい
あるのなんて想像できないですよね?

2011年、

会社をやめると決断した、
わけではなく

リストラされて、
やむなく起業した

その当時のわたしは、、

2人の子育て中の普通の主婦。

果たして、
自分のやりたいことが何で、
自分にどんなことができるのか、
わたしはわかりませんでした。

起業家のルールやコツを
知らなかったからだと想います。

今だからこそ、

シゴトを変えたいと思う人、
会社をやめて
独立したいひとに、

教えたいこと。

たくさん、
ありますので、

現在
新しいコンテンツを執筆中です

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f