【要保存】顧客は不安を抱えて財布を開くことはしない

NO IMAGE

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。

今日はこれから

集まる集客実践会を
ZOOMで開催します!

連日コロナのニュースが続きますが、

わたしなら、
コロナの経済的危機においても、

常に売上に到達し続ける
自分の当たり前を持つこと。

常に自分との約束を守る
マイプロデューサーであることを
目指し続けます。

 

いま不安で足を止めている人もいるでしょう、
緊急事態宣言のちに緊張感、集中力が切れてしまった人もいるでしょう、
アイディアを形にすることができずにいる人もいるでしょう、
いま自宅でのんびりしている人もいるでしょう、

 

こんなとき、

わたしなら、
師の相葉さんの

「成功者がこたつでみかんを食っている間に動け」
という言葉の元、

 

誰よりも大胆に動き回ります。

 

いま、わたしは、

自分が自分で
「過去イチ」没頭しているなあ!
と感じています。

 

今のわたしは
水面下ですすめていく
研究と企画創造、記録の再編が
面白くてたまりません。

 

*自宅にいて時間がある人ばかり!
*収入の不安がある人ばかり!

 

なのですから、

講座業、コンサル業において、
チャンスとしか言いようがありません。

お客様の
「不安を上手に取り除いてさしあげる」

ことさえ手を抜かなければ、
「売れる」のですから。

 

そこで、

 

今日の
集まる集客実践会のテーマはこちらとしました!

90分でお客様を教育し
本当にできるのだろうかという不安がなくなり、
本命商品への共感と信頼が芽生える
『初動のコミュニケーショントレーニング』

参加のスタンス

取り組む当たり前レベル

顧客年齢

を高めるには?

 

というテーマで
ディスカッションしながら、

ライバルではなく
自分を迷いなく
選んでいただけるよう、

自分の商品や価値を教育する表現や
描写力や会話力を磨くこと。

未来のお客様に出会う前から、
お客様が抱く10の不安に
「準え」ておくこと、

 

この「準え」があれば、
お客様は安心して

先行き不安なでも、
今であっても

未来を信じて、
あなたを信じて
あなたの商品や講座を信じて、
契約することができるはずです。

 

これまで
言葉を磨いてきたみんなも、

 

あらためて

 

コロナショックで外出自粛、営業自粛が続く中、
ZOOMやオンラインで指導を開始するなら
どのように進めていくのか?

再検討や
新しい物語化が必要です。

 

いまのあなたなら、
お客様がいだく10個の不安に、
どう備えておきますか?

 

1:その商品・サービスは本当に必要なのか?
2:他の商品・サービスの方が良いのではないか?
3:その商品・サービスは本当に価値あるモノなのか?
4:周りの人はその商品・サービスをどう想っているのか?
5:期待通りの成果にならないのではないか?
6:私には難しいのではないか?
7:私には長続きしないのではないか?
8:他にもお金を払う必要があるのではないか?
9:他のモノが買えなくなってしまうのではないか?
10:私にそれは今必要ではないのではないか?

お客様は不安を抱えたまま
財布を開きお金を払うことはありません。

今日は、

46名のアイディアを
集結・合体させて

さらに、
ディスカッションして磨いて

そして
各自の自分のビジネスに
置き換えながら、

収益を守る
「備え」
をすすめていきますが、

あなたなら

お客様の抱える不安に

どう戦略を立てて
どう動きますか?

 

 

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f