起業の新人を育てるための秘密の奥義!

起業の新人を育てるための秘密の奥義!

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。

コロナの感染拡大による
影響の厳しいニュースが
続く中、

この1ヶ月で何をどこまで
「完成」させられるのか?

1ヶ月後のゴール、
つまり、

自分への宿題
を設定したら、

自然と
10分刻み行動になってきました。

いままさに
自分のシゴトへの
没頭を楽しんでいます。

あなたも起業家らしく浩、
自分で設定してみませんか?

何もしないも自由。
自分にノルマを貸すのも自由。

そうして動いていくのが
当たり前になると、

何事も、自分ごとではなく
人のせいにして、

「やらされている」
なんて陳腐な言葉をつかったり

「やらなくてはいけない」
って
人に伺いながら、
自分を縛って
働いていた頃の自分が
懐かしくなります。

誰だって
夢があることは
いいことです。

「自分はこうなりたい」
という目標があるから
それを励みにがんばっていけるものですし、

そのためになら、
努力も苦労も
苦にならないもの。

だけれども
問題となるのは、

念願叶って
いざ起業したとき
なんです、、、。

会社をやめる
好きなことで起業する

ということを
目標にしてしまうと

その後の努力を
怠ってしまったり、

いざ、起業して

同じ業界の
自分より実力が

上の起業家たちや先輩を
見つけるにつけて、

「わたしなんて・・・」
と尻込みしてしまうことになります。

例えば
あなたが、

起業したい、プロとしてお金をもらえる
何かがあるのだとしたら、

「日本一の●●になる!」とか
「業界では誰もこれだけはできない!」とか

ゴールを高いところに
設定することで、

いざ起業しても
起業して、経営をはじめて

その先の未来も
描けるようになるのです。

「日本一」と呼ばれるような人に
なるためには、

「日本一」と呼ばれる人から
学ばせてもらったり、

「業界でこれは一番だ!」と呼ばれるような人に
なるためには、

「業界でこれは一番だ!」と呼ばれる人から
学ばせてもらったり、

どのような
努力をしていけばいいのか、

もしくは
いまの自分にあって、
自分に足りないものがなんなのか?!

ということまで
鮮明に見えてくるはずです。

人は自分がなりたいと
イメージできるものに
しかなることができません。

「日本一の●●」というイメージを持つことが
できない人は、日本一になれません。

ここでビビる人が90%です。
ビビならなかった、
あなたはすでに素質あり。

あなたが
自分を起業家としてもっと大きく育ちたい!
と思っているなら
高すぎる目標や夢を持たせるようにしませんか?
お子さんがいる方はお子さんもね。

だから、
あなたが、自分でイメージでいないのなら
あなたが、何になれるのかということを
あなたに、イメージさせてみたいと想います。

イメージ=
つまり自分が何者になれるかと
自分で想像してみて欲しいのですが、

想像力が弱い人が多いですよね。

想像って
他の人には
目に見えないものだから。
言葉にするしかないんです。

目に見えない敵=ウィルス
と戦いながら

目に見えないものを
自在に操れるように
わたしたちは
磨かれていくのかもしれません!!!

あなたが
いまのシゴトの環境や
少ないなあと感じる報酬を

変えて、

どこまで目指したいのか!?

わたしにも
聞かせてください。

あなたの未来のイメージづくりを
お手伝いしたいと想います。

 

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f