緊急事態宣言の期間をどう捉えどう過ごすのか?

緊急事態宣言の期間をどう捉えどう過ごすのか?

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。

安倍首相は、
改正特別措置法に基づき
「緊急事態宣言」を発令する意向を固めたと
報道各社が報じています。

わたしたちは、
正確な情報のみを選別して、

根拠なき責任なき
邪推やコメンテーター
情報に翻弄されることなく、
 
 
わたしたちに
コントロールできることだけを
コントロールし、

わたしたちには
できないことは
できないのだ!!

と速やかに
切り分けて、
 
 
そして、

わたしたち自身で、
自分のために家族のために
社会のために
コントロールできることを

一生懸命に行うことができたら、

速やかに、
自分の持ち場
に帰ること!!
をおすすめします。

2011年
大震災が起こった年に
起業したわたしが

慌てたり
不安になりすぎて
挫折して
起業をあきらめたり
動きをとめることがなかったのは、

このようなメッセージを
師の相葉さんから
唱え続けていただいたなんです。

 

この事態はかならず
落ち着きます。
 
 
ですから、
そのときまでにいかに備えるか。
  
  
大きく沈むから
大きく飛び上がれる。
 

このように
ピンチをチャンスに変えるという
モノの見方捉え方で、
いられるかどうかが

これから勝敗を
分けていくでしょう。

本当に起業がしたかったのかなあ?
本当に夢を実現したいのかなあ?
本当に変わりたいと切望しているのかなあ?

そんなことを
試されるタイミング
なのかもしれませんね。
 
 
不安でメンタルやマインドが
落ちてしまって、
余ってくる時間をうまく
使えない人も
出てくるかもしれませんが、

 
 
今こそ、
時間ができた!!
よーし!!!

と、

誰よりも
研究しようとしたり、

集客や戦略など
これまで苦手だと自覚していることを
習得したり、

企画やコンテンツを
新たに創ったり

今あるコンテンツを
見直してバージョンアップさせたり

SNSで
未来のお客様に感動を与える教えを
無償で提供することに
量と質に没頭したり、

たくさん
コメントをしながら
「会話」をして
コミュニケーションを
深めたり、

絶対的考動量
を増やす時期です。

自分のなりたい自分になるために、
自分の行きたいステージに行くために

没頭できる時間が
できたんです。

誰もが
大きなチャンスを生むことができます。

決して慌てず焦らずに。

 

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f