コロナショック、個人起業家に何ができるのか?

コロナショック、個人起業家に何ができるのか?

アクティブノート長瀬葉弓です。

個人起業家として生き抜く力に必要なのは
企画創造力×研究力×スピード!!
です。

コロナショックによる経済混乱や
今後の時代の変化に適応することが必要となった
いまだからこそ

自分と自分に関わる周りの方の
「安心」と「命」を守りきるために、

わたしたちは今、何を教えなくてはならないのか?
どんな感動を与えるのか?

 

37名のみんなに
この設問に取り組んでいただきました。

この12の質問に
37名が10個ずつ回答しました。

つまり、
4440個の
未来を明るくする
アイディア
が出てきて、

その4440個の中から選んだ
1つのアイディアを

57のアイディア
置き換えられることを
体験していただきました。

 

 

アイディアをカタチにするのに
時間がかかる、

研究して自分のアイディアに
自信をつけるのに
時間がかかると

みんなが不安に想っているので、

わたしなら1日
わたしなら3日
わたしなら2週間
    
と基準をつくり
フレームワークにしてみました。

 

自分で答えを出して、
稼げるようになっていただくために、
新しいドリルを創った甲斐ががありました!!

こんな反応がありました!

 



いま、ここから、
みんなの当たり前が変わり
新しい挑戦がはじまります。

昨日まで日本になかったモノ
昨日まで世界になかったモノ
昨日まで自分になかったモノを創りだすのは、
いつの時代も人なのです。

 
わたしなのです!

個人起業家として生き抜く力に必要なのは
企画創造力×研究力×スピード!

それが実現しやすいように
教えたり
考えることが

わたしは誰よりも
得意だからです。

古い方法はではだめです。
新しい時代の
リーダーシップが取れる
起業方法で

まず、生き残ること。
自分と家族の命を守れること、

わたしだけじゃなくて、
わたしたち、
日本の起業家のミッションです。

 

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f