47歳のわたしから、会社に愛想を尽かした37歳のわたしへお手紙を書くなら

47歳のわたしから、会社に愛想を尽かした37歳のわたしへお手紙を書くなら

「47歳のわたしから、会社に愛想を尽かした37歳のわたしへ」

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。

今日は、2020年を
迎えるための準備として
研究に没頭しておりました。

ある分野を徹底的に攻略しようと
頭に入れているのですが、

そこで、仮説通り、
ザクザクと未来の収益へつながる
新講座、新企画のネタが見つかりました。

2020年に
チャンスを掴み取っていただくための
企画創造が10以上増えました。

終日インプットと素案づくりに
没頭しましたので、
ちょっと一息、

さんまのご長寿グランプリ
というテレビ番組をみていましたら、、、

「過去の自分へのビデオレター」
という絶妙な感動と笑いを生み出す
コーナーがあるのですが、
ご存知ですか?

それに倣って、

平均的なOLよりわたしはまし!
っと想っていた、

人生最高のお給料、
年収505万円を手にした
37歳のわたしに、ひとこと。

 

37歳で転職したばかりの
あなたは、
転職先での505万円の年収の提示を
心から喜んでいましたよね。

 

手取り額が増えたり、
部長職を手にしただけで
感動して喜んでいたあなたは、

 

その後、
1年経たずに
突然、
起業をすることになります。

 

なんとかなるから
大丈夫だよ〜〜。

もともと、

誰かに従っているよりも、
自分で企画したいほうだった、

なんだか自分に可能性がある気がしていた、
もっともっと
まだ知らない世界を知りたいと想っていた、

その直感は
あっているから、
迷わず起業しちゃいなさい!

 

人に教えること下手くそだと
思い込んで、
それが
コンプレックスで、


自分より
周りの人が優れているからと
遠慮ばかりしていて、

 

いつも不安で
なかなか前に進めなかったと

思うけれど、


今は大丈夫、
なんとかなっているから。
子供達も夫も応援してくれているから。

 

って、伝えて
あげたいなあと想います。

 

いま
わたしの門下生たちが

 

誰よりも感動を与える達人になると
決めて、9つのチームにわかれて

 

年内に
自分との約束を守りきるための

 

自分の誇りをかけての
挑戦中!!!

だから、

やり残したことがないように
後悔などしようがないほど
やりきるってどうしたらいいのか?

いまから、自分がやりきったと言えるための
年末に向けての具体的な行動のヒントを6つ
提案したところです。

話はもどりますが、

もし、わたしが、
OLのまま
尻込みしていて、

「自分にはできないのだ」と
わたしにはできない理由を探しだして
もっともらしく言い訳する
人生を選択していたら、

 

挑戦をしなければ、

いまある114名の
成果は生み出せなかった、
かもしれません。

誰かをハワイにつれていく企画をしよう
なんて
おもいつきもしなかったと想います、、

わたしが9年前の今、
ドキドキして不安で、
起業するかどうかの分かれ道にいて、

「やっぱり今のままでいいや」
となったか、

「挑戦してみよう!起業しよう!」
って
なんの根拠もなく、
未来を信じられたか、

 

ほんとうにほんとうに
数ミリの微妙なところでした。

誰かの勇気につながる物語が
つながっていく、

そんな挑戦、
あなたにもつなげたいなと
想います。

 

「人生を変える!」
かもしれませんから(^_^)

 

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f