集まる集客マーケッター 渡辺 康仁さん 集まる集客実践会に参加して | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

集まる集客マーケッター 渡辺 康仁さん 集まる集客実践会に参加して

渡辺 康仁 さん

集まる集客マーケッター 渡辺 康仁さん にインタビューしました。
Q:なぜ集まる集客を学ぶことを決めたのですか?参加する前はどのような状態でしたか?
 
参加する前はプロダクトローンチを学び、試していたのですが、申し込みがない状態で、困っていました。
 
集客ができていないということに思い至り、集客ができるようになるよう集まる集客を学ぶことを決めました。
 
Q:今年(これまで)を振り返っていかがでしたか?どんな挑戦をしてきましたか?
 
今年は、企業でコンサルタントをしているときに、起業をすることを具体的に考えるようになり、
7月末で会社を退職し、8月から個人事業をスタートし、10月にプロダクトローンチをおこない、
うまくいかず、10月末に集まる集客を学ぶことを決め、12月に電子書籍をリリースし、集客を新たに
開始しました。素早い決断と行動の挑戦をしてきました
 
 
Q:これからどんなことを実現したいと夢想妄想していますか?マイプロデュースデザインに描いていることを教えてください。何を与える達人になるのですか?
 
 
わたしが創りたい未来は より多くの起業家がビジネスの力で社会の問題を解決していける社会です。 私は、起業家の集客部分の問題を解決することで、その実現に貢献します。 
 
 
そして、私は与える達人になり、自立型研究家を増やし、大学の枠組みから解き放たれた科学・文化の発展の仕組みをつくります
 
 
感動を与える達人になります
 
 
実現したいことは、次のことです。
選択できる人生(健康、経済的、時間的、社会的自由)を実現し、関わる人の、選択できる人生の実現をもサポートしている。
感謝感謝で、生きている。
自分が必ずしもいなくても収益を上げられる仕組みをもっている。
自燃の人になり、志事をし、旅行も没頭・集中して楽しんでいる(年に4回は国内外の旅行に行っている。家も持ち、老後の資金、子供の成長にかかる資金も確保のめどがついている)。
私たち夫婦の両親のいるドイツと日本を必要なときに必要なだけ行き来できるような生活スタイルを手に入れている。
研究者の経済的自立を実現し、研究による社会貢献をしている。
3年後には自然と、収益として2億円以上が生まれる仕組みを持っている。しかも、家族、自分との時間を楽しみ、健康的な生活をしながら実現している。
リスト資産は2万人以上になっている。
 
 
Q:長瀬葉弓のプロデュースはいかがでしたか?集まる集客®実践会はどんなところですか?これからどう活用したいですか?
 
 
長瀬さんのプロデュースは、自分では想像しなかったアイデアを提供してくださる、新たなアイデアを”創り出す””プロデュースだと感じました。
 
 
自分のことだけではなく、困った人、問題を抱えている人に対してサービス、商品を提供することで社会の問題を解決していく人たちが集まっているところです。
 
 
これから私も長瀬さんのように、相談に来た方の顔がパッと明るくなるようなアイデアを創り出せるプロデュースができるようになりたいです。
 
 
実践会で真型起業家の教えを確認しながら実践してきたことを報告、シェアしながら、学び、集客のエキスパートになり、できるだけ早くプロデューサになれるよう、学びを活用したいです。
 
 
Q:最後に一言あればお願いします。
 
長瀬さん、本当にありがとうございます。
 
 
挑戦したいという気持ちを持ち続けることの工夫(感情は腐るもの、目標にたどり着いたときの感情を想像してみる)を教えていただきありがとうございました
 
 
これは私にとって大きな学びでした。