ありす智子さんの伝承者を募るという決断と夢 | 起業成功者が学んでいる集まる集客®

ありす智子さんの伝承者を募るという決断と夢

伝承者家族

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。



こんなあなたにお伝えしたいことがあります。


あなたのメソッドや技術を資格にして
人に教えることができるのに、

起業の仕方や集客の方法まで
教えられていない!


あなたの講座や教室の生徒さんの中で、
あなたのような先生になることを目指したいと言う人が現れている!




伝承者は家族のように.png


わたしたちは
資格を売って自分だけ稼ぐのではなく


家族のように関わろう育て
共に豊かになろう。
としています。


それを目指しているわたしたちは


今度の2月、
マウイ島の『太陽の家』と呼ばれる
場所で世界で一番美しい朝陽を
浴びにいきます。




自分だけが豊かになるのではなく
関わる周りの方を豊かにする
起業家の生き方に賛同してくれ



普通じゃない成果を実現している
おひとり紹介します。




漫画でお客様の心をグイッと動かす
まんがプロモーション作家の
ありす智子さんです。


ありすさん.jpg

素敵な素敵なまんがが描ける
才能や強みを活かしながらも
なかなか
起業して突出することができなかった
ありす智子さん。



今年は集まる集客実践会で切磋琢磨しながら
めきめきと頭角を表してきました。


自分が積み上げてきた
月商7桁の連続到達の記録を元に
いよいよ伝承者を募り始めます。


まだ小さい2人の
お子さんを育てながらの挑戦は
並々ならぬもの、ですが、
自分の才能をこの世に
活かすことに
貪欲でいてくれます。


ありす智子さんへのインタビューを
ご紹介します。


Q1.集まる集客実践会に入る前は どのようにシゴトをしていましたか?


アイディアや企画は色々と思いつく方だったのですが、深く考えることがなく思いつきで行き当たりばったりで仕事をしていました。


仕事自体は楽しいものの、99%が口コミや紹介だけでやっていたので、集客や売上が安定せず、ずっと不安な気持ちで仕事をしていました。


漠然とした夢は描けるものの、それを具体的にどのように実現していって良いのか、思い描けない状態でした。


今の仕事をステージアップさせたい、仕事を安定させる仕組みを作りたい、安定させた上で思う存分自由にクリエイティブな活動をしたい、と思って集まる集客実践会に入りました。

 


Q2.今、あなたはどんな夢や青写真を目指していますか?


私は世の中の価値ある情報をどんどん漫画に翻訳し、人と人とのコミュニケーションをもっと楽しく伝わるようにしていきたいです。


そのために2018年12月までに、まんがプロモーションアカデミーを開講し、志を同じくする、才能溢れる・稼げる・強い想いのある漫画プロモーションチームを作ります。

 

 

Q3.なぜ伝承者を募ろうと決断したのですか? 伝承者を募ると決断したときはどんな想いでしたか? 不安や苦労がありましたか?どのように乗り越えましたか?


私が漫画を単なるエンターテイメントではなく、言葉だけでは難しいコミュニケーションができる表現ツールだと考えています。



ビジネスにおいても台分漫画が浸透してきましたが、もっと気軽に色んなところで活用されたら、もっと楽しく分かりやすく伝わり合う世の中になると思っています。



例えば、日常会話では表面的な事しか話さないので本当の想いや価値観など深い部分は相手に伝わってない、希薄な人間関係が多いです。



ですが漫画でその人のことを描いたものを皆んなが持っていたら、相手に興味を持って、その人の人生背景や仕事への想いなどが短時間で伝わり、共有できます。私は、そういう温かい関係性ができるような漫画を創っていきたいです。



がしかし、私一人で描ける量は限られています。一気にたくさんの依頼がきても一人では到底受け切れず、数ヶ月待ちのために制作を断念された事もありました。



せっかく漫画にしたいという人がいても、すぐにお役に立てないのは歯がゆい思いがします。


また、漫画で成果をあげていると、



「昔漫画家だったけど安定しなくて今は他の仕事を・・・」



「イラストや漫画の仕事をしてたけどそれだけでは生計がなりたたなくて・・・」



「描くことが好きなので仕事にしたいけどどうしたら良いのか・・・」



など、色んな方から問い合わせや相談を受けたりしました。




ニーズはあるし、私より絵の上手い人もたくさんいるのに、ミスマッチが起こってる!




と感じ、一人で描くよりも、仲間を創ってチームで仕事をしていった方が、より多くの人に役立てると思い、自分が月商7桁で一定の成果と記録を作れたことをきっかけに伝承者を募ると決断しました。




ですが、いくぞ!と決断して動き始めてから、すぐには募集開始といきませんでした。


私は企画を考えたりするのは得意で早い方なのですが、ただ制作するのとは違って、伝承者を募りプロデュースするというのはものすごく仕事の範囲が広く複雑に感じ混乱したのです。



私の狭い視野では記録や企画をまとめるのも一苦労でした。



既に先をいって実践されている長瀬さんに相談させて頂くと一気に視界がひらけてグッと進むのですが、また次の壁に。。というのを繰り返し、ようやく後一息、となったところで、今度は迷いがでてきました。



本当に私がこんな大それたことをして、きちんと人を育てられるだろうか?



私が本当に役立ちたい、育てたい、たった一人のペルソナ像って??


自分の思い込みや不安に囚われて狭い頭の中で堂々巡りし、企画に気持ちが宿らず、一歩踏み出せない・・・そんな鬱々した状況に光を与えてくださったのが、長瀬さんの集まる集客実践会の仲間の存在でした。

20180821実践会.jpg


長瀬さんから、もっと自由に思い描いて良い事、その人の可能性を見るというプロデューサー目線を、仲間からは自分の在り方が大事という事を学ばせて頂き、勇気をいただいた事で、ようやく募集開始までくることができました。

 


Q4.実際に伝承者を教えはじめてどう感じていますか? 喜びやりがいはどのような時に感じますか? どのようなものだと想像していますか?


伝承者を教える段階に入ったら、毎日真剣に彼らのことを想い、報連相などでやりとりし、可能性を感じさせて導いていける人でありたいと想います。


今までイラストや漫画の仕事では稼げず自信がなかった人たちが、


お客様に必要とされて月商7桁を常態にし、



「自分の得意なことがこんなに誰かの役に立つなんて!」と喜んでやる気と自信に満ち溢れ



「こうなりたい!」という野望を持ってる、そんなみんなが自分の新しい可能性を感じて目を輝かせて取り組んでいるのを見て、私もやりがいを感じていると思います。

 


Q5.伝承者さんへどんな夢とチャンスを与えたいですか? 未来の伝承者さんへ伝えたいことはありますか?

 


私にもこんなに可能性があったんだ!私でもできるんだ!と、自分の可能性に気づいてもらい、自分の専門性を究めて人に伝承していくという新しい働き方を手渡していきたいです。


選択できる人生を歩み歩ませられる、そんなカッコいい漫画家を一緒に目指しましょう、と伝えたいです。

 



漫画でお客様の心をグイッと動かす
まんがプロモーション作家
ありす智子

https://mangadaijiten.com/



(ここまで)

わたしは学生の頃は
油絵研究科におり、


人一倍アイディアが豊富な
ウェブデザイナーでした。
クリエイティブ畑だったんです。


だから、だから

起業家さんの表現しづらい
イノベーティブな商品を
まんがでわかりやすくして

喜ばれたり、

もっと目線をぐっとあげて
おそらく自分史上最高の
いまだかつてない挑戦を決断してくれた
ことが



本当に嬉しくて誇らしいんです。


これを読んで感じたこと
このメールの返信でいただけると
嬉しいです。

集めるのではなく集まる集客を科学式にする
集まる集客プロデューサー長瀬葉弓です。
私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を5年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f