起業家なら24時間テレビの感動を置き換えよう!まずどうする?

起業家なら24時間テレビの感動を置き換えよう!まずどうする?

集まる集客プロデューサー
長瀬葉弓です。

 

24時間テレビ.jpg

今日の日本テレビの24時間テレビは
永久保存版かもしれません。

いや〜良かったですね!!

24時間テレビのスタートは
1978年。

当時富山県富山市新庄町に住んでいた
小学生頃のわたしは、

24時間テレビ放送続くという
イノベーティブさに
盛り上がっていて、

母にせがんで、
24時間起きてテレビをみたいと
幼なじみとお泊り会をしていました。

40年続いている
24時間テレビ、

起業してプロデューサー目線でみると
本当にものすごい偉業だなあと
敬愛の想いを感じました。

 

さすが!
世界で一番テレビが
発達している国日本です!!

同言語、時差もなく
国民が全員一緒に楽しめる
日本人だからこそ
テレビが発達してこんなに感動を
多くの人に届けられているんです!

本当にすごい!!!

わたしはこんなところに
涙が込み上げてこぼれるほど
感動しました。

 

石ノ森章太郎さんが、
お姉さんの死を乗り越えて
自分の想像力を発揮しはじめ
サイボーグ009を
描き始めたところや、

お姉さんからの生前の手紙を見つけて
読みながら泣き崩れるところ。

 

たんぽぽの白鳥さんが
生プロポーズを受けて、

「男の人に指輪をはじめてもらった」と
顔をむちゃくちゃにくずしながら
泣き笑いする嬉しそうな表情や

そのお祝いに

「愛がすべてさ」と

大友康平さん本人がフォルテシモを
歌ってくれたところ。

盲目の11歳のドラマー響希くんが

YOSHIKIと共演し

 

「ドラムの師匠! 僕の夢を叶えてくれた恩人です」と感謝。

YOSHIKIは「僕の師弟です!」と
師匠になったことを明かし、

 

 

「感性がすごいなと。ミュージシャンとしてこれからが楽しみで、
僕を追い抜いてほしい」と弟子へ期待を込めてエールを送って、

 

 

その直後、響希くんは
いつか師匠を抜きますと宣言!!!

そして師匠を抜くと
宣言している姿!

もー、涙、涙です。

『山中教授とラグビー平尾誠二の友情と絆 人生を変えた親友の言葉』で
ナレーションを担当していた
石原さとみさん、

どのように感動したのかについて、
台本あるの?というくらい

どこにどう感動したのか
雄弁に語っていた石原さんの姿は、

普段の女優業とは違い、

しっかりと自分の言葉で
伝えてくれる強い女性だと感じました。

今回のテーマは、
『人生を変えてくれた人』

そのテーマについて
普通の22歳のOLさんが

人生を変えてくれたのは
職場の先輩で、

この人を目指したいという思える人
がいるから自分はがんばってこれたのだ。

いまの若者だってちゃんと考えているんだ
と言っていました。

 

ちゃんと自分の想いを
言葉にしてはっきりと伝えられる人
が日本にもたくさんいると
感じて安心しましたし

わたしももっとがんばろうと
勇気をもらえ感動したんです。

毎年毎年話題を作り
毎年目玉があり
毎年毎年感動をあたえてくれる

24時間テレビがはじまる前の
仕込み予告や
本番中の感動や
放送後の総集編での振り返り

プロデューサー冥利に尽きる
企画創造やプロモーションスタイル
自分やみんなの感動を目の前にして

たくさんの記録や
企画創造のネタが生まれました。

24時間テレビで感動したことを
置き換えて、

 

いつも感動を与える人になろう。
挑戦はいつも感動を与える、

だから、

人生を変える挑戦を

与えられる企画創造をしよう。

と決めました。

わたしが起業家さんたちに
教えたいのは、

感動を与える達人になる方法です。

そのようなプロデュースができる
人材を発掘し教育するのが
いまのわたしのシゴトです。

どうやったら
プロデューサーになれるのか、

それには、

まず自分が感動をすること、
その感想を記録に残すこと
その感動を言葉に言語化し語ること。

いまはテレビ全盛期ではなく
SNSの時代、シェアの時代ですから

感動あるから人は集まる。
人に感動を与える人に人は集まる。

このような原理原則に
今日もまっすぐ向かっていこうと想います。

 

あなたも
人に感動を与えるプロデューサー業に
挑戦してみたいなら、

一度相談にきてディスカッション
してみましょうね!

 

起業を選択する人に未来の鍵を手渡す
MYビジネスプロデューサー
長瀬葉弓です。

私は38歳で起業し、社員はわたしひとりの会社でプロデュース業のみで3年で年商1億を超え、現在億越えの年商を7年連続でいただくことができるようになりました。 自分の才能を世の中に活かすチャレンジしたい 起業家の方を応援させていただきます! 自信があるとかないとかではなく いまあなたにできることを 見るのではなく 将来のあなたができることを見抜き、 才能発掘のための チャレンジフローを 企画創造したいと想います。

LINE@はじめました!
お友達になってくださいね(^_^)

https://line.me/R/ti/p/%40gsx7004f